花粉症によく似た症状の「寒暖差アレルギー」とは?

鼻がムズムズして、くしゃみが出たりする他、疲れやすかったり、イライラしたりと気温差があるとそんな症状を引き起こす寒暖差アレルギー。花粉症との違いは目がグシュグシュしないことぐらいで、解決法も寒暖差をなくすことに尽きるようです。

更新日 2017年04月10日

合計 365pv


大人のADまとめ

 スギ花粉が飛び散るシーズンが終わっても、夏はイネ、冬はブタクサと、1年を通して花粉症に悩まされている人は多いことでしょう。でも、ちょっと待って! そのあなたが花粉症だと思っているその症状、実はそれ以外の可能性もあるんです。

 というのも、花粉症によく似た症状で大人女子がなりやすいのが「寒暖差アレルギー」。鼻がムズムズして、くしゃみが出たりする他、疲れやすかったり、イライラしたり‥‥。花粉症との大きな違いは、目がグシュグシュしないこと。

  出典 実は花粉症じゃなかった!?大人女子がなりやすい寒暖差アレルギー – アサジョ

暑い日と寒い日や、朝と昼、外から冷房の効いた部屋に入ったときや、その逆など、私たちが対応できる寒暖差は7℃までと言われています。

 これ以上の気温差があると、鼻の粘膜の血管を広げ、鼻水やくしゃみなどの症状となって現れるのだとか。自律神経が乱れていても、体がうまく対応ができず症状が出やすくなるそうです。

 寒暖差アレルギーの対処法は、読んで字のごとく寒暖差をなくすことに尽きます。エアコンや衣服でこまめに調節をしたり、あるいはお風呂でゆっくりと温まり、ストレスをなくすことも効果的だそうです

  出典 実は花粉症じゃなかった!?大人女子がなりやすい寒暖差アレルギー – アサジョ

温度差が激しいときやホコリが多いところで、鼻水やくしゃみが良く出る。風邪をひいたわけではないのに、鼻水が止まらず何度もくしゃみが出る。こんな症状でお悩みの方は、寒暖差アレルギーの疑いが持たれます。医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれるものです

  出典 温度差で体調が変わる?!寒暖差アレルギーってどんな症状? | いしゃまち

・鼻水

・鼻づまり

・くしゃみ

・咳

・頭痛

・食欲不振

・疲れやすい

・じんましん

・体がかゆい

・睡眠障害

・イライラ

  出典 寒暖差アレルギーの症状と効果的な対策と治療法!市販薬は何がいいの? – 豆知識PRESS


アレルギー性鼻炎と似たような症状が続いているものの、検査の結果アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が特定できないときに、「血管運動性鼻炎」という診断がつくことがあります。

  出典 温度差で体調が変わる?!寒暖差アレルギーってどんな症状? | いしゃまち

寒暖差アレルギーを引き起こすのは自律神経の乱れのため、鼻水や鼻づまりなどの症状の他に、イライラや倦怠感などの症状が現れやすくなります。

また、ストレスが溜まりやすい環境や性格など、日頃から自律神経が乱れやすい方は寒暖差アレルギーを起こしやすいと言われています。

  出典 寒暖差アレルギーの症状と効果的な対策と治療法!市販薬は何がいいの? – 豆知識PRESS

アレルゲンは出ないのに蕁麻疹を発症し、寒暖差じんましんと呼ばれています。

寒冷じんましん、温熱じんましんに分けられて、突然発疹が出てきてひどいかゆみがある場合も。かく事で皮膚が傷つき肌荒れを起こすと、またかゆみを感じて悪循環になりやすい。

  出典 寒暖差アレルギーの症状 !咳・じんましんなども。症状と対策・対処法 | Info Gallery

  出典 stone-roses.org

温かい場所から寒い場所へ移動したとき
カレーやラーメンなど熱くて刺激性が強いものを食べたとき
スキー場などで冷たい空気を吸ったとき

など

気温差が激しい季節や刺激物に触れたときに症状が引き起こされることがあります。

  出典 温度差で体調が変わる?!寒暖差アレルギーってどんな症状? | いしゃまち

気候の変化

温度差の激しい環境

たばこの煙

刺激的な臭い

精神的ストレス

  出典 温度差で体調が変わる?!寒暖差アレルギーってどんな症状? | いしゃまち

温度差が激しいのは体に負担

気温が下がると、空気まで冷たくなりますね。でも冷たい空気で体が内部から冷えてしまったということはありません。
これは、鼻に入った空気が粘膜により体温と同じ37度前後に暖められたから肺におくられるためです。
粘膜が空気を暖められるのはそこに流れている血管のお蔭。この血管に流れる血流を管理しているのが自律神経なのです。
しかし、場所や日によってあまりにも温度差が激しいと自律神経は外気に体を合わせるのが大変になってきます。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信



自律神経は汗をかいたり胃酸を分泌させたり、血管を拡張、収縮させたりと環境や状態に体を合わせてくれる役割をはたしています。
寒い時に鳥肌が立ったりするのも自律神経のお蔭なんですね。
しかし前述しましたがあまりにも環境の変化が目まぐるしいと自律神経が誤作動を起こして体に不調が現れます。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信

自律神経が誤作動を起こすと体全体が不調になります。自律神経失調症という病気があるくらいですからね。
この自律神経の不調が体のどこに出るかによって症状が変わってくるのです。
皮膚がかゆくなったりじんましんが出たという場合は皮膚に症状が現れたということなんですね。
鼻水以外にも体に不調があり、病院に行ったけれどもなんともないと言われたという場合は寒暖差アレルギーかもしれません。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信

  出典 stone-roses.org

寒暖差アレルギーとは、厳密に言えば病気ではなく自律神経の誤作動なのです。
ですから「この薬を飲んだら確実に治る」というような決定的な治療法はありません。
大切なのは自律神経を安定させることと、寒暖差アレルギーを起こさないように体調を整えることなのです。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信

•寒暖差に鼻が過敏に反応してくしゃみ、鼻水が止まらない

•肌がひどくかゆくて日常生活に支障がでる

•じんましんが出た

•頭痛がつらい


」このような症状の場合は、対処療法として薬が処方されることがあります。
用法や用量を守って使いましょう。しかし、薬を飲んだからといって寒暖差アレルギーが根本的に解決されるわけではありません。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信

アスリートは真冬でも薄着で練習をしていることも珍しくありません。
体に筋肉が多い人ほど熱量が高く、薄着でも体が暖かいのです。
寒暖差アレルギーは男性より女性のほうが多いとされていますが、これは女性のほうが筋肉がないせいでもあるのですね。
ボディビルダーのような筋肉を付ける必要はありませんが、適度な筋肉は体を美しくも見せてくれます。

気温の上下が激しい季節になると必ず寒暖差アレルギーになるという方は、筋肉トレーニングを行ってみましょう。
また、服装も工夫をして簡単に脱ぎ記できるような重ね着をしておくと、温度調節がスムーズで自律神経も整いやすいです。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信

寒さが厳しくなってきたら、ショウガやニンニクなどの体を温める食べ物を意識して摂りましょう。
特にショウガは保温効果が高いので、冷え性で辛いという人にも効果的です。
また、暑いからと夏に冷たいものを取りすぎるのも寒暖差アレルギーの引きがねになります。
氷がたっぷり入ったジュースやかき氷は暑い夏には最高のごちそうですが、寒暖差アレルギーをよく発症するという方は努めて暖かい飲み物をとり、体を冷やしすぎないようにしましょう。
さらに、お風呂にゆっくりと浸かると自律神経の働きが整いやすくなると言われています。

  出典 寒暖差アレルギーとは? 原因と対策方法について | 耳寄り通信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.