奥さん、彼女の機嫌を直すために使える方法とは?

変わりやすくわかりづらい、女心を理解するのは難しく、世の中の男性は苦労?するものです。そんなご機嫌ななめの女性をなだめる方法とは?とにかく先手を打つことが機嫌を悪化させないためにも大事ですね。

更新日 2017年05月13日

合計 173pv


大人のADまとめ

1)ものすごく申し訳なさそうに謝る

彼女の怒りがピークに達する前に、ものすごーく申し訳なさそうに「もしかして何か気に障ることしちゃった?気をつけてはいるんだけどごめん…」と謝りましょう。

申し訳なさそうな態度と「気をつけてはいる」という部分を前もってアピールすることで、彼女がそれ以上あなたを責められなくするのが目的です。

  出典 機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ | ラルーン

2)とにかく強く抱きしめる

機嫌が悪いとほとんどの女性が「やめて!」などと拒否をすることでしょう。

しかしそこで引かずさらに強く抱きしめるのがポイント。

強く抱きしめられるという予想外の展開に、彼女の怒りもじょじょにおさまり腕の中でそっと力を抜いてくれる瞬間が訪れるはず。

  出典 機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ | ラルーン

3)おおげさに体調を心配する

「さっきから黙ってるけどどこか痛い?!顔色もよくないし…横になる?膝枕しようか?」などと少し大げさに心配してあげましょう。

女性は心配されたりいたわってもらうのが大好き。

実はコレ、こんなに親身になってくれる恋人に対して小さなことで機嫌を悪くしてはダメだな…と彼女に反省させるのがひそかな目的です。

  出典 機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ | ラルーン

4)プレゼント攻撃

彼女の好きそうなお菓子など、ちょっとしたものをプレゼントしましょう。

それがどんなに安いものでも、女性は自分のためにお金を使ってくれることに喜びを感じます。

プレゼントは記憶としても明確に残るので、後々の関係にもよい影響があるはず。

  出典 機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ | ラルーン

5)「何をして欲しいか」簡潔に聞く

女性の機嫌が悪いときによくあるのが「機嫌悪い?」「べつに」「何かしちゃった?」「べつに」「どこか出かける?」「べつに」などとどんよりした会話が続いてしまう流れ。

実はこれが続くほど女性もがんこになり、機嫌を直しづらくなってしまいます。

悪循環に陥らないためにも、最初の一言で「機嫌直して欲しいんだけど、何して欲しい?どうすればいい?」と簡潔に要望を聞いてしまいましょう。

  出典 機嫌が悪い彼女…仲直りの方法5つ | ラルーン

  出典 stone-roses.org

まず、最初にやるべきなのは、謝ることです。たとえば、「そんなことは不条理だ」と憤慨なさる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、相手とのより良いコミュニケーションを築くための解決策の1つとして実践してみてください。
 謝ると言ってもやみくもに謝るのは逆効果です。たとえば、「僕が君の機嫌を悪くさせてしまっているね。ごめんね」「怒らせてしまったんだね。ごめんね」のように、何か自分の言動により相手を怒らせている現状は理解していることを伝え、現実、この場の雰囲気が悪くなっていることに対してのみ、謝ってみましょう。

  出典 急に機嫌が悪くなる妻。機嫌を直す方法は? | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

 場の雰囲気を良くすることは女性にとって、とても重要な要素です。場の雰囲気の改善に努めてくれた行動は、「寄り添ってくれた!」と女性は受け止めます。機嫌が悪い理由を追求する前に、このステップを踏んでおくことが大切なのです。

  出典 急に機嫌が悪くなる妻。機嫌を直す方法は? | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

一般的に妻が怒っている原因が思い当たらないときほど、その原因は夫であると妻が強く確信していることが多いものです。「自分にも、何か非があったのかも?」と、過去の言動を一度は疑ってみるといいでしょう。この過去までさかのぼる過程が、「不機嫌になる女性」を理解するうえで必要不可欠なのですが、その理由を次にご説明しましょう。

 一般的に、男女で感情の処理の仕方が違うという説があり、男性は短期記憶型、女性は長期記憶型と言われています。ですから女性は嫌なことがあった場合、一旦引いたとしても、その嫌な感情を長期間保存してしまう特性があります。

  出典 急に機嫌が悪くなる妻。機嫌を直す方法は? | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

 たとえば、新婚当初に「靴下を裏返して洗濯機に入れないで」と妻が夫に注意したとします。夫は「分かった」と言いながらも直ることはなく、妻は諦めてその怒りをしまい込みます。数年後、妻が「話があるから早く帰ってきてね」とお願いした日に、夫はそれを忘れて遅く帰宅。帰りが遅かったことに怒った妻は、「いつも私の話を何も聞いてくれない!! 靴下だって裏返しのままじゃない!」と、過去のことまで今の怒りと一緒にぶつけてしまうのです。

 夫からしてみたら「なんで今、靴下の話が出てくるの?」と理解できないでしょう。一方、妻にとっては「いつも私のお願いを聞いてくれない」ことに対して怒っているわけなので、帰宅が遅いことも靴下が裏返しになっていることも同列なのです。
 つまり、女性が怒っている場合、短期的な理由だけではなく、積み重なった不満が引き金になっている可能性も視野に入れて、理由を探るべきなのです。

  出典 急に機嫌が悪くなる妻。機嫌を直す方法は? | コロツエ -転ばぬ先のツエで安心を-

  出典 stone-roses.org

飲み会で午前様だった、約束していた家事分担をサボった、など原因が自分だとはっきりわかっているのなら、さっさと謝りましょう。

しかし難しいのは、直接的に謝ったところで、簡単に妻の機嫌が直るわけではないところ。男同士のように、謝った潔さを尊重する武士の情けみたいなものは女性にはありません。

事実について直接的に謝罪するのではなく、感情に寄り添うのが先です。女性は共感脳!

  出典 妻の機嫌が直らない!ご機嫌の取り方ってどうすれば良いの? | にちいろ

例えば「遅くまで飲み過ぎてごめん」ではなく(男性同士ならこれでOKですよね!)

「僕が飲み会で遅くなったから、心配させてしまったんだね。ごめんね」などと謝る。むしろ、妻の不快な感情の方にアクセントをつけることです。

昔のことを妻が言い出したら、そこも謝る。長いスパンで対応する必要があります。夫が考えている以上に妻は我慢しているようです。

自分なら、相手が一度謝ってくれたらチャラにできるとしても、妻には妻が納得するまで謝り続けなくてはならない。安心してください、いつかは納得しますよ。妻が「私の気持ちをわかってくれてる」と感じた瞬間、氷は溶けます。

  出典 妻の機嫌が直らない!ご機嫌の取り方ってどうすれば良いの? | にちいろ

機嫌の悪い妻は夫にこんなことを感じています。

「私の機嫌悪い理由くらい、なんでわからないんだろう。バカなの???」

わかんねえよエスパーじゃねえんだし!と反論したい気持ちもわかります。女性は、機嫌が悪いことを相手に察してもらって、自分の意をくんでもらうことがあたりまえ、な女性同士の世界に慣れています。

夫の前で機嫌悪く見せるのは、夫に意をくんでもらう期待があるからです。ですが、多くの男性にはムリ。

  出典 妻の機嫌が直らない!ご機嫌の取り方ってどうすれば良いの? | にちいろ

「夫は妻の機嫌悪い原因が本当にわからない」と理解してもらった方が長い目で見て、お互いのためになります。

夫も妻の感情を推測する努力も必要です。ですが、妻も夫への期待を手放して、自分の感情を自分で処理する努力をしてもらうことも必要です。

「わからないものはわからない」と上から言うのでもなく、卑屈になるでもなく、誠意を持って伝えておいた方がよいでしょう。だって、わからないのですから。

  出典 妻の機嫌が直らない!ご機嫌の取り方ってどうすれば良いの? | にちいろ

「このまえ、機嫌悪かったみたいだけど、どうしたの」というフォローを入れる。

妻が何を考え、感じているかを日頃からコミュニケーションをとって把握しておく。

機嫌が悪い妻に理由を聞いても、すぐに話してくれる素地を作っておく。

  出典 妻の機嫌が直らない!ご機嫌の取り方ってどうすれば良いの? | にちいろ

  出典 stone-roses.org

喧嘩をしたとしても問題自体は解決しているし、なぜまだ機嫌が悪いのかわからない時。もしくは喧嘩もしていないのに機嫌がずっと悪い時。彼女、もしくは奥さんに「本当にわからないから教えてほしいんだけど、なんで機嫌悪いの?」「仲良くしたいよ」と優しく尋ねましょう。

もしかしたら女性は喧嘩の余韻で苛々しているだけかもしれませんし、その後のあなたの態度に納得がいかないのかもしれません。しかし、あなたが本当に怒っている理由がわからないのなら、そのことを正直に尋ねるのが一番誠実な解決方法です。しかしそれが「なんでそんなこと言わなきゃならないの?」と機嫌を逆なでしてしまう場合もあるので、優しく、そしてあなたは不満な顔を見せずに尋ねましょう。

  出典 彼女・妻の機嫌を一撃で治す方法を徹底的に考えてみた|panpan

彼女、もしくは奥さんの機嫌が悪い理由をがさっぱりわからない場合、さりげないタイミングで日頃の感謝を言葉にして伝えましょう。「◯◯と一緒にいると、いつも癒される。」「いつもありがとう。美味しいご飯を作ってくれて、毎日嬉しいよ」「仕事もしてるのに、家のことまでしてくれてありがとう。」など、普段は少し伝えるのが恥ずかしい言葉を、心を込めて伝えましょう。

女性は男性と違い、1ヶ月の中で大きくホルモンバランスが変わるので、憂鬱でしょうがない日もあります。それを緩めてくれるのは、やはり大事な人からの気遣いの言葉です。普段、当たり前のように女性がしてくれていることを、改めて言葉にして感謝を伝えましょう。

  出典 彼女・妻の機嫌を一撃で治す方法を徹底的に考えてみた|panpan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.