生活の知恵のプロが教える子供の熱と発疹の解決方法

子供の熱と発疹を解決できます

更新日 2017年03月19日

合計 249pv


大人のADまとめ

子供が病気になったときは、ケアする大人がうろたえないことが大切です。
また、子供が熱を出すと驚くことも少なくありませんが、体温だけでなく全身症状を注意深く観察することがポイントになります。
また、発疹が出たときも含め、一連の経緯を把握しておくと医療機関を受診したときに役立ちます。

発疹が出る場所は病気によっても異なりますが、口の中に出来ると食事が取りにくくなります。
喉に痛みがあるときも食べにくくなりますね。
そんなときは、刺激を与えないものや喉ごしがよいものを選ぶことが大切です。
また、こまめな水分補給を心掛けて脱水症状を防ぐようなケアを心掛けましょう。

喉に痛みが出る病気として「溶連菌感染症」があります。
溶連菌感染症に罹ると、舌が白いコケに覆われたようになった後、赤いブツブツができます。
この症状は「いちご舌」と呼ばれますが、溶連菌感染症にみられる特徴のひとつです。

溶連菌感染症の初期症状は咽頭炎や扁桃炎などの「喉風邪」の症状で、風邪とよく似ています。
また、発熱や発疹をともないますが、39度前後の急な発熱があることも知っておきたいですね。
喉に腫れや炎症がみられるほか、筋肉痛や関節痛などを起こすこともあります。
発疹の出方や広がり方はさまざまですが、痒みをともなうため、不快な症状を抑えるためのケアが必要になります。

溶連菌感染症は幼児期以降に罹りやすいほか、大人が罹る場合もあります。
飛沫感染によって発病しますので、日頃から手洗いやうがいを徹底するほか、免疫力が落ちないように心掛けましょう。

子供は、いろいろな病気を経験しながら成長していきます。
また、発熱や発疹をともなうものも少なくありません。
どれくらいの熱が出るのか、発疹が現れるのはどの時期なのかは病気によっても異なります。
発疹の形や変化の仕方などにも注意したいですね。

子供の病気で発熱と発疹をともなうものとして「水ぼうそう」が知られています。
こちらの病気は、高熱が出た次の日くらいから発疹がでてくるのが特徴のひとつです。
最初は体の1カ所にできますが、数日後には全身に広がることや、小さい発疹から水疱、膿疱、カサブタに変化していく点も知っておきましょう。
ちなみに、すべての水疱がつぶれ、それが乾いてカサブタになるまでは5?7日掛かるようです。

発疹の出る病気には感染力が強いものも少なくありませんが、水ぼうそうの場合も例外ではありません。
水ぼうそうは「水痘」とも呼ばれ「水痘・帯状疱疹ウイルス」の感染によって起こります。
1歳になると予防接種を受けることができますが、それ以前の時期、つまり、赤ちゃんの時期に罹るリスクもあるため注意が必要です。
赤ちゃんが水ぼうそうに罹ると重症になる恐れもあることを知っておきましょう。

発疹ができても痒みを感じない病気もありますが、水ぼうそうは強い痒みを感じるため、かきむしるのを防ぐために爪を短く切ることも大切です。
手にミトンをはめておくのもよいかもしれません。
なお、子供が集団生活を始める年齢になると罹りやすい病気もありますが、水ぼうそうもそのひとつです。
治療のためには、医師の指導をきちんと守るように心掛けましょう。

子供が病気になったときは、発熱や発疹の有無をはじめ、どのような症状があるのかをきちんと把握することが必要です。
また、風邪のように罹りやすい病気はケアしやすいほか、予防対策を立てることも可能です。
しかし、どのような病気が潜んでいるかわかりませんので、過去の経験を過信しないように心掛けたいですね。

病気の原因を知るためには、年齢や月齢が参考になることも少なくありませんので、具体的な時期を把握しておくとよいでしょう。
乳児期には「新生児にきび」や「脂漏性湿疹」などがあり、発疹だけで発熱をともなわない点に特徴があります。
一方、「突発性発疹」は熱が下がった後に発疹があらわれます。

乳児期も含めた子供に罹りやすい病気には「麻疹」(はしか)や「水ぼうそう」などがあります。
「麻疹」は合併症が心配される病気のひとつですが、幼児期以降に罹りやすい病気のひとつ「風疹」の予防も兼ねた「MRワクチン」による対策が注目されています。

予防接種にはどのような種類があるのを知ったうえで、子供の体調などを考えながら受けていくことをおすすめします。
また、病気の原因を正しく知り、治療の対策を立てるためには「かかりつけ医」を持ち、日頃から信頼関係を築くように心掛けましょう。

発熱や発疹をともなう病気には、感染力が強いものも少なくありません。
それを防ぐためには、病気が治るまでは安静を保つことが大切です。
なお、幼稚園や学校を休む期間、いわゆる「出席停止」の期間は病気によって異なるほか、医師の登校許可を受ける必要があることを知っておきましょう。


赤ちゃんといえば「お肌スベスベ」のイメージが少なくありませんが、ちょっとした刺激物にも反応しやすく、大変デリケートな状態にあります。
そのため、赤ちゃんの時期はもちろん、子供の衣類には通気性や吸湿性などにすぐれた綿100%素材を選ぶことが大切です。

また、子供がおむつを使用する時期は「おむつかぶれ」に注意する必要がでてきます。
ちなみに、おむつかぶれは「乳児湿疹」のひとつです。
また、「湿疹」は「発疹」のカテゴリーに含まれています。

テレビCMを見ていると、いろいろなタイプのおむつがあり、肌触りや吸水性のよさ、履き心地のよさをアピールしている商品が多いことに気付かされます。
「紙おむつ」がメインだった時代とは「雲泥の差」かもしれませんね。

たしかに、オシッコに対する吸水性は大きいものがありますが、ウンチの場合は同じというわけにはいきません。
また、発熱時などに下痢をすることもあり、ウンチの回数も増えてきます。
下痢のときは、通常以上に刺激物質が排泄されるため、子供がおむつかぶれを起こしやすくなります。

おむつかぶれを防ぐためには、子供がウンチをしたときに速やかにおむつ交換することが理想的です。
また、お尻のウンチを拭くときはこすらないで水で流すことが大切です。
清潔な水の入ったスプレーボトルや、水分をたっぷり含ませたガーゼやコットンを使用するとよいでしょう。
可能なら、シャワーで洗い流すとよいですね。

なお、発疹には思わぬ病気が隠れている可能性があります。
発熱をともなう場合も少なくありませんので、原因がわからないときは医師の診断を受けることが大切です。


子供が生まれて、初めて「親のありがたさ」を知る人も少なくないと思います。
それくらい、子育てには気苦労が絶えないのです。
もちろん、日々成長していく子供に喜びを感じることも大きいですよね。

子供は成長過程でいろいろな病気を経験しますが、発熱や発疹は代表的な存在だといえます。
どんな病気があり、どのくらいの年齢で罹るかなどについては、子供が生まれる前に知っておくことが大切です。
また、既に上の子供がいる人は、ケアの体験を活かせるメリットもあります。
しかし、どのような病気が隠れているのかわからないことも少なくありません。
子供をケアしながら、ようすをきちんと見守るようにしたいですね。

子供が熱を出したときのホームケアは安静第一です。
高熱があっても比較的元気な場合もありますが、ふだんから平熱を知っておくことをおすすめします。
また、発疹があるときは、発熱の有無や発疹の出るタイミングも注意点のひとつです。
病気によっては、熱が下がってから発疹が出るものもあり、それまで病名がわからない可能性があることも知っておきましょう。

熱があるときは、太い血管が通っている場所(首の後ろ、脇の下、足の付け根など)を冷やすとよいと言われます。
ただし、悪寒がするときは体を温めることが大切です。
こまめな水分補給によって、脱水症状にも気をつけましょう。

発疹の中には痒みが強いものもあり、掻きむしる場合も少なくありません。
それを防ぐためには、爪を短く切る、ミトンをはめるなども重要な注意点です。
また、医師に塗り薬を処方してもらうことをおすすめします。



子育てには、いろいろな不安や悩みがつきまといますよね。
核家族化により、育児の先輩になる祖父母世代が身近にいない場合が多いことも大きな原因かもしれません。
また、育児方法は時代とともに変わりますので、祖父母世代の人が戸惑うことも少なくないようです。

このような背景もあり、育児書やネットでの情報に頼らざるを得ない傾向があります。
しかし、あまりにも多くの情報があるため、些細なことで一喜一憂するかもしれません。
そうならないためには、子供の「かかりつけ医」を持つことをおすすめします。

かかりつけ医がいると子供の体質や病歴などを理解してもらえるほか、病状によっては専門医への紹介を受けられるなど、いろいろなメリットがあるのではないでしょうか。

子供が成長する過程で熱を出すことも少なくありません。
また、体に発疹が出ることもありますね。
発疹が出るタイミングには、発熱と同時の場合や熱がおさまってから出るなど、いろいろなケースがみられます。
そのため、医療機関を受診するときは、発熱の有無や発疹が現れる経過について、きちんと伝えられるようにしましょう。

「発疹」に関して「湿疹」や「蕁麻疹」ということばもあるため、戸惑うかもしれませんね。
結論からいうと、湿疹や蕁麻疹は発疹に含まれると考えられます。
湿疹や蕁麻疹の特徴については諸説がありますが、湿疹は刺激物に触れることで起きる、蕁麻疹にはアレルギーが関係すると捉えておくとよいかもしれません。

なお、発熱のほか、嘔吐や下痢がある、服薬後に発疹ができたなどの症状がみられたら、一刻も早く医療機関の受診をおすすめします。
特に、蕁麻疹が気道内に発症すると呼吸困難に陥る危険性もでてきます。

子供が生まれると、生活スタイルが大きく変わる家庭も少なくありませんね。
特に、初めて赤ちゃんを迎える家庭では、いろいろと戸惑うこともあるのではないでしょうか。
そのような不安を和らげるためにも、妊娠中の女性や配偶者を対象にした研修会には可能な限り参加することをおすすめします。
また、子育て中の友人などとは、ふだんから交友を深めておくとよいでしょう。

子供は成長過程においていろいろな病気に罹ることがあります。
そのため、子供が罹りやすい病気や、具体的な時期などについて知っておきましょう。
また、子供が病気をしたときに慌てなくて済むように、「かかりつけ医」の「小児科」を持つことをおすすめします。
かかりつけ医の大きなメリットとして、子供の病歴を知ってもらえることが挙げられます。
また、医師と顔見知りになることで親も子も安心できることではないでしょうか。

ただし、体に発疹が出たときなどは「皮膚科」のほうがよいのでは?と迷うかもしれませんね。
皮膚科では、文字通り皮膚の病気を治療します。
そのため、内科での治療が必要なときは小児科の受診をすすめられます。

このようなことから、子供の発疹で診療科を迷ったときは、小児科を受診したほうがよいでしょう。
特に、発熱や嘔吐・下痢などがみられる場合は内科的治療が求められます。
また、受診後に症状がひどくなったり脱水症状などがみられたりするときは、速やかに再受診する必要があります。

なお、熱と発疹の出るタイミングは病気によって異なります。
また、熱が出ても元気な場合もありますので、ふだんから子供の平熱を知ることや、子供の様子には十分注意することも大切です。

赤ちゃんはもちろんのこと、小さい子供は言葉をうまく発することができません。
そのため、体調に異変がないかについては、まわりの大人が気をつける必要があります。
また、熱がでても元気な場合があることも知っておきたいですね。

もちろん、安静にしていると回復することも少なくありませんが、子育てが初めての人は戸惑うかもしれません。
また、前回の経験が役立つとは限りませんので、下痢・嘔吐など、子供に起こりやすい症状も含めて十分注意することが大切です。

子供のころはいろいろな病気に罹りやすいほか、発疹ができることも少なくありません。
発疹にはいろいろな種類があり、熱と同時にできる場合や、熱が下がってから出る場合など、いろいろなパターンがあります。
また、発疹の形状やできる場所も実にさまざまですので、その課程も含めて注意深く観察することが大切です。
そのうえで、医療機関を受診したときには、担当医に正確に伝えることをおすすめします。

子供が医療機関を受診するのはどんなときか、迷うことも少なくありませんね。
特に、熱があっても比較的元気だと、ついつい受診を見送ってしまうかもしれません。
しかし、大変な病気が隠れている場合もあります。
熱とともに、あるいは、熱と前後して発疹が出たときは、診断の手掛かりになる可能性が大きいといえます。

なお、医療機関受診後は、医師の指導をきちんと守って安静にすることが大切です。
もし、高熱でぐったりするなど、子供の病状が悪化したときは一刻も早い再受診をおすすめします。

赤ちゃんのお肌は「すべすべ」というイメージがありますよね。
しかし、大変デリケートでトラブルを起こしやすいことを知っておきましょう。
また、赤ちゃんはもちろん、小さい子供は自分の意思表示をしたり、衣類を着脱したりすることはできませんので、まわりの大人が状況を察知することが大切です。

赤ちゃんは大量の汗をかきますが、発汗機能が十分でないため、汗腺を詰まらせることも少なくありません。
このような条件下で起きるのが「あせも」で、乳児湿疹のひとつです。
ちなみに、「湿疹」のほか「発疹」という呼称もありますが、湿疹は発疹のカテゴリーに含まれると考えられます。

あせもができるのは夏場とのイメージが強いですよね。
実際、汗ばむ季節になると、体のいろいろな部位にできやすくなります。
それを防ぐためには、こまめに汗を拭くことが大切です。
自宅にいる場合など、可能ならシャワーで汗を流してあげましょう。

また、綿など吸湿性に優れた素材の衣類を選ぶことも大切です。
脇の下は汗をかきやすいため、ノースリーブよりは袖付のほうがよいでしょう。
授乳やだっこのときなど、赤ちゃんが大人と接する部位にも汗をかきやすくなります。
そのため、タオルやガーゼなどを挟むと、汗を吸い取ってくれます。

なお、あせもは夏場だけでなく、暖房が効いた部屋にいるときもできやすくなりますので、室温を上げすぎないことや厚着をさせないことも大切です。
また、子供の発疹にはいろいろな種類があり、発熱をともなうこともあります。
そのため、熱の有無や全身症状などをしっかり観察したうえで、医療機関を受診することをおすすめします。

子供が大きくなるまでには、いろいろな病気に罹る可能性があります。
発熱は代表的な症状ですが、発疹をともなう場合も少なくありません。
また、熱が出なくても発疹があると心配ですよね。
しかし、赤ちゃんをはじめ、年齢の小さい子供は言葉で表現できないだけに、ふだんからお世話する人が気をつけることが大切です。
原因を知るためには医療機関を受診するように心掛けたいですね。

発疹のなかには「乳児湿疹」と呼ばれるものがあり、乳児期のなかでも生後間もない時期をはじめ、発症する時期もさまざまです。
発疹の種類もいろいろあることも確認しておきましょう。
なお、「湿疹」と「発疹」の表現が気になりますが、湿疹は発疹のひとつに位置づけられているようです。

乳児湿疹のなかには発熱をともなわないものがあり、「新生児にきび」は代表的存在です。
新生児にきびができる時期は、生後まもなく?3カ月くらいと、けっこう幅があるようです。
また、生まれてすぐに経験する発疹が「新生児にきび」という子供も少なくないといわれています。
頬やおでこなどに赤いブツブツなどができたり、皮膚が赤く隆起したりします。
見るからに痛々しい感じですが、痛みや痒みは感じないようで、赤ちゃんがぐずることも少ないようです。

新生児にきびは、お母さんから受け継いだホルモンの影響で起こり、皮脂が過剰に分泌されるため毛穴が詰まりますが、成長にともない自然治癒していきます。
赤ちゃんの体を洗うときは、しっかり泡立てた石鹸でやさしくなでることがポイントです。
また、入浴後は、低刺激のベビーローションなどを使っての保湿を心掛けましょう。


子供が成長する課程には、いろいろな予防接種を受ける機会がでてきます。
予防接種は努力義務になっていますが、どんな種類の予防接種があるかを事前に把握しておきたいですね。
また、子供の体調やほかの予防接種との兼ね合いもあるため、かかりつけ医と相談したうえで受けることが大切です。
特に、年齢の近い子供がいる場合は、それぞれの子供が受けた予防接種について、正確に記録しておくように心掛けましょう。

予防接種を受けるメリットは、その病気に対する免疫力がつくことです。
注目される予防接種のひとつに「麻疹」(はしか)があり、現在は2回の接種となっています。
そのため、それぞれの対象年齢になると、子供の健康状態に注意しながら予防接種を受けることがポイントです。
また、予防接種を受けていない子供に麻疹を移した可能性があるときは、その子の親に話して医師に相談するようにすすめましょう。

なお、麻疹の予防接種は単独で受けるほか、麻疹と風疹予防に役立つ「MRワクチン」を受ける方法があります。
なお、既に風疹を経験している子供がMRワクチンを受けても大丈夫といわれていますが、医師の指導を仰ぐことが大切なのはいうまでもありませんね。

風疹は「三日ばしか」ともいわれる病気で、発熱や発疹をともないます。
麻疹と同様、妊娠中の女性が罹ると大変ですので、風疹が流行しているときなどは医師に相談することをおすすめします。

予防接種を受けた後の副作用も気になるところです。
接種後に発熱や発疹がみられる場合もありますが、けいれんなどの症状があらわれたときは速やかに医療機関を受診することが大切です。


子供は急に熱を出すことも少なくありませんが、初めて子育てする人は心配ですよね。
そんなとき、ネットでの情報は貴重な情報源になりますが、子供の症状に不安を感じたときは医療機関の受診をおすすめします。

子供の体にみられる症状として「発疹」があり、発症する年齢(月齢)や時期的なものが関係する場合もあります。
また、発熱の有無が診断の有力情報になる可能性についても知っておきましょう。

発疹のなかには「乳児湿疹」と呼ばれる乳児期に起こるものもあります。
ちなみに、湿疹は発疹のひとつだといわれています。
また、乳児期とは生後1年までとの考え方が多く、いわゆる「赤ちゃん」の時期が該当します。
この時期に限ったことではありませんが、子供の発疹には発熱をともなうものや、そうでないものもあります。
発疹にはいろいろな形状があり、できる部位もそれぞれだと知っておきたいですね。

発熱をともなわない乳児湿疹のなかに「脂漏性湿疹」があります。
こちらは、生後4カ月までの赤ちゃんに多いといわれ、頭やおでこの生え際にフケのようなものができたり、黄色いカサブタ状のものがビッシリと張り付いたりします。
痛みや痒みはないようですが、炎症を起こして不快な臭いを発することもあるため、きちんとケアすることが大切です。

なお、脂漏性湿疹ができる原因はお母さんからのホルモンの影響で、皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まります。
症状を改善するためには、泡立てた石鹸で赤ちゃんのお肌をやさしく洗うことが大切です。
また、カサブタを落としやすくするためには、入浴前にベビーオイルなどでふやかしておくとよいでしょう。


病気のなかには、子供だけでなく、大人になってから罹るものも少なくありません。
もちろん、風邪や胃腸病などに罹るのに年齢が関係ないことは、みなさんご存じのとおりですね。
しかし、それらの病気に妊娠中の女性が罹ったときは、医師の診察を受けることが大切です。
また、妊娠可能な時期も含めて、自己判断での服薬は厳禁です。

妊娠中に罹ると大変な病気のひとつに「風疹」があります。
風疹は「MRワクチン」(麻疹と風疹の混合ワクチン)で予防が期待できますが、完璧とはいえないようです。
実際、前回の妊娠時には免疫があったのに次回はなくなっていたという体験談もありますので、十分な注意が必要です。

妊娠中は本人も含めて、まわりの人も健康管理に心掛けることが大きなポイントです。
また、妊娠に気付きにくいときもありますので、妊娠を意識している人はふだんからの健康管理が大切になります。

風疹は「三日ばしか」とも呼ばれますが、発熱のタイミングや発疹の出る状況は麻疹(はしか)とは異なります。
つまり、「三日ばしか」は麻疹とは別と考える必要があるのです。
また、妊娠初期の女性が風疹に罹ると、お腹の子供が白内障や心臓病などに障がいが出る可能性が懸念されます。

子供が風疹に罹る時期として4?10歳くらいが多いとの説もうかがえます。
もちろん、赤ちゃんが罹る可能性も少なくありません。
なお、風疹になると、発熱や発疹と同時に、首や耳の下のリンパ腺が腫れる点が大きな特徴です。
発疹は顔から全身に広がることも知っておきましょう。

赤ちゃんの時期にできる湿疹は「乳児湿疹」と呼ばれます。
また、湿疹は発疹のひとつという考え方もあります。
ちなみに、発疹には蕁麻疹なども含まれています。

子供が大きくなるまでには、いろいろな病気に罹ることがありますが、発熱は代表的存在ですね。
熱の出方や発疹の有無など、具体的な症状は病気によっても異なるため、子供が熱を出したときには慌てずに対応することが大切です。

赤ちゃんの時期には「新生児にきび」や「脂漏性湿疹」などを経験することも少なくありません。
また、「おむつかぶれ」や「乾燥性湿疹」などを起こす可能性も知っておきましょう。
ちなみに、赤ちゃんにできる湿疹には、カサカサしたものやジュクジュクしたものなど、いろいろなタイプがあり、できる部位も異なります。

湿疹がいつまでも治らない場合は「アトピー性皮膚炎」の可能性もでてきます。
アトピー性皮膚炎の原因ははっきりわからないようですが、お肌が弱い体質が関係するとの説もあります。
また、アトピー性皮膚炎と診断される時期は医師によっても違いがあり、1?2歳まで様子をうかがうケースもあります。

アトピー性皮膚炎の疑いがある赤ちゃんは、痒みをともなう湿疹を何度も繰り返す点に特徴がみられます。
そのため、綿100%の衣類を選ぶ、洗剤が残らないようによくすすぐなど、お肌に直接触れるものには十分な注意が必要です。

アトピー性皮膚炎は、幼児期以降の子供にもみられることも少なくありません。
また、国民の約1割が罹る大変身近な存在です。
アトピー性皮膚炎に罹ったら、医師の指示に従ってきちんと治療を続けることが大切になります。

子供が病気に罹ったときは、医師の指示に従って治療に専念することが大切です。
熱のわりには元気な場合もありますが、安静第一を心掛けましょう。
感染力が強い病気に罹ったときは、同居家族をはじめ、ほかの人にうつさないための注意が必要になります。

発熱や発疹をともなう病気として「手足口病」があります。
手足口病の特徴は、名前が示すように手足や口に発疹ができることです。
発疹は口からでき、その後、手足にも出ます。
赤ちゃんが罹ったときは、お尻に発疹ができる場合もあります。

だいたい3分の1の割合で38度前後の発熱や咽頭痛がみられますが、あまり熱が高くないことも特徴のようです。
ただし、高熱が出たり、2日以上熱が続く、嘔吐などがみられたりするときは注意が必要です。
頭痛が起きても、赤ちゃんや小さい子供は自分で伝えられないため、ケアをするときには異変を見逃さないことが大切です。
また、手足口病に限らず、症状が軽い場合でも油断は禁物ですので、医療機関の受診をおすすめします。

手足口病には複数のウイルスが関係するため、一度罹って免疫ができた場合でも、別のウイルスが原因で発症することも少なくないようです。
また、夏場に多いともいわれ、「あせも」と間違うこともあります。

子供が手足口病に罹ったときは、食事のケアが大きなポイントになります。
口の中に発疹ができると、痛くて食事ができない場合もでてきます。
そのため、水や赤ちゃん用のイオン飲料などで少しずつ水分補給を行い、脱水症状を防ぐためのケアが必要です。
プリンやゼリーなどの柔らかい食べ物を選ぶのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.