仮想通貨バブルに乗り遅れるな!一生に一度の大チャンス!ビッドコインなどの暗号通貨最新情報をお届け!

仮想通貨(暗号通貨)バブルですね。この100年に一度に稼げる市場に乗っからないのは勿体無いですよ!最新情報をお届けしますのでブックマークしておきことをオススメします。宝クジよりも確実に稼げる投資です!私管理人がオススメする暗号通貨も公開します!主要通貨(ビッドコイン・イーサリアム・ネム・リップル・ビッッドコインキャッシュ・ファクトム・イーサリアムクラシックなどなど)投資は自己責任でお願い致します。

更新日 2017年12月01日

合計 1419pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

<ビットコイン価格が遂に1万ドルを超えるのを、複雑な心境で見守るイギリス人男性がいた。4年前に1億ドル相当のビットコインをハードディスクごと捨ててしまったのだ>

仮想通貨「ビットコイン」の価格が11月29日、初めて1コイン1万ドルを突破した。市場関係者の多くは、ビットコイン発展の一里塚として祝賀ムードだった。しかしウェールズ在住のジェームズ・ハウエルズ(32)にとって、ビットコインブームはまったく別の意味を持っていた。





ハウエルズは4年前、7500ビットコイン(当時の価格で約400万ドル)が入ったコンピューターのハードディスクをうっかり捨ててしまい、一躍時の人になった。最近のビットコイン価格の急騰で、ハウエルズが失くしたハードディスクの価値は、1億800万ドルに膨らんだ(他の仮想通貨も含む)。

ハードディスクは、今もハウエルズが暮らすニューポート近郊のゴミ処理場のゴミの山の中に埋もれている。

「ビットコインの価格はいつも気にかけている」とITスペシャリストのハウエルズは本誌に語った。「価値が上がるのはわかっていた。個人的には、ビットコインはまだまだ上がると思う。失くしたハードドライブも10億ドル以上になるだろう」

ハウエルズは2009年2月にデルのラップトップパソコンで取引が始まったばかりのビットコインを「マイニング(採掘)」した(新規のビットコインを台帳にあたる「ブロックチェーン」に登録すること)。翌年、パソコンを分解してハードディスクを引き出しにしまっておいた。それを、掃除のときに誤ってゴミ処理場に捨ててしまったのだ。




ランボルギーニが欲しい
今ハードディスクの上には4年分のゴミが積み重なっている。掘り起こして見つけるのは費用も時間もかかる大変な作業だ。何度も市議会に申請したが、失くした宝物を探す許可は下りていない。

「市議会と環境当局の両方を説得しなければならない」と、ハウエルズは言う。「私の計算ではまだまだ価値は上がる。無視できないほど高価なものになれば、どこかの時点で当局も許可を出さざるをえなくなるはずだ」

ハウエルズのようなビットコイン紛失は実は珍しくない。業界分析サイトによると、ビットコインの最初の取引が行われた2009年以降、世界で約278万コインのビットコインが紛失している。現在の価格だと300億ドル近くに相当する。

もし失くしたハードディスクを取り戻したら、ハウエルズはその金で仮想通貨のベンチャーを立ち上げ、不動産やランボルギーニを購入したいという。発掘を許可してくれた当局にも「多額の謝礼」を渡すつもりだ。
ハウエルズは現在もビットコイン関連の投資をしているが、最近は別の仮想通貨「ビットコイン・キャッシュ」に関心は移っている。ビットコイン・キャッシュの価格も上がっている。だが失くしたハードディスクが戻ってこなければ、億万長者にはなれれなそうだ、と話す。

南太平洋の島国ツバルのGDPに相当する金を失くしたハウエルズだが、「心は穏やか」だと言う。いちばんの後悔は、ハードディスクを捨ててしまったことではなく、ビットコインの黎明期にマイニングを止めてしまったことだ。それも、当時のガールフレンドがコンピューターの冷却ファンの音を嫌ったからだ。

「もしマイニングを続けていれば、100億ドルにだってなったかもしれない。どれだけ価値が上がるかをわかっていながら止めてしまったことが一番悔やまれてならない」


  出典 1億ドルのビットコインを間違って捨てた男 世界では300億ドル分が紛失 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム


  出典 stone-roses.org

ビットコイン大幅高騰の大きな理由としてWall Street Journal(以下WSJとする)が報じた「ナスダックが2018年上半期にビットコイン先物をローンチする」という報道によるものと考えられます。

WSJによると情報に精通した人物によると

「米国の株式市場ナスダックとブローカーのCantor Fitzgerald LPは1年経たずに10倍の価格を記録したビットコインの取引へ加わろうしており、2018年上半期にビットコイン先物取引のローンチを行おうとしている」

としている。またCantorは自社の保有するビットコインデリバティブのローンチを模索しており、これらの動向はシカゴの大手取引所が仮想通貨を使用したデリバティブのプランを発表したという背景があります。

1-1.ナスダックでの上場先
WSJによるとナスダックのビットコイン先物はナスダック先物取引または2015年にローンチしたニューヨークベースのNFXに上場する可能性があるとしています。NFXはNewdield Explorationといい、現在は主に燃料取引などを提供しており、時価総額は約60億円となっています

1-2.ナスダックはCMEとの差別化を図ろうとしている
WSJの取材に答えたある人物の意見によると

「ナスダックは世界最大の先物取引所CMEとCBOEグローバル・マーケッツが発表したビットコイン先物取引との差別化を図ろうとしている」

と述べています。この二大取引所はビットコインのワールドワイドな価格をより追跡しやすい先物取引を提供することを目指しており、それに対抗してビットコイン先物概要を市場参加者へと説明を行ったとしています。

2.CMEがビットコイン先物の詳細を発表

今月28日に行われた、世界最大の仮想通貨メディアCoindeskが主催する Consensus InvestでCMEはナスダックの発表前まで最も期待されていたビットコイン先物取引について発表を行いました。同社は今月20日に「12月11日にCMEビットコイン先物がローンチされるというサイトでの発表はエラーによるものだ」とロイターに対して発表。ただし12月中旬までにローンチされるというものはそのまま生きており、同様に大きな注目を集めています。

3.ビットコインの大幅下落の原因

上記の様な大きな注目を集めているビットコインですが、日本時間30日に日付が変わった後最大33万円の下落を記録しました。

3-1.bitFlyer FXの大きな影響
世界最大の取引量を誇るbitFlyerが提供するデリバティブ取引のLightning FXは現物価格へ大きな影響を与えます。ショートロスカット連鎖により極限まで上げた後、溜まったロングを狙った大幅な売り叩きが毎日朝4時のメンテナンス(10分間行った後板寄せ)に仕掛けられました。

Lightning FXロスカット
Copyright © CryptoWatch

3-2.ロスカット連鎖によるbitFlyer FX初のサーキットブレイカー発動
ここ数日bitFlyerのビットコイン現物とデリバティブのFXでの乖離が最大8万円を記録するほどのロングが溜まっていたため、この売り仕掛けにより3000-4000BTC日本円にして約33~45億円のロスカット連鎖を記録。

更にはサーキットブレイカーを2017年6月12日に導入してからFXで初となるサーキットブレイカーの発動を記録しました。

サーキットブレイカーの発動条件

・基準価格・・・10分前の約定価格

・制限値幅・・・基準価格の上下20%

・中断時間・・・約5分

サーキットブレイカーの発動後、5分間は板寄せとなるため取引が停止します。今回は10分で約30万のロスカット連鎖下落を引き起こしたために発動しました。

サーキットブレイカー発動
*bitFlyerのビットコイン先物では2017年6月15日に発動しています



4.デリバティブ市場によるロスカットの影響

今回の大幅な価格下落はデリバティブによるロスカット連鎖による下落であることがわかります。実際に現時点でビットコイン価格を決めているのはbitFlyer FX, BitMEX, OKCoinという三大デリバティブ取引所です。つまりこのような大幅下落が起きても実際の現物価格は影響を受けますが、売るインセンティブの低い現在のビットコイン価格においてはこのようなロスカット連鎖による下落は元の価格まで戻すことが多くなっています。

*bitFlyer FXの詳細については下記を参照してください。

ビットコインwiki : bitFlyer Lightningとは?

5.ビットコイン開発における今後とファンダメンタル

SegWit2xという大暴落を引き起こした可能性のあったフォークを回避した今、オフチェーン解決のLightning Networkの送金テスト成功、スマートコントラクトをサイドチェーン技術によりビットコインへ実装するRSK、オンチェーン上で取引が可能なAtomicswapなど多くのプロジェクトローンチを控えています。

ビットコインは上記ナスダックやCMEの参入とこれらの開発に伴い2018年は更なる飛躍の年となるでしょう。

【ニューヨーク=山下晃】金融商品の取引所を運営する米ナスダックが2018年にも仮想通貨ビットコインに関連した先物商品を上場させる方針だ。バブル状態にあるとの指摘も多いが、投資商品として人気化していることで、金融機関がビジネスに取り込む動きが広がっている。ビットコインは29日に一時初めて1万1000ドル台に上昇する場面があった。

 ナスダックは18年前半にもビットコイン先物をナスダック・フューチャーズ市場に上場させる見通しだ。米国ではシカゴオプション取引所(CBO)を傘下に持つCboe・グローバル・マーケッツやシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)を運営するCMEグループが17年内にもビットコイン先物を扱う計画を公表している。

 米金融業界では米証券のキャンター・フィッツジェラルドがビットコイン先物の仲介業務に参入する方針も伝わった。金融機関がビットコイン関連ビジネスへの取り組みを強化することで、大手投資家も仮想通貨投資に参入しやすくなるとの思惑から、ビットコイン価格は上昇傾向にある。

 情報サイトのコインデスクによると、前日に初の1万ドル台をつけたビットコインは29日に1万1377ドルまで上昇する場面があった。その後は1万ドルを割り込むなど荒い値動きが続いている。

米ナスダックは仮想通貨ビットコインの先物を来年上場する予定だと、事情を知る関係者が明らかにした。快進撃を続ける仮想通貨市場に参入を試みる主要取引所としては米国で3番目。

  情報が非公開だとして匿名を条件に取材に応じたこの関係者によると、導入は早ければ4-6月期の可能性があり、ナスダックの先物取引所「NFX」で契約が取引されるという。

  ナスダックの広報担当者、アラン・ショーンバーグ氏はコメントを控えた。

  米国ではこれまでに、CMEグループとCBOEグローバル・ホールディングスがビットコイン先物の上場を計画中だと明らかにしている。

米取引所ナスダックが2018年6月にもビットコイン先物取引を上場させる可能性があることがわかった。ウォールストリートジャーナルが伝えた。同様にビットコイン先物取引を計画しているCMEグループとシカゴオプション取引所に続く動きだ。

 元ニューヨーク証券取引所幹部でナスダックの役員でもあるジョン・ダゴスティーノ氏によると

「全ての規制された取引所のリサーチ部門がビットコイン先物取引を取り扱えないか検討している。現時点で大半のコストは同商品のマーケティングにかかる費用だ。人々がそれを取引したいなら、扱わない手はない。これは天からの贈り物だ」。

 報道によるとビットコイン先物は既存のナスダック先物プラットフォーム(NFX)に上場する予定という。15年に立ち上げられた同プラットフォームは元々エネルギー関連の商品を扱うが、今後は仮想通貨も組み込まれることになるという。

 ナスダックによる先物取引の上場は、同取引所に馴染みの深い多くの個人投資家引き込む可能性があり、市場へのインパクトは大きい。

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム


  出典 stone-roses.org

  出典 stone-roses.org

ADA(エイダ)コインって?

ADAコインはスマートコントラクトを用いたオンラインカジノプラットフォーム カルダノ で使用されるトークンです。

ADAコインの名前の由来は19世紀に実在した世界初のプログラマーエイダ・ラブレスにちなんでいます。

エイダ・ラブレスは世界初のコンピュータプログラムを記述した天才女性貴族です。

1980年代にアメリカでADA(エイダ)というプログラミング言語が作られるなど、エイダの栄誉が讃えられています。

エイダ・ラブレス

カルダノって?
カルダノは、安全に価値の交換を可能にする分散型のプラットホームです。

安全性の高いハスケルというプログラミング言語で構築されたブロックチェーンで、スマートコントラクトの契約から履行までを安価に実施することができます。

2014年末に、カルダノ財団、 Input Output HK(IOHK)、Emurgoという3つの独立した団体が共同でアジアで開発を開始しました。





ADA(エイダ)コインの特徴は?

チャールズ・ホスキンソン氏が開発している
チャールズ・ホスキンソン氏は、Ethereum(イーサリアム)やBitShares(ビットシェアーズ)のような仮想通貨の開発した天才数学者です。



ADAコインがここまで注目されるのは、開発にチャールズ・ホスキンソン氏が関与しているからなんです(ૢ˃ꌂ˂⁎)

ユーザーがフェアな環境でカジノゲームに参加できる
ADAコインはカルダノというオンラインカジノプラットフォームで使われるトークンです。

Augurの記事でも記載しましたが、カジノなどの賭け事には胴元が存在し、ユーザーは胴元の不正を感知することはできませんʅ(´-ω-`)ʃ

一方で、胴元のいないオンラインゲームやオンラインカジノにおいてもユーザーが負けるように不正プログラミングされている場合があるそうです_:(‘Θ’ 」 ∠):_

カルダノのオンラインカジノプラットフォームはスマートコントラクトを用いることで、参加者全員がフェアにカジノゲームをすることができます!

  

出典 Youtube

CARDANO紹介動画
  

出典 Youtube

The future will be decentralized by Charles Hoskinson 日本語字幕付き

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム


  出典 stone-roses.org

ヘッジファンド運営会社シタデルの創業者であるケネス・グリフィン氏は、仮想通貨ビットコインを巡る現在の熱狂について、オランダで数世紀前に起きたチューリップブームのようだと主張した。
  グリフィン氏は27日のCNBCとのインタビューで、「ビットコインはペテンだろうか。それは違う。だが、こうしたバブルは涙で終わる傾向があり、このバブルがどんな終わり方をするか心配している」と語った。
  同氏は株式市場全体の今のバリュエーション(評価)に関しては、低金利と低インフレ、収入のまずまずの伸びがけん引役となり、標準より引き伸ばされた水準との認識を示す一方、「相場の上昇はイニングでいえば7回に入っているが、強気相場の典型的な熱狂状態にはない」と分析した。
  さらに米国の税制改革について、個人の税制改革案はよく考え抜かれたものだとしながらも、議会が法人税率を過度に引き下げようとしているのではないかと発言。「法人税率は20%ではなく、25%前後で着地させるのではないかと考えていた。だが、細部にこだわる価値は恐らくない」と述べた。
  

ビットコイン愛好家、億万長者の予測は2018年末に40000ドル!?

元投資会社Fortress Investment Groupの元ヘッジファンドマネージャー、マイケル・ノヴォグラツがビットコインの価格に関する予測を発表しました。

誰だこのおっさんw

ああ、Fortress Investment Groupはソフトバンクに買収されたアメリカの元投資会社だったみたいです。アグレッシブな投資戦略を立て成長していた企業の当時のお偉いさん。
って感じでしょうか。2007~8年に億万長者入りしてるみたいです。

彼によると、ビットコインはバブルというには早計。まだまだ成長の余地はあるし2018年12月末には40000ドルに達しているだろう。と予測を発表しました。

・発言内容

“Bitcoin could be at $40,000 at the end of 2018. It easily could. Ethereum, which I think just touched $500 or is getting close, could be triple where it is as well.”

・めっちゃ適当な訳

ビットコインは2018年の終わりには40000ドルになる。それは簡単さ!
イーサリアムは500ドルに近づくだろうし、そっちの価値はきっと3倍にはなるっしょ!

参考ソース>>Novogratz:Bitcoin Bubbleを酷評し、2018年12月に40,000ドル



先週ビットコイン大好きっ子である彼は、

「大規模な資本金を抱える多くの機関投資家がBitcoin市場に参入しようとしている」と発言していました。

実際に、米国でCMEの先物取引が近づくにつれ、ビットコインの価格は下がるどころか上昇を続けています。



まあ、ほとんど日本人が買ってるんだけどね!



過熱するビットコイン人気に、世界中の意見はまっぷたつに分かれています。



1.ビットコインはいずれ崩壊するのは間違いない!

ビットコインは過剰な投資で価格が成り立っていて、その値段は異常。
1日で数十%の変動があり、揮発性が高くそれは詐欺に近い何かだ!

いずれビットコインは崩壊してその価値はなくなる。



「仮想通貨であり金全部とかした顔になる人」が続出するだろう!



という警告する各国の銀行など。



2.ビットコインは新しい世界の夜明けぜよ!



ビットコインは新しい通貨の世界の始まり!発行枚数が2100万枚と決まっているから、いくらでも刷れるドルとは違うし、埋蔵量が増える可能性があるゴールドよりも価値がある。ビットコインはバブル?まだまだ通貨としては世界30位だろう?ドルに匹敵するほどの力を持つのが分かってんだから、バブルってのは少なくとも今の数十倍の価格になってからの話だ。え?詐欺だって?崩壊しそうだって?確かに今は短期投資でやってる人が多いし不安定さは否めないのは認める。けど、将来的に価値があると認めてるからみんな買ってるのも間違いないだろう?今はまだバブルじゃなくて創世記なんだよ。今後もブロックチェーン技術が成長し、それが革新的なものだってのは否定派もわかってるんだろう?だからどの国もこぞってブロックチェーン技術を熱心に研究してるんジャマイカ。中国もロシアも日本も独自の仮想通貨を作ろうとしているのを知らないのか?アメリカでも銀行と仮想通貨企業は統合検討に入っているぞ?仮想通貨が怪しいってのはもはや時代遅れなんだ。

つべこべ言うんじゃない、

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム


  出典 stone-roses.org

仮想通貨ビットコインの価格が100万円を突破しました。記事執筆時点では1BTCあたり110万円に迫る勢いです。2017年1月の時点では10万円前後だったことを考えると、その価値はこの10ヶ月ほどでざっと10倍に膨れ上がったことになります。

我々の住む日本では1BTCあたり100万円というのが大きな節目に捉えられるものの、ドル建てで考えてみても、ここ数日の値動きによって9000ドルを突破したことになり、年末に向けて1万ドルに届くのではといった見かたも現実味を帯びてきました。

上昇を続けるビットコインを始めとする仮想通貨は、その大きな価格変動が特長でもあります。株取引になぞらえて説明されることもある仮想通貨ですが、その大きな値動きから感覚的にはFX(外国為替証拠金取引:外為)に近くなっています。

ビットコインはその供給量に上限が設けられており、取引はブロックチェーンと呼ばれる仕組みを使って記録され、すべての取引はP2Pネットワークの全体で共有されます。ただ、最近はこのブロックチェーンの仕組み上(スケーラビリティ)の問題から取引に非常に時間がかかるようになりつつあり、この状態が進行すれば最悪は取引不能に陥る可能性も指摘されています。

この問題を解消するためにビットコインから分裂する形で誕生したのがビットコインキャッシュ(BCH)です。ビットコインキャッシュはブロックチェーンの容量を拡大して問題を回避しています。ただビットコインキャッシュは一部のマイナーらが支持するにとどまったため、正規のビットコインとしては認められていません。ただ、大手取引所はビットコインキャッシュをビットコイン(BTC)とは個別の仮想通貨として取り扱っており、しばらくは停滞していた価格も、ここ1か月ほどで価格を3倍近くに上げてきています。

一方、本家にあたるビットコインは旧来のブロックチェーン構造のまま運用が続けられているものの、今後は100万円や1万ドルと言った大台突破によってさらに利用者が増加すればするほど、先に挙げた問題が大きくなっていきます。

これを回避するために提案されていたのが11月上旬に話題となったSegwit 2xです。これも大雑把に言えばビットコインキャッシュと同じように新たなブロックチェーン構造を持つビットコインを誕生させる試みになるわけですが、こちらは全ユーザーがSegwit 2x後のビットコインに既存のビットコインマイナーやユーザーがすべて移行することを目指していたものの、一部の根強い反対意見を解消できず、全体のコンセンサスが得られていないとして回避されています。

仮想通貨ビットコインは27日、一時9700ドル強に達した。1週間前に8000ドル台に乗せた後も上昇鈍化の兆候は見られず、26日に初めて9000ドルを突破し、急ペースで1万ドルに迫っている。
  ビットコインを資産と認めない見方やバブルを警告する声があるものの、主流投資家のビットコインへの関心は強まっている。ウォール街の幹部からベンチャーキャピタリストまで誰もがビットコインを巡る議論に加わっているが、一部は比較的懐疑的な立場を取っている。時価総額で最大の仮想通貨であるビットコインのこの2週間の上昇率は40%を超える。
  仮想通貨取引所、ゲートコインのマーケティング責任者、トマス・グラックスマン氏は「週末のビットコイン急騰は長期的な仮想通貨値上がりが継続したもので、日本の取引所での投機的取引の津波と世界中の機関投資家の参入がこれをあおった」と話した。
  取引プラットフォーム運営を手掛けるIGグループのアナリストらは27日のリポートで、「取引の機会を逃すのではないかとの恐れが一段と強まったため、ビットコインは再び購買熱をかき立てている」と分析。「ただ、ビットコイン先物の導入により、下振れリスクを予想する人もいる」と指摘した。
  ビットコインの急騰は個人投資家を呼び込んだ。ビスポーク・インベストメント・グループによれば、ビットコインと、ライバルの仮想通貨イーサリアムの取引プラットフォーム最大手の一つ、コインベースの口座数はこの1年で3倍の1300万に増加した。
  ビットコインは27日、一時過去最高の9735.51ドルを付けた。
  またCMEグループはビットコインの先物上場を計画していると表明。12月中に取引が開始する可能性があり、これもビットコインが主流投資商品に近づいていることを示す動きとなった。JPモルガン・チェースはこれを受け、先物を通じて顧客がビットコインに投資するのを支援するかどうかを検討している。事情に詳しい関係者が先週明らかにした。
  コインマーケットキャップ・ドットコムのウェブサイトによれば、仮想通貨の合計時価総額は3000億ドル(約33兆4000億円)を上回っている。

【稼ぐ】初心者必見!これから仮想通貨取引をされたい方はこちら(コインチェック /ビットフライヤー/ザイフ)この3つを登録して始めるのがオススメです。

【コインチェック】取扱通貨▶️Bitcoin(ビットコイン/BTC)Ethereum(イーサリアム/ETH)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)Lisk(リスク/LSK)Factom(ファクトム/FCT)Monero(モネロ/XMR)Augur(オーガー/REP)Ripple(リップル/XRP)Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)NEM(ネム/XEM)Litecoin(ライトコイン/LTC)DASH(ダッシュ/DASH)Bitcash(ビットコインキャッシュ/BCH)
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【ビッドフライヤー】取扱通貨▶️ビットコイン(Bitcoin)ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)イーサリアム(Ethereum)イーサリアムクラシック(Ether Classic)ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【ザイフ取引所】取扱通貨▶️ビットコイン ネム XCP モナコイン ペペキャッシュ Zaif(ザイフ)トークン SJCX FSCC(フィスコが発行) CICC NCXC ビットコインキャッシュ イーサリアム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.