意外に知らない自販機の豆知識

売れるものは何でも売ってしまおうという、商魂たくましい自販機市場。
お守り、おみくじ、折り鶴、手作り細工など、海外からの観光客増加を見越したラインナップが増え始めたことから、最近話題になることも多いですよね。
ところが、自販機大国・ニッポンといわれ、年間売り上げ5 兆 2000億(※2013年実績)を誇る自販機市場に慣れ親しんだ日本人でさえ、意外と知らない様々な法則があることをご存じでしたか?

更新日 2015年07月28日

合計 2104pv


大人のADまとめ


  出典 blogs.c.yimg.jp

駅の券売機で230円の切符を購入しようとして10円玉を23枚投入すると・・・

21枚目を入れた途端にシステムにロックがかかり、すべて硬貨がジャラジャラと返却口に戻ってきてしまいます。これは「同一硬貨は20枚まで」という制限機能が設置されているため。

この機能は「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」に「五百円、百円、五十円、十円、五円、一円の六種類の補助通貨(硬貨)が強制力をもって通用できるのは20枚まで」と定められていることによります。つまり券売機は法に則り、20枚以上の硬貨を拒否できるシステムになっているのです。

同様にコンビニ、量販店、飲食店等のレジで、例えば1324円を支払う時


あなたが

1000円札1枚、10円玉30枚、1円玉24枚を出したと仮定

しましょう。

そのとき、店員さんはあなたが財布から出した

「20枚以上の10円玉」と「20枚以上の1円玉」を拒否する権利を有している

のです。

ただし実際には「次回からはご遠慮ください」とやんわり注意されるものの、拒否されるケースは少ないようですが……。
でも、硬貨の「20枚」制限を知っていれば、レジに大量の硬貨を出して店員さんを困らせることもなくなりますし、そもそも大量の硬貨を数えながらレジを占領することで、後ろに並ぶ人たちをイラッとさせずに済むはずですね。


  出典 image.itmedia.co.jp

たばこや飲料などの自販機にも別の制限機能が設けられています。

●10円玉は40枚まで ●50円玉は4枚まで ●100円玉は4枚まで ●500円玉は3枚までといった硬貨枚数制限が設けられているから(自販機設置店舗によって差があります)。

こうした機能は、

「いたずら=偽造通貨行使の防止」

を主目的に、多くの自販機が講じた対策。

「100円玉10枚を投入し、返却レバーを押すと500円玉2枚が戻る機能」

を悪用防止を目的に講じた対策。
*自販機は日々進化しているので、上記にあげた制限が適用されない場合もあります。


  出典 www.pref.ibaraki.jp

緊急時の位置確認

110番や119番を要する緊急時にいち早く所在地を確認できるよう、消防庁が自販機メーカーに要請したことで始まったもの。

自販機が近くにあればステッカーですぐに

位置確認ができる

のです。


  出典 az416740.vo.msecnd.net

ライフラインが断たれた災害時や、停電状態の中でも

無料で飲料を確保できる「緊急時飲料提供ベンダー」の自販機も、職場や公共の施設等で最近多く見かけるように。

いざという時に頼りになるスグレモノの「進化形自販機」は、あらためて世界的に大きな注目が集まっているスグレモノ。
街中に多数の自販機があることを当たり前とする日本人だからこそ、様々なナゾや法則を知り、自販機を賢く利用したいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.