【衝撃】宝くじ高額当選者の末路がガチでヤバい!!

高額当選者の末路をまとめました。

更新日 2017年04月03日

合計 54pv


大人のADまとめ

これは美輪明宏さんが以前テレビで言ってた事ですが、
宝くじの高額当選者はやっぱり統計的に見ても、
10年以内に何かしら不幸な目に合っている人が多いらしいです。

例えば、ギャンブルなどにつぎ込んで破産してしまった
などの事例は大量にあります。

それから日本であった事件だと、
宝くじで2億円当たったとされる吉田寿子さん(42)は、
新聞配達員の男性に殺害されています。

海外でも沢山の事例があって、

・豪遊してアルコール中毒や薬物中毒に陥った人
・精神錯乱状態になり自殺した人
・家族など知人に殺された人

など、高額当選者の末路は悲惨なものばかりです。

宝くじが当たった人は別室に呼ばれ、専用の冊子が渡されたり、
お金との向き合い方を指導されたりすると聞いたことがありますが、
そこまでしても未然に防げないわけです。

仕事をやめる

不動産屋が金の匂いを嗅いでビルやマンション経営(中古)を勧める

中古になった物件だからなにもしないと採算はとれない

不動産屋は売ったらサヨナラーして物件の運用の手伝いなんてしない

維持費もかかる、不良債権みたいな物件だから不動産屋も買ってはくれない

それならと不動産屋開業→→すぐに店を畳む

今手元にどれくらい残ってるかは知らんけど
売れないビルとマンションをいくつも抱えて絶望している模様

番外編
全く関係ないラーメン屋の親父が人生の目標額を達成したため余裕の閉店からの世界一周旅行に奥さんと旅立つ
宝くじの一等が出たという情報が街に流れたのと同時期だった為
親父が当たったとデマが流れる
親父はデマのせいでたかられる

宝くじなんて人の人生壊す人多いし廃止したらいいのにね


  出典 www.el.tufs.ac.jp

オスマン・カプラン
ナンバー・ロトで34万5千リラ(約1900万円)を当選。大工仕事をしていたが仕事が上手く行かなくなった結果、まず妻と離婚し、その後仕事場が差押えとなったカプランさんは、自らが振り出した小切手を期日通りに決済できず600億リラ(訳注:2005年に行われたデノミ以前の通貨単位と思われる。


  出典 a57.foxnews.com

Abraham Shakespeare
アブラハム・シェークスピアさん(男性)が宝くじで
3,100万ドル(約28億円弱)の高額当選をした。
その後行方不明になり白骨死体で発見された。


  出典 stone-roses.org


出典
images.bernardmarquez.multiply.com
ケン・プロクスマイア(Ken Proxmire)
機械工のケンは100万ドル(約7,800万円)が当選。兄弟で自動車ビジネスをスタートさせたが、4年で倒産した。
今は元の機械工として働いている。

キャリー・ロジャース(Callie Rogers)
16歳で190万ポンド(約2億3,000万円)が当選。服を買いまくり、パーティ三昧、豊胸手術などに浪費。2度の自殺未遂を起こし、22歳になった現在は2児の母。メイドをしながら浪費した分の借金返済に追われている。


  出典 stone-roses.org

岩手県一関市で平成17年、同市に住む無職、吉田寿子さん=当時(42)が2億円の宝くじの当せん後、行方不明になる事件があり、岩手県警が捜査していたところ、東京都内に住む男が「吉田さんを殺害した」と供述。22日、男の供述に基づき、同県陸前高田市内を捜索したところ、供述通り遺体が見つかった。同県警は同日、殺人の疑いで東京都台東区、新聞配達員、熊谷甚一容疑者(51)を逮捕し、大船渡署に捜査本部を設置した。

もしも宝くじに当選し、一瞬にして大金を手にしたあなたの生活には、どのような変化が訪れるのだろう? 実は高額当選者のその後を調べてみると、軒並み不幸な晩年を送っているとの統計もあるという。今回は昨年に引き続き、高額当選で人生のドン底に堕ちた世界の7人を厳選して紹介しよう。


1. バリー・シェル(カナダ・オンタリオ州)
 2009年、7月18日抽選のロトくじで440万カナダドル(当時、約3億8,000万円)に当選。換金のため、くじの運営会社に写真つきの身分証明書を提出したが、そのことがキッカケで6年前に起きた窃盗事件の容疑者として指名手配されている事実が発覚。同月20日に開かれた記者会見の席上、笑顔で当選の喜びを語った直後に御用となった。

2. ビリー・ボブ・ハーレル・ジュニア(米国・テキサス州)
 1997年、3,100万ドル(当時、約26億円)の宝くじに当選。キリスト教・ペンテコステ派の宣教師でもあった彼だが、牧場や自動車の購入や自宅の新築に賞金を費やしたうえ、「NO」と言えない性格が災いし、やがてその周囲は金銭の工面を依頼する人ばかりに。やがて妻と離婚し、ストレスから拳銃自殺を遂げた。当選からわずか2年後の事だった。

3. ビクトリア・ゼル(米国・ミネソタ州)
 2001年、夫と共同で1,100万ドル(当時、約13.5億円)の宝くじに当選。しかしその後、夫妻の生活は荒れに荒れてしまう。そして2005年、ビクトリアは薬物の使用や飲酒運転で交通事故を起こし、1人を死亡させ、1人を半身不随にしたとして禁錮7年3カ月の判決を受けた。その後、夫妻は離婚したと報じられている。

4. エブリン・アダムス(米国・ニュージャージ州)
 1985年と1986年、なんと2度も宝くじに高額当選し、合計540万ドル(当時、約4.5億円)の賞金を手にする。しかし、その後ギャンブル中毒に陥り、破産。20年後、トレーラーで世捨て人のような暮らしをしている姿が目撃されているが、現在どうしているかはまったく不明である。
米国・ペンシルバニア州)
 1988年、1,620万ドル(当時、約15億円)の宝くじに当選。しかし、当選の事実が判明すると、賞金の分与を求める元交際相手から訴えられてしまう。さらに、賞金を我がものにしようと画策する弟が雇った殺し屋に殺されそうになってしまう。なんとか危機を脱し、レストランや自動車販売などの事業に投資するも、1年も待たずにすべて失敗。約1億円の借金を抱え、現在は年金暮らしを送っている。

6. ケン・プロクスマイヤ(米国・ミシガン州)
 1977年、100万ドル(当時、約8,200万円)の宝くじに当選。その後すぐに機械工を辞め、カリフォルニア州に移住して兄弟とともに自動車ビジネスをはじめるも失敗、破産した。当選直後はヘリコプターやリムジンを所有するなど豪勢な暮らしを満喫していたが、現在は元の機械工に戻っている。後に息子は「宝くじ当選後は“地獄”だ」と振り返っている。

7. スザンヌ・マリンズ(米国・ヴァージニア州)
 1993年、420万ドル(当時、約3.5億円)の宝くじに当選。これまでに紹介した当選者たちとは異なり、熟慮のうえ当選金を分割払いで受け取ることを決めた。20年間、毎年約400万円を受け取るはずだったが、難病を患った義理の息子の治療費で借金がかさんだなどの理由から、後に一括受け取りに変更。しかし、金を借りていたローン会社に訴えられ、裁判の結果ほとんどの資産を失った。

YouTube Maniax 2017 ユーチューブ マニアクス 2017
http://www.infotop.jp/click.php?aid=152544&iid=69203
1日3時間!YouTubeで月収300万円越の長期資産を作ることに成功したYouTubeアフィリエイトノウハウをここに完全公開!

YouTubeで月収300万円超の長期資産を作ることに成功した
YouTubeアフィリエイトノウハウをここに完全公開!!

ネット時代の最先端のYouTubeビジネスを極め尽くせ!
5000本以上の動画を作り、研究を重ねたノウハウを凝縮!
YouTubeアドセンスを活用したアフィリエイトノウハウ決定版!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.