何かと他人に干渉してくる人の特徴

自分のことは棚に上げて、やたらと他人を心配したり完勝してくる人がいます。プライベートをずかずか聞いては必要のないアドバイスをしてくるわけですが、それは自分への裏返し?相手よりも自分を優先している気持ちがあるようです。

更新日 2017年05月27日

合計 3271pv


大人のADまとめ

人のことばかり気になるという人がいますが、そういう人はどうしてそうなのでしょうか。

ある程度ならまだ許容範囲ですが、あまりにもこちらの様子を意識しているようだと、こちらも不安な気持ちになります。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

他人の行動を監視したがる人の心理には、自分に満足していないという気持ちがあります。

自分自身に納得していないので、人のことばかり気になってしまいます。

心にコンプレックスを抱えていると、人のことに目がいってしまいます。

特別誰かを監視したいと思っているわけではないのですが、つい他人を意識してしまい、監視してしまいます。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

「自分が知らないところで何かいいことがあるかもしれない」とか「誰かが得をするかもしれない」という考えが頭をよぎってしまい、他人を常に監視してしまいます。

自分で自分のことを「良い」と思えれば、他の人がどういう行動をしようと、気になることはありません。

人のことが気になり心が乱れるのは、どこか自分に対して不満や不安があるからです。

自分に満足していない人ほど、他人のことが気になります。

その為他人の行動を監視したくてたまらなくなります。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

他人を監視したがる人の心理にあるのは、相手を自分よりも下に見ているという心理です。

その為自分の監視下に置きたくなってしまうのでしょう。

その人が自分よりも格下だと思うと、相手に対してあれこれ口出しをしたくなります。

相手のためを考えて、良かれと思って目をかけているという気持ちもあります。

それと同時に、自分の方が上の立場である以上「相手のすべてを把握しておくべき」と考えてしまいます。

恋人や友人であるのに、やけに相手の行動を把握したがり監視してくる人は、相手を自分より下に見ているのです。

その為、プライバシーの侵害になりかねないのに、いちいち人の行動を監視したがるのでしょう。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

他人を監視したがる人というのは、心理的に「仲間外れになるのが怖い」いう思いがあります。

だからつい人を監視してしまいます。

仲間外れになるのが怖い人は、自分に自信を持っていません。

その為、人から好かれていないと思いこみ、邪推してしまいます。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

人気がないから、仲間外れになってしまうと不安になり、そうならないように、いつも周りの様子や他人の行動を窺いたくなるのでしょう。

何かの集まりがあるような時、もし自分が誘われなかったりすると、大変なショックを受けてしまいます。

それを避けるために、常に他人を監視したがるのでしょう。

自分に自信がないからこそ、一人ぼっちになることを恐れてしまいます。

そういう人は、自分だけ孤立することを非常に恐れているので、他人を監視したがるのです

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

他人の行動を監視したがる人の心理にある気持ちの一つに「傲慢さ」があります。

自分が全てをコントロールしたいと思っているので、他人の動向を把握しておきたいのです。

全てを知って、そして自分の思う方向に進めていきたいという気持ちがあるから、周りの人のことに無関心でいることができません。

自分が知らないうちに、色々な物事が思ってもいないような方向へ進んでいくのが許せないのです。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

「こういう風にしたい」というビジョンが自分の中にあり、それを実現しようという気持ちがあります。

そのため、誰かが勝手な行動をとるならば、事前にそれを知って阻止しなければならないと考えているのです。

全てを掌握したいという気持ちがある人は、他人の行動を監視したがる傾向があります。

例えば家族で一人だけ威張っている場合は、他の家族のスケジュールや諸々を監視しようとするはずです。

自分がすべてをコントロールすることができると、ちょっと勘違いしている人です。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?



他人の行動を監視したがる人の心理に、相手のことが心配であるという思いがあります。

その人のことが心配で、つい監視しようとしてしまいます。

その人が不安定であまり実力もないような人なら、周りの人は「大丈夫かな」と不安を感じてしまいます。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

失敗したりしないように、できるだけフォローしてあげたいと思うことでしょう。

その気持ちがいき過ぎてしまい、全てに関して監視しようとすることがあります。

事前に自分が知っていれば、何かを手助けをすることができるからです。

悪気はないのですが、相手のことが心配でたまらないという時は、つい他人であっても監視したがるということがあります。

相手を本当に信頼しているのではないとも言えます。

だから、そうしないと気が済まないのでしょう。

  出典 他人の行動を監視する人の心理とは。様子を逐一監視してくるのはなぜ?

  出典 stone-roses.org

1.相手のためだと思い込んでいる

人のプライベートのことをあれこれ質問して、求めてもいないのにべらべらアドバイスしてくる・・。本当にめんどくさいですよね。まさしくお節介というものですが、本人は相手が迷惑がっているのに全然気がつきません。

むしろ、「相手のために言ってあげている」という人助けの意識で干渉しているのです。実はそこには、無意識に他人を見下す態度や、人にかまってほしいという気持ちが潜んでいます。だけど、干渉する本人はそれに無自覚です。

本当は自己満足で干渉しているだけなのに、「私はいいことをしているんだ」と思い込んでいる。だからこそ、干渉してくる人はたちが悪いんですね。

  出典 他人に干渉する人の心理と対処法10選 | BLAIR [ブレア]

2.他人に必要とされたい&認めてもらいたい

他人に干渉してくる人は、心に寂しさを抱えていることが多いです。空気が読めなくて鬱陶しいので、何かと人には嫌われがち。それなのに、本人は自分の何が悪いのかわからない・・。その結果、なんとか人に関わろうとして、無理矢理干渉してくるのです。

干渉したがりな人は、程良い距離感がわからなかったり、コミュニケーションの方法がわからなかったりと不器用なのです。上手く人に関われず欲求不満を抱えていて、その気持ちを干渉というかたちで人にぶつけてしまうんですね。

  出典 他人に干渉する人の心理と対処法10選 | BLAIR [ブレア]

3.相手のことを見下している

他人に干渉する人は、無意識に他人を見下そうとするところがあります。「この人は私よりも頭が悪いから、いろいろ教えてあげないと」と内心思っているんですね。

また、干渉してくる人は、相手よりも上に立ちたがります。自分の意見を言うことで、「自分の頭の良さをアピールしたい」「他人を従わせたい」と考えているんですね。ですので、そこに「相手のために言ってあげよう」という思いやりはありません。

  出典 他人に干渉する人の心理と対処法10選 | BLAIR [ブレア]

4.嫉妬している

親しげに近づいてきたり、「あなたのためを思って」なんて言いながら、いろいろ意見を言ってきたり・・。干渉してくる人は、表面的には確かに親切にしているように見えるかもしれません。だけど、その心には全く別の気持ちが隠されていることもあるのです。

干渉してくる人は、常に他人のことが気になって仕方がありません。その中で、「あの人はずるい」「男にチヤホヤされて妬ましい」なんて、嫉妬の感情が渦巻いているのもよくあることです。

いろいろ聞いてくるから答えていたら、アドバイスのふりして落ち込ませるようなことを言ってきたり、気がついたら他の人に噂を流していたり・・。そんな人を貶める行動に発展することもあるので要注意です。

  出典 他人に干渉する人の心理と対処法10選 | BLAIR [ブレア]

  出典 stone-roses.org

伊東氏は、他人の欠点ばかり目に付く人というのは、実は自分に強いコンプレックスを抱えていると指摘します。

「他人は自分を映す鏡」なんて言葉がありますが、自分の悪い面を認めたくないときに、他人にその悪い面を押し付けてしまうという心のはたらきがあるのです。

もちろん、自分にコンプレックスが全くないという人は稀ですが、自分の欠点だけでなく、長所もよく分かっているという場合は、他人の良い面を認めることができます。

  出典 他人の粗探しばかりする人の意外すぎる深層心理を解明 - Menjoy! メンジョイ

一方、深層意識で自分のことが欠点だらけの人間だと思っている人は、他人にその欠点を見出して、激しく嫌悪してしまうのです。

「いや、自分は几帳面だからこそ、だらしのない人を見ると許せないんだ。自分の欠点を他人に押し付けているわけではない!」と反論をしたくなる人もいるかもしれません。

ただ、根っからの几帳面な人というのは、ルーズな人に対して「しょうがないなぁ」という程度の感情は持っていても、激しく嫌悪するまでには至っていないことが多いです。

  出典 他人の粗探しばかりする人の意外すぎる深層心理を解明 - Menjoy! メンジョイ

「ルーズな人が許せない」という人は、もともとは几帳面ではなかったのを、しつけなどによって矯正されたのではないでしょうか? それで、のほほんとルーズなままでいる人のことを余計に許せないのかもしれません。

ここで例に挙げた“だらしがない”という点に限らず、他人の欠点が気になってしかたがない人は、「もしかして自分の欠点を他人に投影しているだけではないか?」とちょっと冷静に自己分析してみてはいかがでしょう。

  出典 他人の粗探しばかりする人の意外すぎる深層心理を解明 - Menjoy! メンジョイ

  出典 stone-roses.org

仕事でも進め方にいちいち干渉する場合は、その人自身が実体験で困ったことを回避するために言ってくれている可能性がありますので、一概に迷惑だけとは言えませんよね。

この場合は少しウザいかもしれませんが、転ばぬ先の杖とでも思っておきましょう。

そして、ついつい心配で口出ししてしまうという人は、相手のことをもう少し信用して控えるように心がけてみてはいかがでしょう。

  出典 おせっかい、干渉、口出しする人の心理は? | 稼ぐフリー・ノマドンナになりたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.