ブログアフィリエイトで稼ぐ方法をまとめてみた。

ブログアフィリエイトはネットビジネス初心者がはじめに取り組むのに適した収入手段です。
このまとめ記事ではそんなブログアフィリエイトで稼ぐ方法について特化して語ってます。

更新日 2017年07月19日

合計 288pv


大人のADまとめ

ブログアフィリエイトで稼ぐ方法


画像出典元:http://www.catablogo.com/

ブログアフィリエイトで稼ぐ方法 始め方

ブログアフィリエイトについて
●ネットビジネスの基本はアフィリエイトビジネス
●ブログアフィリエイト始め方
●起業は決して焦って会社を辞めてはいけない!会社は学びの宝庫。
●ブログアフィリエイトの理想は好きな事を書く
●集客は結局ブログが最強
●無料ブログはどれが良いの。比較、お勧め。
●無料ブログとワードプレスどっちが良い
●サイト(シリウス)VSブログ(ワードプレス)
●ワードプレスの導入方法(初心者向け)

集客編(稼ぐ方法)
●ブログアフィリエイトの基本 ロングテールについて
●ブログアフィリエイトの関連キーワードを調べる
●キーワードの月間検索数を調べる
●ブログアフィリエイトのライバルサイトの数、強さを調べる

記事投稿編
●SEOを意識したブログアフィリエイト記事の書き方
●ブログ記事がキャッシュ、インデックスされたか確認する方法
●ブログアフィリエイトにおけるエイジングフィルターについて。期間、いつまで

ブログアフィリエイト小ネタ情報
●ブログアフィリエイトで1つのブログに必要な記事数とは?
●ブログアフィリエイトでは質の良いサイト作りを考える
●Google、検索結果の「ファクトチェック」ラベル表示について
●ブログアフィリエイトはサイトの表示速度が大事
●ブログアフィリエイターには不利?流入検索ワードが取得できない
●ブログアフィリエイトは今後ライバルが減る?
●ブログアフィリエイトで検索上位表示1位でクリック率、クリック数はどれ位?
●物販よりも在庫を持たないブログアフィリエイトを進める理由
●ブログアフィリエイト塾の伊藤虎太郎塾で学んだSEOの知識
●ブログアフィリエイトで被リンクツールでスパム判定?過剰なリンクはグーグルからバレる?
●ブログアフィリエイトで取り扱うべき商品と独自ASP
●ブログアフィリエイトブログ運営はひとつのメディアは作る感覚で
●ワードプレスにすればアクセス倍増するの?
●アフィリエイトとはwebマーケティングである
●アドセンスブログとブログアフィリエイトの違い
●アフィリエイト成約率はライティングページしだい
●ブログアフィリエイトでは画像の著作権に気をつけよう
●グーグルのページランクはなくなった?

ネットビジネスの基本はアフィリエイトビジネスだと思う。



画像出典元:https://kataduke-110ban.com/katadukerarenai-adhd-check

 

ネットビジネスの基本はアフィリエイトビジネスだと思う。

ネットを活用したビジネスは様々ありますが、やはり基本はアフィリエイトビジネスだと思います。

 

さらにいうならアフィリエイトも様々な形が有りますが、基本は、「広告を貼って、集客をして、広告収入を得る」です。

 

店舗を持つ必要もなく、無料ブログを活用すれば完全無料で、ブログアフィリエイトビジネスを始める事が出来ます。このリスクが無いのが、アフィリエイトの最大のメリットだと思います。(^_^)

 

当然高い収入を得る為にはそれ相応の勉強が必要になってきますが、実際にアフィリエイト収入だけで月に100万以上稼ぐ方も多数おり、副業としても夢の有るビジネスだと思っています。

 

ただ、管理人はアフィリエイトのもう一つのメリットとして、自然とネット集客力を習得出来るという点に注目しています。

 

単純にベーシックなアフィリエイトを実践した場合にライバルが強い、多い所では満足な成果を得る事は出来ないかもしれませんが、ライバル激戦区で戦えば戦うほどネット集客力は知らずに鍛えられているものです。

 

鍛えられたネット集客力を、その後の様々なビジネスに活用可能です。

このブログ上でもネット集客力を最大限に活かしたアフィリエイターに薦めたいビジネスも紹介しておりますので、是非活用して下さい。(^_^)

ブログアフィリエイトの始め方




 

ブログアフィリエイトを始めるのに必要なものは基本的にはブログの準備各ASPへの登録です。

ブログについては皆さんわかると思いますが、ASPについて簡単に紹介します。

 

ASPとはなんぞや?
企業が商品を販売していく時のひとつの売り方、マーケティングの方法がアフィリエイトマーケティングです。

 

アフィリエイターさんに商品を紹介してもらい売れた時に、代価として成功報酬を支払うという売り方です。

 

そして、アフィリエイトしたいという人と企業との仲介をしてくれるのがASPというもので、正確にはアフィリエイト・サービス・プロバイダと呼ばれています。

画像出典元:http://takasan179.com/category12/entry25.html  

有名な所、私が利用している所として、A8netが上げられます。

 

ここに登録する事で1万を超える案件をアフィリエイトする事が出来ます。ただ、一万といっても、売れやすい売れにくい商品がありますので、売れやすい商品を見つける選眼も必要になります。

 

ここら辺もブログ内で書いていこうと思います。(^_^)

起業は決して焦って会社を辞めてはいけない!会社は学びの宝庫




会社にいながら兼業副業としてのブログアフィリエイト

2016年12月に政府の方針として、会社の兼業、副業を原則容認するよう
会社に対して働き掛けていくという方針を打ち出しました。

これを受けて、本業の収入+αとしての副業を行う事が日本国内では
スタンダードになってくると思われます。

両方の収入で1000万を目指そうと言うのが私の提唱するワークスタイルです。

年収1000万というのは男の中でひとつ切の良い数字として目標としたい数値だと思いますので、
本業だけ、アフィリエイトだけで、年収1000万はなかなか難しい数値ですが、
本業とアフィリエイトの収入を合算して年収1000万というのはかなり現実的な数値です。

これからは
本業で稼いだお金は、手堅く貯金もしくは、家族の為に使う。
アフィリエイトで稼いだお金は、贅沢に使う等の
選択肢を選んでいく時代だということです。

基本的にアフィリエイトは積み上げ方の資産運用みたいなものですので、
まずは一日1円でも良いので、自分の力で稼ぐコツみたいなものをこのブログで
掴んでほしいと思っています。


ブログアフィリエイトの理想は好きなことを書いて収入を得るブログ




まずブログの意味ですが・・・
ブログとはウェブログ(Weblog)の略で、自分の意見や感想を日記風に記して、それに対する
感想などを閲覧者が自由にコメントできる形式のWebサイトのこと。です。

 

そんなブログを用いたブログアフィリエイト手法が管理人が得意とする手法です。(^_^)
※管理人はシリウス等を用いたHTMLサイトアフィリエイト手法は行なっておりません。
主にワードプレスを用いたブログアフィリエイト手法を掘り下げていっています。

 

管理人の理想とするブログアフィリエイト手法は自分の好きな事、興味のある分野に
ついて記事を書き、収益化できたら良いなとは思っています。
俗にいうブロガーというやつですね。(^_^)

 

今見てくださっている、この情報発信系のブログは確かに自身の得意、興味のある分野
なので書いていて凄く楽しいです。やりがいも有ります。このブログ一本でやって行き
たいと強く思います。

 

ただ、私が皆さんに教えるのは楽しみを度外視した稼ぐことに特化したブログアフィリエイト
についてです。
(好きな事を書くブログなのであれば、別に誰に習うこともありませんからね(^_^))

 

管理人はブログに特化してアフィリエイトを行なってきましたので、FC2ブログ等の
無料ブログから独自ドメインでのワードプレスまで幅広い集客知識を蓄積してきました。
この蓄積された知識を公開していきたいと思います。(^_^)

無料集客媒体は結局ブログが最強だと思う




SNS系は補助媒体に

ネット集客は以前まではHTMLサイトやブログというのが主流でしたが、
フェイスブック、ツイッター等のSNSの出現でネット集客の手段も多様化
しています。

 

フェイスブックやツイッターは最近の若い人は、ほぼ利用した事があるはず
ですので、ネットでの集客方法としては、
●すでに知識もあり、
●とっつき易き
という利点も確かにありますが、私はやはりブログ集客をお勧めします。

 

SNSはネット集客において、すでに繋がりのある人に情報を訴求する瞬発力
は確かにありますが、集客属性を絞りにくく、継続性がないという弱点が有ります。

 

継続性が無いというのは、SNSでは新しい投稿をする毎に、以前の投稿は
どんどん埋もれていく為、投稿という労力の割りにコンテンツが積み上げられる
イメージが乏しく、web上の資産にはなりにくいからです。

 

対して、
ブログはカテゴリ分けや、カレンダー機能、アーカイブ分け、人気の記事表示機能
等のカスタマイズしだいで過去記事への誘導も容易で、
さらに投稿記事毎に検索エンジンからの集客が可能。
記事、コンテンツを継続的にコツコツと積み上げていく事で資産構築型の集客媒体
となって行きます。
ここら辺がブログ集客の最大の利点で、
私は最強のネット集客媒体だと思っております。(^_^)

 

どちらかというとSNSは、ホームページやブログ等のwebコンテンツへの補助的な
集客誘導媒体として考えるべきだと思います。

 

現在ではブログにも様々な機能が追加されカスタマイズしだいで、
まるで一流企業の公式ホームページのようなサイトも作る事ができます。
webブログとHTMLサイトとの違いと言うものは現在ほとんどなくなってきていると
言えます。

 

集客は結局ブログが最強だと思う。SNS系は補助媒体に

無料ブログサービス比較 お勧め




ブログアフィリエイトでお勧めは
(FC2、ライブドア、アメブロ、ジュゲム、シーサー)はどこが良いのか。

一応無料ブログと独自ドメインでのワードプレスブログの場合、
ワードプレスの方がお勧めですよという記事を書いておりますが、

 

それでも無料ブログで運用したいという方もいるようですので、
各無料ブログについては管理人の使用感を記述したいと思います。

まず無料ブログサービスで管理人が知っているのは、
FC2、シーサー、ジュゲム、ライブドア、はてなブログ、アメブロです。
アメブロだけはブログの中でもちょっと毛色が違うのですが、其処ら辺も
あとで記載します。
で、実際に管理人が使用した事があるブログは、使用歴が長い順に
アメブロ、FC2、シーサー、ジュゲムです。
この4つのブログについてそれぞれの長所と短所を書いていきます。

アメブロ(正式名称アメーバブログ)



会員数は1000万人以上です。
「ペタ」や「読者申請」等、SNSの「いいね」や「友達申請」に近い機能
がSNSが流行る前に、組み込まれていた事と、運営側が多くの芸能人を囲
い込み、芸能人ブロガーが多く芸能人とコミニケーションがとれるブログと
して2010年頃に爆発的に会員数が増加した無料ブログ媒体です。

ただ、そういった膨大な会員数と容易にブログ間でつながりが持てる仕様を
狙ってビジネス目的やアフィリエイト目的でペタや読者申請する人
(多くは自動ツール)が乱立し、営利目的のブログは削除されまくるという
ブログ自体が荒れた時期がありました。
(現在はある程度落ち着いていて、よほど派手にやらなければ大丈夫かな)。

追い打ちを掛けるように、芸能人のペニーオークション詐欺、SNSの台当
によりアメブロ人気は急速に尻つぼみしていきました。
それでも、多くの実働ブロガーはまだまだ健在ですし、アクセスの集まり方が
他のブログのように検索エンジン経由というよりは、アメブロユーザー内から
のアクセスなので、新たな集客の窓口として使う方が良いと思います。

他のブログで書いた記事が、アメブロにもアップされるような自動ツールも
出ています。通常であれば、コピーコンテンツは検索エンジンからは評価さ
れませんが、アメブロに期待することは、アメーバブログからのアクセスなの
で、問題ないのです。

どういう理由かはわかりませんが、SEO上はかなりアメブロは弱いブログです。
グーグルは相互リンクをリンクファームというペナルティの対象としていますが、
ペタや読書申請で自然と全ブログ間でリンクファーム状態になることが、
SEO上に悪い影響を与えているのかもしれません。以前、アメブロ運営にグーグル
から警告文章が届いたという情報もありますしね。

FC2ブログ



FC2ブログは海外法人が運営しているので、かなりの無茶というか融通が効きます。
それでも、FC2動画等は違法アップロードの温床になっていたので、
そこは警察に踏み込まれて(ニュースで見た事があると思います)、
それ以降のFC2サービスは健全な路線に回帰しています。
私もFC2でアフィリエトブログを数個運営しておりますが、
SEOの強さは中々のものです。育った独自ドメインのワードプレスサイトより強い
ように感じます。それと、ブログのカスタマイズの幅が広く、オリジナルテンプレート
の数、質、有料テンプレートの数、質は無料ブログの中では断トツだと思います。
先に述べたように無茶が効くため、ビジネス目的での利用者が多い事で、
揉まれてきた副産物だと思います。

シーサー、ジュゲムブログ


どちらのブログサービスも、そんなに本格運用した訳ではありませんが、
一応の使用感というか感触はあります。FC2ブログのシンプルなデザイン性に
比べたら、シーサーもジュゲムもブログデザインがポップで可愛い印象で、
ビジネス目的には向かないかもしれません。美容系とかはこちらの方が伝わり
やすいかも。シーサーかジュゲムかどちらが良いかと言ったら、SEOの強さ、
カスタマイズの自由度、ネームバリュー等でシーサーブログの方がお勧めです。
以上が管理人が使用した事のある無料ブログの総評です。
他にも良いブログはあるのかもしれませんが、
最終的には独自ドメインのブログ、ワードプレスをお勧めします。(^-^)

無料ブログと独自ドメイン ワードプレス どっちがお勧め



ブログアフィリエイト 無料ブログと独自ドメイン ワードプレス どっちがSEO強い、アクセスの違い

ブログを始める時、もしくはブログを書き始めて一時すると、
無料ブログとワードプレスにはどのような違いがあるのか気になる事があると思います。
「 無料ブログで一日100PVあるけど、もしかしたらワードプレスに
変えたらもっと来るの? 」なんて疑問も湧くかもしれません。
管理人はどちらも使用した経験がありますので、両者のメリット、デメリットをしっかりと把握しております。
やはり無料ブログはアカウント凍結のリスクがありますので、現在は全て独自ドメインでのワードプレス運用ですが、
両者の違いを紹介したいと思います。

費用の比較


無料ブログは費用は掛かりません。0円です。
ただ、基本的には無料ブログは広告が収益源なので、広告が表示されます。
その広告を外したりする場合は少し費用がかかります。
独自ドメインでブログを運用する場合は、少し費用が発生します。
ドメイン取得で年間数百円。共用サーバー費用が月額約1000円位。
ワードプレス導入までは費用と3ステップ、4ステップの作業がありますが、
現在はドメイン取得からサーバー取得、ワードプレスインストールまで、
サーバー会社側のガイダンスにしたがって完了できます。
お勧めのサーバー会社は↓



SEOの強さ、アクセス数に比較


SEO(検索エンジンでの上位表示されやすさ)についてですが。
ブログ開設当初(0日~3ケ月)は無料ブログが圧倒的に強いです。
元々の無料ブログサービス自体のドメイン(fc2.com、blog.seesaa.jpだったり)
にある程度のドメインパワーがありますし、
(【例】fc2.com/satshi01があなたのドメイン。FC2ドメイン直下のURLなので
ブログ開設当初でもある程度検索エンジンからの評価が高い。)
無料ブログサービス側から自然とあなたのブログへの被リンクが色々と発生する事から
最初の記事公開後2.3日後から、記事が検索エンジンから認識(キャッシュ)され、
アクセスが発生し始める事もあります。
この様に、無料ブログは記事のインデックスが早く、スタートダッシュが切りやすいです。
対して、独自ドメインでのワードプレス運用の場合は、生まれたばかりのあなたのサイトは
検索エンジンからは一切認識されておらず、被リンクも一切ついていません。
コツコツと記事を書き貯め、検索エンジンから認識。(ここまでで早くて半月~1ヶ月程)
そして、記事のコンテンツに応じて検索順位が割り当てられて、やっとアクセスが
ポツポツと発生しだします。(ここまでで大体1ヶ月~3ヶ月程)
この初期アクセスの遅さに挫折してしまうワードプレスビギナーは多いかもしれません。
ワードプレスを検索エンジンに早めに認識させる方法として、被リンクが有効なので
他にweb媒体を持っているのであれば、積極的に被リンクを送りましょう。
とりあえずキャッシュの早い無料ブログを開設し、無料ブログから被リンクを送る事も有効です。

 

【ブログ開設後半年~長期間運用後は】
独自ドメインのワードプレスでもしっかりとした価値のあるコンテンツ記事を積み上げていけば、
記事を更新して数分でインデックス、キャッシュされる位のブログサイトに成長していきます。
無料ブログに比べて極端にアクセス数、SEOの力があるサイトになるかと言えば決してそんな
黄金郷のようなブログ媒体では有りませんが、

 

ワードプレスブログが絶対的に優れている点を2点紹介します。
①無料ブログ運営サイド側の思惑に影響されない。
これはアカウント凍結や無料ブログサービスの終了等の外部環境に左右されないという事も
当然そうですが、無料ブログのドメインパワーは1月~12月で結構変動します。
年の初めの頃はFC2ブログ全体が上意表示されていたけど、年の後半はシーサーブログが
なんか上意表示されやすいみたいな。
最たる例はFC2ブログ等のアダルトカテゴリーもOKな無料ブログサービスで、
ドメイン内に混在しているので、アダルトコンテンツの記事の影響でFC2自体の
ドメインの評価が落ち一時期FC2ブログ記事全体がグーグルから総スカンの時期もありました。
(検索エンジンはアダルトカテゴリーに対しては、評価を低くするような仕様になっている。
アダルト記事を書いたらブログが圏外に飛んだ、ペナルティ?を参照ください)
ただ、これは結構特異な事です。がやはり運営側のさじ加減でブログアカウント凍結等が決定
されてしまう無料ブログは、本格的、長期的なブログ運用には向きません。
②同一ドメイン内では一つのキーワードに対して上意表示される記事数に限りがあると言う事。
SEOパワーは無料ブログ、独自ドメインブログで最終的には極端な差にはならないと
先に書きましたが、ただ、それとは別に検索上位表示をするうえで、無料ブログが
絶対的、絶望的に不利なルール、仕様があります。
同一ドメイン内での上位表示の枠(推薦枠)には限りがあるという事です。

 

例えば、「正しいブログの書き方」というキーワードで書かれた記事は、
web上にはたくさん存在していると思いますが、
仮にFCブログ内で「正しいブログの書き方」について100人が書いていたとしても、
実際にFC2ドメイン内で検索上位表示されるのは2記事だけです。
(この検索上位枠数についてのルール、仕様は定期的に変わる為、正確に枠数が
合っているかどうかはわかりませんが、
同一ドメイン内で、キーワードに対しての上位表示の枠数が決まっているのは事実のようです)
無料ブログの各記事では、無料ブログ利用者間で自然この上意表示枠を争っていることになる為、
争いにやぶれたその記事は検索アクセスが望めたい為、アクセスが集まらないという無料ブログ
ならではの弊害が起こります。
(無料ブログサービス内でその記事の価値が突きぬけていれば全然問題はありませんが)
独自ドメイン運用のブログであれば、自分のドメイン内での記事の争いがない分、
上意表示の可能性が高くなると言う事です。


総括


●無料ブログ
【メリット】
費用が0円。簡単に始められる。キャッシュ、インデックスが早い。
ドメインパワーもそれなりにある。
【デメリット】
ブログ凍結リスクがある。ブログサービス終了のリスクがある。
同一ドメイン検索上位可能枠の問題。広告が勝手に表示される。
●独自ドメインブログ(ワードプレス)
【メリット】
凍結リスクがない為、ブログが資産化出来る。
ブログのレイアウト、カスタマイズが自由。
【デメリット】
コストが掛かる。
導入当初のアクセスが皆無。

この様に無料ブログにも、独自ドメインブログも一長一短はあります。
が、ブログ運営側のさじ加減で一瞬にしてアカウント削除される無料ブログは
お勧めできません。
資産(記事)を構築出来るという意味でも、早めの
独自ドメインでのワードプレス運用に切り替えるのをお勧めします。

アフィリエイトはワードプレスとシリウス(SIRIUS)どっちが良いのか?


ある程度アフィリエイトに精通して、
独自ドメインを取って自前のweb集客媒体を持つ際に、湧く疑問が
ブログ媒体のワードプレスとサイト媒体のシリウス(SIRIUS)どっちが良いのか?
という疑問だと思います。

 

ワードプレス(Wordpress)とは



画像出典元:http://coruna.biz/?p=111

世界中にユーザーがいる無料で提供されている「ブログ媒体」のことです。現在で独自ドメインで使用されているブログのほとんどはこのワードプレスだと思います。
ブログ集客やブログアフィリエイトで本格的にブログ運用する場合には、リファインproや賢威等の有料テンプレートを購入する事をお勧めします。
→リファインproや賢威の比較(準備中)

シリウス(SIRIUS)




SEO最適化サイト作成システムになります。今まではHTMLサイト製作はホームページビルター等で作成の必要があり、敷居が高いものでしたが、このシリウスの発売により、初心者でもプロレベルのホームページや、HTMLサイトが作れる様になりました。アフィリエイトサイト製作、企業のホームページ製作にと幅広く利用されております。

 

管理人は現在はアフィリエイトはブログ集客一本で行なっておりますが、
(フェイスブックやツイッター集客は勉強中ですが・・・)
以前、シリウスで10以上のサイト作成と運営を行なったことが有り、ブログ媒体のワードプレスとの違いやシリウスの長所、短所をそれぞれ把握しております。

ワードプレスとシリウスどっちが使いやすい?
ワードプレスとシリウスどっちがSEOに強い?
ここら辺を今回記事にしたいと思います。

 

ワードプレスとシリウスどっちが使いやすい?


どちらともレンタルサーバー、独自ドメインというその部分は同じです。
まったくのwebサイト初心者さんにはちょっとしたハードルではありますが、
ネット上には色々なサポート情報がありますので、
一般常識レベルの知識があれば十分にどちらも導入は可能です。
シリウスの場合は、コンテンツ制作毎にアップロードをする必要があり、
毎日コンテンツを更新、追加するような作業には不向きだと思います。
ある程度サイト製作の構成を決めてから、
トップページ+数ページを作り上げて「完成」後は定期的なメンテナンスのみ
と行った使い方になると思います。
その点ワードプレスであれば、ブログですので、記事の投稿によるコンテンツを
増やしていく形なので比較的気楽に運用出来る点が、私は使いやすいと思っています。
一応シリウスにもブログ機能の様な物は備わっていますし、
ワードプレスにも固定ページという静的ページ作成機能は備わっていますので、
使いこなせれば、どちらも差はなくなるのでしょうけど、
基本ベースでの使いやすさはワードプレスに軍配が上がると思います。

無料ブログを卒業して、独自ドメインに挑戦するのであれば、
なおさらブログになじみがあるのでワードプレスから始める方が良いと思います。

ワードプレスとシリウスどっちがSEOに強い?


つまり、どちらが検索上位しやすいか?アクセスを集めやすいかについてですが。

大前提にワードプレスはブログ型、シリウスはHTMLサイト型です。
ブログ型のコンテンツと、サイト型のSEOの特徴として、

ブログ型は、
ニュース性が重要視される為、キャッシュ(インデックス)が比較的早いです
ただし、検索順位に反映されてから、時間経過と共にじわじわと順位を下げていきます。

HTMLサイト型は、
キャッシュはブログに比べ遅いですが、
検索順位が長期間安定し、下降がブログに 比べると緩やかです

※これはライバルwebページの状況により差は有ります。
例えばブログ記事でも対照のキーワードがライバル皆無、ライバルページのコンテンツが弱い場合は
長期間の検索上位表示が可能です。

ワードプレスもシリウスもこの上記の構造に当てはまり、
ワードプレスは、キャッシュが早く、時間経過で検索順位が徐々に下降していく。
シリウスサイトは、キャッシュは遅いですが、検索上位期間がやや長いという事です。
これは一般的に言われているブログとサイトのSEO上の違いですが、
管理人の経験的にも同じような体験をしています。
ある程度コンテンツの形の構想が決まっており、メンテナンス程度の更新しかしない
webサイトであれば、シリウスで作ったwebサイトが強さを発揮すると思います。

※シリウスにしても、ワードプレスにしても、一番SEOの効果が高いのはトップページになります。
トップページに関しては、一度検索上位されれば、順位の変動こそあれ、長期間の表示が可能になり
ますので、トップページのキーワード(webタイトル)は特に試行錯誤して決めましょう。
記事タイトルやトップタイトルは変更しても良いのか?についても後日書きたいと思います。

 

逆にロングテールキーワードで毎日更新するタイプのwebサイトであれば、
インデックスが早い分ワードプレスの方が強さを発揮出来ると思います。

 

こう書くとSEOの強さについて言えばHTMLサイト型のシリウスに分があるようですが、
ワードプレスには先に述べたように「固定ページ」という静的ページが作成でき、
この固定ページを活用してほぼほぼHTMLサイトの様なwebコンテンツを作る事も出来ます。
逆にシリウスにもブログ形式での投稿機能が有る為、
どちらでも使いようによって同じ機能になると言うことです。

※ただし、ワードプレスを使用し、最大限のSEO効果を引き出す為には、
LUREAプロや賢威の有料テンプレート購入をお勧めします。

 

結局

ワードプレスとシリウス(SIRIUS)どっちが良いのか?
という最初の問いについて言えば、
使いやすさと、SEO上の成績を考慮して私はワードプレスを推奨します。


ワードプレス導入方法




私がお世話になっているCWC(コンテンツライター倶楽部)
森公平さんのワードプレス構築レクチャーの動画をお渡しします↓

初心者さん向けレクチャーですので非常にわかりやすい内容になっています。

初心者の為のワードプレス導入方法 動画解説(森公平)


 

 

<集客編>

ネット集客の基本 ロングテール集客とは ブログアフィリエイト


ネット集客の基本はロングテールキーワードでアクセスを集める事です。
今回はロングテールについて自分なりに説明します。

ロングテールについて語る際には、良くアマゾンの販売戦略
を引き合いに出して語られることが多いです。

皆さんの町の小さな書店は、アマゾンの登場と共に大きな変化
を迎えたはずです。

リアル店舗の書店は当然店舗面積が限られているので、なるべく
売れる商品だけ取り扱い売れない商品は在庫として置いておき
たくないはずです。

下の図でいうと、赤のヘッド商品(ベストセラー)を主に取り扱う形になります。


画像出典元:http://www.busi-sp.jp/long_tail.html

対して、アマゾンはオンラインショップなので、いくらでも商品数を取り扱う
ことが出来ます。(在庫を置く巨大な倉庫を国内に数点あれば良い)ヘッド商品は、
当然取りあつかっていますが、上の図のテール商品(マイナー商品)も取り扱います。

テールの一つ一つの商品の売り上げは、大したことはありませんが、商品の数が
膨大である為、ロングテールと呼ばれます。
このロングテールの市場の注文を一手に引き受ける事で、アマゾンは爆発的に
利益を独占し、小さな町の書店を次々と閉店に追い込みました。

ロングテールで集客すれば、テールの商品だけでなく、ヘッドの商品も紐付け
て購入もされます。資本力の小さな町の書店では太刀打ちできませんでした(T_T)/

この様に、ネットビジネス集客はロングテール戦略がほぼ基本になります。
ブログの集客にロングテールを使うのであれば、前回説明した
「ビックキーワード」一発で記事を書くのではなく、「ミドル」「スモールキーワード」
で沢山記事を書く事で、アクセス数を稼いで行きます。

以上がネットビジネス集客の基本ロングテールについてでした(^_^)

関連キーワードならgoodkeyword(グッドキーワード)がお勧め!


goodkeyword

関連キーワードならgoodkeyword(グッドキーワード)がお勧め!

 

ブログアフィリエイトを行うに当たりキーワード選びは最重要項目です。

 

例えば、クレジットカード系のアフィリエイトサイトを作るときに、
「クレジットカード入会」、「お勧めクレジットカード」
「クレジットカード比較」
等のビックキーワードはパっと思いつくと思いますが、
これらは結構なビックキーワードでライバルも多いです。
余りお勧めできません。

 

そんな時にサクッと「クレジットカード」の関連キーワード、
ロングテールキーワードを調べるのに便利なのが
goodkeyword(グッドキーワード)というサイト、ツールです。

 

調べ方は簡単でgoodkeyword(グッドキーワード)サイトの検索窓に調べたい
キーワードを入力するだけ!


すると検索数の多い順関連キーワードがグーグルとbingに分かれて表示されます。
会員登録も一切必要なくフリーに使えるめっちゃ便利なサイトです。

その中から成約に繋がりそうなキーワードを選ぶ。

・・・・・というのも良いですが、

 

さらに、
●月間検索数を詳細に調べる
●ライバルサイトの数を調べる
を行った後にサイト(この場合ブログね)作成を行う方が効果的です。

次回の記事では月間検索数を調べるについて記載します(^_^)

キーワードプランナーで月間検索数を調べる



ブログアフィリエイト キーワードプランナーで月間検索数を調べる

現在キーワードプランナーで月間検索数を調べる事が非常に困難になっています。
(アバウトな値しか分からない)
代替ツールとして アラマキジャケをお勧めします↓
月間検索数検索ツールアラマキジャケ
そのキーワードが、どれくらい人々に検索されているのかを
調べるツールでお勧め(というかほぼこれ一択)なのが、
グーグルアドワーズのキーワードプランナーです。

 

検索窓に、検索回数を調べたいキーワードを打ち込むと、
一年前~現在までのそのキーワードの各月の月間検索数
を調べることが出来ます。



出来るだけ月間検索数が多いキーワードで記事を書いた方が
アクセスも集まりやすくなりますので、この検索数を調べる
行為はかなり重要です。(^_^)

 

あまり検索されていないキーワードだと、
「キーワードがまったく検索されていないため、検索ボリューム
グラフを表示できません。」と表示されますが、
かならずしも0検索というわけではなく、10回以下とかの検索だと
この様に表示されたりもしますので注意が必要です。

 

このツールの使用には、アカウント登録が必要ですが、

メルアド等の簡単な入力フォームを入力するだけですし、
無料で利用することが出来ます。
管理人的にはキーワード選定では一番利用頻度が高い為、お気に入りのトップ
項目に入れてすぐに使用出来るようにしています。(^_^)

 

前回の記事でキーワードに付随する関連ワードの調べ方
今回の記事で、そのワードの検索数の調べ方を記載しました。
次回はさらにそのキーワードのライバルサイトの多さを調べる
方法を書いていきたいと思います(^_^)

アフィリエイトのライバルサイト数、力を確認する方法 allintitle活用



アフィリエイトのライバルサイト数、力を確認する方法 allintitle活用

ライバルサイトを確認する方法
月間検索数を確認して、使えそうなキーワードを調べたら
次はライバルサイトの数、強さを調べてみましょう。

アフィリエイトのジャンルにもよりますが大体みんなが思
いつくようなキーワードは強豪ライバルが多いものですが、
自分がひらめいたと思うようなキーワードでも結構競合は
いるものです。

せっかく記事を書くのですから、
なるべくその記事でアクセスが来るようにしたいですからね(^_^)

良く勘違いされるのが、ヤフーの検索窓で、キーワードを検索してみて
その下に表示されるヒット数でライバル数だと判断する方がいますが、
大きな間違いです

この際に表示されるヒット数は、記事タイトルにキーワードが含まれて
いなくても記事中に該当するキーワードが含れていればヒット数にカウント
されます。


↑「おせち お取り寄せ」という検索をして、13,800,000件のサイトがヒット。
しかし、それら全てがライバルというわけではありません。

例えば、記事中にだけ、「おせち お取り寄せ」というキーワードが入っている
サイトでも、記事タイトルが『実家に帰省してきました』だと上位表示を競うライバル
サイトにはなりえません。

もっとも強いSEO効果が期待出来るのは、
記事タイトルにキーワードを自然に記述+文章中にキーワードを自然に散りばめる
事です。
タイトル中にキーワードを含めていないこの相手サイトはかなりSEO的には弱い
のからです。

ではどうやって、ライバルの過多を調べる事が出来るのか?

本当のライバル数の調べ方


簡単に調べる方法としては、これから使おうとしているキーワード前に
allintitle: と付けてヤフー検索窓にて検索する事です。
そうする事で、タイトルにキーワードが含まれているサイトのみで検索されます。

 

検索窓下にヒット数が表示↓

allintitle:おせち お取り寄せと入力。
ヒット数は11,400件まで絞れました。

これが、タイトルにキーワードが含まれているサイト数、つまり本当のライバル数です。

さらにいうなら上位に表示されているサイトが、無料ブログとかの場合そのキーワードの
ライバルサイト群は緩いなと判断できます(^-^)

あと、個人的な感覚として、ライバルサイト数が3000以下位は狙い目だと感じます。

まずは、買う気満々+ライバル数が少ないキーワードを探しサイトを作ることを心がけましょう。

記事投稿編

SEOを意識したブログアフィリエイト記事の書き方



SEOを意識したブログアフィリエイト記事の書き方

まずSEOとは・・・
SEO=検索エンジン最適化という意味で、元々の正確な意味は
書かれているwebコンテンツを適切に検索エンジン(この場合グーグル)に
認識してもらい、しかるべき順位に表示してもらう為の施策です。

ただ、現在一般に捉えられているSEO対策というのは
集客の為に実際のwebコンテンツのレベル以上に高い順位に表示させ
ようとする行為の事を、総称してSEO対策と言う傾向があります。

※グーグルがwebコンテンツを評価、順位付けする時には、対象のwebページの
コンテンツの量(文字数)、被リンクの数、直帰率、閲覧時間等200以上
に及ぶ項目をweb巡回ロボットが計算、判断し順位を決めています。

※現在はグーグルの検索レベルもどんどん向上し、偽装行為としての
SEO対策サイトは上位表示しにくくはなってきていますが。

 

今回の記事で紹介したいのは、実力以上に記事を上位表示するような記事
の書き方ではなく、マイナス要素なく適切に検索エンジンに評価してもらい
アクセス、集客に繋げる記事の書き方です。

 

今見ている記事
SEOを意識したアフィリエイトブログ記事の書き方」を例として紹介して
行きます。
目次
記事タイトルは32文字以内
集客したいキーワードはタイトルの左側に含める
集客したいキーワードをタイトルに含める
集客したいキーワード及び関連ワードを記事内に含める。
●集客したいキーワードは強調タグを使う。
●文字は最低400文字、1000文字以上が望ましい。
●改行は多めに使う。
●出来れば画像を多めに用いる

 

★記事タイトルは32文字以内
グーグルが検索ページ上にサイトを表示する際に、
表示できるタイトル文字数は最大で32文字です。
これ以上の文字は検索結果に表示されない為、集客したいキーワードは
記事タイトル32文字以内に含めましょう。
ちなみに
「SEOを意識したアフィリエイトブログ記事の書き方」は24文字。
少しゆとりがありますので
「SEO、検索エンジンを意識したアフィリエイトブログ記事の書き方」31文字
にしても良いです。

★集客したいキーワードは必ずタイトルに含める
そのブログ記事のキーワードパワー(グーグルがそのブログ記事は
なにについて書かれているのかという認識)は記事タイトルのキーワード
が一番強い訴求になります。必ずタイトルに集客したいキーワードを含めま
ましょう。

★集客したいキーワードはタイトルの左側に含める
そのブログ記事のキーワードパワー(グーグルがそのブログ記事は
なにについて書かれているのかという認識)はタイトルの左側に行く程
強い訴求になります。なので集客したいキーワードは一番左が望ましい。
「SEOを意識したアフィリエイトブログ記事の書き方」だと、
SEO>意識>アフィリエイトブログというキーワード順で、検索上位
表示しやすくなります。

★集客したいキーワード及び関連ワードを記事内に含める。
タイトルに含めた集客キーワードを記事コンテンツ内にも含めていきます。
この際同一キーワードはもちろんですが、そのキーワードに関連するキーワード
も含めてください。(普通に記事を書いていれば勝手に含まれるものですが)
この記事についてはSEO、アフィリエイトブログというメインキーワードと
グーグル、集客、キーワードという関連ワードが多数含まれていますので、
「SEO集客に関連する記事が書かれているのだな」っとグーグルが評価します。
私は確実にキーワードが含まれるように、記事の最初と最後にタイトルを
そのままコピペするようにしています。

●集客したいキーワードは強調タグを使う。
コレについて言えば、確実にSEO効果のある時期もありましたが、現在では
その効果が薄れているようです。ただ、読み手に取っても見やすくなりますの
でメインキーワードは太字にしましょう。

●文字は600文字以上が望ましい。
SEOにおいて、最適な文字数というのは一概には言えません。
例えどんなにすばらしい記事を書いたとしても、SEOというのは絶対評価では
なく、相対評価となります。なので、同じキーワードで集客しているライバル
サイトの方がSEOパワーが上回れば、ライバルサイトの方が上位に表示され
るからです。ただ、600文字以上あれば十分かなと思います。

●改行は多めに使う。
読み手の立場に立ってみると分かるのですが、改行した方が読みやすいです。
やりすぎと言うくらい改行しても問題ないとかもしれません。

●出来れば画像を多めに用いる。
直接的なSEO対策にはならないのですが、画像が一つあるだけで直帰率や
閲覧時間が劇的に延び、間接的なSEO効果を発揮します(^_^)。

 

実際、私が実践しているSEO対策というのはコレくらいです。
SEOについてはこの業界、デマも含め、色々な説があるのですが、
私はネットビジネス、ネット副業の過程でおよそ10000ページ位の
webページを作って検索順位の移り変わりの研究をした事もあり、
各SEO対策がどれ位の効果があるのかを体感として身についていると
自負しています。
あまり、あれもこれもと手を出すよりは今回紹介した方法を基本として
ブログ記事を更新していけば、集客したい属性のアクセスを集めれると
思います。(^_^)

SEOを意識したアフィリエイトブログ記事の書き方

書いた記事がインデックスされているか確認する方法 ブログアフィリエイト


まず、インデックスとは何?
ブログやサイトは記事投稿しただけでは、一切アクセスがありません。
アクセスの方法は大きく分けて2つありますが、
①URLからのアクセス=他の媒体に貼られているURL経由のアクセス。
直接URLを入力してアクセス。
②検索エンジンからの訪問=ヤフーや、グーグルからの検索エンジン
からのアクセス

インデックスとは、この②のアクセス方法に大きく関連するモノで、
ヤフーやグーグルがあなたのサイト、ブログのページを認識し、
検索結果に表示されるようになっている状態の事を
「インデックスされる」といいます

なので、検索エンジンがあなたのサイト、ブログページを認識
する行為がインデックスです

では実際に、気になるのが投稿したページが実際にインデックス
されているのかと言うことですが、

それを調べる方法があります。

記事を投稿した時点で、その記事のURLが割り当てられると思います。↓
例FC2

そのURLをインデックスをしたい検索エンジン窓に打ち込み、↓

検索して、あなたのサイトが表示されればインデックス済み、
表示されなければまだ、インデックスされていない状態です(^_^)

例えばこのブログのこのページは投稿して、数分でインデックス
されます。

それだけ、ブログの開設後の運営期間も長く検索エンジンから
評価されているからですが、開設したてのブログ等はこうはい
かず、早くて3日、長くて一ヶ月位インデックスされない期間
もあったりします。

記事更新しても、検索エンジンからのアクセスがまったくないな
と思ったときには、インデックスを確認してみるのも良いと思い
ますが、あまり神経質になりすぎずに、良いコンテンツを更新
する事に注力すればいずれ検索エンジンから評価されアクセスも
増えます(^_^)

※今回はインデックスについてお話しましたが、検索エンジンの
上位表示はまた別の話になりますので、また次回語りたいと思います

ブログやサイトがインデックスされているか確認する方法

ブログアフィリエイトにおけるエイジングフィルターについて。期間、いつまで



聞きなれない言葉かもしれませんが、エイジングフィルターについての私の体験を書きます。

まずエイジングフィルターとは何?
俗に言うと、新たに作ったサイト、ページはグーグルに認めてもらうまでに一定期間掛かりますが、
その一定間掛かっていると思われるグーグルのwebフィルターの機能の事です。
例えば、無料ブログに書いた記事や、ドメインを取得してある程度の期間記事入れをしてすでに
グーグルから一定の評価をもらっているブログなどは、記事を公開後数秒~数日でインデックスされます。
(ここら辺は評価度に応じて変わってきます。評価を上げるには質の良いコンテンツを提供する事です)
が、ドメインを新規に取ったり、マルチ、サブドメインでサイト、ブログを立ち上げた時には、いくら記事
入れをしても、一向にアクセスが集まりません。それもそのはず一定期間は一切グーグルにweb検索上に
インデックスされないからです。

 

この期間=エイジングフィルターを設けている理由としては、そのサイトが本当にインデックスするべき
レベルのサイトなのか見極めていると言われています。
すでに、web上では様々な情報が星の数ほど出回っていて、新規サイトが作られたから、次々にインデックス
させるわけには行かないと言うのが、グーグルの考えだと思います。
ゴミのようなサイト、ブログや数記事書いて飽きてしまってやめるようなブログはweb検索上にいらないのです。

 

ではどの程度のコンテンツをためれば、記事を更新すればインデックスされるようになるのか?
ネットで調べてみると、色々情報が出てきます。↓
この期間は3ヶ月位であるとか、6ヶ月であるとか、1年であるとか・・。
更新頻度を高めて、質の高いサイトを作れば早めに解除されるとか・・。
どんなにあがいてもその期間は上位表示されないので我慢の期間とか・・。
エイジングフィルターなんてものは現在は存在していないとか・・。

 

それぞれ、眉唾な物から、実際の体験談から述べられている物まで様々で恐らく
誰にも分からないのでしょう。

 

なので、私も自分の体験談と考察だけ述べます。

2016.2記事

今回。
FC2が凍結されて、現在独自ドメインを取得して新しくワードプレスを設置しました。
(このワードプレスブログではありません。)
まだ、ドメインを取得して1ヶ月経っていませんが、
サブドメインや、デレクトリ形式を含めてそのドメイン群に100程度の記事を作成しましたが、
FC2ブログであれば、記事投稿して2、3日で検索上位10位以内に入るようなキーワードで記事
作成しても現在取得したドメイン、ワードプレスでは150位前後が精一杯です。
やはりエイジングフィルターと呼ばれる物は存在するのでしょう。

ただ、このブログを含め、以前取得したドメインでワードプレスブログを二つ持っています
がそちらであれば上位表示される記事はたくさんあります。

このブログ開設時は、あまり検索順位は意識していなかった為、ドメイン取得から、上位表示
される記事が発生するまでの期間は、把握していないのですが、今回はしっかり確認してこの
ブログでも報告していきたいと思います。

みなさんの中にも、情報があればコメントにでも情報くださいね。

 

2016.3記事
「エイジングフィルターが解除された日 アクセス経過、推移」後

2月にドメインを取得してワードプレスであるコンテンツをアップしています。
2月中は俗にいうエイジングフィルター期間で、アクセスはほぼ0でしたが、
3月に入ってからアクセス数が増え始めて、今では安定したアクセス数を確保出来ています。

記事は毎日更新していましたが、他の人のブログ等では、フィルターが解除されるまで半年
はかかるとか書かれていたので、ネット情報は玉石混淆だと思いました。
自分で確かめてみないと真実はわからないですね。一体どれほどの嘘があるのか・・・・。

さて、エイジングフィルターが解除された日の検索順位の変動です。


一日で劇的に、順位が変わりました。サイト内の記事全般で順位上昇が起こりました。
「おー!」と唸ったのを覚えています(^O^)

ドメイン取得の2月から、現在までのアクセス推移です。↓



フィルター解除後も、一度アクセスが落ち込んだのですが、2週間程で回復しました。
この後安定的に上昇するのか、ここで落ち着くのかを見極めたいと思います。

その後検索順位は安定しているので、エイジングフィルター期間は脱した様です。(^_^)
私の場合はドメイン取得から一ヶ月程で安定的に検索上位表示できました。
しかも、検索順位が上がるのは、徐々にではなく今まで書いた記事が一斉に上がるのは
発見でした。

 

ブログアフィリエイトについての小ネタ情報


ブログアフィリエイトで1つのブログに必要な記事数とは?



ブログアフィリエイトで一時期流行ったのは、
5記事くらい入れたブログを大量に量産するやり方でしたが、
今ではその手法では上位表示には足りないかもしれません。

一つのカテゴリーの沿った記事入れをどんどん行っていくことで、
そのブログ、ドメインは強化されて上位表示されるようになります。
上位する為の施策をSEO対策と呼びます。

徐々に検索順位を上げていく時もありますが、
体感的には一気に順位が急上昇するような感じです。

しかも、順位が上がるのはページの全般に渡ります。

なので、ブログアフィリエイトの方向性は5記事ブログと同じ感覚で
良いのですが、もっともっと記事の数がいるという事です。

必要な記事数は上位表示したいキーワードによるのですが、
10,30,100記事位がある程度の目安になります。

スモールキーワードであれば10記事ブログのトップページもしくは、
30,100記事の各記事ページのロングテール戦略で拾います。

ミドルキーワードであれば、30、100記事ブログのトップページで狙います。
私の運営するひとつのブログでうまくミドルワードで上位表示されたブログがあります。
このブログは安定的に稼げていますし、運営のしがいがあります。
ビッグキーワードでの上位表示も目指してはいますが、私はなかなか掴めていません。
ただ、30記事や100記事になるとある程度の時間が掛かるため、
量産には向きません。自分が書きたいテーマに沿ったアフィリエイト
案件を探し、ある程度本腰を入れてブログを運営していきましょう。

昔は月数千円稼ぐサイト(5記事ブログ)を2,300個作って稼ぐ方法が
王道でしたが、今は自分の得意分野を生かした、月数万稼げる専門特化ブログ
を3個~5個位作って稼ぐ、ブログアフィリエイトの方が主流だと思います。


ブログアフィリエイトでは質の良いサイト作りを考える




ブログアフィリエイトでは質の良いサイト作りを考える
2017.2.3にグーグルが検索エンジンのアルゴリズムを変更した
という旨の発表をしました。

ちょっと前に世間を騒がしたでDeNeのキュレーションサイト
のように質の悪いサイトの検索順位を見直す仕様の変更になるようです。

すでに大きく順位を下げているサイト群も報告されているようですが、
私のサイト群は今のところ大きな変動はありません。

裏ワザとして紹介させていただいている記事作成法でつくった
サイトも今のところ影響なしです。

裏ワザは裏ワザとして、やはり私が提唱しているとは、
ライティングスキルを上げて質の良いサイトを作っていきましょうという事に
変わりはありません。

グーグルはそもそも検索順位をどの様に決めているのか?

検索順位の仕組みは人気投票
グーグルの至上命題は検索結果の最適化です。
ユーザーが求める情報を即座に提供するという付加価値を与え続けなければ
グーグルといえど、競争社会では生きていけません。
求めている情報というのものを、膨大な数のwebコンテンツの中から探し出すという
作業はとてもひとの手で行うようなものではありません。グーグルが考えたのは、
求められているサイトに発生するある情報を元に検索順位を決定しています。

人気のサイト、価値のあるサイトには自然と被リンクが張られたり、
訪問者の滞在時間が伸びたり、リピート訪問があったり、
自然なコメントが寄せられたりです。

こういった人気投票の指標をグーグル独自の技術で公式化、
計算し今日のwebコンテンツの検索基盤を作り上げています。

質の良い、悪いの判別
ただ、ただですね。

今回のアルゴリズム変更の引き金となった
キュレーションサイトについていえば、
専門家等の人間の目から見れば、質の悪いと判断できるようなサイトですが、
一般ピープルからすれば、人気のサイトでした。

被リンクも集まり、滞在時間も長く、リピーターもついている、コメントも活況。

こういったサイトの質の判断というのは、いかにグーグルが進化しても、
webロボットや計算式からは判別できないと思うのですが・・・。

だから今回の発表はかなり注目してみています。

グーグルの技術がそんな神の領域まで進化しているのか。。?
もしくは、ある程度巨大なアクセスを獲得しているサイトについては、
グーグルスタッフによる目視介入が入り、サイトの質を判断するのか?
(それでも、医療について書かれていることついての正しい、誤っている
の判断はなかなか難しいと思いますが・・・・)

今後のグーグルのアルゴリズムは要チェックや!

Google、検索結果の「ファクトチェック」ラベル表示について


上の記事でグーグルのアルゴリズムにおいて
サイトの質の判断というのは、いかにグーグルが進化しても、
webロボットや計算式からは判別できないと思うのですが・・・。

と書きましたが、

米Googleは4月7日(現地時間)、Google検索の結果およびGoogleニュースで、
コンテンツの「ファクトチェック」(事実確認)
ラベル表示を開始したと発表した。昨年10月に英国など一部の国で開始したものを、
同日から日本を含む世界で実施すると発表しています。

要はwebコンテンツの正確性について、
第3者のチェックが入り、真偽の程度がwebコンテンツ上に表示されるように
なるらしいです。

なるほどグーグルはこういう解決の方法を導き出したのですね。


ブログアフィリエイトはサイトの表示速度が大事



画像出典元:http://www.access-pcdoc.jp/article/13871465.html

最近気づいたのですが、このブログの表示速度がかなり遅いのです。( ..)
ブログを運営していると、書くことに夢中になり、
ついつい訪問者目線というものを忘れがちになります。反省反省。

サイトを表示するのに2秒かかるサイトは訪問される前に、閉じられてしまう
という統計があるように、ブログやサイト等のwebコンテンツの表示速度は
非常に重要です。

まずは自分のサイトやブログの表示速度を知ることから始めました。

自分のサイトやブログを自分で開いてみることでもある程度の表示速度の感覚は
わかりますが、パソコンの環境や、モバイル端末からの訪問等でサイトの表示
速度は大きく変わりますので、サイトの表示速度を数値化で示してくれるものが
お勧めです。

私がお勧めするのは
グーグルのwebサービスの「PageSpeed Tools」

サイトの表示速度を0~100の点数で採点してくれます。
高ければ高いほど良くて、70点を超えるようであれば普通のwebコンテンツで
あれば合格点の様です。

70点を下回るようなら、何らかの対応をした方が良いようです。
PageSpeed Toolsでは、一応どういった対応をすれば良いのかを
かなりアバウトには教えてくれます。

パソコンからの見え方と、モバイル(携帯やスマフォ)からの見え方の
採点が見れるのですが、基本はモバイルからの見え方の方が10点近く
低い数値になります。

実際にこのブログの表示速度をPageSpeed Toolsで測定してみたのですが、
結果はパソコン表示速度が39点で、モバイルが29点という激遅な結果になりました。↓


これはブログの表示速度として訪問者がストレスを感じるに十分すぎる遅さになります。

でこの表示速度の遅さは、サーバー側の問題だったりする事もあるようで、
私が今現在使っているお名前コムのサーバーも昔は表示速度が遅いという問題があったよう
ですが、現在はそうでもないようです。それでもやはりお勧めはXサーバーで、
お名前コムから機会をみて乗り換えようかなとは思ってます。
(お名前コムとXサーバーの表時速度の違いなんかも記事にしたいとは思っています。)

 

サーバーの乗り換えは今現在は色々と手間なので、私が試した施策としては、
画像の圧縮と、画像表示をページスクロールの沿って行わせるというもので、
ともにワードプレスのプラグインに良いものが揃っています。

 

キャッシュを最適化したり、圧縮したりする施策も有効で、プラグインも
評価の高いものが揃ってますが、キャッシュ系は結構リスクが高く、
データがプラグインと使用レンタルサーバーの相性が悪いとデータが壊れたり
してしまう例も報告されているので、私はあまり推奨しません。

 

画像の圧縮のプラグインは
●EWWW Image Optimizer
(ブログ内にある画像すべてをクリック操作で一括で圧縮を掛けて画像が多い
ページでも早めに開けるようにします。圧縮する事で実質画質は落ちるのですが、
人の目で見る限りはそんなに違いが判らないレベルです。それでも効果は抜群です。)

 

画像の表示を後に回すプラグイン
●Lazy Load
(通常はサイトを開く際には、ページ内のすべて(画像、文章)を表示させる準備が
できてからサイトが開かれるものですが、このプラグインを有効化すると、とりあえず
サイトを早く開かせるために画像コンテンツ以外を表示させます。
その後訪問者がページをスクロールして画像場所に目をやる時に画像を表示させます。
結果として、表示速度の高速化が図れている事になります)

この2つは難しい操作もなく、プラグインの評価も高いので、安心して取り入れる
事が出来て即効性のあるブログ高速表施策です。

私はこの2つを実行することで、
パソコン表示速度が49点で、モバイルが40点まで上げることが出来ました。↓


正直これでもまだまだ、遅い位ですが、今の処これが限界です。

次は先にも述べているように、サーバーを定評のあるXサーバーに移行して
みてスピードがどう変わるのかを検証したいと思ってます。

2017/4/4にお名前コムサーバー推奨のコチラの施策を試して見ることで
ブログの表示速度をかなりあげることが出来ました。(^_^)
参考にした記事はコチラ→http://www.onamae.com/news/domain/160906_1.html



他のレンタルサーバーでは、すでに導入済みという施策なので、
お名前コムサーバー利用者はちょっとしたハンデを背負っている状態でしたが、
これで、同じサーバー表示速度の土俵で戦うことが出来るようになりました。

ブログアフィリエイターには不利?流入検索ワードが取得できない




私はアクセス解析ツールは忍者アナライザーを使用してますが、
最近ヤフー検索からの流入キーワードの解析もほぼ出来なくなっていますね。↓


以前にも、SSLの仕様変更により、
グーグル検索での流入キーワードの解析は出来ないという記事は書いたことがあり、
ヤフー検索も追随して、見れなくなって行くという事に触れましたが、
その時が来たという事です。

以前の記事「グーグルの流入検索ワードが取得できない」
から一部抜粋
-----------------------------------------------
技術的な事を言うと
グーグルがすべてのGoogle検索をHTTPSでの接続つまりSSL検索
利用するように仕様を変更した事が原因のようです。

SSL検索が適用されたトラフィックでは、アクセス解析ツールでの
Googleのオーガニック検索からの検索キーワードの取得が不可能
なります。
私も完全にこの意味を完全に理解しているわけでは有りませんが、
もっと噛み砕いて言うと、
現在のグーグルではhttp://www.google.co.jp/ のように
http:// で始まるURLでGoogle検索にアクセスしても、
https:// で始まるURLに強制的にリダイレクトされるように
意図的になっているようで、これが検索キーワードを取得出来なく
しているようです。

グーグルの目的が検索ワードを取得されないが為の仕様なのかは
良くわかりませんが、この仕様は今後も変わる事はない事です。

ヤフー検索の検索ワードも同様に取得できなくなる日はくるのでしょうか?
----------------------------------------
ここまで
Webのマーケティングにおいてキーワードマーケティングは非常に重要なので、
自前サイトへの流入検索キーワードが把握出来なくなるというのは痛いです。

ただ、私はある程度アフィリエイトを中心にwebのマーケティングに係ってきて、
キーワード集客に関する感覚がすでに体得出来ているので
これは今後webマーケティングに参入してくる人たちとのアドバンテージに
なってくると+に考える事にしています。

新規でwebマーケティングに参入してくる人は、流入キーワードという概念を
会得しずらいわけですからね。

ただ、webマーケティングの市場も、ブログ、フェイスブック、ツイッター、
インスタグラム、ユーチューブ、ニコニコ動画等と多才なので、
キーワードマーケティングの分野と言うのはwebマーケティングの位置分野に
過ぎませんが・・・。

流入キーワードの解析出来ない点について、
自前のサイトの各ページPVは色々と調べる方法はあると思いますので、
ある程度の検索ニーズは推測できます。
私はワードプレスプラグインのジェットパックサイト統計情報
ページ毎のアクセス数で検索キーワードをある程度推察しています。↓



ブログアフィリエイトは今後ライバルが減る?




最近の訪問検索流入キーワードを解析する事が出来なくなった影響で、
ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトのライバルはかなり減ると思っています。

アフィリエイトというのは、だれでもできる反面、成果報酬型という形態が
災いして、成果が出ないとモチベーションをまったく保つことが出来ないと
う人がほとんどだと思います。

成果というのは、なにも売り上げでなくても、
作ったサイトへのアクセス流入も大きな成果です。

狙ったキーワードでこれだけのアクセスがあった!
なので、もう少し辛抱すればきっと売り上げが上がる。
もう少し記事にテコ入れをしてみようか?

とか、
あれこんなキーワードでも、アクセスがあるんだ。
じゃ、このキーワードで記事入れをしてみようか?

とかとか

そういったステップの時期があります。

ただ、流入キーワードが拾えないとそういったステップさえも期待できないわけです。

確かに現在でもアクセスの増減は分かります。
ただ、キーワードマーケティングになれていないブログアフィリエイト初心者には、
これだけでは、やはり情報として足りないと思っています。

なので、初心者つまり、
ブログアフィリエイトに新規参入してくる人が減るという考えです。

すでに、キーワードマーケティングを熟知している古参のアフィリエイターに
とっても、キーワードが拾えないことは痛いことですが、昔取ったキネヅカ
があり、キーワードマーケティングに間隔をつかんでいますからね。
あまり問題ないです。

ただし、政府の副業解禁がなされる中で、副業や、兼業でアフィリエイト業界に
参入してくる人は今後増えるでしょうから、フェイスブックやツイッター、
ユーチューブやインスタグラムでの新規参入アフィリエイターが増えそうです。

ブログアフィリエイトでのパイの奪い合いの競争率が減るのですから、
良いと思う反面、ブログアフィリエイトでしっかり稼げる証明というものも
しっかりしていきたいと思っています。

個人的にはブログアフィリエイトという概念をもっと高めていき、
自分のメディアを作るという感覚で取り組むことで、細かなキーワード
に惑わされずに、モチベーションを保ちつつもブログ更新をしていけるのでは
ないかなと思っています。

ブログアフィリエイト塾の伊藤虎太郎塾で学んだSEOの知識


管理人は2013年検索上位表示の神と呼ばれた伊藤虎太郎塾を卒業しました。
今回お話しするのは、そこで学んだ知識と、自分で確認した体感記述です。
怪しい(笑)伊藤先生ですが、実績、知識は確かです。↓
無題

仮にブログ記事がグーグルにインデックスされたとして、検索結果の10ページ目と
かに表示されたとしても検索エンジン経由のアクセスが来る事はほと
んどありません。

検索結果の1ページ目しか閲覧しない訪問者は8割と言われています。
残りの2割も、見たとしても大抵3ページ目までの確認しかしていない
と言われています。

自身が検索で何か情報を探すときの事を思い出すと納得がいくと思います。

ですので、検索エンジン経由のアクセスを獲得しようとすると、1ページ
目にあなたのサイトが表示される必要があるわけです。

ネットビジネスの初心者の方はサイトの1ページ目に自分のサイトが来る
なんて凄い!そんな事が可能なの?と検索上位表示に対して、必要以上に
構えている所がありますが、基本を押さえて普通にやれば簡単に実現します。

まず、グーグルの検索エンジンはサイトを個別のページ単位で認識します。
※これはかなりマル秘情報です。多くの方はここをかなり違えて考えています。
※そのサイト群を全体で捉えて被リンク数等の評価は一応下しています。

ブログで有れば、投稿ページ毎に検索表示されます。
※ブログを書けば書くほど、検索に引っかかりやすくなる為、毎日投稿
するのが推奨されるのはそういった理由です。
ロングテール戦略と呼ばれます。

検索上位表示の条件はそのキーワードに対しての、他サイトとの相対評価
になります。タイトル、テキスト量、テキストに含まれるキーワード
数、サイト更新頻度、被リンク数、ここら辺が相対評価され、順位付け
されます。

で、多くの方は自分のサイトなんかに被リンクなんか付かないし~と思っ
ているわけで、もっと言えば、被リンクツールなんかで被リンクを無理
やり増やす、努力をしている方もいるわけですが。

私個人的に、物販アフィリエイトででおそらく10000ページ近い、サイトやページを作ってきてます。
※これで培った感覚、カンは私のネットビジネスの強みだと思っています。
検索順位のチェックや、アクセス数の推移をデータで追う時期もありました。
・・・で結果言えるのは、被リンクはあんまり関係ない!と言うことです。
どんなに立派に見える他者サイトでも被リンクなんかそんなに付くものでは
ありませんから


ブログアフィリエイトで被リンクツールでスパム判定?過剰なリンクはグーグルからバレる?




過剰な被リンクや自演の被リンクはグーグルからスパム判定を受けて、
圏外へ飛ばされる。

巷では、もっともらしくこのような情報が飛び交っていますね。
実際の所どうなのでしょうか?

以前、私は伊藤虎太郎塾で、アフィリエイトブログを量産して、被リンクツールを使い
その後の、サイトの検索順位推移を毎日調べていました。
大体2000サイト位作りました。

その時の体感として、ライバルサイトが弱いキーワードであれば作って3日後、
早いサイトでは当日に上位表示されるものもありました。
しかし、1週間位立つと一度圏外に飛んできます。

※巷で騒がれている、「圏外に飛ばされた」はこの状態の事を指していると思われます。

が・・・、これは何も被リンクを使わなくても起こる現象です。
グーグルハネムーンとも呼ばれ、出来立てのサイトはニュース性が高いと判断されて

ライバルサイトが弱ければ一定期間上位表示されたりします。

この後、サイトの検索順位はというと、グーグルの決めている様々な算出条件により順位
付けされ、しかるべき検索順位に表示されるようになります。

それが、1ヶ月で表示されるのか3ヶ月で表示されるの傾向は余り掴めませんでした。
そして、その後緩やかな下降線を描き検索順位が落ちていきます。

現在グーグルの中では内部SEOと外部SEOの重要度の比率は7:3だと言われています。
以前までは逆に外部SEO(被リンク)が重要視されていましたが・・。

その為、被リンクツールを使えば検索上位表示が簡単に獲得出来る訳ではありませんが、
巷で騒がれているような被リンクツールへの誹謗中傷は完全な見当違いだと私は思います。

昔こんな話がありました、60%当たる占い師と、100%外れる占い師のお店があります。
どちらの占い師のお店の方が人気があるでしょう?

答えは、100%外れる占い師ですよね。・・・分からなければ、ちょっと考えてみましょう(^_^)

まあ、なにが言いたいのかというと、物は使いようだという事です。
もし、被リンクツールがサイトに使えば圏外に飛んでいくような代物だとしたら皆さんは何を
考えますか?

そうです。そうなんです。あえては述べませんが・・・。
ですからグーグルに取ってみれば過剰な被リンクがあったからといって圏外に飛ばすような事
はしないというか出来ないと考察されます。

グーグルが出来る事は、その被リンクを±0で評価しないという選択しかできません。
これは、自演の被リンクを見破られる可能性があるというだけで、被リンクを見破れないという
可能性も残ります。

先に述べたようにグーグルは不自然だとしてもマイナス評価を下す事が出来ないのですか
ら、+の評価をもらえるか、評価無しの±0という事で、損をすることはないわけです。


ブログアフィリエイトで取り扱うべき商品と独自ASP




ブログアフィリエイト目的で、A8net、アフィリエイトBなどのASPを覗いてみると、
非常に多くの案件がある訳ですが、(10万点とかだったかな)

ただ、アフィリエイトサイトを作る手間、労力を考えると、
アフィリエイトする商品は厳選しなければ行けません。

人が取り扱わないようなアフィリライバルが緩い所を探すのも大事ですが、
原則は売れているものを売る売れやすいものを売るです。
アフィリエイトの、商売の基本です。

でないと、せっかくブログ、サイトを作ってアクセスを呼び込めても、
報酬が上がらないなんて事になりかねません。

ただ、困った事に売れやすい商品、売れている商品はどうしてもライバルが多いものです。

そこで、
私が、オススメするのは独自ASPを設けてアフィリエイターを募集している
店舗を探し、商品をアフィリエイトする事です。

たまにあるんです。
大手のa8とかに登録せず、自社で成果報酬のシステムを組んでいる
会社とかネットショップが。

実は私もそういった独自ASP案件を3つ程もっていまして、ライバル不在とまでは
言いませんが、労力少なく、上位表示と成果報酬が1年位安定しており、
上手くブログアフィリエイトが運営出来ています。

ただ、こういった店舗や会社はそんなに極端な数は有りませんし、
これだけで月10万稼ぐというのは、厳しいのですが、
月3万位なら上手くハマれば行けます。

そういった独自ASPで自信や経験、コツを掴んでA8netなどの荒波で勝負
していくのがお勧めだと個人的に思っています。

気をつけないといけないのが、独自ASPで取り扱っている商品が、
A8netなどの大手のASP等でもで取り扱われていたらほとんど、
独自ASPの意味はありません。
あくまでその商品自体も大手の独自ASPで取り扱われていないような
独自性のある物でなくてはいけません。

少しヒントが少なくて難しかもしれませんが、これだけは口外すれば
すぐにかち合ってしまいますし、口外できません。
ただ、独自ASPを採用しているショップを探そうとして、色々とネット
検索してみると意外と見つかる物ではあります。


ブログアフィリエイトで検索上位表示1位でクリック率、クリック数はどれ位?




自分のサイトが無事狙ったキーワードで1位検索上位表示されたとして、
どれ位の人が1位の自分のサイトに訪問してくれるのか?

例えば、そのキーワードがグーグルキーワードプランナーでは
月間10000回の検索があるとされていても、あなたのサイトが
10000回訪問されるとは思いませんよね。

だいたい統計では、1位のサイトで検索数の30%の訪問と言われています。
(正確にはグーグルキーワードプランナーは
グーグル検索のみの数ですので、これにヤフーの検索数×30%もプラスされます)

アラマキジャケと呼ばれるキーワード検索数予想ツールで調べてみました。

ヤフーとグーグルの月間の検索数と1~50位までの検索からの訪問数を
自動で予測されます。

レディースで検索してみると


グーグルで月間検索数が44,550
で1位のサイトが18845(42%), 2位5310(11%), 3位3760(8%)となっており、

1位~50位までのアクセス数の比率%は
ヤフーでも、グーグルでもどのキーワードで調べてみても同じような振り分け比率なので、
このアクセス比率は月間検索数を独自の計算式に当てはめて一律に算出しているもので
当てにならないと思います。
キーワードによって差はあるはずだからです
恐らくこの比率が一般的な検索数に対しての検索上位のアクセス比率なのだと思います。

検索したキーワードに対して、一位のサイトが公式サイト等だった場合は訪問比率
が延びるとは思いますが、言われているようにに30~40%が
検索上位表示1位でのアクセス比率、クリック率なのだと思います。


物販よりも在庫を持たないブログアフィリエイトを進める理由




さて、ブログアフィリエイトについて書いているブログですが、
私も初めからブログアフィリエイトをやっていたわけではありません。

ブログは記事を書かないといけないし、
人よりも知識を持っていいないといけないし、
顔出しをしないといけないし、

と色々と誤ったというか、やりたいというような副業の形ではありませんでした。

私の副業歴としては、投資系(FX、株式)
→ブログアフィリエイト(与沢式アメブロブランディングメルマガ誘導アフィリエイト)
→ブログアフィリエイト(伊藤虎太郎式楽天アフィリエイト)
→中国輸入ネットショップ
→アダルトアフィリエイト
→ブログアフィリエイトが結局最強!

という流れになります。

今日は中国輸入ネットショップつまり物販よりも
ブログアフィリエイトがなぜ優れているのかは書いていきます。

物販よりも在庫を持たないブログアフィリエイトを進める理由

元々物販を初めてきっかけはアフィリエイトで稼げるという事は、
ネットショップを自分で持てば紹介や広告を自分で出来るという事なので、
今よりも稼げるという考えだったと思います。

今思えばこの理論はある意味当たっているのだけれど、
ある意味はずれている、アフィリエイトであれば、無数の数の中から
自分に合った案件の商品を取り扱えばよいのですが、
自分でネットショップを運営して少ない商品の中でアフィリエイト方法を模索
するのは結構難しかったりします。
それよりも、お金をかけてPPC広告を出した方が、売り上げも利益も取りやすかった
というのが私の体感です。

正直ネットショップ初心者としてはセンス良く運営できていたと思います。
ただ、やはり物販は在庫を持たなければいけません。管理が必要です。
購入者が飽きないように新しいものをリサーチしなけば行けません。
商品が売れたらうれしい反面、梱包発送作業をしなければいけません
中国製なので一定数不良もあり、クレーム対応もしなければいけません
輸入販売なので為替の影響も気にしないといけません
etc
色々と気にしないといけないのです。

その点、
ブログアフィリエイトは在庫を持つ必要がありません。
成約があっても、梱包、発送をする必要がありません。
アフィリエイト成約の未承認はありますが、クレーム対応は一切必要ありません。

中国輸入に比べてアフィリエイトは利益率が低いと言われます。
確かに中国輸入の頃に利益率50%なんてざらでしたが、一個当たり1000円の利益
とかだったので、報酬単価の高いアフィリエイトで、成約(売り上げ)を増やせば良い
だけなのです。

アフィリエイトにおいてリサーチは必要ですが、商品に合わせるというよりも、
自分の上位表示出来たサイトにあった商品を選ぶというスタンスも可能なので、
リサーチのプレッシャーもずいぶん低いものです。

この様に、物販ビジネスのメリット、デメリット
ブログアフィリエイトのメリット、デメリットを考えると、
総合的に見てもブログアフィリエイトに軍配が上がると思います。


ブログアフィリエイトブログ運営はひとつのメディアは作る感覚で!(ブログの専門化)




ブログというものは本来は何を書いても良い自由なweb空間です。

ただ、
ブログアフィリエイト目的としてのブログ運営を考えた場合には、
ブログのテーマを絞り専門性に特化するブログ運営をするべきです。

これはユーザビリティ(訪問者目線)の観点からも
グーグル向けコンテンツ制作の観点からもです。

情報の濃い、専門特化型のマニアック記事をどんどん書き溜めていきます。
この様に属性を絞る事で、濃い読者が集まり、リピート読者、ファンが生まれます。
グーグルもあなたのブログを一つの濃いいコンテンツだと認識し、
関連キーワードに対しての検索順位が上がります(SEO)
ブログがひとつのメディアとしての領域に上がる感覚です。

あなたのアフィリエイトブログもひとつのメディアとしての領域まで昇華させましょう。

もう一度いいますが、その為にはテーマ属性を絞り込む事です。
属性を絞り込む時に絶対に外せないポイントがありますので記載します。

まず、
①社会的にニーズがある事。
商売には誰もが忘れかけている極めてシンプルな法則があります。
「お客の需要に応える」これがビジネスです。これを外して商売は成り立ちません。
間違っても「需要がない市場」を選んではいけません。
例えカルロス・ゴーンであっても、売れない物は売れないのです。

次に
②自分が得意な分野、興味がある分野、好きな分野である事。
これは、感覚的に分かると思いますが、
もしかしたら、あなたは「稼げれば何でも良い」と言うかもしれません。
が、
続けるほどに嫌でも思い知ります。
興味が無い分野のアフィリエイトブログを更新し続ける事は必ず苦痛になります。
「興味が有る」「続けたい」「好き」という感情は
幸せにブログアフィリエイトする為には絶対に必要だと思います。

③「需要がたくさんあるのに供給が少ない市場」が理想です。
ライバル不在のブルーオーシャンな分野であれば、ほぼあなたのブログ
アフィリエイトの成功は約束されます。
が、
ブログアフィリエイトが普及して数年が経つ現在、
こんな黄金郷の様なマーケットは滅多に見つかる物では有りません。
「需要があっても、供給者が山ほどいる市場」は避けるといった認識で十分だと思います。

アフィリエイトブログ運営は上記を意識して行ないましょう。


ワードプレスにすればアクセス倍増するの?



画像出典元:https://jp.pinterest.com/pin/460563499370557260/

ワードプレスにすればアクセス倍増と思っていませんか?
ワードプレスと無料ブログの違い、比較について
ブログをこれからやってみたいという方や、
ブログ初心者の方に良くある間違いが、独自ドメインでサーバーを
借りて運用するタイプのワードプレスブログにすれば、
黄金郷のようなアクセスが期待できるという勘違いです。
結構多いんです、こういう方(>_<)。
私はこれを「ワードプレス幻想」と呼んでいます。


確かに無料ブログに比べて、ワードプレスの優れた点というものも多数あります。

が、
無料ブログと比べて、3倍も4倍もアクセスが集まるというものではありません。
運用次第では、逆に無料ブログよりもアクセスが落ちる事も十分にありえます。

今日はその辺を記事にして行きます。

ワードプレスと無料ブログを比較するうえで各メリットとデメリットを書きだします。

●無料ブログのメリット
・手軽さ
無料ブログのメリットは無料ブログサービスに登録すれば、だれでもすぐ
始められる手軽さがまず第一ですね。
・無料
無料ブログの利用料は基本的に無料です。
(広告を消す等のオプションで有料になる場合もあります。)
・記事のキャッシュの速さ
通常であればwebコンテンツというものは、web上にアップロードすれば(ブログであれば記事を更新すれば)web上にはすぐに公開されますが、
検索エンジンからの流入はすぐには期待出来ないものです。
ただ無料ブログでは無料ブログ自体のドメイン自体がある程度グーグルからの信頼を持っていることで、記事を公開してすぐに、この検索エンジンからの流入が早期に期待出来るという絶対的メリットがあります。この事をキャッシュが早いと表現します。

●無料ブログのデメリット
・カスタマイズに制限がある
FC2ブログなど比較的カスタマイズしやすいブログも存在ますが、ヘッダー、コンテンツ一、サイドバー、フッター、等のカスタマイズが制限があります。
(初心者の内はあまり気にならないかもしれませんが、一度ワードプレスを経験するとここら辺は我慢できないレベルになってしまいます)
・広告が入る
サイドバーや、記事下の一番クリック率が高い位置に広告が勝手に差し込まれます。
(無料ブログが無料で利用できる所以は、サービス提供側がこの広告で収入を得ているからです。一応一部無料ブログサービスでは、この広告を有料で消すオプションも存在しています。)
・凍結リスクがある
特に運営側にとって、迷惑にならない様努めていても、いきなりブログが凍結される事がありえます。結構グレーな行為をしているのならなおさら凍結リスクは高まります。
今まで書いてきた記事がすべて無意味になってしうので、バックアップ等は必ず取るようにしましょう。一番のデメリットはこの凍結リスクだと思います。
・記事SEOにおける競合性でドメイン被りの問題がある。
例えば、ブログの正しい書き方というタイトルで記事を書いたとして、同じような記事を
同一無料ブログ内で書いている人がいると、同じドメイン内で検索上位表示される数に限りがある為、無料ブログ内のSEO勝負で勝たなければ、その記事はweb検索表示されません。要は書く記事によってはweb検索表示の競合性が高くなる可能性があります。

●独自ドメイン ワードプレスのメリット
・カスタマイズに制約がない
無料ブログとは比較にならないレベルの様々なテンプレートが無料、有料で手に入れることが出来る為、カスタマイズ、自分好みのブログが出来ます。
会社のホームページ等も十分にワードプレスで作成することが出来ます。
・広告が入らない
自分オリジナルのブログですので、広告等が差し込まれることがありません。
自分がプッシュしたいリンク、バナー等に誘導しやすくなります。
・凍結リスクが無いため資産化出来る。
レンタルサーバー、ドメインを契約している限りは、ブログは存在し続けますので、
無料ブログのような凍結リスクが存在せず、ゆっくりと時間をかけてブログを資産化
出来ます。
・無料ブログとは逆にドメイン被りの問題が無い
自分だけのドメインですので、無料ブログの様に他のwebサイトとドメイン被りが無い為、
キーワードの競合性が若干低くなります。

●ワードプレスのデメリット
・導入に一手間かかる
レンタルサーバーを契約して、ドメインを取得して、ワードプレスを
インストールして初めて利用が開始できます。
一昔前はこれらは、かなり難解な作業でしたがワードプレスが一般化したことで、
各サーバー会社共にマニュアルor代行が充実し、比較的簡単にワードプレスを利用できるようにはなっています。
・コストが掛る
ドメインは年間で数百円程度ですが、レンタルーサーバー代が月1000円位掛かります。
・アクセスが来るまで時間がかかる
無料ブログの様に無料ブログ内からのアクセス等はありませんし、取得したばかりのドメイン内のブログ等はグーグルから信頼が低い為、記事をいくら投入しても中々検索上位表示されません。早い人で1か月、長くて3か月位アクセスが無い時間帯を辛抱できるかどうかが、ワードプレスを運用していく上での初めの分岐点です。
ただ、初めに申しあげたように、このアクセスが流入したしたとしても、無料ブログと比べて、2倍も3倍もアクセスが集まるようなものではないという事は理解しておいた方が良いと思います。

まとめ
ワードプレスも無料ブログも一長一短あります。
メリットデメリットを知ったうえで、選定しましょう。
それでも、やはりビジネス目的や長くブログを運用していくのであれば、
独自ドメインのワードプレスを推奨します。


アフィリエイトとはwebマーケティングである


%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

私はアフィリエイトをしています。
という人は日本国内でかなりの数いると思います。

私はアフィリエイターですという方は、恐らくそれなりに
稼げている人だと思うので、数はかなり少なくなると思いますが、

この上記の人間の中でwebマーケティングを行なっていると
意識している人はさらにかなり少数になるようです。

アフィリエイトというのはwebマーケティングの中の一種です。

かく言う私も、
アフィリエイト歴3年位で月10万稼げるレベルではありますが
、webマーケティングという言葉を知ったのは、最近です。

意識の抽象度を高めにとる事で見えてくる景色もあるという事が
言いたいのですが、

アフィリエイトで月10万稼げるレベルというと、
アフィリエイト業界(というスタンスで考えると)の中では、
中の上くらいだと思いますが、

その頭の中に詰まっている知識と、テクニックは
企業のマーケティング担当の知識とテクニックとはまったく異色であり、
企業レベルでも希少なスキルだと思っています。

最近はマーケティングを極める事が出来れば、どのような
企業、起業でも月100万程度の報酬は得る事が出来るなと思えるように
なってきました。

アフィリエイトはwebマーケティングのひとつという感覚はしっかり持つように
して、小さくまとまらないように。

アドセンスブログとブログアフィリエイトの違い


%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9

アドセンス広告なんて使えない?
私の中で、グーグルのクリック報酬型のアドセンス広告は
ブログでのキャッシュポイントとしては使い道が難しい広告だと思っています。

アドセンスのクリック単価は平均すると30円位だと聞いていますが、
集客属性が絞れているのであれば、アドセンス広告を選択するより、
他のキャシュポイント、アフィリエイト案件の方が報酬が良いからです。

アドセンス広告向きなのは
・属性、テーマがあまり絞れてないけど、アクセスがかなり多いサイト。(代表例は2ちゃんねる)
若しくは、
・属性テーマが絞れてアクセスも十分多いけど、
その属性に関するキャッシュポイントがアドセンス以外に無いサイト。
・アドセンス平均単価が高い金融系のサイト等(アドセンスの単価が100円位と聞いているので・・)
こういったサイトであれば、はじめてアドセンス導入を考えます。

ただ、
また、私の中で1000人のブログのファンがいれば、
その分野でのビジネスは成立すると考えているので、
ブログ運営はひとつのメディアを作る感覚で、
アクセス数も確かに求めますが、
しっかりブログのファン、リピータを増やしたいなと考えています。
その方がブログを運営していて楽しいですからね。

今以上に学んで、
このブログの質、コンテンツをもっともっと高めて行きたいと思います。(^_^)

アフィリエイト成約率はライティングページしだい


アフィリエイターにとって大事なのは、集客ライティング能力ですが、
ライティングが必要ない場合もあります。

それは商品のライティングページが優れている場合です。

逆に言うと、LPの優れた良い広告を探す能力があれば、
まったくライティング能力能力は必要ないかもしれません。

ただ、これは有る程度の経験値が必要です。

この商品のLPは売れるか、売れないのか、誰に売れば良いのか?
を判断する能力です。

ASPを見てみると、数千~数万の案件があると思いますが、
このうちの殆どはユニーク、クリックを送ってもほとんど成約しません。
これを不良広告と呼びましょう。決してこのような広告を掴んで
アフィリエイトしないようにしましょう。

中には100クリックで1成約する広告があります。
これが、大体普通の広告です。

良い広告は100クリックで2、3件ほど売れます。
これが良い広告です。キラー広告と呼ばれます。
こういった商品を探し出し、どんどん売るのがアフィリエイト
の真髄です。大体はLPページが優れた商品になります。
※無料オファーは除きます。

ブログアフィリエイトでは画像の著作権に気をつけよう



画像出典:frret   https://ferret-plus.com/6845

 

ブログアフィリエイトを行っていく上で気を
つけるべきなのが画像や文章の著作権です。

 

文章について言えば参考にする文献や記事があったとしても
オリジナル文章に書き換えたり、リライトすれば問題はありませんが、

 

画像はオリジナルの画像を用意するというのは非常に難しいです。
関連画像を検索して良さそうな画像を使うという形を取りがちで
、実際私もそういう形を取っておりましたが、

 

著作権違反で訴えられる寸前まで行ったことがあります。
たかが画像の盗用と思うなかれ700万程の請求を受ける所でした。
(700万丸々払うかどうか別の問題ですが・・・・)

 

なんとか先方様とは和解させてもらったのですが、
結構精神的に追い詰められる事となりました。

 

DeNeのキュレーションサイトの問題があった為、
業界全体が健全化の流れに進んでいるので尚のこと
画像の使用は注意が必要だと思います。

 

画像を使う際は、著作権フリーの画像を使うのが間違いないですが、
出典元を明らかに明示するというのも完璧ではないですが有効だと思います。

著作権フリーの画像を取り扱っているサイトは今現在まとめている所ですので
また紹介したいと思います。

グーグルのページランクはなくなった?



画像著作権:パブリックドメイン
グーグルのページランクはなくなった?
2016年にそれまで調べる事が出来ていた
グーグルのページランクが一斉に見れなくなりました。
グーグルのページランクとは各サイトのグーグル評価
11段階評価したもの数値が高いほど良いサイト
(グーグルから見て良いサイト)と判断されて、
SEOの指標にように扱われていました。
高い評価のサイトから被リンクをもらえるとそれだけ
そのサイト自身の評価も押し上げられて、評価が上がる為
SEOの世界では、このグーグルページランクが高いサイト
(ヤフートップとか)は神格化されていました。
今現在はこのグーグルページランクは見れないけど、
実際は存在していると言われています。
そもそも見える化した所で、SEO業者があの手
この手で価値の無いサイトのSEO化を競争が過熱するだけ
なので、
それを抑止する意味で、数値が外部からは見れなく
しているだけでグーグルのアルゴリズムにはしっかりと
このデータは反映されていると思います。
ブログアフィリエイトもしっかりと価値のあるサイトを作って、
価値提供をすることで、自然と上位表示されるようになるわけです。



ブログアフィリエイトで稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.