会話や説得上手にもなるたとえ話や比喩 うまくなるコツとは?

話を分かりやすくし納得・共感を得る手段として使われる比喩や例え。ストレートに言うと重い発言も、例えで言うことで関節的なため軟らかい表現となり受け入れやすくなり、より説得力が増し共感を得ることが多いです。 よくできた「たとえ話」はあなたの言いたいことを代弁してくれ、人をその気にさせる働きをしてくれます。

更新日 2017年05月19日

合計 53pv


大人のADまとめ

擬人法の例2
風が私の頬を優しく撫でた
(ほほの横をすぅーっと吹き抜ける風。しかも優しい感じで心地いい感じが伝わってきます)



その他の擬人法の表現例
「太陽のバカヤロー!!」 「ボールは友達」

  出典 面白く伝える話し方のコツ - うまく例えて面白さを付加する

 たとえ話を成立させるためには、たとえるものとたとえられるものに共通点があるのが理想的です。似た者同士を利用してたとえ話をするのは基本であり、知識のないものを知識のあるものに例えればより直感的に理解できるようになります。

共通点がイメージしやすい物であればあるほど理解しやすくなりますから、最も目立つ共通点を見つけて上手にたとえるのがコツです。ある業界を他の業界に例えて話をする場合、まったく共通点が無ければそもそもたとえ話として成立しません。共通点をフックにして話を広げていくことで、たとえ話の導入部を見つけやすくなり、相手を強く引き込むようなたとえ話ができます。

  出典 相手に理解してもらいたい!ビジネストークがうまくいくたとえ話の3つのコツ|U-NOTE [ユーノート]

 「千駄ヶ谷のアランドロン」「和声ジェームスディーン」「埼玉のイチロー」等のように、有名人を利用して人物を例えれば、その人がどんな人物なのかを直感的にイメージできるようになり、複雑な説明をしなくても一発で理解することができます。人物以外の場合でも、皆が知識としてもっている物を利用すれば、複雑な内容をシンプルに解説できます。

 飛行機の形状を説明する場合「前方が大きめの曲線で後部に行くにつれてだんだん細くなり最後尾はやや大きい…」と長々と説明するよりも「クジラのような」とたとえ話で説明したほうが、聞く人も簡単にイメージできるでしょう。

 たとえ話を活用すれば、アウトプットのすべてを自分で行う必要が無くなり、それぞれの頭の中にある知識をイメージのデータベースとして活用することができるのです。

  出典 相手に理解してもらいたい!ビジネストークがうまくいくたとえ話の3つのコツ|U-NOTE [ユーノート]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.