仮想通貨バブルに乗り遅れるな!一生に一度の大チャンス!ビッドコインなどの暗号通貨最新情報をお届け!

仮想通貨(暗号通貨)バブルですね。この100年に一度に稼げる市場に乗っからないのは勿体無いですよ!最新情報をお届けしますのでブックマークしておきことをオススメします。宝クジよりも確実に稼げる投資です!私管理人がオススメする暗号通貨も公開します!主要通貨(ビッドコイン・イーサリアム・ネム・リップル・ビッッドコインキャッシュ・ファクトム・イーサリアムクラシックなどなど)投資は自己責任でお願い致します。

更新日 2017年11月22日

合計 196pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

ベルリンミートアップ開催

LISKは11月22日にベルリンでミートアップが行われる予定です。リスクの価格が大きく上がったのは、この「ベルリンミートアップ」の期待感からの上げが一番大きいようです。

ベルリンミートアップでは重要発表とリブランディングの日程が発表される予定とされています。もしかするとGoogleとの提携もあるのではという噂もあります。※Googleの提携の噂は誰でも書き込める掲示板レベルの噂なので信憑性はかなり低いです。

LISKのリブランディングの内容としては、「LISKが誰でも気軽に使えるように、インターフェースの開発・研究をベルリンの最も優れた企業と共同で行っていく」ことや「LISKのWebサイトや、ロゴ、デザイン、さらにネーミングそのものまでも変更予定」と以前に発表されていました。※予定なので変更される可能性もあります


Lisk core 1.0(リスクコア1.0)リリース

そして次に、期待度の高いLisk core 1.0のアップデートです。core 1.0のアップデートではLISKの最大の特徴でもあるサイドチェーンの強化と、LISK自体の大規模化を実現する予定とされています。

「Lisk CORE 1.0」へのアップデートの日程は2017年12月とされていますが、詳しい日程はまだ発表されていません。

このアップデートは当初は今年2017年9月にリリースの予定でしたが、12月へ延期へとなっていました。アップデートの期待感が大きく、8月に「9月リリース」の発表があってからLiskの価格は高騰し、その後「12月へ延期になる」という発表で一時価格は暴落しました。

このことからも期待されているアップデートだと感じ取れます。

SDKの配布

最後にSDKの配布です。SDKは簡単に説明すると、ソフトウェア開発に使うツールのことです。

このSDKを配布することによって、より多くのプログラマーやエンジニアがLISKのサイドチェーン上で様々な開発に携わることが可能となり、LISKの開発がより良いものとなることが期待できます。

この配布は「Lisk CORE 1.0」へのアップデートと同じ2017年12月に予定されています。

またリスクはご存知のようにアプリケーション言語に「Javascript」を使っています。プログラマーやエンジニアでもない方でも(ジャバスクリプト)という名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。開発者にとってはそれぐらい標準的な言語を採用していいるので、他の暗号通貨の中ではダントツで開発に関わりやすい通貨と言えます。

1.11/22のミートアップが原因?

まずこれが大きいでしょう。



11/22にベルリンでミートアップがあって

そこで新たな発表なんかがあるかも

ってことで買われてるみたいですね。



まさに

「噂で買って事実で売る」ですな。



なので

もしかしたら

11/22以降急落する可能性

があります。



長期保有する予定がない人は

11/22までに売った方がいいかも。



ただ

LiskのCEOであるマックスさんは

「Liskやビットコインのような

有望なプラットフォームの価格は

上昇する一方」

と話しているので

もし11/22に急落するなら

逆にそこで仕込んでおいて

上がるのを待つって手もありかもです。



2.リブランディングへの期待

たしかもともと

リブランディングは

9月に行われる予定だったんですが

それが12月に延期されてたみたいです。



そんでその具体的な日程が

11/22のミートアップで発表になるのではと。



その発表次第では

また12月のリブランディングへ向けて

さらに価格が上がる可能性もありますね。



3.googleと提携?

これは完全に噂ですが

Liskとgoogleが提携するとかなんとか。



それについても

11/22のミートアップで

発表があるかもとのことです。



ただ

実際のところはわかりません。

  

出典 Youtube

仮想通貨リスク(LISK)の将来性 イーサリアム(ETH)を超えるか?

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム


  出典 stone-roses.org

仮想通貨ビットコインは、あまりの高騰ぶりに世界中でバブルが警戒されている。ところがハイパーインフレに苦しむジンバブエでは、身を守るための貴重な手段となっているようだ。

法定通貨が日々目減りするのにあわてて、切羽詰ってビットコインに駆け込む人もいれば、外国に留学している子供への仕送りに利用する人もいる。



その結果が凄まじい。国際市場では先週、ビットコインが過去最高の7888ドルと、年初の7倍に達したが、ジンバブエの首都ハラレのビットコイン取引所Golixではなんと1万3900ドルと、年初の40倍まで暴騰している。

「貯金を全額ビットコインに換えた。資産を守るにはそうするしかないからだ」と語るのは、通信系企業に勤める男性だ。

ジンバブエはかつて自国通貨がハイパーインフレによって紙くず化し、2009年に米ドルを法定通貨に採用した。しかし深刻なドル不足に陥った結果、今や国民の銀行口座にある「ドル」の価値は本当の米ドルに対して急落し、「ゾラー(zollar)」の異名をとるようになった。

現在、現金100ドルを買うためには180ゾラーと交換する必要がある。1月にはこれが120ゾラーだった。

ハイパーインフレの再来で、国民は自動車や不動産、株など、インフレでも価値を失いそうにない物なら何でも飛びつく状態だ。

<海外取引の決済>

ジンバブエではまた、銀行がマスターカードとビザの決済を制限あるいは阻止しているため、海外への支払いを行うのが難しい。ビットコインを使えばこの問題を回避し、ビットコイン決済を受け付けている外国の商店からモノやサービスを買うことができる。

外貨を用いた海外との商取引にはジンバブエ中央銀行の承認が必要で、中銀は燃料や医薬品など生活必需品の購入承認を優先している。

Golixはロイターの取材に対し「例えばソフトウエア開発会社がソフトのダウンロード料金を払いたい言っても、中銀が優先承認してくれることはまずないが、ビットコインでは支払える。外国に留学している子供への仕送りに(ビットコインを)利用する人々もいる」と答えた。
広告

inRead invented by Teads


裕福な家庭は子供を南アフリカや英国に留学させているが、通貨不足のために仕送りに苦労している。

Golixのデータによると、10月に同取引所が取り扱ったビットコイン取引は100万ドル相当だった。

しかし外国人は取引にほとんど参加していない。理論的には、海外の投資家は国際市場でビットコインを買い、ジンバブエで約2倍の価格で売ることが可能だが、問題は支払いがゾラーで行われることだ。

  出典 バブル警戒のビットコイン、インフレのジンバブエでは逃避先 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

CNN) 経済の崩壊により自国通貨が破綻(はたん)したジンバブエで、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の需要が急騰している。首都ハラレにある取引所、ゴリックスでの相場は過去1週間で1万ドルを突破。主要な国際相場の2倍近くを記録した。
ゴリックスのトレードコーディネーターを務める女性は「相場は高止まりし、上昇傾向を維持している」と指摘。需要の拡大が今後も価格を一段と押し上げるとみている。
ジンバブエではビットコインの使用が一般に広く浸透しつつあり、今や自動車ディーラーのような業務でも仮想通貨による支払いを受け付けるようになっている。
同国のムガベ政権は、2008年に起きた凄まじいハイパーインフレへの対抗策として自国通貨を廃止。大半の商取引を米ドルで決済してきた。
しかし現在は外貨の不足が深刻化し、政府は米ドルと等価の「ボンドノート」と呼ばれる銀行券を発行することでこれに対処しようとしている。ただこれらのボンドノートの相場は闇市場で下落しており、国際取引にも使用できない。
ビットコインをはじめとするデジタル通貨のニュースサイト、コインデスクでリサーチ担当責任者を務めるノーラン・バウアーレ氏は「金融政策や政治の不透明感から国の通貨への信頼が揺らぐとき、ビットコインはしばしば安全な避難先の役割を果たす」と分析。通常の通貨と異なり、中央集権的な機関が打ち出すさまざまな措置とそれらの予期せぬ結果による影響を被らないというのがその理由だ。
英ケンブリッジ大学に籍を置く経済史家、ギャリック・ハイルマン博士が考案したビットコイン市場潜在性指数によれば、ビットコインの流通拡大に有利な国としてジンバブエはアルゼンチン、ベネズエラに次ぐ3位につけている。

国軍が権力を掌握したジンバブエの仮想通貨取引所ゴリックスで15日、ビットコインが一時10%高と急騰した。
  ゴリックスのウェブサイトによると、ビットコインは1万3499ドル(約152万円)に達した。これは国際市場で取引されている額のほぼ2倍。
  ジンバブエでのビットコイン需要は通貨不足の中で急速に高まった。ゴリックスのウェブサイトによると、同取引所での取引は過去30日に100万ドルを超えた。2016年通年では10万ドルだった。
  ジンバブエではハイパーインフレ-ションで現地通貨が無価値となった後、2009年から米ドルや南アフリカ共和国の通貨ランドを採用している。
  同国ではムガベ大統領の政府と1週間にわたり対立していた国軍が14日に首都ハラレに入り、権力を掌握した。

  

出典 Youtube

【暗号通貨ニュース】ビットコイン160万円突破 2017年11月5日

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム

  

出典 Youtube

ビットコインキャッシュorビットコイン?
  

出典 Youtube

【特集】 Segwit2X中止 ビットコインキャッシュが主役になる!? 一体何が起こったのか? 最新・仮想通貨ニュース

ビットコイン・キャッシュ(BCC)は、8月に続いて次なるハードフォークの計画を正式に発表した。難易度調整アルゴリズムに問題があることが発覚したため、アルゴリズムの変更を行う計画だ。

今回のハードフォークは、ブロックチェーン時間をフラグに行われる。「1510600000」のタイムスタンプが押されるブロックから新たなルールが適用され、日本時間で11月13日(月)午後11頃となっている。

今回のハードフォークの目的は、マイニングの難易度を管理するアルゴリズムの修正で「D601」と呼ばれるアルゴリズムがビットコインキャッシュに追加される見込みだ。ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークをする際に、マイナーのハッシュレートが十分に集まらなかった場合に備え、「Emergency Difficulty Adjustment(EDA)」と呼ばれる難易度調整アルゴリズムを採用していた。一定のハッシュレートが集まれば、ビットコインのようにマイニング難易度が上昇する仕組みになっていた。

当初導入されていたEDAの目的は、最低限のハッシュレートを確保するためのものであった。難易度が下がればマイナーがビットコインキャッシュのマイニングを開始するからだ。しかし、実際に何が起きたかというと、マイナーは難易度が下がればビットコインキャッシュのマイニングを行うが、難易度が上がるとマイニングを停止するという事象であった。そのためブロックの発見間隔が安定せず、一時的に多くのブロックが採掘されたり、長い間ブロックが採掘されない時間があるなどのネットワークの安定性を欠いていた。

ビットコインキャッシュのプロトコルを管理する「The Bitcoin ABC」は、難易度調整アルゴリズムを研究し、Amaury Séchet氏が考案した「D601」を採用されるようだ。同プロジェクトは、ハードフォークに伴うウォレットなどのソフトウェアのアップデートが必要になるため、マイナーや取引所などの周辺関係者とコミュニケーションを取っていると述べている。

今回のハードフォークでビットコイン・キャッシュのデベロッパーチームは、マイニングの難易度調整アルゴリズムに修正を加え、ネットワークを安定させたいと考えているようだ。今はハードフォーク後のビットコインキャッシュのネットワークが安定するのかを静観したい。

ビットコインキャッシュのハードフォーク時間

キャッシュのハードフォーク時間は11月14日の午前2時に起きるとされています。(日本時間)

正確なカウントダウンはこちらのサイトから確認できるので、各自ブックマークを。


cash.coin.dance

ビットコインキャッシュ・クラッシック?

ここに新たな話がでました。

ビットコインキャッシュの創設者、ジハン氏が「一部のハードフォーク反対メンバーがBCHを発生させるかもしれない」とツイート。

Jihan Wu @JihanWu
There is more and more threatening that BCH's hard fork upgrade will have spin-off(s) by some parties. It is said that they will creat "BCH Classic". I think exchanges should be prepared and not losing spin-off coins. Your customers may want to sell it(them) to have more BCH.
4:50 AM - Nov 12, 2017
149 149 Replies 296 296 Retweets 579 579 likes
Twitter Ads info and privacy
ジハン氏はスピンオフコインは売って、ビットコインキャッシュを買えばいいよという雰囲気です。

ここで1つ気になるのはこれまでビットコインではハードフォークの度に上昇してきたという事実。

「ただで貰ったコインを売って儲ける♪」的な通貨の付与の期待です。



なのでビットコインキャッシュでもクラッシックをもらうための駆け込み買いが発生するのか?これを観察していきたいと思います。

Junya Hirano 平野淳也 @junya_1991
ビットコインキャッシュクラシック(笑)を一応貰うために、取引所からBCHを引き出すなどしてる。
4:53 PM - Nov 12, 2017
Replies 4 4 Retweets 25 25 likes
Twitter Ads info and privacy
ジハン氏の意味深ツイート

しかし、ここまでビットコインキャッシュが上がりビットコインが暴落すると仮想通貨全体が心配になってきます。一応ジハン氏はビットコインを壊すようなことはするつもりはなさそうです。(たぶん)

View image on Twitter
View image on Twitter
ニシノカズ @nishinokazu
あ、jihan氏がこんなツイートしてたみたい(すぐ消された)
ビットコインの信用が崩れ、仮想通貨界の崩壊が本当にちょっとヤバイと思ったってことか?笑
2:27 PM - Nov 12, 2017
7 7 Replies 172 172 Retweets 307 307 likes
Twitter Ads info and privacy
ビットコインはどうなる?

f:id:tweetbot:20171112173809p:plain

肝心のビットコインですがキャッシュにハッシュパワーを奪われ、送金が機能してません。

未確認トランザクションは既に15万を超え、この着金したビットコインたちがどうなるのか?も気になるところです。(投げ売る?キャッシュを買う?)

なお、マイナーのハッシュパワーはビットコインとキャッシュで完全に逆転しました。

f:id:tweetbot:20171112175712j:plain

ハードフォーク後にこのシェアがどうなるか?これも要チェックです。

ビットコインキャッシュの価格動向

ビットコインキャッシュは日本円で一時30万円近くをつけました。

もうまともな値動きをしてないギャンブル通貨になってしまいました。

View image on Twitter
View image on Twitter
DEG @DEG_2020
29万→14万→23万

(;´Д`)
4:17 PM - Nov 12, 2017
5 5 Replies 45 45 Retweets 90 90 likes
Twitter Ads info and privacy
ビットコインは「ハッシュパワーが価値の裏付け」とよく言われます。

ハッシュパワーが味方についたビットコインキャッシュの価値がどうなるのか試されているように思います。

ハッシュパワーがビットコインキャッシュに更に移動したら?
ビットコインにハッシュパワーが戻ったときのビットコイン価格は?
と気になることだらけです。

初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【コインチェック】
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】


  出典 stone-roses.org

丸の内OL 玲奈さん

丸の内OL 玲奈さん
丸の内OL玲奈の仮想通貨投資日記
http://bitcoin-yoro.com/

とにかく丁寧にわかりやすく解説されてます。知りたい暗号通貨があればこちらをチェックすれば
詳しいので間違いないです。


  出典 stone-roses.org

妖精 ポインさん

妖精 ポインさん
ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!
https://www.poipoikunpoi.com/

週間SPAにインタビューされたパワーブロガーです。
ミートアップなど参加したことをブログにアップされてますので
なかなか面白いです。
ICO情報もいい感じ!!


  出典 stone-roses.org

マナさん

マナさん
貯金1000万円を仮想通貨に変えた男のブログ
https://bitcoiner.link/4671.html
貯金1000万円を原資に仮想通貨を購。 「貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ」を運営。空いた時間で楽しくトレードやってます。 座右の銘:「外そう、自分のリミッター」。

いやー私自身かなり勉強させていただいているブログです。マナさんが現時点で所有しているポートフォリオなんかを紹介されてるのでかなり参考になります。


  出典 stone-roses.org

イケダハヤトさん

イケダハヤトさん
まだ仮想通貨持ってないの?
http://www.ikedahayato.com/
高知県の山奥に住んでいる方です。

ブログアフィリエイトでもかなり稼いでいらっしゃいます。
私自身はICOを参考にさせてもらってます。

1986年生まれ。中学時代に個人ニュースサイト「nubonba」を運営し、月間30万アクセスを獲得。ソフトバンククリエイティブの月刊誌「ネットランナー」にてネット上の面白コンテンツを紹介する連載を4年間執筆。大学卒業後、大企業に就職するが11ヶ月で転職。ソーシャルメディアマーケティング支援会社トライバルメディアハウスにてソーシャルメディアマーケティングコンサルティング事業部を立ち上げ。2011年4月より独立し、講演・執筆活動を中心に行なっている。


  出典 stone-roses.org

ニシノカズさん

ニシノカズさん
ニシカズのゲス戦略日記
http://www.nishinokazu.com/entry/2017/04/08/192042

非常に面白しいです。ユーチュバーでもあります。
最近億り人になられてます。資金0から3億円達成されてる方です。
本当にすごいですね。もう億を達成されてるので収支報告はアップされないとのことですが、
つねに新しい情報発信をされていますので毎日チェックは欠かさずやっておくべきでしょう!

初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)を登録して始めるのがオススメです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【コインチェック】
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】


  出典 stone-roses.org

◆ICOとは



仮想通貨の「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。



仮想通貨の「クラウドセール」とは「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です。


株式を発行してそれを購入してもらうことで資金を調達するのと同じような意味を持ちます。(株式のように優待や議決権が確立されていないので「株式と同じ」と考えるのは注意が必要です。)



「仮想通貨を発行して資金を調達する」という次世代の資金調達方法です。



◆発行者のメリット



ICOを行う側のメリットは「資金調達ができる」というところにあります。



通常、資金を調達するには色々な方法がありますが、基本は誰か特定の人(企業・銀行等)に「資金調達のお願い」をしなくてはなりません。



もちろん、認められるようなプロジェクトであったり、それまで実績がある方がお願いをすれば資金を調達できる可能性は大いに高まりますが、必ずしもそういう方ばかりが資金調達をしたい訳ではありません。



そこで、ICOを行うことで多くの方に広く募集することが可能になるのです。



また、「独自トークン」を発行するわけですのでその「トークン=仮想通貨」の時価が資金を出した側のキャピタルゲインになります。



なのでそのプロジェクトを広めて、成功させる事でその「トークンの時価を上げる」というインセンティブ(動機)も生まれます。

「ICO」という言葉が生まれた当初の資金調達は「ブロックチェーンでのサービス開発資金」のような意味がありましたが2017年9月現在では「仮想通貨を発行してサービスを開発する」というブロックチェーン利用サービスに限らないものという認識もあり、定義は多岐に渡っております。



◆トークン購入者にとってのメリット



ICOに参加する側のメリットです。



トークンを購入することによってプロジェクトが成功して、トークンの時価が上がる事が最も大きなメリットになると言えるでしょう。



もちろんそのトークンが爆発的に高騰すれば億万長者も夢ではありません。



しかもICOの先行販売(プレセール)では購入が早ければ早いほど安くそのトークンを購入できるものが多いです。ですので安くトークンを購入できるのもメリットの一つです。



また、ICOで得たトークンを利用して開発されたサービスを利用する事もできます。そのサービスを利用したいから応援の意味もあって投資する、というのもICOの一つの在り方です。



気を付けるべきこと



ただ、ICOの特性上詐欺が起こり得る可能性は捨てきれません。



ICOではサービス開発前に資金を集めるので実際に開発が行われない、実現可能な技術が元々無い、はなから開発する気が無い、といったICOも存在します。

資金を集めるだけ集めて逃げてしまうICO実施者も存在するので参加する際にはかなりの注意が必要です。





このようなリスクを減らすには「リテラシー(知識)」をつけるのが一番です。

ICOでは「ホワイトペーパー」と呼ばれる企画書が公開されます(ホワイトペーパーが無ければかなり注意をしましょう)のでそれをよく読み、実現可能か、調達資金の用途等を確認しましょう。



仮想通貨のICOでは技術的な事が書かれている場合が多いので、ホワイトペーパーを理解できるぐらいのリテラシーは事前につけておきましょう。



ICO参加の際は情報収集はきちんと行って、必ず余裕資金で行うようにしましょう。



また、先行販売なので時価が下がる事(全くプラスにならないだけでなくマイナスになる事)ももちろんあります。ICOも投資の一つですので自己責任・自己判断で行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.