美容や健康効果も!知って驚く味噌の効能

味噌汁など和食の調味料として日本人の食卓に欠かせない味噌。醤油と並んであまりにも馴染み深い調味料ですが、体に良いことは知っていても、その健康効果を深く知っている人は少ないでしょう。この味噌の効能などを知ることでこれまで以上に美味しさがアップするかも!?しれません。

更新日 2017年06月28日

合計 242pv


大人のADまとめ

みその原料である大豆は、発酵によって大豆にはない、または、あっても少量のアミノ酸やビタミン類が多量に生成され、栄養価はさらに優れたものになっています。また、大豆のたんぱく質は酵素によって分解されて水溶化され、その一部はアミノ酸となります。その中には生命を維持するために不可欠な必須アミノ酸8種類がすべて含まれています。

  出典 みその効用 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト

味噌の栄養素(食材100g当たり)

・ビタミンB1が0.12mg
・ビタミンEが1.1mg
・カルシウムが130mg
・カリウムが440mg
・鉄が4.3mg

  出典 味噌 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical


上記の成分のほかに、ビタミン(B1・B2・B6・B12・E・K・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ピオチン)、無機質(ナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム、リン・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデン)、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、食物繊維などが含まれています。
なお、みその成分は下記の円グラフのように、水分、炭水化物、たんぱく質、脂質、灰分などです。

  出典 みその効用 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト

  出典 stone-roses.org

みその主原料である大豆のたんぱく質は非常に優れている半面、普通の過熱調理では消化吸収が悪いという難点があります。しかし、みそとして製造されると、大豆たんぱく質が酵素によって加水分解されて約60%が水分に溶け、約30%がアミノ酸になります。また、炭水化物はブドウ糖になって消化吸収されやすくなります。
つまり、大豆をみそという形で摂取することは、たんぱく質をより消化しやすい状態で取り込めることになります。したがって、大豆そのものを食べるよりも、みそで食べるほうが栄養素は消化吸収しやすくなるわけです。

  出典 みその効用 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト

塩分を気にする人によっては敬遠されるが、一杯分の味噌汁では約1.4gと、一品の料理の食塩量としては多くない。
それでも気になる場合は、カリウムや食物繊維を含む食材を味噌汁の具にするとよい。 これらの栄養素は、塩分が体内に吸収するのを防ぐ、また塩分の排出を促す作用があり、さらに健康効果を高めることになる。

  出典 味噌 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical

  出典 stone-roses.org

①みそはがんのリスクを下げる

●1日3杯以上のみそ汁で乳がんの発生率が40%減少(厚生労働省研究班 2003年) 

●みその塩分は胃がんを促進しない(広島大学・渡邊敦光名誉教授 2006年)

●喫煙者が毎日みそ汁を飲むと死亡率は低下する(国立がんセンター・故平山雄博士 1981年)

②みそは生活習慣病のリスクを下げる

●みそは脳卒中、痴呆症、心臓疾患などの発症を低下させる(大妻女子大学・青木宏教授
1994年)

●みそ汁のある食事パターンが骨粗鬆症に効果(㈶癌研究会付属病院・陳瑞東医長 1994年)

●糖尿病の改善が期待される、みその褐色色素(女子栄養大学・五明紀春教授 1999年)

  出典 みその効用 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト

③みそは老化を防止

●発酵によってみそに老化制御機能が生まれる(東京農業大学・小泉武夫教授 1995年)

●みそは熟成過程で抗酸化力を高める物質が生まれる
(東京大学名誉教授・大妻女子大学・加藤博通教授  1994年)

④その他の研究

●みそには血圧低下作用をもつ物質がある(食品総合研究所・河村幸雄室長 1993年)

●みそには美白効果がある(食品総合研究所・新本洋士主任研究官 1997年)

  出典 みその効用 | みそ健康づくり委員会/ 味噌の公式サイト

みそに含まれるビタミンEやダイゼイン、サポニン、褐色色素などには、体内の酸化を防止する作用があります。老化というのは全身の組織や機能の衰えと、細胞レベルのものがありますが、血管や体細胞、脳細胞に過酸化物質が増えると老化が促進されます。

つまり、細胞を若々しく保つためには、この物質をためないことが大切なのです。実際にラットによる実験ではサポニンや褐色色素の投与により、肝臓内の過酸化物質の増加が顕著に抑制されることも確認されています。

  出典 味噌で健康

みそ汁を毎日、または時々飲んでいる人は、全く飲まない人に比べて胃病(胃炎および胃・十二指腸潰瘍)が少ないという研究結果があります。さらに年齢別に朝食でみそ汁を飲む人達と、そうでない人達とを調べた結果、20~50歳代間では特に差はないものの、60歳以降になると、飲んでいる人は特に胃病にかかりにくいという高い数値がでました。つまりみそ汁を長期にわたって飲み続けることで、胃・十二指腸粘膜が守られ、潰瘍を予防することができるのです。

  出典 味噌で健康

みその中に含まれる植物繊維は、腸の掃除をしてくれます。また、みそに含まれる微生物は腸内の腐敗菌や有害物を体外に送り出してくれるのです。毎日みそ汁を飲むことにより、腸が掃除され、体調を整えることができるのです。 また外用では、戦国時代に打ち身や肩こりに厚手の和紙にみそを塗って用いていますし、「患部にみそを敷いてもぐさ灸をすえると、よく散らしよく温めて痛みをおさめる」(江戸時代の「本朝食鑑」)とも言われております。

  出典 味噌で健康

味噌には、米味噌、麦味噌、豆味噌などさまざまな種類があるが、いずれも大豆を使う点では共通している。まず、この主材料である大豆そのものが、良質なたんぱく質や脂質、糖分、ビタミン、ミネラルなど栄養豊富な食品である。

  出典 日本人の定番!やっぱり味噌はスゴイ|大豆|healthクリック

そこに発酵という微生物のはたらきが加わることによって、栄養分は消化吸収しやすい組成に分解されるとともに、栄養価もさらに高まる。牛乳よりもヨーグルトやチーズのほうが栄養価が高いのと同じだ。発酵とは、多種多様な微生物が、多量の栄養成分を生産し、食品の中に蓄積する工程とも言える。

  出典 日本人の定番!やっぱり味噌はスゴイ|大豆|healthクリック

  出典 stone-roses.org

味噌には、発酵によって「脂肪酸エチル」という物質ができている。これは、がんを引き起こす変異原の力を抑える作用があると言われている。また、酵母、乳酸菌、麹菌には、変異原性物質を除去する効果が期待できる。

1981年には、がん学会で、味噌汁を飲む回数が多い人ほど、胃がん死亡率が低くなるという調査結果が報告されているほか、ラットを使った動物実験でも、がん発生率が減少することが確かめられている。

  出典 日本人の定番!やっぱり味噌はスゴイ|大豆|healthクリック

 20~40代の女性22人を、淡色系米味噌を使った味噌汁と味噌なし汁を摂取する2群に分け、それぞれ1日2杯、4週間継続して飲んでもらった。結果、味噌汁摂取群は頬のシミスコアが改善したほか、頬のメラニン量も減少した。

(データ:東京工科大学の前田憲寿教授、発酵未来研究所らの共同研究 2014)

  出典 美肌になり、骨も強く 味噌のアンチエイジング効果|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

 卵巣を摘出した骨粗しょう症モデルマウスを対象に、ヒト換算で味噌汁1杯(味噌14g)の豆味噌を摂取する群と対照群に分け、それぞれ毎日摂取させて骨吸収マーカーを調べた。5カ月後、味噌摂取群で骨吸収マーカーの有意な低下が見られた。

(データ:中央味噌研究所研究報告 33,2012)

  出典 美肌になり、骨も強く 味噌のアンチエイジング効果|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

  出典 stone-roses.org
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.