体に絶対良い!温活 そのやり方は?

冷え性対策など健康効果だけではなく、湿疹やかぶれなど皮膚にも効果があるのが温活。それこそ健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言うわけですが、お湯がこれほど体にいいとは驚き。そして体を温めることがこれほど健康に良いことだと痛感します。そしてこの温活にはいろいろやり方がありますので、自分に合ったやり方を選択して始めるべきです。

更新日 2018年02月09日

合計 36pv


大人のADまとめ

「温活」とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言います。

現代人は、昔の人に比べると基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低い傾向があるそうです。そしてその結果、現代病とも言える形で悩まされているのが冷え症や何となくの身体の不調。
中でも「冷え症」は多くの女性が持つ悩みで、肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下など、さまざまな不調を引き起こす原因となっています。

  出典 今年こそはつら~い冷え症とサヨナラ!「温活」に必要な10のこと | キナリノ

  出典 stone-roses.org

温活で使う“白湯”は、水から火にかけて、10~15分ほど沸騰させ続けたものが良いとされています。

実際に火にかけることがポイントで、電子レンジや電気湯沸かし器で温めただけの“お湯”では、温活には不向きのようです。

これは、インドの医学である「アーユルヴェーダ」に基づく考え方で、水を沸騰させる過程で風と混ぜ合わせることが効果があるというところからきています。飲める程度の温度になるまで室温で冷ましてから少しずつ飲むと、内臓が温まり温活にいい影響がでてきます。

  出典 冷え性解消に!“朝白湯”の嬉しい温活効果3つ | Rhythm (リズム)

白湯は1回に100~200ml程度を目安に、自分に合った分量でいただきましょう。

ただし、一日に800ml以上摂取すると、身体の負担になってしまい、かえって逆効果になるといわれています。800ml未満の範囲内で飲むようにしましょう。

  出典 冷え性解消に!“朝白湯”の嬉しい温活効果3つ | Rhythm (リズム)

  出典 stone-roses.org

手先・足先が冷たい…冷え性には辛い季節になりました。帰宅して芯から冷えた体をあたためたい、座ったままリラックスしたい、風邪気味でお風呂になかなか入れないという時におすすめなのが「手湯」。

  出典 手軽に冷え性対策!「手湯」でほっこり温活を - エキサイトニュース

洗面器に42度くらいのお湯をはり、手首から先を10~15分ほど湯につけるだけ。
ポットを用意しておけば、熱いお湯で足し湯をして温度を一定に保つこともできます。
洗面器はどこの家庭にもあり、さらに足湯やお風呂に比べてお湯の量も少ないので、手軽でとても経済的なのが魅力です。
「手湯」で手の神経を温める手は 「第2の脳」 と言われるほど沢山の神経が通っており、その中には直接脳に繋がっているものもあります。手を温めることによって神経が程良く刺激し、血液の循環をうながすのです。

  出典 手軽に冷え性対策!「手湯」でほっこり温活を - エキサイトニュース

・肩こり・頭痛・鼻づまり・手の疲れ
・全身の疲労回復
・手肌のひびやしもやけ
・冷えによる不眠症
など。

  出典 手軽に冷え性対策!「手湯」でほっこり温活を - エキサイトニュース

暖房器具だと乾燥が気になったり、お風呂ではやはり入るとき、出た後の準備が手間だったりしますが、手湯にはそうした心配が不要なのもうれしいところですね。
手のツボを刺激して相乗効果を手湯をしながら冷えに効くツボを押すとさらに効果的。
「陽池」というツボが、薬指からの縦のラインと手首のラインが重なる部分のくぼみにあります。血液循環の改善だけでなく、生理痛や更年期障害の緩和にも効果的です。
精油を入れたり、薬湯を使うとさらなるリラックス効果が得られます。
また、粗塩をひとつかみいれると発汗作用も期待でき、余計な水分や老廃物の排出の手助けにもなります。

  出典 手軽に冷え性対策!「手湯」でほっこり温活を - エキサイトニュース

「手湯」後のあたたまった状態の手にたっぷりとクリームを塗って手袋をはめておくと手先も冷えることなく、手袋の保湿効果でお肌もふっくらとしてすべすべの手になり、うれしいことづくしですね。
足湯もおすすめ足は「第二の心臓」と呼ばれるほど、血液循環の重要なポイントです。温めることでリンパの流れが促進され、疲労回復、むくみ解消、肝機能の正常化といった効果が得られます。
洗面器やバケツに43度、ちょっと熱いと感じるくらいのお湯をはって、手湯と同様に温めるだけです。
これから寒さがますます厳しくなっていく季節。身体の内側と外側からしっかりと温めて冷えることなく過ごせるといいですね。

  出典 手軽に冷え性対策!「手湯」でほっこり温活を - エキサイトニュース

  出典 stone-roses.org

「腹巻はおなかだけを温めるように思われますが、おなかの部分を温めることで全身を温める効果があります。おなかのあたりにはたくさんの臓器が集まっています。それだけに血液も多く集まってくる部分です。そのため、このおなかのあたり及び腰を温めることで、体内の臓器の血流を促進させて、全身を温める効果につながるのです。」

  出典 今年こそはつら~い冷え症とサヨナラ!「温活」に必要な10のこと | キナリノ

「「3つの首を冷やさない」ということを
聞いたことがありますか?

3つの首とは「首・手首・足首」です。

服装に関しては下半身の防寒が大事ですが、
それ以外のポイントはこの3つの首です。

なぜ3つの首かというと、
1.血液を運ぶ動脈が身体の表面に出てきている場所だから
2.襟、袖、裾の隙間から冷気が侵入してくるから
ということです。」

  出典 冷えをやっつけろ!!温活・妊活のスタートブック:服装で妊活

  出典 stone-roses.org

体を温める食べ物を摂ると、自然と体全体が温まることに繋がります。食材などを意識して食事をとるようにしましょう。

根菜類のように土の中で育つ食物は身体が冷えにくい食材と言われています。大根、レンコン、ゴボウ、にんじんなどの根菜類やジャガイモやサツマイモなどのイモ類、たまねぎやニンニクなどの野菜がおすすめ食材です。

  出典 温活とは

にんじん
レンコン
ごぼう
山芋
ニンニク
生姜
ネギ
玉ねぎ

  出典 温活のススメ。冷えやすい女性必見の効果的な温活方法とグッズをご紹介 | 女性の美学

  出典 stone-roses.org

足先は血液を送り出す心臓から離れているため、特に冷えやすい部分です。体は温かくても足先が冷たい!という人は多いのではないでしょうか。

足は第二の心臓と呼ばれるくらいたくさんの神経が集まっています。そのため、足湯で温めることでデトックス効果のほか、リラックス効果もあるのだとか。

足湯で足が温まると血行が促進されて、溜まった老廃物や余分な水分などが排出されます。こうしたデトックスの効果は、足のむくみ解消にもつながります。

  出典 冷え対策の足湯はデトックス効果も?自宅で手軽に血流改善! | 美BEAUTE(ビボーテ)

足湯のいいところは、その手軽さです。お風呂で全身を湯に浸かるのも確かにいいのですが、足が浸かる程度のお湯で済む手軽さにはかないません。そんな自宅で簡単にできる足湯のやり方をご紹介します。

まず足首まで浸かるくらいのお湯を、バケツや洗面器などの容器に入れます。両足をお湯に浸けて15〜20分ほど時間をおきますが、このときお湯はだんだん冷めていきますので、熱めのお湯を加えて温度を保つようにするのがポイントです。

温度はだいたい40度くらいを保って、少しじんわりと汗をかく程度がよいでしょう。溜まった老廃物が排出され、血行促進につながります。アロマオイルを加えてリラックス効果をプラスするのもおすすめですよ。

  出典 冷え対策の足湯はデトックス効果も?自宅で手軽に血流改善! | 美BEAUTE(ビボーテ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.