興味本位で心霊スポット巡りをした結果…崖下に転落4人死傷

2017年4月22日、埼玉県秩父市の県道で軽自動車が崖下に転落し、4人が死傷した。事故の直前、車が落石に衝突した可能性があり、同乗者は、「運転席のエアバッグが開き前が見えなくなった」と話しているという。

更新日 2017年04月30日

合計 124pv


大人のADまとめ

22日、埼玉県秩父市の県道で軽自動車が崖下に転落し、4人が死傷した。事故の直前、車が落石に衝突した可能性があり、同乗者は、「運転席のエアバッグが開き前が見えなくなった」と話しているという。警察によると22日夜、秩父市の県道を走っていた軽自動車がフェンスを突き破り、約15メートルの崖下に転落した。車には18歳の男性4人が乗っていて、運転していた柏木海渡さん(18)が死亡し、1人が重傷、2人が軽傷を負った。
柏木さんの親族「お友達と遊びにこちらにきたみたいなんですよ。いい子でした」
ケガをした人の親族「エアバッグがはねちゃったので(前が)分からなくなって、ハンドルを切っちゃったみたい。石に1回乗り上げたみたい」
 助手席の男性は「走行中に何かに衝突し運転席のエアバッグが開き、前が見えなくなった」と話しているという。現場近くの路上には50センチほどの石が落ちていて、警察は車が落石に衝突してエアバッグが作動し、運転操作を誤った可能性があるとみて調べている。

 4人は中学の同級生で心霊スポットをみに行くところだったという。

  出典 心霊スポット行く途中…崖下に転落4人死傷(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
  

出典 Youtube

【怪談語り】「深夜のダム湖」 作業、睡眠用 カリスマ怪談師による怪談語り
  

出典 Youtube

【怪談語り】「最後に見たもの」 作業、睡眠用 カリスマ怪談師による怪談語り
  

出典 Youtube

【怪談語り】「山奥の廃墟」 作業、睡眠用 カリスマ怪談師による怪談語り
【youtube】見る側から作る側へ転換してみよう。
http://directlink.jp/tracking/af/1460442/sksYVQrz/
貴方も作製する側へ来てみませんか?↑ココをクリック

最も分かりやすいものは、「霊的存在の目撃談」や、「そういった存在が引き起こしたとされる諸現象や祟りなどの経験談」といったものの内容に含まれる情報である。しかし、これらは経験者(同時に複数の場合もある)の主観に基づく経験談がほとんどで、自己暗示、集団催眠、錯覚、幻覚、幻聴などの勘違いの例も多く、興味本位でその情報を公開する限りは怪談や怪異譚の範囲を出ない。

一般に、生きている人間が目に見えない霊的存在にとり憑かれる、あるいは霊的存在に体内に入り込まれるとされる現象を、憑依(ひょうい)現象という。(単に「憑依」とする場合も多い。)その結果、入り込まれた者の性格や態度が急変したり、体調に異変が起こり、事故に遭い易くなり、怪我が多くなる場合もあるとされる。これらは、憑依されたとする者の主観的経験や親告、一般的に霊能者と呼ばれる者の主観的判断や主張に拠るところがほとんどのため、研究対象として客観的証拠が乏しいなどの欠点があり、単なる思い込み、一種のヒステリー状態やノイローゼ、催眠や自己暗示などとの見分けもつきづらい。

その他、心霊を研究する立場から研究対象とされている各種の不思議現象を含めてこう呼ぶこともあり、物理化現象と呼ばれることも多い。(注;ここでの「物理化現象」とは、物理学やそのカテゴリーでの用語とはほとんど無関係である。)以下、代表的な現象を数例挙げる。
ここで挙げた霊的存在の介在により、手を触れずに物体が動き、建物の振動などが起こるとされる、ポルターガイスト(騒霊)現象。(テレビに映ったポルターガイスト現象)
誰も存在しない場所や空間から何がしかの音が聞こえてくるとされるラップ現象。
客観的に誰の目でも確認すべく霊などの姿を視覚化させたり、霊の存在を客観的に証明できうる物証を残すことを、一般に物質化現象などである。
神仏や霊の姿、その存在を示す現象などが写りこんだ写真を心霊写真と呼ぶが、これも心霊現象に含められることが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.