【バブル仮想通貨】ビッドコインマイニング(採掘)の方法!と仕組みを徹底解析!そうだったのか!

バブルな仮想通貨市場!!参入するなら今しかないでしょ!投資するならコインを採掘マイニングする方が儲けられるのか!?年末ジャンボよりも確実に稼げるのでは!?

更新日 2017年12月03日

合計 166pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org


採掘(マイニング)は、漢字で書かれている様に「掘り起こす」事を意味しますが、ビットコインの採掘(マイニング)は金鉱や鉱物を掘り起こすと言う意味合いとは少し異なります。

ビットコインの発行総量と言う物は事前に決められており、更に採掘(マイニング)によって新規に発行される量も決められております。これは急激な発行量の増加等に伴う世界経済への影響(急激なインフレ等)を避ける事が狙いとされております。



そのビットコインを新規に発行する為の活動の事を、採掘(マイニング)と呼んでおり、世界中でこの採掘(マイニング)で新規のビットコインを獲得している人が大変多くいらっしゃいます。

  出典 ビットコインの採掘(マイニング)の仕組みと方法!メリットについてのまとめ | 仮想通貨.com
  

出典 Youtube

ビットコインの「マイニング」とは?世界中で億万長者を輩出する仮想通貨の最前線
  

出典 Youtube

世界有数のビットコインのマイニング採掘場の内部を見る-中国の内モンゴルの片田舎

このビットコインの採掘(マイニング)とは具体的にはどの様な事が行われているのでしょう。ビットコインは一定期間内の全ての取引を取引台帳として残す必要が有ります。その為、その取引台帳に全ての取引記録を追加して行く作業が発生します。

しかし、その作業量は膨大な物となってしまう事と、全てのデーターが正確且つ整合性が取れている事が絶対的に必要です。銀行で言えば決算書が1円でも狂っていてはいけない事と同じです。その為、ビットコインの場合にはその追加作業に携わってくれる人のコンピューターリソースを活用して、膨大な計算を皆で手分けして行う事で、共有される大きな取引台帳をメンテナンスして行く事になります。



ビットコインの採掘(マイニング)は、このメンテナンス作業に携わってくれた人、膨大な量の計算を行いメンテナンス処理を成功させてくれた人に対して、その対価としてビットコインを支払う制度です。このビットコインが支払われた瞬間(新規発行)が、採掘(マイニング)と呼ばれます。

又、この様に一般的にビットコインを日夜管理してくれる人がいるお陰でビットコインの安全性が保たれていると言う一面を持ち合わせております。

ビットコインの採掘(マイニング)を行う事のメリットとして一番大きいのは、ご自身のコンピューターの計算能力を「お金に変えるビジネス」として活用出来る点ではないでしょうか。

その為に世界中にこの採掘(マイニング)に日夜取り組んでいる人達が多くいらっしゃいます。通貨(お金)としてビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)活動でしか行われる事はありませんので、将来的にビットコインの価値が上がって行くと信じている方々は、次々と採掘(マイニング)活動を行い、その報酬として新規のビットコインを手に入れ続けております。



手に入れたビットコインの多くは次の投資に運用されて行く事が多いのですが、一方では最近になりようやくインターネットでの物品購入時の決済や、日本国内における飲食店での支払い等にも対応が出来る様になって来ております。

今後は益々投資以外でのビットコインの活用方法が広がって行く物と考えられます。更にビットコインは一般的は世界の国々が発行する通貨の様に、その国の事情で急激に発行数を増やしたりする事が出来ない様に規制されておりますので、世界的に見ても安全な資産運用であると言う事が出来ます。

  

出典 Youtube

ビットコインで 資産 数百億!! 【キャッシュマシーン】

  出典 stone-roses.org

ビットコインはコンピューターが複雑な暗号を解読することによって作成される。このプロセスは「マイニング(発掘)」と呼ばれる。
PowerCompare.co.ukによると、今年、ビットコインのマイニングに使用された電力は、すでにアイルランドやアフリカのほとんどの国の年間使用量を上回った。
ビットコインが使用する電力は新たな問題となりつつある。
最新の調査によると、ビットコインのマイニングを行うコンピューターが今年に入ってから使用した電力は、すでに159カ国が1年間に使用する電力量を上回っている。
電気料金比較サービスPowerCompare.co.ukは、今年、ビットコインのマイニングに使用された電力は、すでにアイルランドやアフリカのほとんどの国の年間使用量を上回ったと発表した。
PowerCompare.co.ukは、ビットコインと仮想通貨のデータを提供しているDigiconomistの統計を使用、今年すでに、29.05TWh(テラワットアワー)の電力がビットコインのマイニングに使用されたと推定した。ちなみにアイルランドの年間使用量は約25TWh。
ビットコインのマイニングよりも年間使用量が少ない159カ国のリストはこちらから、もしくは下記の地図で確認できる(オレンジの国がそれだ)。
ビットコインよりも電気使用量が少ない国チャート
ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨。特定のグループによる管理体制が存在せず、ブロックチェーンと呼ばれる取り引きを記録するシステムによって成り立っている。
取り引きが正しいこと、または所有者の変更を証明するために、ビットコインネットワークの参加者はデータの塊である"ブロック"(ブロックチェーンという名称はこれに由来する)に書き込まれた取り引きを承認する必要がある。それには複雑な暗号を解読しなければならない。
この作業を行う報酬として、ブロックの承認を行った人には新しいビットコインが付与される。これがビットコインの「マイニング」と呼ばれるプロセスだ。
ビットコインの設計者たちは、マイニング可能なビットコインの数が有限(最大2100万枚)となるようにシステムを設計した。そして、システムの寿命を長くするため、暗号解読は時間の経過とともに難易度が上がる仕組みになっている。つまり、マイニングにより時間がかかるようになっている。
世界初公開、川崎重工の“技能伝承ロボ”の革新技術 —— 「人生100年時代に職人技はロボが伝承する」

マイナーと呼ばれる発掘者は、よりパワフルなコンピューターを使ってマイニングを行い、ビットコインを手に入れようとしている。その結果、マイニング(およびビットコインによる取り引き)に必要な電力はますます増える一方だ。ビットコインの取り引きは今や大量の電力が必要となり、ドイツの銀行INGによると、1回の取り引きに使用される電力は、1世帯のほぼ1カ月分に相当する。
ビットコインの「マイニング」の多くは、中国で行われている。電気料金がイギリスやアメリカなどよりも安いからだ。
「AntpoolからBTCCまで、世界トップ6のマイニングプール(マイニングを協力して行うグループ)は全て中国を主要拠点としている」と取り引きプラットフォームeToroのアナリスト、マティ・グリーンスパン(Mati Greenspan)氏は11月、メールに記した。
「大まかに計算して、中国でのマイニング作業は全体の80%以上を占めている」
だが、マイニングに使われる電力が環境に与える影響を懸念する声が高まっている。中国の電力のほとんどがCO2(二酸化炭素)を排出する化石燃料によるものだ。
「電気がどのように作られているのかを、我々は意識しなければならない」とグリーンスパン氏は付け加えた。
現在稼働中のマイニングプールのデータは、Blockchain.infoで見ることができる。

マイニングの魅力は十分わかりました。


でもそんな壮大なことは資金がかかりすぎて
ハードルが高いと感じてしまいます。

だって元手が少ない資金しかないんですから!

そんなあなたは安心してください。


数十億を目指すのであればマイニングが必要かもしれませんが、

数億程度であればコイン投資で十分ですよwww

まずは仮想通貨を実際に購入してみて

肌で感じてみてください。


ってわけで

「これから仮想通貨投資を始めようと思ってる人!」

「仮想通貨投資に興味がある!」

って人。



さらに言えば

「難しいことはよくわかんないけど、とりあえず始めたい!」

「ビッドコイン」「イーサリアム」「リップル」

って人。



今から仮想通貨投資を始める人は、

まずは日本の取引所から始めるべきです!!

そこで安心・安全な日本の取引所をご紹介します。

スマホからでも簡単に買えるし、1,000円からでも大丈夫だよ!



とりあえず、登録(無料)だけでもしておけば、

「やっぱり欲しい!」

「いまがチャンス!」

ってときに、すぐ手に入れることができるからむっちゃオススメです♪

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.