【要注意】絶対仮想通貨詐欺に騙されないぞ!詐欺コイン一覧と仮想通貨詐欺の見分け方まとめ!

空前の大ブームの仮想通貨!!稼ぎまくっている人も入れば詐欺に騙されて資産を失った人もいます。今回は絶対に詐欺師に騙されない為に詐欺コイン一覧と仮想通貨詐欺の見分け方をご紹介します!!

更新日 2017年12月02日

合計 200pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

ご存知のように、ビットコインは、発効当初から計算すると100万倍以上の値上がりを見せました。

それらに追随するイーサリアムやリップルといったほかの仮想通貨も、プレセール時から数十倍〜数百倍以上の値上がりを見せています。そのため、「仮想通貨は儲かるもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな仮想通貨の値上がり幅にあやかりたい人も多いかと思います。実際、私もその1人で、仮想通貨のブームにはあやかりたいと思っています。

しかし、「よくわからないけどなんだか儲けられそう」というイメージは、詐欺という行為を働く上で、この上なくピッタリ適しているのものです。

詐欺師は響きのいい言葉を使って、人間の心の弱い部分をうまくついて、利用してきます。

「この仮想通貨は、将来有望で間違いなく値上がりするから購入しないか?」という甘い誘いが増えています。私の周りでもチラホラそのような話を持ちかけられている人が増えています。

しかも、見知らぬ詐欺師からであれば警戒もしやすいですが、教師の友人から話を持ちかけられたといった例もあり、ネズミ講(別名:ネットワークビジネス)のような組織がすでに完成しているようです。

厄介なことに、末端の一般の人たちは、詐欺師たちの話を聞いて、すっかりその詐欺話を信じ込んでいるからこそ、友人にも強く勧めてきます。

しかしながら、仮想通貨の投資話に関連した刑事事件も起こるようになってきていますし、勧誘話がいきすぎた結果、大きな損失を出して殺人事件にまで発展した例もありますので、くれぐれも注意するようにしましょう。


仮想通貨は、現在世界的に注目度が高い分野ですが、それはなにも一般の方に限ったことではなく、詐欺師にとっても注目度が高い分野です。詐欺師という人種は、トレンドの変化に敏感なので、最も熱気が高まっている新分野に詐欺師がなだれ込んできています。

それには理由がいくつかありますが、最も大きいのは、2017年の段階では法律が未整備なので、詐欺が発覚したとしても、それが詐欺かどうかの立証および、犯罪としての立件が難しいという点があります。

というのも、仮想通貨には、値段がいくらなら妥当なのかといった理論的根拠が存在していませんし、コイン自体はデジタル情報で実物が存在しないものなので、何をやったところで、どこまでが詐欺かという線引きが難しいのです。

そのため、詐欺師の口車に乗せられてコインを購入したとしても、違法性を問えないというわけです。

また、仮想通貨なので、証券取引法や金商法、出資法といったキビシイ法律にも触れません。詐欺師にとっては、これほど好都合な商品はありません。投資詐欺で詐欺師が逮捕されるケースは、これらの法律に違反している場合が多いのですが、仮想通貨に関しては、実際のところ、違反に該当する法律が少なく、法律上は詐欺だと立証するのはかなり難しいのです。



また、仮想通貨の発行は誰でもできるのですが、その実態が非常に見えにくいというのも詐欺を助長しています。

株式の発行であれば、上場しようとしている会社がすでにサービスを提供している場合がほとんどで、実際にどのようなサービスか、どの程度将来性がありそうかといったことが確認できます。

しかし、仮想通貨のICOでは、こういったことが確認ができません。

仮想通貨のICOでは、ほとんどの場合に、これからサービスを開発するためのお金を集める目的で行われているからです。ですので、これから開発するとさえ言っておけば、本当は開発する気なんて全くしていないとしても、それを確認する手段がありません。

ですので、サイトのコンテンツの豊富さとホワイトペーパーで判断するしかありません。そのような状況なので、立派なサイトとホワイトペーパーと呼ばれる文書を用意すれば、それだけで数十億円を簡単に手にいれることが可能になってしまっています。

ただし、仮想通貨の詐欺に関しては、2017年秋頃から規制などが徐々に増え始めているので、以前よりは怪しげなコインの上場が少なくなっています。


  出典 詐欺コイン一覧と仮想通貨詐欺の見分け方 | Alchembook -現代の錬金術- ネット副業でお金を稼ぐ方法

もし詐欺コインを買ってしまった場合、残念ではありますが、前述したように違法性を問うのが難しいため、泣き寝入りするパターンが多くなります。

ただ、販売代理店(このお店もグル)経由で購入した場合、「買い取り」を請求するだけしてみましょう。返金保証のようなことをしている場合もありますし、仮になかったとしても、詐欺師たちが、詐欺コインの評判が悪くなるのを恐れて返金してくれる可能性があります。

詐欺の締めくくり前の段階であれば、詐欺師はもうちょっと儲けを膨らますために、詐欺だという悪い評判が流れるのを避けたいという心理がありますの。ですので、返金に応じてくれる可能性があります。

刑事事件化を恐れて、返金するケースもあるようです。正確な理由は不明ですが、ノアコインは返金が始まりました。


  出典 stone-roses.org

Aloha Coin [アロハコイン]
Asset Coin [アセットコイン]
Atom Coin [アトムコイン]
AWA Coin [AWAコイン]
Baysia Coin [ベイジアコイン]
BTU [ビットユニオン]
0ban [コバン]
Circle Coin [サークルコイン]
Clover Coin [クローバーコイン]
Credit Coin [クレジットコイン]
D Coin [Dコイン]
Digital Gold Coin [デジタルゴールドコイン]
Dircoin [ディールコイン]
Eternal Coin [エターナルコイン]
Fusion Coin [フュージョンコイン]
Futcoin [フートコイン]
GARUDA-Coin [ガルーダコイン]
Gem Coin [ジェムコイン]
Hit Coin [ヒットコイン]
Hold Coin [ホールドコイン]
Jewel Coin [ジュエルコイン]
KEY’token [キートークン]
LEO Coin [レオコイン]
Linked Coin [リンクドコイン]
M Coin [Mコイン]
Mold Coin [モルドコイン]
NAGEZENI [ナゲゼニ]
NOAH Coin [ノアコイン]
Ocean Coin [オーシャンコイン]
One Coin [ワンコイン]
PABYOSI COIN [パビョシコイン]
Planet Coin [プラネットコイン]
Port Coin [ポートコイン]
SmASH [スマッシュ]
TAOCOIN [タオコイン]
True Life Coin [トゥルー・ライフ・コイン]
World Peace Coin [ワールドピースコイン]
WOW-e-Coin [華コイン]
XID Coin [XIDコイン]
XEP Coin [XEPコイン]
XNC Coin [XNCコイン]
XRC Reglus Coin [XRCレグルスコイン]
Yes! Gold Coin [イエス! ゴールドコイン]


  出典 stone-roses.org

仮想通貨 詐欺の手口① 怪しいコイン取引の話を持ちかけられる

怪しいコイン取引の話を持ちかけられる。仮想通貨詐欺でありがちなパターンです。
この詐欺の手口には、主に2つのやり方があります。

① 実在しない仮想通貨を使う手口

「新しい仮想通貨、ソットコインで大儲けできますよ」とウソをつく方法です。


ソットコインは2017年現在、誰も作っていない、勝手に今名づけたコインですが、本当らしく話したり、ソットコイン・セミナーを開催して、本当に存在するように錯覚させることができれば詐欺は成立します。

② 存在する仮想通貨を使う手口

仮想通貨としてネットワーク上に存在しているものの、詐欺とされる仮想通貨も存在しています。


そのように噂される仮想通貨は40種類以上。
全員をだませないとしても、ある程度の人数をだませばモトが取れるようです。

※コラム:仮想通貨詐欺は、モトが取れる?

実在しない仮想通貨や、ニセモノ仮想通貨の宣伝を見ると、モトが取れるのか疑問に感じますが、確実に利益を上げることができています。

「仮想通貨詐欺のために、宣伝の労力を払ったり、セミナー会場の費用を払うはずがない」と思いがちですが、詐欺の犯人が狙うのは、まさにその盲点。

詐欺が成功するには、全員をだませなかったとしても、何人かだませれば充分。
100万円単位、1000万円単位を出す人が1人でも見つかれば、儲かるのです。
宣伝の労力や、セミナー開催の費用は、たいした問題ではないのです。

仮想通貨詐欺の対策は「持ちかけられる話に反応しないこと」

怪しいコイン取引の話を「持ちかける」パターンの詐欺では、最も重要な対策があります。

「儲け話は向こうからやってくることがない」と考えておくことです。

詐欺師がいきなりやって来たり、電話をかけたりして、「仮想通貨で大儲けできます。すぐに買いましょう」と迫ってきますが断りましょう。
そんなに美味しい話があるのであれば、誰にも言わずに銀行借り入れなどをして、自分でやったほうがいいに決まってますからね。

仮想通貨 詐欺の手口② ICO詐欺

仮想通貨詐欺のなかで、対応が難しいのが、ICO詐欺です。


実在しない仮想通貨の詐欺や、ニセモノ仮想通貨の詐欺に比べると、上級者向けの手口となります。

ICO詐欺の「ICO」とは、「Initial Coin Offering」の略称。
「新規仮想通貨公開」と訳されることが多く、企業やプロジェクトが、独自の仮想通貨を発行して、資金調達を行う方法です。ICOで発表された仮想通貨を購入した人は、発行元の企業やプロジェクトが大成功した場合、利益を得られる可能性があります。

このICOを悪用したのが、ICO詐欺です。
ICO詐欺では、ICOのプロセス全体を利用してだますこともありますし、独自の仮想通貨を発表するイベントやセミナーを利用して、だますこともあります。

ICO詐欺の事例として多いのは「ICOして資金調達をするものの全くプロジェクトが動かない」というものです。「仮想通貨で資金を集めて、プロジェクトを発足しますよ」と発表しただけで何も作らず会社を閉鎖する、という手口があります。

しかし、やっかいなのは、お金と人を集めて開発したけどダメだったのか、お金と人を集めたけど何もせず詐欺行為だったのかの証明が難しいことにあります。

この状況なので、ICO詐欺のような事例が多く存在しているのです。

ICOは投資機会でもあるのでうまく見極めることが重要

詐欺にあわないためにICOに参加しないというのが一般的な対策になってしまいますが、
収益機会でもあるのでうまく見極めて参加を決めることが重要になってきます。※もちろん持ちかけられた話は詐欺の可能性が高いです。

ICOは本来、今後の成長が期待できる企業やプロジェクトに投資する機会です。
有望なICOに出会うこともあり、利益を得ることができる場合もあります。

どうしても参加したいICOがある場合、事前調査が重要です。

① ホワイトペーパーを読み込む


ICO時にはプロジェクトの計画資料があり、この計画書を「ホワイトペーパー」と呼びます。

例えると、企業がIPO時に東証に提出する資料「目論見書」がありますが、そのICO版の資料と思ってください。
ここにビジネススキームとPL、プロダクトのスキーム、創業メンバーのバックグラウンドが記載されています。それらを見て、本当にうまくいのかどうかを検討してみてください。

② ICOに関連するキーワードで検索する


自身でよいと思ったICO案件も他の人から見たら詐欺の可能性が高いように思えるものだったというケースもあります。
「銘柄名 詐欺」や「銘柄名 ICO 」などで検索し、他の人から見ても問題がないかどうかチェックしてみてもよいでしょう。新たな視点を得られることができるかもしれません。

なぜ仮想通貨とICOは混乱しているのか?

仮想通貨とICOの周辺は、混乱していたり、落ち着かなかったり。
ICO詐欺の対策も、ホワイトペーパーが決定打という人、そうではないという人など、いろいろな意見があります。

金融庁のホームページに「ICOに関する注意喚起について掲載しました」と掲載されたのは、2017年10月27日。ビットコインが登場したのは、約8年前・・・。

ここまで混乱しているのは「新しい技術や文化が登場した時は、その技術や文化の成長に必要な環境が前もって用意されてないから」ではないでしょうか。

2009年にビットコインが誕生しましたが、社会実験としての意味合いが強く、多くの人は見向きもしませんでした。しかしここまで大きくなると、法律をどうするのか、個人や企業はどう対応するのかと、考えなければならなくなるのです。

1979(昭和54)年、日本で最も有名なロボットアニメがテレビに登場した時も、同じような状態でした。著作権法の整備が不充分なうえに、ロボットアニメのテレビ放映と、商業をどう結びつければよいのか誰も知りません。ロボットアニメを作る人も、ロボットアニメを見て商品を買う人も、互いに試行錯誤していた時期があったのです。

仮想通貨やICOの周辺が落ち着かないのは、互いに試行錯誤の段階なのかもしれません。


  出典 stone-roses.org





こういった詐欺コインや仮想通貨の投資詐欺には、5つの特徴があるので解説していきます。

特徴1:セミナーや知人から直接勧誘される

1つ目の特徴は”セミナーや知人などから直接勧誘を受ける”つまり対人勧誘で、彼らの目的は”〇〇コインを購入してもらい紹介料”をもらうことです。



仮想通貨投資の場合だと、『仮想通貨投資をして儲けている意識高い人たちのグループ』のようなコミュニティへの参加を促されます。



一言で表すと”ネズミ講”や”マルチ”です。



つまりたくさん紹介すればするほど自分へのバックが増えていくので「〇〇コインは絶対に価値が上がる!」、「あのグループに入って人生が変わった!」などと積極的に勧誘してくるのです。



もし知人や友人がこのような話を持ってきたらその時点で100%詐欺なので、正しい仮想通貨投資について教えてあげましょう。



昔は喫茶店やファミレスでちらほら「年利400%の融資話」など聞こえてきましたが、最近では”仮想通貨”というキーワードを聞くようになりました。



やはり正しい情報を掴んでおくことが一番大切ですね。

特徴2:価格保証がある

2つ目の特徴は『価格保証』をつけてくれる仮想通貨ですが、そんなものあり得ません。



よく考えてみてください、ビットコインやイーサリアムに価格保証はありますか?ないですよね。



そもそもビットコインには一元管理している人や団体は存在しておらず全員が平等にシステムを利用できるため、管理者はあなたを含めた世界中の利用者であるため誰も価値を定義できません。



そんな中でも仮想通貨の仕組みや実用性に未来を見出し、その基軸通貨であるビットコインに価値が集中しているんです。



にも関わらず「購入金額の50%は保証します!」などと謳っているのは絶対に価値が上がらないことを見越している裏付けでもあり、あなたに購入してもらうための謳い文句でしょう。



それで購入してしまったとして、後々50%を返金したとしても50%は詐欺師側が儲かるわけですから。



なので、価格保証をつけるようなアルトコインには手を出さないようにしましょう。



特徴3:仮想通貨を販売する権利(代理店権利)がつく

3つ目の特徴は、『仮想通貨を販売する権利(代理店契約)』がつくケースです。



「あなたが代理店としてこの仮想通貨を売れば、紹介料として売り上げた仮想通貨の20%を付与しますよ!」



といったような内容ですが、特徴1のねずみ講やマルチと合致しますよね。



また「たくさん紹介すれば悠々自適な生活が送れます!」と素敵な未来を想像させる時にも使われます。



販売の胴元はたくさん売りたいのでこういった仕組みを利用するのです。



本当に価値のある仮想通貨は代理店が販売しなくても勝手に価値が上昇していくものなのです。



それに、本当に価値が上がれば良いですが価値の上がらない仮想通貨を報酬でもらっても嬉しくもなんともないですよね。

特徴4:広告でよく見る

4つ目の特徴は、SNSやサイトでよく見かける『絶対に儲かる仮想通貨投資』や『〇〇コインを販売します!』というような広告です。



メールアドレスを登録すると動画が送られてきて、投資話や〇〇コインの素晴らしさを5つくらいの動画で延々と話し、最終的に数十万円のセールスがかかるマーケティング手法です。



最近よく見る類ですが、良い話は一つも聞きません。



本当に開発されているかも疑問ですし進捗具合も公にされていないのです。



そもそも仮想通貨自体に広告をかけるというのがおかしな話で『〇〇コインの開発費を集める』のならまだ理解できますが、それならクラウドファンディングで募ったほうが広告費もかからないので安価ですよね。



それをしないということはプロジェクトが進行しないことがわかっているからなのです。



また、これらに共通しているのが



・〇〇コインの価値が上がったことしか話さない
・実際に開発が行われているかが不透明



という”絵に描いた餅”ばかりなので、信用しないほうが良いというのが結論です。

特徴5:限定販売を謳う

5つ目の特徴は『ここでしか販売していない!』、『今だけの限定価格』といった感じで販売期間や購入価格に限定性を持たすような仮想通貨です。



これは限定性を持たして買わせるための古典的な手法であり、そもそも日本では仮想通貨は国が認めた取引所でしか販売できません。



もちろん本当にプレセールス期間で上場してから一気に価値が上がる可能性もありますが、ほとんどが未上場や開発が進まず頓挫する仮想通貨ばかりです。

詐欺事件や殺人事件が起きていますが、それでもこの仮想通貨市場は物凄く魅力があるわけです。
億万長者だって普通にたくさんの人がなっています。
やるなら今でしょ!!

ってわけで

「これから仮想通貨投資を始めようと思ってる人!」

「仮想通貨投資に興味がある!」

って人。



さらに言えば

「難しいことはよくわかんないけど、とりあえず始めたい!」

「ビッドコイン」「イーサリアム」「リップル」

って人。



今から仮想通貨投資を始める人は、

まずは日本の取引所から始めるべきです!!

そこで安心・安全な日本の取引所をご紹介します。

スマホからでも簡単に買えるし、1,000円からでも大丈夫だよ!



とりあえず、登録(無料)だけでもしておけば、

「やっぱり欲しい!」

「いまがチャンス!」

ってときに、すぐ手に入れることができるからむっちゃオススメです♪

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.