薄毛を防止する為の正しい洗髪の方法

特に男性に多い薄毛の悩み( ;∀;)
もう他人ごとではなくて、一番のコンプレックスになっている方も多いのでないでしょうか。
40代の半数以上が悩みを抱えているという「薄毛問題」。今回薄毛に悩む男性と女性の為に、毎日実行できる薄毛対策の洗髪の方法を紹介。

更新日 2017年08月14日

合計 55pv


大人のADまとめ

最も身近にして最も重要な頭皮ケア、洗髪の正しい方法について見ていきます。

過度な洗髪での皮脂の落としすぎは確かにNG。ですが、毎日1回のシャンプーでしっかりと頭皮の汚れを落とす必要があります。



【薄毛専門ヘアサロン「メンズウィル」のスタイリスト・三上タツノリ氏】

整髪料でスタイリングしている男性も多いだろうが、その場合はまず“プレシャンプー”が必須だそう。

「女性がメイク落としを使うのと一緒で、整髪料や皮脂を“浮き立たせる”ことが目的です。ここでは頭皮を洗うというより髪の汚れを落とすイメージ。まず髪をキレイにすることで、次の頭皮洗浄の効果にも差が出てきます」

洗い方のみならず、使用するシャンプーにも気を使いたい。

「界面活性剤が含まれる製品は避けたいですね。泡立ちが良く洗浄力に長ける半面、皮脂を根こそぎ落してしまう危険性があります」

オススメは髪や頭皮への刺激が少ないアミノ酸シャンプーだそう。500円玉サイズの量を手に取り、手で揉んで多少泡立てた状態で頭部全体に伸ばしていく。

続いて頭皮の洗浄ですが、爪を立てず、指の腹で下から上へ揉み込むように洗っていきます。とくに血行が悪くなりやすい頭頂部は、入念に揉み込んでください。

洗う時間の目安は2~3分程度。ただすぐに洗い流さず、もうひと手間掛けます。

ヘアパック的に泡をまとったまま、頭皮の血行促進のためにマッサージをしましょう。生え際、頭頂部など薄毛の気になる部分を、指の腹で下から上へと頭皮を持ち上げるように揉み込みます。

こうした洗い方と同等に重要なのが最後のすすぎ。つい手を抜きがちだが、「洗うより時間をかけ、シャンプーが頭皮に残らぬよう丁寧にすすぐことが重要」だそう。

正しい洗髪は薄毛対策の第一歩。毎日やることだからこそ、手を抜かずケアしましょう。

薄毛を防止する為の正しい洗髪の方法 | 人気ワード .com ツイッター
http://omatsusyoukai.com/?p=448
旬な出来事、趣味などTwitterのリアルタイムな情報をまとめてを紹介します

1:シャワーのお湯でプレシャンプー

まずはシャワーのお湯でスタイリング剤や頭皮の油を流します。

全体をしっかりもみ洗いすれば汚れの80%は落ちると言われています。

経済的にも優しいですよね^^



2:整髪料と脂を落とすプレシャンプー

続いてシャンプーを使って固まっている整髪料、脂を湯で浮き立たせる作業。頭皮ではなく髪を泡で揉み込むイメージで洗う。



3:生え際、頭頂部を指の腹で揉み洗い

洗髪の基本は指の腹での揉み洗い。側頭部から頭頂部に向けて、皮脂に詰まった汚れを押し出すように揉み込む
洗う時間の目安は2~3分程度



4:すすぎは洗う時間よりも長めに

シャンプーの洗い残しは、炎症や毛穴の詰まりの原因。揉み洗いよりもさらに時間をかけ、くまなく丁寧に流す。



5:リンスは頭皮に付かないよう意識する

頭皮にリンスがついてしまうと、せっかくシャンプーで綺麗になった頭皮が汚れやすくなるだけでなく、リンスに含まれる油分で毛穴がふさがれてしまい、頭皮ニキビなどのトラブルになりますので、リンスは必ず髪の毛だけにつけるようにしましょう。



6:リンスのすすぎもしっかり洗う

洗う際は、髪の毛を乱暴にこすったりしないよう注意してください。髪の毛が濡れている状態ではキューティクルが開いているので傷つきやすい為、切れ毛や枝毛などの原因になります。リンスを洗い流すときは、シャワーの水圧を使い、手には力を入れず、撫でるようにしながら、優しく流していきましょう。



7:髪はすぐに乾かす

髪の毛を大事に思うならお風呂を出たらすぐに乾かしましょう。濡れたままタオルを巻いて寝たりだとか、自然に乾くのを待つだとかは絶対にやってはいけません!濡れた状態で髪が擦れたりするとキューティクルが剥がれてしまい髪内部の栄養成分までもが逃げて行ってしまいます。(;_;)/~~~
トリートメントで栄養補給をしらすぐ乾かし栄養を閉じ込める^^これを忘れないようにしてください♪

・以上が洗髪方法の手順となります。細かく説明するともっと気を付ける所はありますが、今適当に洗髪しているのであれば上記の手順は最低限気にして洗うと良いと思います(^^♪

途中、薄毛専門ヘアサロンのスタイリスト・三上タツノリ氏の解説にもありました、おススメのシャンプーはアミノ酸シャンプーという事でした。

専門のプロがおススメするシャンプーにピッタリの物、いやそれ以上の物が開発されたので紹介したいと思います!使用感をサロン用高級シャンプーとして相応しいものに仕上っておりリンスも使用する必要が無いとまで紹介されています♪


市販品の多くの物には界面活性剤が入っていますがこの商品は石油系界面活性剤不使用、ノンシリコン、パラベンフリー、合成色素/香料不使用となっており、宝石のようなシャンプーと紹介されています♪

界面活性剤のイメージはお皿を洗うとキュッキュッとなりますよね。油を根こそぎ落としてしまうのでそれが頭皮だとしたらカサカサになってしまい確実に髪への影響がでます。

有名メーカーの商品ほどコストを抑えて量産をするために界面活性剤を使用して、洗った感を出す物が多い為注意が必要です((+_+))

ここでもう一つ注意していただきたいのが、市場にはアミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーがある事です。配合と言うからには何かにアミノ酸が入っているというだけでアミノ酸単体とは言っていません。

では何かとは何か?

それはやはり石油系界面活性剤なのです。結局製造コストと消費者の流行で安い買い物を・・となるとこういった物が売れるんでしょうね。

見た目の果汁入りを見せたいが為に無理くり3%くらい入れてるジュースと同じですね、何となく安心感はありますもんね( ̄ー ̄)

今回紹介している【メセルSDFシャンプー】
はメーカーのHPでもしっかり紹介しているので、よく読んで納得してからお試しください(^^♪

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

お松でした。

薄毛を防止する為の正しい洗髪の方法 | 人気ワード .com ツイッター
http://omatsusyoukai.com/?p=448
旬な出来事、趣味などTwitterのリアルタイムな情報をまとめてを紹介します
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.