球界一の人気球団も常勝軍団には程遠い阪神タイガース 金本知憲監督の下、低迷を打開できる?

近年では助っ人外国人とFA加入選手という生え抜きが育たない、代表チームのような状態だった阪神も、金本監督、掛布2軍監督就任後生え抜きを育てる戦略が徐々に功を奏しているようですが、常勝軍団にはまだまだ遠いようで…しかしながら人気は依然球界一です。

更新日 2017年10月19日

合計 1011pv


大人のADまとめ

阪神が、来季の新外国人候補の最有力にウィリン・ロザリオ内野手(韓国・ハンファ=28)をリストアップし獲得を目指すことが18日、わかった。

 屈辱の敗戦から一夜明け、オーナー報告を終えた金本監督は2位に終わった今季を振り返り、苦しい胸の内を吐露した。

  出典 阪神、右の大砲ロザリオ獲り 米通算71発 韓国で2年連続30発以上

「言っていいのか分からないですけど(誤算は)外国人の打者ですかね。ほぼ日本人選手、国産で戦ってきましたから。もう少し打ってくれたらな、というのが誤算ですね」

 12年ぶりのV奪回を狙った今季も外国人野手が不発に終わった。新戦力のキャンベルはわずか21試合の出場で打率・191、1本塁打、5打点と精彩を欠いた。7月に途中加入したロジャースも40試合に出場して打率・252、5本塁打、23打点に終わった。リーグ連覇を果たした広島の外国人野手は計38本塁打で107打点を記録。四藤慶一郎球団社長も「そこが広島さんとのね。得点力の部分が大きな差となっている」と冷静に分析した。

 それゆえ、新たな助っ人獲得がV奪回の大きな鍵を握ることは明白だ。四藤社長も「やっぱり長打力のある大砲候補。調査してリストアップして、絞り込みをやっているところまで来ている」と話し、真の大砲候補獲得に向け、すでに動いていることを明かした。

  出典 阪神、右の大砲ロザリオ獲り 米通算71発 韓国で2年連続30発以上

 狙いはメジャー5年間で71本塁打を放ち、韓国プロ野球でも2年続けて30本塁打以上をマークしているハンファのロザリオだ。今季は119試合で打率・339、37本塁打、111打点を記録しており、別の球団関係者も「いい打者。パワーだけでなく、ミート力もある」と穴の少ない大砲として最有力候補であることを認めた。すでに今季も編成担当者が2度、渡韓してチェックするなど早くからマークしてきた。

 国産打線で挑んだDeNAとのCSファーストSでは相手助っ人のロペスが3試合で14打数6安打、1本塁打でファーストS史上最多の6打点。ここでも外国人野手の差が命運を分けた。

 来季に向けて動き出した猛虎。金本監督は坂井信也オーナーに来季のリーグ優勝と日本一を誓った。もう、助っ人補強の失敗は許されない。

  出典 阪神、右の大砲ロザリオ獲り 米通算71発 韓国で2年連続30発以上

<セCSファーストステージ:阪神1-6DeNA>◇第3戦◇17日◇甲子園

 阪神金本知憲監督(49)がCS敗退の悔しさをかみしめた。先発能見が1回から3点を失い、防戦一方となり、4回には3番手の岩崎がロペスに致命的な2ランを浴びて6点差に広がった。

 打線も好投手の先発ウィーランドを攻略できず。勝てばファイナル進出の大一番は完敗だった。指揮官は試合後「雨を理由にすると、言い訳になる。そうではなく、向こうの打線が調子を上げてきたと感じた。時の運もあるし、勝負運とか勝ち運とか。結果がすべてなので。残念で悔しいが…」と振り返った。

  出典 金本監督「胸張っていい」CS敗退も2位の選手称賛 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


 監督就任2年目の今季も若手強化を最大のテーマに掲げ、チーム最多の20本塁打を放った中谷やCSでも大活躍したルーキー大山が台頭。その一方で、昨季、存在感を示した高山や北條、原口が不振に終わった。主戦の先発藤浪が絶不調に陥ったのも誤算だった。中堅クラスの奮闘でシーズンは78勝61敗4分けの2位。昨季の借金12から今季貯金17に押し上げた。

 「(CSで敗れた悔しさを)持ってくれていると思うし、来年につなげる意味でも。つなげないといけないし。1年を考えると、気持ちを前面に出してくれたし、ベテラン、中堅が頑張ってくれた。先発も決められないなか、スタメンも固定できないなかで、2位になれたのは、胸張っていいことだと思う。みんなの野球に対する執念や粘りで2位になれた。今日で最後になったが、ほめてやりたいチームだと思う」と総括した。

  出典 金本監督「胸張っていい」CS敗退も2位の選手称賛 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

甲子園は、強く味方してくれる普段の「ホーム」ではなかった。阪神・金本監督は「お互い同じ条件。言い訳はできない」と話しつつも「選手が本当に気の毒だった。見ていて申し訳ないというか…俺がやれと言っているわけじゃないんだけど」と吐き出した。

 13失点。レギュラーシーズン143試合で3度しかなかった2桁失点を、引き分け以上でファイナルSに進めた一戦で喫した。リーグトップの防御率2・64を誇った救援陣が崩れた

  出典 金本監督「選手が気の毒」…泥かぶった虎投13失点、疲弊し第3戦へ

雨でいつ試合が中断してもおかしくない状況。3回に大山の一発で勝ち越すと、先発・秋山を4回からスパッと岩崎に代えた。桑原、マテオが最優秀中継ぎ、ドリスが最多セーブのタイトルホルダー。強力布陣で逃げ切りを図ったが、岩崎の2失点から誤算の連鎖となった。指揮官は「早めに行かないと、と思いつつも、9回まで行ったら…というのも考えないといけなかった」と振り返った。

 「気の毒」だった最たる選手が桑原だ。チーム最多67試合登板の右腕は4―4の7回に登板。先頭・梶谷のボテボテの当たりが内野安打となり、処理した梅野の悪送球も重なっていきなり無死二塁を招いた。手元は狂いコースも甘くなり、乙坂に3ランを浴びるなど1死のみで6失点。「(投げにくさは)なかった。やられただけです」と悔しがった。

 9回、4点ビハインドで出てきた7番手はマテオ。前倒し継投のツケであとはドリスしか残らず、4安打3失点と傷口を広げても交代できなかった。最悪の状況で必死に守った遊撃・大和は「人生初めて(のグラウンドコンディション)です」と隠さず言った。

 疲弊したまま勝負の3戦目へ向かう。意地の見せどころ。金本監督は「いいコンディションで、総力戦でやりたい」と口にした。

  出典 金本監督「選手が気の毒」…泥かぶった虎投13失点、疲弊し第3戦へ

覚悟が違った。阪神・メッセンジャーが6回3安打無失点。2カ月前、病室で痛む右足に歯を食いしばりながら下した決断に自ら「答え」を出した。

 「状態は悪くなかった。中3日も問題なかった。カーブは良くなかったけど、全体的には良かったと思う」

 序盤から球威、キレともに申し分なく一度も得点圏に走者を許すことはなかった。4回にはロペスに12球を費やすなどファウルで粘られる場面もあったが「アウトを取るまで気持ちを切らさずにいったよ」と粘り強さも発揮した。

  出典 メッセ 史上初!ファーストS中3日で6回0封「監督が信頼してくれたので」

先発・井納で奇襲を仕掛けてきたDeNA・ラミレス監督とは対照的に、CS初采配となった阪神・金本監督は泰然自若に普段着野球を貫いた。シーズン同様、2点リードの7回から「勝利の方程式」を投入して逃げ切り勝ち。普段と違ったのは、シーズンで3度しかなかった7回マテオ、8回桑原の投入順くらいだった。

 「シーズン中にもよくありましたが、クリーンアップとか強力なところは打者の左右もあるけど、調子のいい方を先に出そうということで。桑原の調子が落ち気味だったので、あえてマテオを先に行って。完ぺきでした」

  出典 金本監督「完璧でした」采配的中!勝利の方程式入れ替えた

盤石のタクトを振るった。この日はマテオと桑原の調子を天秤にかけた。3番ロペスから始まる7回を2三振を含む3人で料理したリーグ最優秀中継ぎ投手は「明日もどこでも投げられる準備をして勝ちたい」と頼もしく、胸を張った。

 8回は、もう一人の最優秀中継ぎ投手が粘った。安打と四球などで2死二、三塁と一打同点のピンチを招いたが最後は同姓の桑原を空振り三振。なんとか無失点で切り抜けた桑原は「自作自演です(笑)。次こそはしっかり投げたい」と次戦を見据えた。

 最後はセーブ王の守護神だ。「いつも通り、仕事をしようと思った」と、この日の最速158キロを計測した直球主体に最後は筒香を157キロで3球三振に仕留め無失点リレーを締めた。

 「今年のシーズンは桑原が、ああいうところでキッチリ抑えてくれて、2位になれたので。もう信じていました。(ドリスは)スピードもあってコントロールもあって、本当に安心しました」と指揮官。今季78勝を積み上げた勝ちパターンで、勝つべくして勝った

  出典 金本監督「完璧でした」采配的中!勝利の方程式入れ替えた

14年以来3年ぶりとなる本拠地・甲子園でのCSファーストS開催とあり、11日の午前10時から発売開始されたチケットは1、2戦目は約1時間で売り切れた。今季の主催試合観客動員数は12球団で唯一、300万人を突破しており金本阪神の人気と期待を改めて示したことに、阪神球団営業部の関係者も「(チケットの売れ行きは)まずまずです」と声を弾ませた。

 ネットオークションのサイトでは、1枚7000円のグリーンシート上段席が6万円で落札されるなど、早くもプラチナ化している。第3戦が予定される16日は若干数が残っているが、裏を返せば2戦目で突破を決める――と虎党の誰もが信じているということでもある。短期決戦だけに日本一熱いファンの大声援が大きな力になることは間違いない。

  出典 阪神3年ぶり甲子園CSファーストS 1、2戦チケット1時間で完売

レギュラーシーズン最終戦を白星で締めくくり、今季通算成績は78勝61敗4分けに確定した。約6カ月に及んだペナントレース。金本監督が開幕前に掲げた「月間貯金3」のノルマをほぼクリアする貯金17を積み上げた。だが2位という結果には、もちろん満足できない。「まあ目標は優勝を目指してやってきたわけですから。まずそこは、悔しさはありますね」。143試合の総括を求められた指揮官も、まず悔しさを前面に押し出した。

 とはいえ昨季の4位から巻き返し、手応えをつかんだシーズンでもあった。「若手の底上げとか、リリーフの確立。リリーフの確立とかは去年、なかったものだから。孝介とかも、ある程度、休みを与えたら結果を出してくれることも見えてきたし」。金本阪神の一大方針である若手育成では、チームトップの20本塁打を放った中谷を筆頭に大山、小野らが台頭。そして桑原―マテオ―ドリスの「勝利の方程式」確立が、チームの「勝つ形」構築の基礎になった。

  出典 金本監督、チーム底上げに手応え 貯金17「称えてあげたい」

全員野球も光った。「今年も、ケガ人も出て相変わらずメンバーを固定できない状況でね。先発も誰を投げさせようか、という時期もあった。その状況で貯金17というのは選手たちが頑張って、みんなでカバーし合った結果。そこは本当に称えてあげたい」。故障者が出ても、その穴を埋める選手がタイムリーに現れ、存在感を示した。レギュラーを固定できない代わりに全選手が1軍戦力だった。

 CSファーストSの舞台となる甲子園で連勝締め。その勢いに乗り、14日からはDeNAを迎え撃つ。「そういう意味で甲子園で2つ勝てて、そのまま良い形で入れるかな」と指揮官。次は、日本一へ向けた戦いに臨む

  出典 金本監督、チーム底上げに手応え 貯金17「称えてあげたい」

表情が緩んだ最大の要因は生命線と言える直球の復活にあった。初回、先頭打者の京田から内角144キロで見逃し三振を奪うなど球速以上の伸びとキレで打者を圧倒した。

 開幕から勝ち星を伸ばすことができたのも直球主体に投球を組み立てられたからこそ。この夜は脇を固めるカーブ、カットボール、フォークも威力を発揮し、テンポ良くアウトを重ねていった。9月は未勝利に終わるなど壁にぶつかりながらレギュラーシーズン最終登板で手応えをつかんだ。

 有終の白星を逃してもチームトップの12勝、防御率2・99は堂々たる数字。年間通してチームを支え、「シーズン最後まで投げて、大変さを感じることができた。この経験を来年以降に生かしていくことが大事」と前を向いた。視線はプロ8年目にして初めて上がるCSのマウンドへ――。負けられない決戦の舞台でどんな快投を演じるのか。飛躍の2017年はまだ終わらない。

  出典 阪神・秋山1失点好投 直球復活手応え 初のCSマウンドへ弾み

 地の利があるはずの甲子園で打てない…。この日も「天敵」の前に、阪神打線が沈黙した。相手先発・今永を打ちあぐね、ゼロ行進。終わってみれば散発4安打で今季12度目の零敗を喫し、CS切符の確保はお預けとなった。

 「(直球に)みんな差し込まれている。ちょっと切れがいい真っすぐが来ると、みんな差し込まれる。(課題は)その辺ですよね」

  出典 阪神・金本監督、CSへ不安… 甲子園でDeNA今永打てない

 金本監督の表情もさえない。それもそのはずだ。甲子園では今季3度目の対戦となった今永に3たび敗れた。切れ味鋭い140キロ台の直球に差し込まれ、効果的に織り交ぜてくるスライダー、チェンジアップに凡打の山を築かされた。6回まではわずか散発2安打。7回に糸井の死球、ロジャースの左前打、鳥谷の四球で2死満塁と攻め立てて今永を降板させたものの、あと一本が出ない。これで今永は今季の甲子園での阪神戦3試合で3勝0敗、防御率0・48。CSファーストSの舞台となるであろう甲子園で、対戦すれば登板が確実視される左腕に対し、悪いイメージだけが残ってしまった。

 菅野に完封を許した20日の巨人戦に続き、甲子園では2試合連続の零敗を喫した。本拠地での連続イニング無得点も18日の広島戦の8回から20イニングの大台に乗った。そしてチームの勝敗も、直近6試合は2分けを挟んで4連敗…。勝たなければいけない舞台で、長い連敗トンネルに迷い込んでいる状態だ。

  出典 阪神・金本監督、CSへ不安… 甲子園でDeNA今永打てない

 まぶしいスポットライトはいらない。まさにいぶし銀の働き。阪神・大和が攻守に持ち味を存分に発揮し、1972年以来、45年ぶりとなるシーズンのヤクルト戦18勝目の立役者に名を連ねた。

 まずは初回の守備だ。先発はルーキー小野。先頭の山崎にいきなり左前打され、不安がよぎるところで美技を連発した。続く藤井の二遊間へのゴロを捕球すると自ら二塁ベースを踏み、山崎のスライディングをかわしながら軽やかに一塁へ送球して併殺。続くバレンティンの高く弾んだ二遊間へのゴロに対しても難しいバウンドをいとも簡単に合わせて処理した。「立ち上がりだったんで、いいプレーができて良かったと思う」。他の選手ならファインプレーでも、大和がやれば普通に見えてしまう。

  出典 大和 適時打&美守連発 45年ぶりヤクルト戦18勝立役者に

バットを持っては0―0の4回1死満塁、中村の捕逸で先制し、走者が二、三塁となったところで由規の低めフォークに食らいついた。粘り腰で放った一打は中堅・山崎の前にポトリと落ちる2試合連続の適時打。由規と前回対戦した7月22日もチーム唯一の安打となる2点適時打を放っており、またも由規撃ちを果たした。

 「追い込まれてしまったんでとにかくバットに当てる意識で。当てれば何かが起こると思っていた。見逃せばボール球だと思いますが、外野の前に落ちてくれて良かった」

 8月半ばに痛めた右脇腹の張りから今月7日に復帰後、遊撃の定位置をがっちりとキープ。9回にも中前打し打率は・279。守備だけでなく、しぶとい打撃でもアピール中の背番号0は、ポストシーズンでも欠かせない存在だ。(

  出典 大和 適時打&美守連発 45年ぶりヤクルト戦18勝立役者に

「向こうは優勝しているんでね。こっちは普通にやるだけです」

 5―5に追いついた直後の6回に3番手で登板した藤川は、いつも通り淡々と振り返った。先頭打者の松山に四球は与えもメヒア、小窪を空振り三振に仕留めるなど後続をピシャリ。味方の大量得点後という難しい状況の中で再び試合を引き締め、7月30日の中日戦から18試合連続無失点へ伸ばした。

 絶対的な守護神として君臨していた頃もフル回転の影響で状態を落とすこともあった秋に描く好調。桑原、マテオ、ドリスの2017年版の「勝利の方程式」に劣らない安定感を誇り、金本監督の寄せる信頼感も日に日に厚くなってきた。

 「球児はずっといいのでね。ストライクゾーンにさえいけば、彼は十分に力を発揮できる。去年はストライクを取るのに四苦八苦して、取りにいったところを痛打されるパターンだったけど。ボール自体はスピンが効いているしね」

  出典 球児 18戦連続無失点 金本監督信頼大「ずっといい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.