【暴騰】ビッドコインの暴落はいつだ!?暴落原因まとめ!

今物凄い勢いでブームになっているビッドコイン!仮想通貨に参入しませんか?その前に暴落の原因を知っておきましょう!

更新日 2017年12月15日

合計 263pv


大人のADまとめ

ビットコインは急落と暴騰の歴史を繰り返していると言えます。

短期で見れば大きな下落でも、長期で見た場合は平均曲線が下降することはなく、ビットコインの価値は上がり続けています。
一方で、日本で仮想通貨法が世界で初めて施行されたように、アメリカでも州法にとどまっていますが、法の規制が徐々に始まっており、中国などはビットコイン取引を禁止しています。
今後、目まぐるしくビットコインを取り巻く環境は変化し、それに伴いビットコイン自体の価値も乱高下を繰り返しながら、徐々に落ち着てくると思われます。

2013年はビットコインの価格が大きく上昇した年でした。

最初の価格上昇に寄与したのは、ギリシャ危機に端を発する『3月のキプロス金融危機』です。
これにより国内の銀行に不良債権が発生し、多くの企業は倒産を余儀なくされました。そして、キプロスで使われていたユーロの信用が大きく低下しました。
このとき同時に、信用できる通貨としてビットコインが注目され、資金が流入し、過去最高の価格を記録しました。

また、アメリカのカリフォルニア州で世界初のビットコインのATMが設置されたり、日本においてもNHKで、国内で初めてビットコインが取り上げられたりするなど、価格上昇に寄与する材料がたくさんありました。
これらの好状況により、12月までに『1BTC12万円』を記録しました。

しかし、そんな状況にありながら、2013年12月5日に中国政府がビットコイン取引に関する声明を出しました。
これは金融機関によるビットコイン取引を禁止するもので、中国の公的な金融機関や決済機関は、ビットコインに値段をつけたり売買したりすることができなくなりました。
これに加え、中国最大の仮想通貨取引所が新たな中国元の受け入れの停止を発表したため、ビットコイン価格は『1BTC6万円代』まで暴落してしまいました。

『下落率50%を超える、これほど大きなビットコインの価格暴落』は、その後のビットコインにとっても、強い逆風となるものでした。

  出典 【次の暴落はいつ?】 ビットコイン暴落の原因まとめ | COIN NEWS

マウントゴックス社は、世界最大のビットコイン取引量を誇った取引所でした。
2013年頃からビットコインに注目が集まり、当時は取引所が少なかったためユーザーがマウントゴックス社のサービスに集中しました。
そのため、急な顧客増加によって業務が過密になり、ビットコインの管理も不十分な状態となったところを、ハッカーに狙われることになります。

これにより、マウントゴックス社は『大量のビットコイン』を失うことになり、倒産に追い込まれました。

マウントゴックスの閉鎖後は、Zaifの前身である取引所やビットフライヤー、コインチェックなど国内大手の取引所がサービスを開始しましたが、ビットコイン取引に対する『不信感』から、取引を懸念する動きが多く見られ、2014年以降のビットコインの価格は停滞することになりました。

明らかなハッキングにより、欧州における主要取引所が業務停止を余儀なくされた事件です。被害額は数百万ドル相当にのぼり、ビットコインの引き出しは一時停止されるなどの措置がとられました。
さらに、利用者にはしばらく口座への預入を控えるように、取引所側が告知するなどの対応をとることで、取引所は事態の鎮静化を行っていきました。
しかし、この1年ほど前に、世界最大の取引所だったマウントゴックスでも類似の問題が表面化し、同取引所が破綻した後にこの事件が起きたため、再び仮想通貨へのイメージダウンは全世界に及びました。

そして、ビットスタンプは当時世界3位の取引所として名を馳せていましたが、この件で同取引所の「オペレーショナル・ウォレット(業務用のサイフ)」と呼ばれる大規模な取引口座が損なわれ、1万9000ビットコイン弱(約500万ドル相当)が失われました。
その結果、同取引所のウェブサイトは閉鎖されました。しかし、同取引所のビットコインの大半は、インターネットと接続されない形で保管され守られていたので、実際のところはサイバー攻撃の被害を免れる結果となったようです。

ところが、もしネットに繋がれた端末の中にビットコインが保管されていた場合、同被害額が発生していたかもしれないという事実がビットコインの大幅なイメージダウンを招き、ビットコインの価値は大きく下落しました。

ビットコインのコア開発者の一人であるマイク・ハーン氏が「ビットコインは今後崩壊していき、無価値になる。」といった趣旨の発言をしたことによる下落事件です。

この発言の背景としては、そもそもブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の考え自体が、実験的な行動の結果であるということ。

ビットコインの本質的な部分に「分散型台帳」による、「管理者不在で透明性の高い通貨」というものがあります。
しかし一方で、大規模な組織的マイニングによって、ビットコイン自体が一部の組織への集中しています。
また、プライベートブロックチェーン(ブロックチェーンを公開せず、限られた範囲内でのみ参照できるようにする技術)と呼ばれる『透明性のないメタシステム』も登場しました。

これら二つによってビットコインの本質が脅かされ、ビットコインの存在そのものが変わってしまう可能性があるようです。

2016年に入ると、様々な企業がビットコインによる決済を導入し始めるなど、日常で利用できる場面が増加し、価格が上昇していきました。
日本でもDMMで商品購入ができるようになるなど、普及の兆しが見えはじめました。

そんな中、2016年8月2日には、世界最大の取引量を誇った香港の仮想通貨取引所『Bitfinex』がハッキングされる事件が起こりました。
当時、Bitfinexはセキュリティシステム上の欠陥があったことを発表しており、『約12万BTC』が盗難されました。
その結果、Bitfinexは同日に『取引を全て停止』しました。これにより、ビットコインの価格は『6万8000円から4万8000円台に下落』することになりました。

Bitfinexは2015年にもハッキング被害を受け、資本を流出させていました。また、2016年に他の取引所もハッキングを受け、仮想通貨を流出させたりするなど、ハッキングによる被害は後を絶ちません。

中国政府が突然、1カ月以内に全仮想通貨取引所を全面封鎖することを発表したことによる下落です。

発表前は『約50万円~60万円』の間を推移していたビットコインですが、この発表の直後に一時『約30万円~33万』まで下落しました。

この発表に伴い、まず北京にある取引所が閉鎖計画を公表し、次にそれ以外の取引所が続々と閉鎖計画を公表していきました。
『仮想通貨大国となりつつあった中国』の全取引所の封鎖を受けて、仮想通貨自体の存在も危ぶまれる事態となりました。

ビットコインは、2008年の10月にSatoshi Nakamotoと名乗る人物が発表した論文により提唱されます。
それからわずか3か月後に、ソフトウェアのオープンソースとして開発されて、ビットコインの最初のブロックが誕生します。
そして、ビットコインの最初の取引が行われました。

*2017年10月10日のビットコインの終値は53万です。

〇2009年10月5日の終値0.07円

New LibertyStandard社のウェブサイトより、ビットコインの価格が初めて示されます。
日本円にして0.7円、これはビットコインのマイニングに必要な電気代から計算して提示された金額です。

〇2010年5月22日の終値0.2円
実際のピザ屋の店舗で初めてビットコインの決済が行われます。ピザ2枚と10.000BTC が交換されます。
これが実店舗での最初のビットコイン決済となります。
ピザと交換したビットコインをまだ持ち続けていたら、とんでもないことになっていました。
初めて通貨として支払われたビットコイン、歴史はここから始まります。



〇2010年7月11日の終値0.7円
コンピューター系のニュースを取り上げる掲示板サイトSlashdotにビットコインのことが取り上げられます。
これにより多くの人がビットコインを知るようになりました。



〇2010年7月18日の終値7円
最初のビットコイン取引所になるMt.Goxがサービスを開始します。
ここで初めて、ビットコインが一般人でも買えるようになりました。



〇2010年9月18日の終値5円
世界初のマイニングプールSlush’spool が初めてビットコインのマイニングに成功する。
*マイニングとはビットコインの取引を手伝い報酬を得ること
*マイニングプールとは個人ではなく複数人で協力してマイニングを行うことです。



〇2011年3月6日の終値74円
ビットコイン取引所Mt. Gox が日本を本社とするTibanne社に買い収されます。
事実上最初の国内のビットコイン取引所が運営されることになりました。



〇2011年4月16日の終値87円
アメリカのTIME 誌がビットコインを特集しました。
大手のメディアでビットコインが初めて取り上げられた例です。



〇2011年6月12日の終値1489円
ビットコインの価格が一時31.91ドルになりました。
*ビットコインがメディアに取り上げられたことによる最初のビットコインバブルはこの時です。



〇2011年6月19日の終値1401円
ビットコイン取引所Mt. Gox がハッキング被害を受ける。



〇2012年5月9日の終値402円
ビットコインは違法行為に使われる可能性が高いというFBI の内部資料が流出しました。



〇2012年11月15日の終値909円
これまでで、最大規模のビットコインの決済サービスをWordpressが受付スタート



〇2012年11月28日の終値 1,013円
210,000ブロックごとに行われるマイニング(採掘)の報酬が半分になる。
報酬は50BTCから25BTCへ半減しました。



〇2013年3月16日の終値 4,597円
キプロス危機によりビットコイン価格が上昇する。
*ユーロ圏のキプロス共和国で発生した金融危機



〇2013年3月19日の終値 5,718 円
世界初のビットコインATMがサービスを開始しました。
世界的な金融不安もあり、ビットコインの価格が高騰する

〇2013年12月4日の終値 123,100円
NHKで初めてビットコイン特集が放送されました。
日本の大手放送メディアが、最初にビットコインが取り上げられた例となりました。



〇2013年12月5日の終値 110,000円
ビットコインが史上最高価格をつけたバブルとなりました。
一時、日本円で127,800円/BTCを記録しました。
同日、中国政府が金融機関よるビットコインの取引を禁止しました。
これにより、ビットコインの価格が大きく下がり続けることになります。
ビットコインの低迷が続きますが、ビットコインの取引所も増えていきます。

〇2014年2月24日の終値18280円
Mt. Gox 取引所の事件 ビットコインのハッキング盗難被害が起りました。
*後に社長の横領だとわかります。取引所が閉鎖する。



〇2014年4月1日の終値49614円
初めての国内取引所etwingsオープン
後のザイフ取引所です。
ここから取引所のオープンラッシュが続きます。

〇2014年4月9日の終値44887円
取引所BTCBOXサービス開始

◆5月26日ビットフライヤー取引所サービス開始
◆6月18日bitbank取引所サービス開始
◆6月30日Quoine取引所サービス開始



〇2014年7月18日の終値63670円
米DELL 社がビットコイン決済の受付を開始します。

〇2014年9月19日コインチェック取引所サービス開始

〇2014年10月30日の終値37534円
ユーロ圏の最大のビットコイン取引所Krakenで日本円のサービスを開始しました。



〇2014年12月11日の終値41180円
米マイクロソフト社でビットコイン決済の受付を開始しました。



〇2015年6月3日の終値28027円
ニューヨーク州でビットコインの規制を正式に発表しました。



〇2015年8月1日の終値34608円
Mt. Gox 取引所の経営者が業務上横領で逮捕されました。



〇2015年10月22日の終値329997円
ビットコインの消費税は非課税との判決下す



〇2016年3月1日の終値49602円
DMM.comが決済サービスをスタートする。
ここから、ビットコインがまた上がり続けます。

〇2017年1月5日の終値110986円
2013年以来の史上最高価格をつけました。
日本でのビットコインの取引が、特に過熱しました。
主要取引所のcoincheckでは、一時152,900円/BTCを記録することとなりました。


同日、中国人民銀行が中国国内の取引所と会合、調査にのりだします。
中国人民銀行が中国国内の三大取引所のOKCoin、BTCC、Huobiを呼び出し、ビットコイン投資の過熱に対する警告を発表しました。
これにより、またビットコインの価格が大きく下落することとなります。

〇2017年3月10日の終値145,790円
ビットコインがドルベースで史上最高価格の約1330ドルをつけました。



〇2017年4月1日の終値121,628円
日本で初めて、法律内で規定した改正資金決済法等が4月1日に施行されました。
日本で仮想通貨が認められたことになります。
そして、現在ビットコイン取引所は登録制になっています。
ビットコインは、その後も分裂などの騒動があり、現在も価格が上がり続けています。

〇2016年10月10日の終値534,311円です。

まずは仮想通貨を実際に購入してみて

肌で感じてみてください。


ってわけで

「これから仮想通貨投資を始めようと思ってる人!」

「仮想通貨投資に興味がある!」

って人。



さらに言えば

「難しいことはよくわかんないけど、とりあえず始めたい!」

「ビッドコイン」「イーサリアム」「リップル」

って人。



今から仮想通貨投資を始める人は、

まずは日本の取引所から始めるべきです!!

そこで安心・安全な日本の取引所をご紹介します。

スマホからでも簡単に買えるし、1,000円からでも大丈夫だよ!



とりあえず、登録(無料)だけでもしておけば、

「やっぱり欲しい!」

「いまがチャンス!」

ってときに、すぐ手に入れることができるからむっちゃオススメです♪

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム



日本の人気ビットコイン取引所である『coincheck(コインチェック)』のこのCMでは、出川哲郎氏が一人二役で兄弟を演じています。弟が兄に「なんでビットコイン取引は『coincheck(コインチェック)』がいいのか?」質問し、それに対して兄が曖昧な返事をするという内容になっています。


参照元・その他動画等はこちらから(coincheckプレスページに移動します)
このCMで繰り返される「なぜビットコイン取引は『coincheck(コインチェック)』がいいのか」、について解説をする前に、まずは『coincheck』という会社の概要について説明します。

『coincheck(コインチェック)』とは?
『coincheck(コインチェック)』とは日本最大級の仮想通貨の取引所です。ビットコインはもちろん、イーサリアムやビットコインキャッシュなどの他の仮想通貨も取り扱っており、13種類もの仮想通貨を取引することができます。

また、coincheckは2012年に設立された会社で、代表取締役社長 和田晃一良氏も1990年生まれと非常に若い会社です。

なぜビットコイン取引は『coincheck』がいいのか?
CMで出川哲朗氏が扮する弟が繰り返し兄に問うていた「なぜビットコイン取引はcoincheckがいいのか」という点について解説します。

仮想通貨の取扱い数が豊富
上述したように、coincheckでは《13種類》の仮想通貨を取り扱っています。

扱っている通貨は以下の通りです。

Bitcoin(ビットコイン)
Ethereum(イーサリアム)
Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)
Lisk(リスク)
Factom(ファクトム)
Monero(モネロ)
Augur(オーガー)
Ripple(リップル)
Zcash(ジーキャッシュ)
NEM(ネム)
Litecoin(ライトコイン)
DASH(ダッシュ)
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

取引画面の見やすさ
coincheck(コインチェック)のUI(ユーザーインターフェース)は非常に見やすいです。チャートや取引画面がシンプルにわかりやすく作られているため、何がどこにあるかがすぐに分かるので体感的に操作でき、初心者にはおすすめであると言えます。

サービスの安全性
アカウントにログインする際には『二段階認証』(パスワードの確認に加え、セキュリティコードによる確認をし、より安全にログインするための仕組み)を設定することができます。

また、コールドストレージ(アクセスの頻度が低いコールドデータを長期間、安価で保管できるストレージシステムやサービス)によって、ユーザーのビットコインを守っています。

もしものときの『盗難補償』
2017年6月より、『coincheck』と大手仮想通貨取引所である『bitFlyer』の2社が仮想通貨の不正な引き出しに対してその被害を補償するサービスを開始しています。

bitFlyerでは、仮想通貨が日本円で出金されたことが発覚された場合に補償の対象になるようですが、coincheckでは、最大100万円までの不正ログインによる「仮想通貨の送金」、「日本円の出金」損害を補償する予定のようです。

ビットコインからアルトコインまで利用可『貸仮想通貨』サービス
coincheckは、貸仮想通貨というサービスを行っています。

どのようなサービスかというと、保有している仮想通貨をcoincheckに一定期間貸し出すと、期間終了時に一定の料率で計算した額を貸し出した額に上乗せして返してもらえるサービスで、最大年率は5パーセントとなっています。

またcoincheckの提供するこのサービスの特徴として、ビットコインだけではなくcoincheckが扱っているすべての仮想通貨が利用対象となる点があります。日本国内の他の仮想通貨取引所も仮想通貨の貸し出しを行っているところもありますが、貸し出せる仮想通貨の種類はやはりcoincheckが一番のようです。

<登録はこちら>
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.