是非、自分の子供にも読ませたい!『人間の死』をテーマにした選書【絵本】

人間の死。すごく大切なテーマです。でも、これってナイーブで伝えにくいテーマでもありますよね。
そこで、松本大洋と谷川俊太郎がタッグを組んだ興味深い絵本が昨年刊行されてましたので、読んでみて大人も感動できる本でした。
決して、死は忌み嫌うもでなく、しっかしと向き合うべきテーマだと気づかされます。
子供の時から、適切な死生観を持つことは今後の生き方にも影響を与えると思います。

更新日 2015年10月21日

合計 3214pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

松本大洋と詩人・谷川俊太郎による絵本「かないくん」が、東京糸井重里事務所から本日1月24日に刊行された。

「かないくん」は谷川の綴ったストーリーをもとに、松本が2年の歳月をかけて挿絵を描いた、「死」をテーマにした絵本。ある日小学生のかないくんが学校を休んだことから物語は動き出す。

  出典 松本大洋×谷川俊太郎、“死”をテーマした絵本「かないくん」 | マイナビニュース

松本大洋×谷川俊太郎、“死”をテーマした絵本「かないくん」

松本大洋と詩人・谷川俊太郎による絵本「かないくん」が、東京糸井重里事務所から本日1月24日に刊行された。

  出典 松本大洋×谷川俊太郎、“死”をテーマした絵本「かないくん」 - コミックナタリー

ある日、ともだちのかないくんが学校を休んだ。
かないくんは親友じゃない。ふつうのともだち。
日常に訪れた、はじめての“死”。

死ぬって、ただここにいなくなるだけのこと?

詩人、谷川俊太郎が、一夜で綴り、
漫画家、松本大洋が、二年かけて描いた絵本。

企画監修は糸井重里。 ブックデザインは祖父江慎。


  出典 stone-roses.org

「かないくん」の一コマ

先日読んだ「こわい絵本」に紹介されていて、谷川俊太郎原作で糸井重里も絡んでいるので、興味を持ち読みました。「こわい絵本」紹介シリーズ第六弾です。決してこわくはありませんが、生の儚さ、死の物悲しさ、人間の忘れやすさ等々、色々と考えさせる絵本です。絵の雰囲気も良く、かないくんの赤いマフラーが大変印象的です。死は終わりの始まりかも知れません。

  出典 読書メーター

おじいさんが死んだと知らせを聞いて、主人公が感じた「はじまる」という言葉。予感というのか直感というのか…主人公の中にわきあがる思いに、はっと胸をつかれました。

  出典 読書メーター

誰かが永遠にいなくなった時の、つかみどころのない様な喪失感、それでいて昨日今日、多分明日も変わらずに続く日常。違和感を感じているのに、結局自分もその日常に流されていく。そして時々、死を思い出す。死って、何もなくなること。誰かの中に記憶は残るけど、日常からなくなること。誰もが必ず経験するけど、見ないようにしてること。 そして、死からはじまることがある、ということをこの本を読んで知った。すばらしい文章、すばらしい絵。何度も何度も読んでしまう

  出典 かないくん 感想 谷川俊太郎 - 読書メーター

  出典 stone-roses.org

辛い状況をのりこえて

しあわせをしっかり身につけて

前を向いてあるいていく

ずしりと、

なみだと、それを乗り越えるパワーをもらえる絵本です。

  出典 ~絵本レビュー~ No.224 でも、わたし生きていくわ|夢へ向かって『今を生きる』

主人公である女の子のネリーはある日突然、パパとママを失い、"自分でなにもかもしなくてはいけない状況"に陥ります。彼女は伯母さんの家に住むことに決め、引っ越してきます。多感な彼女は周囲の優しさにすぐ気づくのですが、大人たちが彼女を呼ぶ言い方─孤児(みなしご)─をへんに感じたりするうちに、心に寂しさを抱えるようになります。ですが、あるとき伯母さんの真剣な愛情に気づいたネリーは前向きに人生に向き合うようになるのです。

  出典 でも、わたし生きていくわ/Depuis ce jour|ことばこ!~言葉と本のおもちゃ箱~

その柳田さんがこれまで翻訳された絵本の中でも、最も心を揺さぶられた作品の一つだとおっしゃっているのが昨年の11月に発売されたばかりの新刊『でも、わたし生きていくわ』(文溪堂)。訳しながら涙が止まらなかったということですが、一体どんな内容の絵本なのでしょう、そこにはどんなメッセージが込められているのでしょう。

  出典 EhonNavi BLOG: 『でも、わたし生きていくわ』翻訳者柳田邦男さんにインタビューしました!

  出典 stone-roses.org

『でも、わたし生きていくわ』の中のワンシーン

『突然の両親の死』一瞬にして3人の兄弟の心が地獄に堕ちていく姿が目に浮かぶ。周りの人は彼らを孤児と呼ぶ。彼らには心を落ち込ませる言葉。いじめを考える絵本『おおきなあな』の場面がうかぶ。彼らの心の『あな』を埋めたのは、彼らを引き取ったおばさん達の愛情。三人が会えるのは週に一度だけ。どこまでも悲しみを引きずりトラウマになるかもしれない。ただ、『お前は、もう私の子なのよ』というおばさんの言葉は『愛している』と変換できる。彼らを支え愛している人がいる限り、強く生きていける。同じ想いを誰にもさせたくない。

  出典 でも、わたし生きていくわ 感想 コレット ニース=マズール - 読書メーター

原題は「Depuis ce jour(その日から)」。ある日突然両親を事故で亡くした7歳の少女ネリー。その日以来、叔母の元に身を寄せ、弟や妹もそれぞれ親戚に預けられ、それまでの家族はバラバラに。しかし、いとこたちと仲良く暮らし、週末にはきょうだい3人で時を過ごす。真剣に自分のことを怒ってくれた叔母に真の愛情を感じる場面がよかった。周囲の温かさに包まれながら、悲しみに耐えて前向きに生きようとする主人公の姿が心強い。作者の実体験を元に描かれた作品。

  出典 でも、わたし生きていくわ 感想 コレット ニース=マズール - 読書メーター


  出典 stone-roses.org

死ぬということ。
信頼ということ。
友達の素晴らしさ。
すべてがこの1冊に入ってます。

最高の感動作品。

  出典 絵本感動「命の大切さを教えてくれるおはなし:だいじょうぶだよ、ゾウさん」送料無料:感動した絵本☆心温まる絵本特集:So-netブログ

年老いたぞうと幼いネズミの物語。毎日仲良く暮らしていたぞうとネズミ。死期を悟ったぞうはぞうの国(ぞうの死に場所)へ行こうとしますが、釣り橋が壊れていてわたれません。「一旦、渡ったら戻れない」とぞうが言った言葉をネズミはなかなか受け入れられません。
・・・・(中略)・・・・
悲しい結末ながら、ちょっぴり心があたたかくなる印象を受けるのは、死だけでなく、ネズミの心の成長と優しさや思いやりを同時に語っているからでしょう。子供たちに死という意味を感じさせてくれる秀作です。

  出典 子供と絵本と楽しいコト だいじょうぶだよ、ゾウさん

悲しい、悲しいお話ですが、
ただ悲しいだけではない、
あたたかさを伴った真実にふれました。

老いの問題、介護の問題、医療の問題、喪失の問題、、、
何でも問題になってしまっているけれど、

「たのしかったよ、ありがとう」と旅立つ人がいて、
「向こうの国でも幸せに」と見送る人がいる。

「問題」の奥に、やっぱり優しい人がいる。

  出典 絵本セラピスト協会 - 絵本心理担当、山本潤子です。「だいじょうぶだよ、ゾウさん」、柳田邦男訳... | Facebook

  出典 stone-roses.org

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」のワンシーン

今年の春、親友を癌で亡くしました。友達は離婚して、中学3年と高校3年生の子ども達の3人暮らしを始めたばかりでした。
子ども達は、母親の病気を認めたくないのか?お見舞いも来てくれません。
いろいろ言うよりもとこの本を渡しました。子ども達はわかってくれたようです。
絵本の力ってすごいですよね

  出典 絵本セラピスト協会 - 絵本心理担当、山本潤子です。「だいじょうぶだよ、ゾウさん」、柳田邦男訳... | Facebook

娘の通う私立小学校では現在読書週間中。1年生は基本親が読み聞かせするというもの。学校推薦のこちらの本は、娘がいつも学校の図書室に行っても貸し出し中で競争率が高いとのことで今回購入しました。さすが、学校推薦の本です。私、読み聞かせ終わりには涙が止まりませんでした。こちらの本は図書館で借りるより、そばにおいておきたい素晴らしい本なので買って正解でした。

  出典 【楽天市場】だいじょうぶだよ、ゾウさん [ ローレンス・ブルギニョン ](楽天ブックス) | みんなのレビュー・口コミ

  出典 stone-roses.org
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.