産み分けの方法!

産み分けの方法というのは、子供が欲しい夫婦にとって最も気になるテーマです。

更新日 2015年07月11日

合計 715pv


大人のADまとめ

  出典 www.iwasawa-woody.jp

生み分けの歴史は永く、古くから伝承や迷信が伝わってきました。
現代の生殖医療の急速な進歩の中で、「生み分け」という人類で最も興味深い分野の一つがこれだけ研究が遅れ、さらに時代と共に進歩しないのは、「妊娠・出生」という聖域に踏み込みたくないという倫理的な問題が背景にあるのが現実だからです。

  出典 産み分けネット

  出典 asp.hotel-story.ne.jp

男女どちらが生まれるかという成功率は、産み分けを希望する人にとって、もっとも関心のあることでしょう。

しかし、専門医が科学的に立証した産み分け法を実践しても、残念ながら100%成功するとはいえません。最近のデータをみてみると、男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。

 産み分けに挑戦した結果、生まれた子どもがたとえ望んだ性の子どもではなくても、大切な自分の子どもに変わりはありません。

どちらの性であっても、必ず愛情と責任をもって生み、育てるという自信がなければ、産み分けに挑戦するべきではありません。

  出典 レディスクリニック石黒 (男女産み分けについて)

  出典 www.1morebaby.jp

  出典 www.1morebaby.jp

「2人目が欲しい」と思っているパパママと、実際に2人目を授かったパパママに2人目の子どもの性別の希望を聞いたところ、「性別の希望がある」と答えた人が全体の約60%。そのうちの45%が1人目とは違う性別を希望していました。「どちらでも元気に産まれてくれれば」という思いは強くあるものの、「男の子と女の子どちらも育ててみたい!」と願うパパママがかなり多いようです。
 また2人目の性別の希望があるパパママに「産み分けをしようと思いますか?」という質問したところ、27%が「産み分けをする」と回答。「どうしても後継ぎが欲しい」「パパが女の子を強く望んでいる」など理由はそれぞれですが、およそ3割の人が積極的な産み分けにチャレンジしているという現実が分かりました。
 現代の医学で100%の産み分けはまだ不可能といわれていますが、「産み分けに成功しましたか?」という質問には58%の人が「成功した」と回答。その方法は様々ですが、「どうしても男(女)の子が欲しい」という目標に向かって努力を積み重ねるパパママが、数多くいるようです。

  出典 ふたりめ意識調査 |産み分け成功率は58%!?

800人以上が成功している産み分けの方法。
下記の画像をクリックし、今すぐチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.