四谷怪談を語った講談師まとめ

四谷怪談とは、元禄時代に起きたとされる事件を基に創作された日本の怪談。江戸の雑司ヶ谷四谷町が舞台となっている。基本的なストーリーは「貞女・岩が夫・伊右衛門に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」というもので、鶴屋南北の歌舞伎や三遊亭圓朝の落語が有名である

更新日 2017年08月06日

合計 92pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

神田 伯龍(かんだ はくりゅう)は、講釈師の名跡。
元々は東京から出た名跡だが、一時期大阪に渡っていた。

 神田派の開祖。
神田伯龍が正しいのだが、漢字制限等により、伯竜とする史料もある。

 六代目 神田伯龍は、世話講談の第一人者。江戸言葉を自在に話し、 上方の言葉も熟知。
 生家は、芸者の入る料理屋。
子供時代、芸者の中で育ったためか、 女性がうまいといわれる。

  

出典 Youtube

【講談BGM】六代目神田伯龍の怪談「小夜衣草紙-雨夜の駕籠」【見てきたような語り部屋】
  

出典 Youtube

【講談BGM】神田陽子・一枚足りない~「番長皿屋敷」【見てきたような語り部屋】

  出典 stone-roses.org

一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい)は、日本の講談師(講釈師)の名跡。4代目までは真龍斎 貞水(しんりゅうさい ていすい)で、4代目は後に早川 貞水(はやかわ ていすい)と名乗った。

  

出典 Youtube

【講談BGM】一龍齋貞水「四谷怪談-風車長兵衛」【見てきたような語り部屋】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.