努力はやり方で結果が違う!

努力しなければ何事も結果は出ず報われませんが、その努力のやり方や仕方に問題があって報われないケースも少なくありません。努力もすればよいのではなく仕方のようです。

更新日 2017年05月14日

合計 76pv


大人のADまとめ

同じ時間と労力をかけるのであれば、すべて「いい努力」に転換したほうがいい。

 だが「いい努力」は何となくできるものではない。つねに行動の質を自覚し続けないことには、「とにかく時間をかける」「がむしゃらに頑張る」というパターンに戻ってしまう。

 無意識のうちに時間を費やしてしまっている「悪い努力」を排除して、時間と自らの能力を最大限に生かすための働き方をつくっていこう。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

 3年間、雨の日も風の日も、手塩にかけてリンゴの木を育てたが、一つも実らなかった──。これは「いい努力」ではない。

「いい努力」とは、その努力をした結果、成果が出るもの。リンゴの木を育てるなら、リンゴを実らせるのがいい努力だ。

「水まきが大切だ」といって1日10回水をまいても、それで根が腐ってしまったら「いい努力」とはならない。何もしないほうがまし、となる。もっと厳しく言えば、ほんの数個しか実らない場合も、労力と時間に見合わない「悪い努力」である。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

 成果とは結果であり、すぐに出るものではない。何をすれば成果につながるか、100%はわからないのが当たり前だ。その状態で努力をするのだから、大切なのは一番先に目的を意識し、明確にすることだ。これはすなわち、目指す成果がどんなものであるかを明確にすることでもある。

 つまり「いい努力」とは、目的が明確なものだ。「自分は何のために努力をするのか?」と、つねに考える必要がある。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

ビジネスの場合、長期的な目的と短期的な目的が入り混じっていることが多い。だが、人には結果を急ぐ心理があり、「目の前の目的」に照準を合わせやすい。だから重要度にかかわらず、短期的な成果の追求に目が行ってしまうことが多い。

 最終的な目的への意識が曖昧なまま目先の目的だけに気を取られて走っていると、やがて「悪い努力」にぶれていくことになる。「日本一のリンゴ農家になる」という目的のはずが、短期的に結果が出やすいからといって大量の化学肥料で土を痩せさせたりしたら、本当の目的からは遠ざかることになる。目的を見誤った努力は「悪い努力」だ。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン



 目的がはっきりしていても、「いつまでに」が漠然としていたら意味がない。

「5年後に県内ナンバーワンのリンゴ農家になる」ことが目的か、「来年、リンゴを100個つくる」ことが目的かで、努力のやり方は変わってくる。目的を達成する時間軸を的確に捉えていない努力は「いい努力」とは言えないだろう。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

「成果が出ることは出るが、そのためには膨大な時間と労力を要する」という努力も、決して「いい努力」とは言えない。同じ成果を導けるのであれば、かかる時間やコストは小さいほうが望ましい。より短い時間と小さな労力で高い成果を出せるほうが、よりいい努力と言える。

 ただし、これは効率至上主義を勧めるものではない。効率と生産性は似て非なるものだ。生まれる成果が同じものであれば「効率=生産性」となるが、思考や創造力がかかわる仕事の場合、効率を追求しすぎると、成果の質が落ち、結果として生産性が低くなりがちだ。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

「いい努力」をしている最中は、フラストレーションや挫折感を感じることが少ない。逆に言うと、「悪い努力」の場合、やってもムダなことをしたり、本当は必要のない障害を乗り越えるためにエネルギーを費やしたり、進んでいった道が行き止まりで戻るはめになったりするので、ある程度精神力のある人でもネガティブな感情が生じてしまう。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

「いい努力」には、余計な動きが少ない。ムダなことに振り回されることなく、手応えを感じながら進んでいる状態になる。

「いい感じで働いているな」

「仕事の中身が濃くなってきたな」

 このように、まだ成果が見えていない段階でも、高揚感、充実感が生まれてくる。「いい努力」をすればするほど充実して意欲が増し、いっそう「いい努力」ができるようになる。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

「いい努力」を続けていると、「高い成果を出すには、このパターンの努力がいい」ということが、自然にわかってくる。

 野球にたとえると、ヒットが出る・出ないは確実には予測できないことだが、コーチに教わって「肘を締めて打ったほうがヒットになる確率が高い」という成功パターンがわかれば、そのフォームを磨くことによって成果を出す確率を高められる。経験から「腰を落として打ったほうがヒットする確率が高い」という成功パターンもわかってくれば、成果を出せる確率はさらに高まるだろう。

「いい努力」をすればするほど、その蓄積によってたくさんの成功パターンを会得でき、さらにいい努力ができるようになっていく。自分自身の経験のほかに、うまくいっている人から学んで真似ることによって成功パターンを増やしていくことも必要だ。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

 生産性が高く、高い成果が出るというだけで十分に「いい努力」であるが、「いい努力」のあとには、「成長」といううれしい副産物がついてくる。

 明確な目的に向かって、期限を意識し、生産性を高める「いい努力」をすれば、自分自身もまわりの環境も進化、成長する。「いい努力」をする人は、試行錯誤しながら成果に結びつくパターンをつかんでいけるし、まわりの環境がその人の働きかけによって変わっていく。成長した人が進化した環境で働けば、次はさらに高い成果を出すことができる。

 1年間でリンゴを5万個つくるパターンをつかんだ人が、そのパターンを使ってさらに「いい努力」をすれば、翌年には7万個生産できるようになっていくという話である。

  出典 「いい努力」の7つの条件とは?マッキンゼーで25年、膨大な仕事をしてわかったこと | マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 | ダイヤモンド・オンライン

  出典 stone-roses.org

 何事も「努力さえすればいい」と思っている人は、もはや、いないのではないでしょうか。結果を出すには努力ももちろんですが、それ以上に「どのようにコトを起こすか」という戦略が決め手となります。

  出典 「努力すれば結果が出る」はウソ 決め手は戦略-レッスン6 ~マーケティング・プランニングのイロハ~ (1/3):MarkeZine(マーケジン)

昔の人はよく、努力は必ず報われるといったものです。おじいちゃんやおばあちゃんと話していると、もっと努力しなさい」「○○ちゃんは努力が足りないからダメなんだよ」などといわれます。でも、これもおかしな話ですよね。

努力というのは、沢山すれば良いというものではありません。むしろ、質の良い努力を続けることが大切なのです。たとえば、昔のスポーツ系のクラブというのは、やたらに走ったり鍛えたりさせられました。

  出典 努力は必ず報われるとは限らない?間違った努力の仕方。 - ザ・チェンジ

うさぎ跳びでグランド○周などというしごきを経験した人も少なくないはずです。こうしたスパルタ式の練習は、足腰に負担をかけ、選手の寿命を縮める一因になりましたので、今ではそうした特訓は行われないようになりました。効率がよくて質の高い努力をするようになったのです。

勿論、スポーツ以外のことでも同様です。英単語を覚えるにも、ただ単語帳を作って繰り返し読むより効率の良い方法があります。ダイエットするにしても、成功しない方法を何度も繰り返すより、正しい方法を見つけることが大切です。

また、女の子を口説くにしても、やたらと声をかければ良いというわけではなく、上手くいかないな、と思ったら、身だしなみを見直すことが必要です。どんな努力も量より質、下手な努力は必ず報われるとは限らないことを覚えておきましょう!

  出典 努力は必ず報われるとは限らない?間違った努力の仕方。 - ザ・チェンジ

  出典 stone-roses.org

チェス、バイオリン、テニス、数学……など世界中のトッププレーヤーたちを、30年以上にわたって科学的に研究してきた「超一流」研究の第一人者、アンダース・エリクソン教授。

研究所の目の前にはベルリン芸術大学がありました。そのなかでも音楽系の専攻は、その教育内容、学生の質ともに抜きん出ていて、今でも世界トップクラスの大学です。毎年、この音楽専攻から、世界で活躍する「超一流」のピアニスト、バイオリニスト、作曲家、指揮者が輩出されていて、卒業生の中には20世紀を代表する音楽家が何人もいます。

  出典 超一流と一流では、努力の仕方にこれだけ差があった | World Voiceプレミアム | ダイヤモンド・オンライン

しかし、そんな大学でも、全ての学生が「超一流」というわけではありません。たとえば、バイオリン科の学生の中には、卒業後に世界的ソリストになるのが確実な、「スーパースター」と呼べるような生徒がいる一方で、ソリストのプログラムを受験したものの不合格となり、音楽教員を目指すコースにしか入学できなかった学生もいるのです。

 もちろん、教員コースの学生も、ふつうの人と比べれば、とても高い技術を持つ演奏家であることは間違いありません。しかし、大学へ入学した時点で、既に両者の差は歴然としており、彼らが歩むであろう人生の道のりは、大きく分かれているのです。

  出典 超一流と一流では、努力の仕方にこれだけ差があった | World Voiceプレミアム | ダイヤモンド・オンライン

 それを解き明かすため、私はバイオリン科の教授に協力を依頼し、卒業後に世界トップクラスのバイオリニストになることが確実な生徒(Sランク)、優秀ではあるものの世界で活躍する程の実力は持っていない生徒(Aランク)、そして教員コースに進んだ生徒を、それぞれ10人ずつ選出しました。

 そして、彼らがバイオリンを習い始めてから今まで、一体どれほどの時間を練習に費やしてきたのかを徹底的に調査したのです。

 すると、3つのグループの間で、18歳になるまでの練習時間の合計に、大きな差があることがわかりました。まず、教員コースに入学した学生は、18歳になるまでに平均で3420時間の練習を積んでいました。これは、趣味でバイオリンを弾いている人とは比較にならない程の練習時間です。しかし、Aランクの学生はそれをさらに上回る5301時間、そしてSランクの学生は7410時間もの練習を積んでいたのです。

  出典 超一流と一流では、努力の仕方にこれだけ差があった | World Voiceプレミアム | ダイヤモンド・オンライン

 ここで注目すべきなのは、練習時間の差が、そのまま能力の高さに直結しているところです。彼らはみな、ドイツ最高の音楽大学に合格した、才能ある音楽家たちです。そうしたハイレベルな人たちの中でも、練習時間の差が、そのまま能力の差に繋がっていたのです。

 また、彼らの中には、比較的少ない練習時間で高い能力を獲得することができた、いわゆる「天才」は一人もいませんでした。つまり、人よりも優れた能力を得るためには、人よりも多くの練習を積むしかない、ということです。

 その後、ダンサー、テニスプレーヤー、数学者、チェスプレーヤーなど、対象を変えて同様の研究を行いましたが、やはり結果は一貫しており、「能力の差は練習時間の差」で説明できることがわかったのです。

  出典 超一流と一流では、努力の仕方にこれだけ差があった | World Voiceプレミアム | ダイヤモンド・オンライン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.