ピットコインなどの仮想通貨は第二の通貨となり得るか?

発行者がおらずシステム上で自由に発行でき、利用者同士の信頼で取引が成り立っていると言える仮想通貨ですが、その代表的な通貨がピットコイン。現在、ビットコインは約95%が人民元建てで取引されているとされており、この相場を動かしているのは中国人のようですが、普及が広まればその価値や用途も変わりそうです。

更新日 2017年10月17日

合計 247pv


大人のADまとめ

仮想通貨を使った新たな資金集めの手法「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が、世界的に広がっている。従来の株式上場などに比べて素早い資金調達が可能となる一方、詐欺など犯罪のリスクもあり、普及に向けたルール整備が課題となりそうだ。

  出典 <ICO>資金調達に拡大 仮想通貨利用、長期審査なく (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 ネット上での告知やトークン発行など一連の手続きを支援する企業もある。証券取引所に上場するのに比べると長期間の審査もないため、アイデアを素早く実現したい個人や新興企業にはメリットがある。インターネット情報サイト「コインデスク」によると、ICOによる世界の累積調達額は2017年10月1日時点で25.2億ドルで、1年前から約10倍に急増した。

 日本でも金融IT会社の「エニーペイ」が9月からICOについて支援事業に乗り出し、国内外の100社から問い合わせが来ているという。同社は「教育や不動産などの業種のほか、スポーツ選手など意外な方面から問い合わせがあり、関心は高い」(広報)といい、日本でも今後本格化する可能性がある。

 ただ、ICOで発行するトークンは、株式とは違い、購入しても議決権は持てない。経営陣の監視ができず、計画倒れになっても責任追及は難しい。

  出典 <ICO>資金調達に拡大 仮想通貨利用、長期審査なく (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

株式上場のような情報開示の義務も無いため、企業がウェブサイトに簡単な計画書しか提示していないケースも多い。最初から事業を実現する気がない詐欺案件も存在するとされる。

 各国の当局で対応は分かれる。中国は9月、ICOを全面禁止にした。米証券取引委員会(SEC)も7月、配当などがあるトークンは株式並みの規制対象とする可能性を指摘した。

 仮想通貨に詳しい野口悠紀雄・早稲田大ビジネス・ファイナンス研究センター顧問は「ICOは有望な資金調達手段だが、怪しい案件も潜り込んでいる。一概に禁止するのではなく、トークンを売り出す際の情報公開に基準を設けるなど改善が必要だ。取引所もトークンを上場して取引できるようにするなら、事業の実現性の『目利き』に責任を負うべきだ」と指摘する

  出典 <ICO>資金調達に拡大 仮想通貨利用、長期審査なく (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

中国メディアによると、北京市当局は15日、仮想通貨「ビットコイン」の取引を停止するよう、市内に拠点を置く取引所に指示した。中国の3大取引所では上海の「ビットコイン中国」が14日に停止計画を発表。北京の「火幣網」と「OKコイン」も追随せざるを得なくなる。

  出典 中国の3大取引所がビットコインの停止か 政府が悪用を懸念し警戒 - ライブドアニュース

北京市当局は管轄する各取引所に対し、15日中に仮想通貨取引を全面停止する時期を公表するとともに、新規ユーザーの登録を即日停止するように指示。また、20日夕までに取引停止に関する手続きの詳細を市当局に報告することを求めた。

 中国政府は仮想通貨自体は禁止していないが、マネーロンダリング(資金洗浄)や違法な海外送金に悪用される恐れがあると警戒。まずインターネット上の取引所での売買を止めた上で、関連規則の整備などを急ぐとみられる。

 中国人民銀行(中央銀行)などは今月4日、独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」を禁止。当局の監視が行き届かない取引を次々と取り締まっている。 

  出典 中国の3大取引所がビットコインの停止か 政府が悪用を懸念し警戒 - ライブドアニュース

仮想通貨「ビットコイン」を扱う中国3大取引所の一つで、上海市に拠点を置く「ビットコイン中国」は14日、今月末で取引を全面停止すると発表した。同日付で取引口座の新規開設も停止した。中国政府が今月初めに出した通達に基づく措置だという。
 これを受け、同取引所のビットコイン価格は急落。一時30%を超える下げを記録した。
 中国のニュースサイト、第一財経網が上海の金融当局筋の話として報じたところによると、同市はすでに、市内のすべてのビットコイン取引所に対し、今月末までに取引を停止するよう、口頭で命じた。
 3大取引所はこのほか、北京市に本拠を置く「火幣(フオビ)」と「OKコイン」。これらを含め、中国当局は国内のすべての取引を止める方針と伝えられている。

  出典 ビットコイン中国、取引停止へ=政府が指示-価格は一時30%急落:時事ドットコム

 中国人民銀行(中央銀行)などの当局は4日、独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」について、「金融秩序を著しく乱している」として即日禁止の緊急措置を講じた。ビットコインは禁じていなかったが、マネーロンダリング(資金洗浄)や違法な海外送金に利用される恐れがあると警戒しており、市場関係者らの間では、規制強化の観測が出ていた。
 一方で「世界的にこれだけ広がったビットコインをいまさら全面禁止とするのは困難」(専門家)との意見もある。中国当局も、ビットコインを支えるシステム「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術については、将来性を有望視しているといわれる。取引を規制しながら、規則策定を急ぐ見通しだ。(

  出典 ビットコイン中国、取引停止へ=政府が指示-価格は一時30%急落:時事ドットコム

中国で8日、仮想通貨「ビットコイン」の価格が一時急落した。当局が取引サイト閉鎖を決めたと報じられたことが原因だが、信ぴょう性は不明で、不安定な値動きが続いている。
 中国メディア「財新網」によると、閉鎖対象は仮想通貨と人民元の交換を扱う全ての取引サイトという。ただ、「サイトは禁じるが、取引は禁止しない」とも伝え、混乱に拍車を掛けている。
 中国の大手取引サイト「火幣網」によれば、ビットコイン価格は8日夜に一時、短時間に2割下落した。

  出典 中国でビットコイン急落=取引サイト閉鎖の報道:時事ドットコム

中国人民銀行(中央銀行)などは4日、株式の代わりに独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」について、即日禁止すると発表した。米国などで普及しつつあるが、金融の混乱を招くと判断した。
 中国当局は、法整備が追い付かない中、仮想通貨「ビットコイン」が自国を中心に急速に広がったことに頭を痛めている。ビットコインの取引禁止までは踏み込みにくい状況だが、小規模の仮想通貨が続々と登場する事態を防ぐ措置を講じた。
 ICOは、新規株式公開(IPO)より容易に資金調達ができ、日本でも活用に向けた動きが出始めている。ただ、先行する各国では詐欺などの被害も出ている。中国当局は「金融秩序を著しく乱している」と判断し、企業や個人による利用を禁じた

  出典 仮想通貨での資金調達禁止=「金融の混乱招く」-中国:時事ドットコム

インターネット上でやりとりできる「仮想通貨」の代表格ビットコインが1日夜、システムの処理能力の改善を巡る対立から分裂する見通しが強まっている。

 取引所や、ビットコインでの支払いを受け付ける小売店は、同日午前から、取り扱いを一時、中止する対応に追われている。

  出典 ビットコイン、分裂の見通し強まる 中止対応に追われる店舗も - ライブドアニュース

 取引を管理する中国の業者が、「ビットコインキャッシュ(BCC)」という派生規格を設立し、同日午後9時過ぎに、分裂するとみられている。ビットコインと同じ数のBCCが誕生することになる。ビットコインの保有者には、同じ数のBCCが付与される見通しだ。

 インターネット上でビットコインの売買を仲介する多くの「取引所」は、一部取引を停止した。取引所のコインチェックは1日午前0時から停止した。

  出典 ビットコイン、分裂の見通し強まる 中止対応に追われる店舗も - ライブドアニュース

 インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」を扱う国内の主な取引所は24日、一時停止していたコインの受け入れや引き出しを順次、再開した。システムの処理能力の向上に関する世界的な規格変更が23日に実施されたが、大きな混乱が生じない見通しとなったため。

  出典 ビットコイン入出金再開 規格変更で混乱生じず - 産経ニュース

 この日再開した取引所の運営会社は、ビットバンクやフィスコ仮想通貨取引所、ビットポイントジャパンなど。コインチェックは既に23日に入出金を再開した。

 フィスコの田代昌之アナリストは「(規格変更による)問題は生じていない。ビットコインの価格にも激しい値動きはなかった」と指摘した。

 ただ、業界団体の日本仮想通貨事業者協会によると、8月1日にはこれまでとは違う別の規格を設けて「ビットコインキャッシュ」と呼ぶ新しい仮想通貨をつくろうとする動きがある。その時期に、取引が再び一部停止となる可能性があるとして、同協会は利用者に注意を呼び掛けている。

  出典 ビットコイン入出金再開 規格変更で混乱生じず - 産経ニュース

仮想通貨ビットコインの価格が17日、2カ月ぶりに2000ドルを割り込んだ。

  出典 ビットコインが2000ドル割れ、分裂危機でピークの3分の2に

 ソフトウエアについて競合する2種類の更新版の採用が検討されていることからビットコイン分裂への懸念が高まり、同通貨の価格は6月12日に付けた3000ドル弱のピークからほぼ3分の1を失った。取引量の増加に取引所が追い付けない中で、ビットコインには見直し論が浮上している。
ビットコインは一時14%安と急落した後、ニューヨーク時間午前6時21分では5.2%安の2046.4901ドルと5月19日以来の安値。
コインマーケットキャップ・ドット・コムの価格によると、別の仮想通貨イーサリアムは6月14日に付けたピークの半分以下に下落

  出典 ビットコインが2000ドル割れ、分裂危機でピークの3分の2に

インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる「仮想通貨」の購入などをめぐるトラブルが急増している。

国民生活センターに寄せられた「仮想通貨に関する相談」は、統計を取り始めた2014年度は194件だったが、16年度は3倍を超える634件に達した。被害者の約4割を高齢者が占めている。

  出典 仮想通貨トラブルが2016年秋ごろから急増増 被害の4割が高齢者 - ライブドアニュース

相談事例をみると、

「知人から『必ず値上がりする』と誘われ、(仮想通貨を)購入したが、約束どおりにお金が戻ってこない」「知人から『半年で価格が3倍になり、販売元が全て買い取る』と言われて買ったが、説明されたように買い取ってもらえない」「セミナーで、『1日1%の配当がつく』と言われて仮想通貨を預けたが、出金できなくなっていた」

などのケースが相次いでいる。

  出典 仮想通貨トラブルが2016年秋ごろから急増増 被害の4割が高齢者 - ライブドアニュース

仮想通貨は、取引相場の価格変動リスクを伴うため、「将来必ず値上がりする」ものではない。また、2017年4月に施行された改正資金決済法では、仮想通貨に新たな規制が設けられ、国内で資金決済法上の仮想通貨と法定通貨との交換サービスを手がけるには、仮想通貨交換業の登録が必要になっている。

国民生活センターは、「目に見えないので、実態がわからないまま購入してしまうケースが多いようです。投資や利殖をうたって、『必ず値上がりする』といった説明を鵜呑みにせず、しっかりリスクの説明を受けて、それが理解できなければ契約しないようにしてください」と、警鐘を鳴らしている。

  出典 仮想通貨トラブルが2016年秋ごろから急増増 被害の4割が高齢者 - ライブドアニュース

 仮想通貨「ビットコイン」の“バブル”が崩壊しつつある。

 ビットコインの価格が15日の取引で、前日比で一時19%も下落した。16日付のブルームバーグが報じた。

  出典 ビットコインのバブルが崩壊しつつある? 3日で3割の下げの大暴落 - ライブドアニュース

1ビットコインは今年1月、10万円前後で推移していたが、6月12日に3倍以上の33万円超まで上昇。過去最高値をつけた。ところが、わずか3日後の15日にはナント、一時約23万円と、3割下げの大暴落。一体何が起こっているのか。

 マネー評論家の新田ヒカル氏はこう言う。

「貨幣なら政府が、株式なら企業業績が価値の“アンカー”となっています。しかし、仮想通貨であるビットコインには“アンカー”がありません。決済機能も不十分で、使い勝手が悪い。ビットコインへの投資はギャンブルのようなもので、保有者はいつ価値が下がるかとビクビクしているのが実態です。大量保有者が利益確定のために売り、ひとたび値が下がれば、売りが売りを呼ぶ展開になり一気に暴落しやすいのです。今後も乱高下は続くでしょう」

  出典 ビットコインのバブルが崩壊しつつある? 3日で3割の下げの大暴落 - ライブドアニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.