嫌いだけど接しなければいけない職場…嫌いな人との接し方や付き合い方とは?

世の中にはどうしても気が合わない人、嫌いな人というのはいるもの。そんな人とは避けて関わらないことがベストですが、こと職場となるとそうはいきません。毎日顔を合わせることにもなり嫌気が差すことも多いなかで、それでもうまく接するためにはどうしたらいいでしょう?

更新日 2017年05月18日

合計 190pv


大人のADまとめ

どうしても相手に伝えなければならない状況に直面した場合、ひとつの話題についてのみ話すようにしましょう。そして、その話題について、本当に思っていることを話しましょう。つまり、不満リストを上から下まで読み上げるような話の仕方をしてはいけないということです。

伝えたいことをひとつに絞りましょう。そして、必ず、主語は「私は」で話しましょう。決して責めるかのような「あなたは..」というような話し出しにならないように気をつけましょう。相手の反抗心を煽るだけで、状況を悪化させる以外の効果をもちません。

それでも相手が態度を変えない、あるいは、逆ギレするようであれば、静かに「ただ、私は感じたことをお伝えしたかっただけです。」とだけ言って、立ち去りましょう。

  出典 職場の嫌な奴の4つの対処法 | ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

  出典 stone-roses.org

同僚ともなれば全く関わらないというのは難しいでしょう。そういう場合は距離を取り、できれば同じ空間にいたとしてもなるべく離れるのです。

例えば仕事の席や飲み会の席などでは、相手が座っている場所から一番遠い席を希望しましょう。

しかし円卓などで一番遠い席が正面だった場合は、横にずれて相手の目線に入らないようにしましょう。

そうすれば話しかけられるなんて事も少なくなるだろうし、自分は自分と距離が近い人と楽しめばいいのです。

近寄らない、関わらない事が嫌いな相手に対する一番大人な対応と言えます。

  出典 同僚が嫌いなときの対処法6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.