女性がウザすぎて傍迷惑な「彼氏ヅラ男子」の特徴とは?

交際してもいない女性に対して、あたかも自分が彼氏であるかのような言動をとる 彼氏ヅラ男子が増えており、そのウザさに被害を受ける女性が増えています。その勘違いはどこから来るのか?そんな彼らの特徴とは?

更新日 2017年04月03日

合計 1506pv


大人のADまとめ

交際してもいない女性に対して、あたかも自分が彼氏であるかのような妙な振る舞いをする男性のことだ。この「彼氏面男子」のウザさに悩まされている女性は、とても多い。

また、「彼氏面男子」を批判する意見にはいくつかの共通点がある。「クソバイス」「お前じゃない感」「無駄な当事者意識」の3つである。

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「彼氏面男子」は、特定の女性に対してだけではなく、周りの人間に対しても彼氏面する。「あいつは俺の女だから手を出すな」と、言葉や態度で示すのである。彼氏面されてしまった女性は、「彼氏面男子」に「彼女」として認定されるだけではなく、周囲の人間関係(主に男性間)の「縄張り争い」にも利用される。

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「出会ったばかりの男友達から、『○○は、その髪型は似合っていないよ』とか、『俺の好みの服装は、もっと女の子っぽいやつだから』とか言われた。なんで私が、あなたの好みに合わせなければいけないの?」(20代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「まだ若い頃の話。私が薄着していると、付き合ってもいない男性から『みっともない!』と怒鳴られました。女友達の服をはおったら、『怒鳴ってごめんな。お前が軽い女に見られるのが許せなかったんだ』と甘えた声で話しかけてきて……。他にも会ったこともない私の両親の誕生日にプレゼントを勝手に送って、『お前が気が利かないから、送っておいたよ。ちゃんと両親を大切にしろよ』と説教されたり。私がいない飲み会で、『あいつは俺がいないとダメな女なんだ』と語り出したこともあったそうです」(40代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

 2つのエピソードに共通するのが、「クソバイス」(クソみたいなアドバイス)というキーワードである。クソバイスは、エッセイストの犬山紙子さんが提唱した言葉で、男性からのクソみたいなアドバイスに辟易している女性が多かったのか、瞬く間に世間に広がっていった。

 クソバイスをする男性は、「俺は、お前のためを思って言っている」と思い込んでいるからタチが悪い。百歩譲って自分の彼女に言っているのならまだしも、相手は付き合ってもいない女性である

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「知人の男性から、いきなり1ヵ月間の予定がLINEで送られてきて、『空いている日程はある?』って聞かれました。怖いし、気持ち悪いので、『その日程は、どこも空いていません』と返信したら、『いつも、忙しくてごめんな』と何故か謝られた。彼氏でもあるまいし……。その後もしつこく予定が送られてきたけど、完全に無視しています」(30代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「ある男性から、『これからお付き合いも含め、前向きに考えてもらえる?』と聞かれました。食事とお酒をおごってもらった手前もあり、付き合うのは無理だけど濁しておこうと思い、『まぁ……今後、考えるくらいなら』と答えたところ、次に会ったとき相手の馴染みのBarに行ったら、平然と『彼女』と紹介されてびっくり。人前なので、彼の面子を潰すわけにはいかず、その場は適当に話を合わせたけれど、『自分のほしい物を買える分だけ働けばいいからね』と完全に彼氏面。こいつじゃなかったらなー、と思いました」(20代/女性)

「別に好きでもない友人男性と食事に行ったとき、突然『お前、どれだけ俺のこと好きなんだよ』と言われて、頭ぽんぽんされたことがあります」(20代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「彼氏ができたので、共通の友人たちに報告しました。すると、1人の男性が私の近くに寄ってきて、『付き合ったんだってね。俺の立場はわかると思うけど、俺はお前に幸せになってもらわなきゃ困るんだ』って。その友人とはなにも恋愛沙汰がなかったはずなので、『俺の立場』っていうのがまったく理解できなかったし、『別にあなたに言われなくても普通に幸せだよ!』と思いました」(20代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「私に彼氏がいることを知っている、Aという友人男性がいました。あるとき、共通の友人男性Bと親しく話していたら、Aから『過去にBと付き合っていたに違いない。黙っていてもわかる、正直に言ってほしい』と言われました。もちろん、そんな事実はありません。

 また、あるパーティに出席した際、Aが『別のフロアで俺の見ていない間に、他の男とイチャイチャしていたんだろ!』と怒ってきました。周りに誤解されたくないので私が強い態度に出たら、『隠さなくてもいい、絶対にそうだ! 嫉妬で狂いそうだよ』と言われ……。気持ち悪いを通り越して、怖かったです」(20代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

「知り合い男性と初めて飲んだ帰り道、無理矢理抱きしめられました。すぐに逃げましたが、その後LINEで一方的なメッセージが……。内容は『今日は仕事で疲れた』という近況報告から、『好きだよ。愛している。返信ください』といったものまで。すべて既読スルーしているけど、何かあったときのためにログは取ってあります」(20代/女性)

  出典 女子が憤る「彼氏ヅラ男子」の圧倒的な“お前じゃない”感 | あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル | ダイヤモンド・オンライン

  出典 stone-roses.org

大学生のAさんは、アルバイト先の上司が、自分に都合のいい理想を押し付けてくることにイライラしています。


「『昨日飲み屋で若い女性二人組に話しかけたら片方のブスな女はあからさまに嫌な顔をしてきた。でも、もう片方の綾瀬はるかに似た子は笑顔で話を聞いてくれたんだよね。あなたには、その子みたいになってほしい』というような話をしてくるんです。自分みたいなおじさんを受け入れてくれる女性になってほしいと理想を押し付けられたことが気持ち悪かったです」

  出典 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」 | キャリコネニュース

その上司が頻繁にご飯に誘ってくるのもAさんにとっては気持ち悪いようです。

「私は嫌でたまらないのに、『ご飯をおごられることで私が喜ぶ』と考えているのが不思議です。二人の場面でしか言われたことがないのも気持ちが悪いです」

さらに「普段のあなたはどんな感じなの?ツンツン系?それともはっちゃけてる感じ?」などと聞かれたAさんは「なんでこの人の勝手な妄想にヒントをあげなきゃいけないの」と怒り心頭の様子。

  出典 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」 | キャリコネニュース

他部署にいた上司に仕事を評価されて一緒に新部署を立ち上げたBさん(28歳)は、仕事ができてそつのない人だと思っていた上司(30代後半)が日に日に「彼氏ヅラ上司」に変貌していくことに辟易していました。


「まず、毎日彼が職場を出るまで待ってないといけないんです。それで一緒に駅まで帰らないといけない。先に帰ろうとしたり、飲み会があるなんて話をしたら『男がいるんだろう』と詰められるんです。そもそも上司にも私にも、結婚相手がいるんですけど……」

  出典 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」 | キャリコネニュース


「iPhone持ってるのに操作方法がわからないと言って、メールの返信をいちいち電話で依頼してきたり、とにかく仕事の事務的なやりとりにまで、親密なコミュニケーションを要求してくるのも本当に疲れました。ある時、我慢できなくなって今までの不満をぶつけたら、『実は、家庭がうまくいってなくて毎日フラストレーションがたまってました。女房や子供に相手にされない心の隙間をBさんにかまってもらって埋めていたかもしれない……』と言われて。正直唖然としましたね」

その後はだいぶおさまったそうですが、当時はストレスで10キロ痩せたのだとか。

  出典 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」 | キャリコネニュース

「仕事柄、取引先との飲み会を通じたお付き合いも多いんですが、上司が絶対許してくれないんです。以前、つい仕事終わりの流れで上司抜きの飲み会に行ったら『一人前に仕事もできないやつが何遊んでんの』と激怒されました。LINEは3分以内に返信しないと『もうお前来なくていいよ』と言われます。真夜中なのに通知が50件たまっていたこともありますね。ちょっとミスをすると、すぐ『死ね』『殺す』とも言われます」

  出典 「彼氏ヅラ上司」がうざすぎて震撼 「男がいるんだろう」「普段のあなたを知りたい」「彼女が君に嫉妬しちゃってさ」 | キャリコネニュース

  出典 stone-roses.org

「露出度の高い洋服は俺と一緒にいるときだけ」

「他の男と会うのは駄目、連絡も取らないで」

「郊外にマイホーム。子供は3人」

「俺といる時の○○が一番自然体だね」

  出典 ウザい…カレシ気取りな男友達の言動4選 | 女子SPA!

■「人前で突然、言葉遣いがオラオラ系になった」 (41歳)

亭主関白を気取るのは、せめて付き合ってからにしてほしいものです。

■「『俺の好みの服を着てきてよ』と言われた」(30歳)

「お前の好みなんか知るか!」と全力で叫びたい。

■「やたらと鞄を持ってくれようとする」 (38歳)

鞄はおしゃれのために持っている場合があるので、余計なお世話だと感じられてしまうケースもありそう。

  出典 彼氏面してくるウザイ男の特徴―友達ですらないのに「毎日メールして」|「マイナビウーマン」

■「ある男性が『お前はそういうとこあるよな』とか『こういうのお前好きだよな』とか、ことあるたびに『俺はお前のことを知っているよ』感を出してきた。うざかった」(33歳)

他の回答では、「お前」と呼ばれること自体に嫌悪感を覚えるという意見もありました。

■「道端で急に肩を持たれて、知らない人に『彼女は僕のものだ』と言った」(26歳)

トレンディードラマの見すぎ?

■「大学で知り合った友達ですらない人に、『毎日メールして』とか『なんで僕と同じところでバイトしないの?』とか言われた」(36歳)

逆になんでしなければいけないのか聞きたいです。

  出典 彼氏面してくるウザイ男の特徴―友達ですらないのに「毎日メールして」|「マイナビウーマン」

■「たとえ話で、私とその男が結婚していることになっていた。たとえ話でも無理だと思った」(33歳)

二人の将来を想像させることで急接近を狙ったようですが、逆効果だったようです。

■「友人と遊んだことを話したら、『俺それ知らない』と怒ってきた。まるで私の予定をすべて把握したいようだった」(33歳)

一歩間違えばストーカー……?

■「たまたま私の知り合いに会ったとき、『お世話になっています』と言い出した」(30歳)

彼氏気取りを通り越して、まるで夫のような馴れ馴れしさ。

  出典 彼氏面してくるウザイ男の特徴―友達ですらないのに「毎日メールして」|「マイナビウーマン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.