自分の心意をうまく相手に伝えるコツとは?

言葉というのは難しく、なかなか相手に自分の心意が伝わらないことがしばしばあり、それが勘違い、すれ違い、誤解、衝突を生んでしまう原因になっています。話している状況、双方の間柄、相手の体調・気分、言葉のイントネーションなどによって伝わる意味が変わってしまうのが原因のようです。

更新日 2017年05月14日

合計 167pv


大人のADまとめ

わかりやすく伝える話し方のコツはたった1つ。「結論を最初に伝える」ことです。このことを意識するだけで、話のわかりやすさが格段に変わります。

なぜなら、結論を最初に伝えることで、相手は、話の内容が最初にざっくりと把握できるため、「なるほど、○○のことが言いたいのだな」のように、そのあとの話を安心して聞くことができるからです。

一方、話が分かりにくい場合は、「結論」からではなく、「経過」から話している場合が多いです。

  出典 わかりやすく伝えるたった1つの話し方のコツ

また、結論から先に伝える習慣は、相手に考えを伝える前に、頭の中で、「一言で言うと、何を伝えたいのか」を整理することになります。話す前に内容が整理できるため、話がわかりやすくなるメリットもあります。

  出典 わかりやすく伝えるたった1つの話し方のコツ

  出典 stone-roses.org

意外と、「何を」という部分にはこだわっているのに、 「どう」という部分まで気にできていない人も多いのではないでしょうか?

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

コミュニケーションには、
・言語情報
・非言語情報
の2つがあり、
コミュニケーションをとる上で、非言語情報の影響が非常に大きいというものです。(メラビアンの法則)

実に非言語情報(視覚情報や聴覚情報)は コミュニケーションの9割以上に影響を与えるという ことも言われています。

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

非言語情報の代表格としては、

■視覚情報
服装、身だしなみ
姿勢
表情
身のこなし
体のクセ

■聴覚情報
声の大きさ、はり
トーン
話す速さ

などがあげられます。

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

確かに、同じ内容を話していても これらが正反対であれば、 受ける印象はまったく違うと思いませんか?

伝えたいことを適切に伝えるための、 手段の1つとして、 身だしなみや声のトーンなどに
気をつけてみても面白いと思います。

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

波長が合う人と話せば、心地よく感じ円滑なコミュニケーションをとることが できると思います。

例えば・・・
•相手の話すスピードやトーンを合わせてみる
•相手と同じ言葉を使ってみる
•身振り手振りをあわせてみる
•相手の感情にあわせる
(喜んでいるときは一緒に喜ぶなど)

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

設定した目標を達成したことを褒める。
•よくやりましたね!
•がんばりましたね。
•さすがですね!

相手の存在を認める。
•髪型を変えたんですか、いいですね。
•毎日、欠かさずセルフケアをしてくれたんですね。
•予約に忘れずきてくれたんですね。

  出典 言いたいことを、相手にうまく伝えるための4つのコツ | 予防歯科を成功させる情報ブログ

  出典 stone-roses.org

自分の「伝えたいこと」がうまく伝わらないと、もどかしく、悲しいものです。

  出典 結果や結論が先! 「言いたいこと」を上手に伝える、発言のコツ|ウーマンエキサイト(1/2)

「わかりやすく説明しなくちゃ!」と思うと、どうしても前置きが長くなりがちです。しかしそれでは、話の要点がわかりにくくなってしまいます。

「アレがこうしたから、コレがこうなって…。それから○○したので、結局ソレは××になりました」

こうして先に理由やプロセスの述べるのではなく、まずは話の「肝」である「ソレは××になりました」を先に伝えると、本当に大切な部分を、聞き手にしっかり伝えることができます。

ドラマチックに話したい、話にオチをつけて笑わせたい…といったケースは別として、とにかく「伝えたいこと」を正しく伝えたい場面では、原因や経過はあとまわし。先に結果や結論を言うように意識してみましょう。

  出典 結果や結論が先! 「言いたいこと」を上手に伝える、発言のコツ|ウーマンエキサイト(1/2)

「○○は××です!」と話の要点を最初に伝えたものの、それから理由・経過の説明をうまく続けられない…。そんなときは、「なぜなら」「たとえば」「もし」「だから」の4つのフレーズを意識すると、話をスムーズに進めることができます。

理由を伝えたいなら「なぜなら~だからです」、仮定の話をして結論を補足したいなら「もし~なら…」とつないでいけば、自然と話をわかりやすく組み立てられます。…

  出典 結果や結論が先! 「言いたいこと」を上手に伝える、発言のコツ|ウーマンエキサイト(1/2)

「たぶん」や「~と思う」といった曖昧な言い方は、話の内容を伝わりにくくしてしまいます。こういった曖昧フレーズの連発は自信がなさそうな印象にもつながりますので、発言するときは曖昧フレーズを避け、言い切るように心がけましょう。

また、曖昧な情報を話に盛り込むと、それに伴って曖昧フレーズが増えてしまいます。そのため、自信を持って断言できる内容を選んで話すことも大切です。

「伝えたいこと」をほかの人に正しく伝えるためには、自分自身が「伝えたいことは何か?」をきちんと確認する必要があります。

  出典 結果や結論が先! 「言いたいこと」を上手に伝える、発言のコツ|ウーマンエキサイト(2/2)

話し手の視線が宙をさまよっていると、聞き手は集中して話を聞いてくれません。できればしっかりと相手の目を見るのが理想ですが、目を見るのが苦手なら、相手の顔のあたりに視線を注ぐだけでもOK。相手の反応も把握しながら話すように意識しましょう。

私自身、あまり話が得意な方ではないため、「それで?」「だから、何が言いたいの?」なんて言われて、悔しい思いをしたことも多々あります。そして恥ずかしながら、以前は「もっとちゃんと聞いてよ!」と、伝わらないことを聞き手のせいにしていました。

しかし、今回紹介したコツを意識しはじめてからは、周囲の反応が少し変わったように感じています。「わかりやすく伝えよう」と工夫すれば、相手も「しっかり聞こう」と努力してくれるのかもしれません。

  出典 結果や結論が先! 「言いたいこと」を上手に伝える、発言のコツ|ウーマンエキサイト(2/2)

自分の意見を言うならちゃんと根拠や理由を説明すべきです。ただの感覚で、「イヤな予感するからやめよう!」と言っても、だれも乗ってきてくれません。

自分の意見を言うなら、相手を納得させるつもりで臨みましょう。

強気でいけ! って言うんじゃなくて、意思表示するなら相応の責任を持てってことです。適当な意見を言うだけだと、相手を混乱させて面倒くさがられます。

例えを使うのは王道ですね。具体的な数値を上げるのも効果的です。自分のリアルな体験談を引き合いに出すのもOK。

  出典 自分の意見を伝えるときの5つのコツ。最低限これは守っとけ - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

誰かに何かを説明するときは『○○です』『○○しました』など、簡潔すぎるくらいの言い方をしたほうが相手に伝わりやすいのです。

『しようと思ったんですけど…』『そうじゃなくって…』と、言葉尻を濁す話し方は自信の無い印象を与え、情報の正確性を疑われることがあります

  出典 上手な話し方・相手をイラつかせずに用件を伝えるポイント - ガールズSlism

アサーションとは、「人は誰でも自分の意思や要求を表明する権利がある」という立場に基づき、適切な自己表現を行う技法のこと

  出典 言いたいことを伝えるのが苦手な人必見! アサーションの基本スキル5つ | 20代の”はたらき”データベース『キャリアコンパス』- by DODA –
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.