北朝鮮、グアムにミサイル攻撃検討 トランプ「炎と激怒」に反発

北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)は9日、太平洋上の米領グアムに対して中長距離ミサイル攻撃を検討していると伝えた。ドナルド・トランプ米大統領が「炎と激怒」で北朝鮮を攻撃すると威圧した数時間後のこと。これに先駆けて米紙ワシントン・ポストは、北朝鮮が核弾頭の小型化に成功した可能性があると伝えている。

更新日 2017年08月12日

合計 159pv


大人のADまとめ
  

出典 Youtube

トランプ氏、北朝鮮の脅しには「炎と激怒」で対抗と

トランプ大統領は8日、記者団に対して、「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さない方がいい。世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と述べた。

  出典 北朝鮮、グアムにミサイル攻撃検討と トランプ氏の「炎と激怒」に反発

  出典 stone-roses.org

KCNAは、朝鮮人民軍が
「中長距離戦略弾道ロケット火星12で、
グアム周辺を炎で包み込むための作戦を
慎重に検討している」と伝えた。

「全面的な検討と完成」をもって
最高司令部に作戦を報告した後、
金正恩氏の命令で実行する方針という。


  出典 stone-roses.org

  出典 stone-roses.org

これに先駆けてトランプ大統領は8日、
記者団に対して、
「北朝鮮はこれ以上、
米国を脅さない方がいい。
世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」
と述べた。


  出典 stone-roses.org

北朝鮮は7月に2回、
ICBM発射実験を実施。
これを受けて国連安全保障理事会は5日、
中露を含む全会一致で、
北朝鮮の主要外貨獲得源となっている
石炭や海産物などの輸出を
全面禁止する追加制裁案を可決した。
追加制裁によって輸出額が3割減ることになる。


  出典 stone-roses.org

  出典 stone-roses.org

  出典 stone-roses.org

グアム島は東京から南へ
約2500キロ離れた位置にある。

兵庫県の淡路島とほぼ同じ面積だが、
アンダーセン空軍基地など重要施設が集まり、
米軍のアジア太平洋地域の戦略的な
要衝とされる。


  出典 stone-roses.org

同空軍基地には戦略爆撃機のB1やB52、
ステルス戦略爆撃機B2が
米本土から巡回配備される。

また、海軍基地に巡航や弾道ミサイルを搭載する
原子力潜水艦が寄港。
米軍はこれらの基地を拠点に
南シナ海や朝鮮半島に爆撃機などを展開させ、
地域の安定維持に力を注いでいる。


  出典 stone-roses.org

北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返すようになり、
米軍は戦略爆撃機をグアムから
朝鮮半島に飛行させ、
けん制するようになった。

B1は大量の精密誘導弾を搭載可能。
グアムから発進すれば北朝鮮まで
片道約2時間で飛行できる。


  出典 stone-roses.org

  出典 stone-roses.org

北朝鮮は3月6日、
準中距離の「スカッドER」(射程1000キロ)を
4発同時に発射させ、
うち3発を日本の排他的経済水域
(EEZ)内に落下させた。


  出典 stone-roses.org

5月14日に発射した火星12の射程は
最大5000キロとされる。
北朝鮮からグアムまでの距離は3400キロ前後で、
グアム沖を狙うことも可能だろう。


  出典 stone-roses.org

一方、米軍は2013年、
北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対抗するため、
グアムに地上配備型迎撃システム
「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を配備した。
迎撃ミサイルを搭載したイージス艦も展開させ、
厳戒態勢を敷くとみられる。


  出典 stone-roses.org

北朝鮮が米軍基地のある
米領グアム島周辺の海域を狙って
ミサイルを撃つと警告したことを受け、
小野寺五典防衛相は11日、
グアムに向けたコースを外れて誤って
日本に落ちてきた場合を想定し、
地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を
中国・四国地方の計4カ所の
陸上自衛隊の駐屯地に
展開する破壊措置命令を出した。
複数の日本政府関係者が明らかにした。

北朝鮮が米軍基地のある米領グアム島周辺の海域を狙ってミサイルを撃つと警告したことを受け、小野寺五典防衛相は11日、グアムに向けたコースを外れて誤って日本に落ちてきた場合を想定し、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開する破壊措置命令を出した。複数の日本政府関係者が明らかにした。

  出典 PAC3、島根・広島・愛媛・高知に展開 破壊措置命令

  出典 stone-roses.org

航空自衛隊のPAC3の発射機などの移動を
11日から始め、
12日午前に4駐屯地への展開が
終わる見通しだ。


  出典 stone-roses.org

国家安全保障局(NSS)は、
北朝鮮からグアムに向けてミサイルが
発射された際の飛翔(ひしょう)コースを推定。


  出典 stone-roses.org

度重なる発射によって北朝鮮は
技術を向上させており、
正常に飛べば島根県から広島県、
高知県にかけてのはるか上空を
飛ぶことになる一方、
機器のトラブルなどでコースを外れ、
日本に落ちてくる場合にも
備える必要があると判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.