【注意!】有酸素運動にもデメリットがある…

ダイエットのためにウォーキングやジョギングなど、有酸素運動を取り入れている方は多いのではないでしょうか。でも実は、有酸素運動にもデメリットがあるのです。今回はそんな有酸素運動のデメリットについてご紹介します。

更新日 2017年10月12日

合計 14pv


大人のADまとめ

有酸素運動の定義をざっくり説明すると「低強度で行う長時間の運動」ということになります。

●ウォーキング
●ジョギング
●エアロバイク
●水泳

…などが当てはまります。

  出典 有酸素運動でダイエットを成功させるコツ&デメリットを回避する方法 | 栄養士による-60kgダイエット講座! ~5kgや10kgなんて楽勝ブログ~

ウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリング、ダンスエクササイズなど、長時間(20分以上)続けられる運動
筋トレを合間に加えて行うというバリエーションもある
運動の目的は消費カロリーを増やすことである(基礎代謝向上ではない)

  出典 食べない・有酸素運動・筋トレダイエットの効果・長所・短所比較

体力と時間があれば、効果はほとんど青天井(1日に2,000キロカロリー以上消費することも不可能ではない)
身体の末端への血行が非常に促進されるので、冷え性やむくみ、肩こりなどの改善も期待できる
全身の筋肉を適度な負荷で動かすので、スリムで引き締まったプロポーション作りも可能
好きな食べ物をさほど厳しく我慢する必要がない

  出典 食べない・有酸素運動・筋トレダイエットの効果・長所・短所比較

有酸素運動は、脂肪燃焼以外にも、
•血行の促進
•心肺機能の向上
•活性酸素(体を老化させる物質)を減らす
•ストレスの軽減

など、様々な効果があります。

  出典 有酸素運動でダイエットを成功させるコツ&デメリットを回避する方法 | 栄養士による-60kgダイエット講座! ~5kgや10kgなんて楽勝ブログ~

運動効率が悪い
低強度の有酸素運動を一時間することで消費カロリーは多くても500キロカロリー程度

  出典 有酸素運動のメリット、デメリット | ボディータワー

有酸素運動は運動後の代謝の高まってる時間が2時間程度と筋トレで最大48時間高いのに比べて圧倒的に短いので総消費カロリーは少なくなります。
たとえば60kgの人が4kmを8km/時で走るとすると30分になります。
消費カロリーは240kcalです。
スクワットの場合は1回0,5kcalぐらいなので500回ぐらいスクワットすれば運動中の消費カロリーは同じになりますね。

  出典 有酸素運動8つのデメリット!知っておけば対策もできて怖くない! | メンプロ〜男磨きで価値を高める〜

意外と消費カロリーは少ないようです。

運動不足の人が週3日30分のジョギングを3カ月ほど続ければ下半身の筋肉量は増えていくと思います。
もちろんムキムキにはなりませんしつくの遅筋と言われている細い筋肉なため見た目は引き締まるだけです。
もしがっつり筋肉をつけたいなら有酸素運動だけでなく筋トレは必須です。

  出典 有酸素運動8つのデメリット!知っておけば対策もできて怖くない! | メンプロ〜男磨きで価値を高める〜

筋肉はつきにくいようです。

見た目がごつくなる速筋部分は落ちやすくなります。
有酸素運動は負荷が軽いため消費カロリーを増やすにはどうしても長時間行う必要があります。
1回に運動時間が1時間を超えてくるとストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量がいっきに増えるようです。
運動自体が身体にとってストレスなのでコルチゾールは分泌されますが、1時間程度で一気に増えていくんですね。
コルチゾールは筋肉を分解する働きがあるため運動時間が長くなれば長くなるほど筋肉が落ちやすい状況になっていくということです。

筋肉量を維持したい場合は短時間(45分以内)で運動を終わらせたいけど有酸素運動で消費カロリーを増やすには長時間運動するしかないというジレンマに陥ってしまうんですね。

  出典 有酸素運動8つのデメリット!知っておけば対策もできて怖くない! | メンプロ〜男磨きで価値を高める〜

有酸素運動のやり過ぎはコルチゾールというホルモンの分泌を高めてしまいます。
コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれ、筋肉を分解したり免疫を下げる作用があるのでダイエットの大敵となります。

  出典 有酸素運動でダイエットを成功させるコツ&デメリットを回避する方法 | 栄養士による-60kgダイエット講座! ~5kgや10kgなんて楽勝ブログ~

やりすぎると逆効果にもなるようです。

ある程度継続する必要があります。

有酸素運動を始めてすぐに体重が落ちてくることが多いですが、
止めてしまうと体重は元通りになってしまいます。
体型を維持するには、長期的な視点で継続していく必要があります。

  出典 有酸素運動でダイエットを成功させるコツ&デメリットを回避する方法 | 栄養士による-60kgダイエット講座! ~5kgや10kgなんて楽勝ブログ~

習慣になるまでが意外と大変なようです。

どちらか一方ではなく、筋トレで筋肉をつけ、有酸素運動も行うようにするとより短期間で効率よくダイエットでき、さらにリバウンドもしにくいと言われています。

  出典 筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動の組み合わせによって、ダイエットを成功させよう! - 【ケアクル】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.