あなたはどっち?タイプで分かるFXで成功する人、失敗する人【体験談集付き】

実は、FXに必要なのは才能ではなく、性格だった? 性格やタイプでFXで成功する秘訣があるようですね。
それとFXの8割が負け組というのも正確なデータではないみたい。
勝ち組の隠された秘密を暴こう!!

更新日 2016年01月03日

合計 2134pv


大人のADまとめ

こんばんわ、たかぎんです。

最近はもっぱらFXをしてました。
日曜日にはギリシャの総選挙もあったために、かなりの変動が期待できましたからね。
めちゃくちゃ集中してました。
講義に出るの忘れるくらい集中してました。

いままではFXにこんなに集中することはなかったのですが、チャートを見るのが楽しくなってしまい、かなり集中してトレードしてました。
今回の事件でポジションを思い切ってもった人はもう本当に大もうけした人と大損したひとの二分化が激しいでしょうね。
ちなみに僕は思い切ったポジションを持たずにチョコチョコと稼いでいったので
いつもよりは稼げたと言うところですね。

ですが正直FXで利益を出していても続けるのはこわいですね。
FXを始めてから約二年
デモの時期を含めば、約三年
相場を完璧に予想するのなんて不可能ですし、お金が減るというリスクもある・・・
ですが複利を考えてしまえばそのリスクのことを忘れてしまうんですよね・・・

ちなみに私が自慢できることと言えば、退場を経験したことがない。
と言うことですかね。
ちなみに退場とは
資金をなくすほど負けてしまい市場に参加できなくなることです。

■1:湘南のサーファーvs波打ち際で砂遊び男子

「湘南海岸で台風が来たらサーフィンに行く……。こういうタイプの男性は、失敗します。FXに向いてないですね。

楽しそうだからと、自分ルールでリスクテイクしてしまう男性の場合、負けてしまうんですよ。

FXに手を出すチャレンジ精神がある男性の場合、9割がこのタイプ。だから負けて去っていくんですよね。

反対に、波打ち際で砂遊びをしながらサーファーをかっこいいな……、みたいに憧れて見ているような男性。このタイプのほうが、成功する確率はあります。やってはいけないことのルールを守りながらも、“大きい城をつくりあげる!”など自分のゴールにチャレンジできるタイプですね」

■2:経営者vsサラリーマン

「経営者には、FXで勝つタイプが多いですね。

経営というのは、チャレンジの連続ですが、様々な法律を遵守しながら、それに基づいて攻めなければいけないんですよね。こういったルールを守りながらチャレンジできる習慣が身についている“経営者”は、FXで強いですよ。

反対にサラリーマンの場合、基本的にチャレンジしないですし、チャレンジするタイプだとイケイケどんどんでリスクの計算ができないので、負けやすいといえますね」

■3:FXやってるぜ!男子vsFXを内緒にする男子

「合コンかなにかで、“俺、FXやってんだぜー。稼いでるよ!”なんて自慢する男性……。こういう男性は、まず儲かっていないとみて良いですね。

そういうことをいう人は、まず勝てないです。一時的に勝っても、負けます。“俺、すごいんだぜ”という精神では勝てないんですよね。勝っている人は、“ありがとう”という感じです。勝っていることを自慢することもしません。FXやってるんだぜー!というタイプをかっこいいと思って、付き合うと、いつか“お金貸して”と言われますよ。

自我が出ると負けるのです。ちゃんとルールに従って、自分の設定したゴールへコツコツと邁進できる1割のタイプが必勝する世界ですね」

FXは、株式投資ほど知識は必要としません。

世界の為替相場は、米国の政策主導で動く場合が多く、言ってしまえば、単純な仕組みをしているからです。
言葉を変えれば、株よりもFXのうほうがギャンブルに近い、と言えるかもしれません。

しかし、ギャンブルにも強い人と弱い人、勝てる人と勝てない人は存在しますよね。

両者の差は、才能もあるでしょうが実践での経験の豊富さが大きく関係しているように思います。
特にFXの場合、実践での経験の多寡は、勝ち負けに大きく直結する要素だと、私は実感しています。

私の場合、この数年間、ほぼ毎日欠かさず100トレード近くこなし、検証や分析を行ってきました。
その結果、ようやく安定して利益を得ることができるようになったわけですから。
1.分析や検証が苦にならない人
2.長期的な視野で資金運用ができる人
3.メンタルコントロールができる人

といわけで、筆者の思う、FXに向いている人の条件は以上の3つです。

FXや株式投資など、投資家の8割から9割は負け組。巷ではそう言われています。

しかし、これは、FXや株で勝ち組になれる可能性のある人が、全体の20%以下しかいない、という意味ではありません。

  出典 FXや株トレーダーの8割は本当に負け組か? | FXの始め方AtoZ

FXや株を始めるような人は、大抵の場合が、一攫千金を目論んでいるものです。

だから、ちょっとうまくいかないとすぐにやめてしまう。

あるいは、FXの場合だと、レバレッジがあるため、少ない資金で、大きな利益を求めることも可能ですが、当然、そういったやり方は、ギャンブル的、つまりハイリスク・ハイリターンになってしまいがち。

FXにしても株にしても、上がるか下がるか2つに1つで、何の前知識もなしに始めれば、勝率5割のギャンブルと同じですが、取引コストが発生する分、丁半博打よりも分が悪いかも知れません。

そのため、初心者の場合、取引をすればするほど損失が膨らんでいくパターンが多いです。
1.儲かると思って始めけど、あんまり儲からない(あるいは損が膨らむばかり)
2.一攫千金を目指してFXでハイレバレッジでトレードしてたら、たった数回の負けで資産の大半がふっとんだ

投資を始めて1年もたたずに相場から撤退する(せざるを得ない)人の割合が8割もいるということは、それだけ、知識も経験もない人が、勝ち組になれるほどFXも株式投資の世界も甘くはない、ということですね。



1)損したらあきらめられること

株式の場合にはたとえ値が下がっても売らない限りは「損」にはなりません。
いつか値をもどしてプラスになることもあり得ます。

FXには「必要保証金」制度がありますので、維持率を下回ると保証金を追加しなければなりません。保証金の追加を繰りかえしているうちに、どんどん深みにはまってしまうということもあります。

いつまでも追いつづけないで、「損を切る」という決断ができないと致命傷になります。投資には冷静な判断が必要です。負けがつづいていらいらしているときなどには、冷静さをとりもどし「あきらめられる」能力が求められます。

2)あきらめないねばり強さ

投資の世界では、最初から勝ちつづけているという人はほとんどいません。
最初は負けることの方が多いものです。

負けつづけたときに投げだしてしまう性格の人は、FXには向いていません。やめてしまったら、勝つチャンスはきません。
勝てるようになるまであきらめないで、努力をつづけられる強さが必要です。

3)決断力がある

ここ一番というときに、売るか売らないか迷って決められない人はチャンスを逃します。
また、大きく損をしてしまうこともあります。

売るべきという判断ができてもなかなか売れない、という人もいます。マーケットがどんどん動いている中で、瞬時に決断できる力が必要です。

FXに向いている人は、負けつづけたときに冷静に損きりができる決断力のある人、負けつづけてもあきらめないで努力し続けるねばり強さのある人、決断力がある人です。

20万負けて、何か掴めた事はありますか?
経験と知識を積めば、と言ってますけどね。
20万使い2ヶ月やれば、とりあえず経験も知識も積む時間は充分。
それで何か掴めて自信を持って取引できていれば良いと思います。
たとえ負けてても、それは実のある経験です。
負けている中で自分の分析を確立し、調整して行けば良いのです。

これからも経験と知識を積まなければなりません。
知識は過去だけではなく現在、そして予測できる未来の知識も必要。
たとえ逆に動いて損したとしても、それを自信を持って行っているかが肝心。
なんとなくチャートの波や、人の意見で売買しているなら実の無い経験。

ドルに両替して海外旅行で使って、損益ゼロにして、FXから足洗ったら?
それかドルにして銀行の外貨預金に入金してほったらかしにするとか。

FX、、、というかデイトレに向いてそうな性格。

①お金に関してがめつい(損はしたくない)
②負けず嫌い
③絶対にあきらめない執念
④慎重、でも即決
⑤研究熱心
⑥ロスカットとリミットに従順になれる
⑦資金量にあったリスクを設定できる

と、要するに向き不向きはある程度あると思います。しかし、結局のところ足りないところも自分で自覚して訓練すれば、なんとかなると思います。

※上記の動画が再生出来ない方はYouTube側の設定が原因であることが確認出来ております。
コチラのページ[https://www.youtube.com/account_privacy]より 「すべての登録チャンネルを非公開にする」 のチェックを一時的だけでも外してから再度クリックしてくださいますようお願い致します。
※又は、ログインをしたら一度ページを『表示』から「最新の情報に更新」をクリックしていただくと再生出来ると思います。

はじめまして。
2011年もあと少しですね。
2011年1月から10月末時点で、本業で1000万 株400万 FX470万 (税引き前)の利益をあげています。
ただ株で勝ったとも、FXで勝ったとも思っていません。
そもそも勝ったとはどのようなことでしょうか?
例えば10年間、毎年FXで1000万利益をあげていて、
10年後に1億損失を出したらどうですか?
毎年勝った、勝ったとうかれていても、結局ゼロ(税金払うのでそれ以上損失)です。
一生懸命汗水たらして働くべきです。
株やFXなどの投資は自転車でいうところの補助輪みたいなものです。
投資にかける時間は1日1時間以内にして、そればかりに夢中にならないほうがよろしいかと思います。

FX歴1年ちょっとです。

 20万から始めて1~3万通貨で取引しています。今では月2万くらい勝てる自信と結果は付いていると思います。

 最初の頃と違うことは、損切りは絶対入れること。小さな相場より大きな相場で見ること。損切りさえ入れておけば利益の方向に動く場所で入れるようなスタイルになっています。

 月で利益を早く出した時(1週間で2万以上など)来月まで取引しないなど

 資金管理してお金を無駄に減らさないようにしています。

 負ける時は熱くなってしまいますが、必ずトータルでプラスにすることを心がけて取引していきたいです。

>個人で勝ってる人って実際いるのですか?いるとしたらどの程度の利益を上げているのですか?

私の周りには専業トレーダーはいませんが兼業トレーダーはいます。
トレードの結果は月利5~40%ほどでした。


>また勝者のかたは退場の経験をした人は多いのですか?

ほとんどの方が、一回は退場していることが多いです。
その後、本気になり稼げるようになったと口を揃えて言っています。

この人だと思ったら、お金を払ってでも勉強することが大切らしいです、、
でも、人間的にゴミだとか、ゴミのような商材も多いので
気をつけろと言われました。

それに気をつけられれば苦労しませんよね・・・

こんばんわ〔5です。〕

主に/ポンド円ですね
月平均はバラつきがあるので

年で大体720~1330ですね。

ストップは、その都度、変えますね
その日そのときの状況で、常に変化しますよ。
変化するのは、最低12時間はPCの前にいるからです。

専業と兼業及び手法も人それぞれ、違うので、答えはないと思っています。
私も2000年にリストラ合い、為替の世界に入った素人です。まだまだ勉強です。
これだけは言えますね、勉強と経験積めば、分る事なのですが、
一番大事なのは、どんなに知識や理屈が分ってても、メンタルが最弱じゃだめですよ。

為替には、向き不向きが必ずあります

ざっくりですが、知識は一般的でも、向いてて、メンタルが強い人なら生き残れます。

urako55も、頑張ってね。

こんばんわ

私もFXで、家族4人生活して行けてますよ。
奥さんは完全なる専業主婦です〔これが条件だったんだけどね〕
結構いると思いますよ、ただ見せないだけで、
私もそうですが、ホンとのFX専業で稼いで、いる人はブログや、その他やる暇ないですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.