実は・・膝の痛みは簡単に改善・緩和出来ます~秘訣を教えます

ひざの痛みでお悩みの方必見

更新日 2017年03月19日

合計 138pv


大人のADまとめ

日常生活で無意識のうちに行っていることや、家事や仕事中の姿勢のなかには、体になんらかの悪影響を及ぼすものも少なくありません。
たとえば、携帯端末の凝視によるストレートネックが問題視されていますが、体のどこかに何らかの問題が生じると、それだけに留まらず、全身の不調につながることもあるためくれぐれも注意が必要です。

体のなかで「腰」は大変重要な存在です。
特に、直立歩行を行う人類にとって、腰は頭をはじめとする重い上半身を支える大切な役割を担っています。
そのため、間違った生活習慣により腰痛を引き起こす可能性があることも知っておきたいですね。
また、そうすることで腰の痛みを緩和することにもつながるのではないでしょうか。

腰痛の原因として「筋肉疲労」があり、立ち仕事やデスクワークなど、日常生活のなかで同じ姿勢を長時間続けることが考えられます。
中腰での作業が多い人も要注意です。
もちろん、このような日常生活を変えることは難しいかもしれませんが、可能な限り腰痛緩和対策をおすすめします。
お昼休みの時間には、気分転換を兼ねて散歩するのもよいでしょう。
イスに座るときに座布団やクッションを敷くときは、腰の痛みを緩和するタイプを意識して選ぶように心掛けましょう。

なお、こちらで取り上げた「筋肉疲労」による腰の痛みは「疲労性腰痛」や「筋・筋膜性腰痛」としても知られています。
その原因として、背中にある脊柱起立筋の疲労がありますが、それを緩和するためには、体を適度に動かすことによって血流改善することが大切なポイントになります。

日常的に腰痛を抱えている人や、ぎっくり腰を起こしやすい人は、日ごろからの腰痛対策が大切です。
慢性的な腰痛を持つ人は、腰の痛みを緩和するための対策が不可欠になります。
また、腰を痛める機会は誰にもありますので、そうなったときに困らないために、生活空間を工夫しておくと安心です。

腰に痛みが生じると、目の前にあるものにさえ手が届かなくなる場合もあります。
また、高い場所や低い場所にあると致命的です。
そうならないためには、押し入れやクローゼットの収納を見直すことが大切です。
押し入れには日用品の予備を収納することが多いですが、トイレットペーパーのようによく使うものは、立ったままで届く範囲に置いておくと大変便利です。

また、室内を掃除するときに家具を動かす場合もでてきますが、キャスター付きにしておくと動かしやすくなります。
ベッドはパイプベッドにすると軽くて便利です。
パイプベッドにはマットレスなしのタイプもあるため、腰にやさしいマットレスや布団を選べるメリットもあります。
ちなみに、腰の痛みを緩和するためには、適度な硬さがあるマットレスがおすすめです。

なお、室内での転倒を防ぐためにも、家具やコード類の配置には十分注意する必要がでてきます。
また、キャスター付きの家具は動かしやすい反面、すべりやすいデメリットもあるため、動線にはガッチリした家具を配置すると移動するときに役立つ場合もでてきます。

もちろん、どんな方法にも「完璧」はありませんので、あくまでも参考におすすめします。
また、腰痛の原因がわからない人は医療機関を受診することが大切です。

 

体が重いと足腰への負担が増すことが考えられます。
そのため、膝や股関節などの手術を経験した人のなかには、体重管理を心掛けるように医師の指導を受けた人もいると思われます。
ただし、どのくらいの体重が理想的なのかは個々によっても異なります。
体型による違いがありますので、身長と体重の数値だけで判断しないことも大切です。
また、現在の数値だけでなく、過去の体重との増減も見逃すことができないでしょう。

腰に痛みが生じる原因として、体重が関係するかどうかには、する・しないという、2通りの意見があります。
体重が関係するとの意見の背景には、立ったり座ったりするときに腰に掛かる負担が増えるとの考え方がうかがえます。
つまり、そういった動作をするときには、体重の約2.5倍の力が腰に掛かりますが、体重が増えると腰への負担も増すことになるのです。

一方、腰への負担と体重の関係がないとの考え方には「腰痛診療ガイドライン」の存在があります。
つまり、それらを裏付けるデータが揃っていない事情があるようです。

腰の痛みを緩和するためには、体の状態を知ったうえで適度なリハビリが大切です。
腰に痛みが生じる原因として、背骨の歪みも見逃すことができません。
また、骨盤の歪みも否定できない事実ですね。

なお、冒頭でお話したように膝や股関節などの手術をすると、リハビリの必要性がでてきます。
どのような方法で行うのかは医療機関によっても異なりますので、手術方法も含めて事前に確認して納得することをおすすめします。

腰に痛みを感じたときは、医療機関を受診することが大切です。
筋肉疲労による痛みなどのように、原因がはっきりしている場合は、安静にすることで痛みが治まる場合が多いですが、下肢のしびれなどがあるときは要注意です。
また、痛みがだんだん強くなる、発熱があるなどの症状がでてきたときも、速やかに医療機関を受診することをおすすめします。

腰痛のあるときは、どの診療科を受診すべきか迷うことも少なくありませんね。
腰痛には複数の原因が関係する可能性もでてきますが、まずは、整形外科の受診をおすすめします。
ちなみに、整形外科では、薬物療法によって腰の痛みを緩和する治療が行われます。

ストレスなどが原因で腰が痛む場合は、整形外科の受診と並行して心療内科や精神科を受診する形がおすすめです。
心療内科などでは心理療法やカウンセリングのほか、投薬による心のケアも行われます。
また、内臓の病気がある場合は、内科を受診して病気の治療を優先することが必要です。
内臓の病気には重篤なものもあるため、腰の痛みを放置しないで医療機関をきちんと受診することが大切です。

腰痛を緩和するためにコルセットやベルトを装着することもあります。
整形外科医師の指導による「医療コルセット」は、自分の体に合わせたオーダーメイドであり、健康保険が使えるメリットも注目されています。
また、市販品を購入するときは、医師に相談することが大切です。
そのほか、体調への不安や治療方針に疑問を感じたときは、医師に遠慮なく質問するように心掛けたいですね。

なお、腰の痛みを緩和するために接骨院や整体に通う方法もありますが、こちらも医師と相談して通うことが大切になります。

加齢とともに身体のいろいろな部位に変化が出てきます。
また、若いころよりも、いくぶん体重が増加する人も少なくありません。
その結果、足腰への負担が避けられないという、なんとも皮肉な結果につながるのです。

女性は50歳前後に閉経を迎えますが、それによって女性ホルモンが減少するだけでなく、骨密度の減少にもつながってきます。
そのため、同年代の男性よりも骨粗しょう症になりやすいともいわれています。
骨粗しょう症になると、些細なことでも簡単に骨折してしまいます。
そうならないためにも骨密度低下を防ぐことが大切になります。

ちなみに、自分が骨粗しょう症だと知らないままの人も少なくないようです。
骨粗しょう症になると、腰に痛みを生じてきます。
具体的には、腰の圧迫骨折や小さい骨折の繰り返しが挙げられます。
また、背骨の変形による体の歪みによって、腰に痛みを感じる可能性も否定できません。

なお、無理なダイエットも骨粗しょう症の原因にもなります。
特に、女性の場合はスタイルを気にする人も少なくありませんが、若いころのツケが骨粗しょう症を招くことも知っておきましょう。
日頃から栄養バランスの取れた食事が大切ですが、骨のもとになるカルシウムの摂取を心掛けるようにしたいですね。

なお、腰の痛みを緩和させるためには、日頃からの適度な運動も大切なポイントになります。
もちろん、腰痛の緩和には薬の服用などで骨を強くすることも必要ですので、医師の指導を受けながら適切な運動をすることをおすすめします。

加齢にともない、身体にはいろいろな変化が訪れますが、更年期が関係している場合も少なくありません。
いわゆる「更年期障害」ですが、その背景には心身両面にわたり、さまざまな原因が考えられます。
また、女性特有の症状ではなく、男性に現れる症状としても注目されています。

女性の更年期障害は閉経との関係を見逃すことができません。
閉経を迎える時期はだいたい50歳ですが、その前後5年(45?55歳)を更年期と呼ばれることが一般的です。
ただし、更年期には個人差があるため、ひとつの目安にするとよいのではないでしょうか。

更年期に起きる不快な症状のひとつに腰の痛みがあります。
その原因として、加齢による骨や筋肉の老化のほか、女性ホルモンの減少が考えられます。
つまり、これまで分泌されてきた女性ホルモンが急激に減少するため血流が悪くなり、体のコリや腰の痛みなどを発症するのです。
もちろん、長年の生活習慣による無理な姿勢や体重などによる影響も少なくありません。

そういった不快な症状を緩和するためには、体を温めて痛みを取り除くだけでなく、心身ともにリフレッシュすることが大切です。
特に、更年期を迎える時期は、自身の退職や子どもの独立など、人生の大きな節目を迎える時期でもあります。
体力の衰えとともに老後の生活も不安になります。
もちろん、経済的な面での不安もついてきますね。

なお、更年期に起きる腰の痛みには卵巣嚢腫などの病気が原因の場合もありますので、症状を緩和するためにも、まず、医療機関で診察を受けることをおすすめします。

「腰」という漢字には「要」が含まれています。
そのことから、私たちの体にとって大変重要な役割を持つことが考えられます。
また、腰痛が起きるのは二足歩行をする人間ならではの悩みともいえるでしょう。

元気なときは腰の存在を気にしない人も少なくありませんが、腰を痛めると大変つらい想いをする場合もでてきます。
極端かもしれませんが、体を少し動かすだけで激痛が走ることもあるのです。
また、中腰になったときに痛みを感じる人や慢性的な痛みを抱える人など、腰の悩みは人それぞれです。

このようなことから、腰の痛みを緩和するためには、きちんと原因を知ったうえで、正しく対処することが大切なポイントだと知っておきましょう。
そのためには、医療機関を受診することが不可欠になります。

やはり、痛みの緩和に自己判断で対処することは大変危険です。
これは、腰に限られたことではありませんが、慢性的な痛みがあると痛みに慣れてしまう人もいます。
また、同じような症状を何度も繰り返す場合も、そういった傾向があるかもしれませんね。
しかし、過去に診断を受けて原因がわかっている場合でも、これまでとは様子が違うと感じたときは速やかに医療機関へ行くことをおすすめします。

なお、腰痛を緩和するためには寝具などの見直しも大切です。
1日の3分の1を占める睡眠。
快眠を得るためには寝具の存在は大変重要だといわれています。
ただし、マットレスなど寝具の選び方にはいろいろな意見がありますので、それらの情報のなかから自分に合った情報を取り入れるようにしましょう。

名前を聞いただけでも痛みを感じる人もいるかもしれません。
「椎間板ヘルニア」は、それほど知名度の高い病気といえるでしょう。

この病気が起きる原因は、腰にある椎間板や繊維輪に亀裂が入り、内部にある髄核が飛び出して神経組織を圧迫するからだといわれています。
その結果、激しい腰痛のほか、片側の下肢に痛みやしびれなどを引き起こします。
ちなみに、その部位は圧迫される神経によっても異なってきます。

腰椎には5個の椎骨があり、脊柱(頸椎、胸椎など)のうちでも、上半身を支えるために大変重要な役目を背負っています。
また、立ったり座ったりと日常的な動作にともなう可動性も大きいため、椎間板はダメージを受けやすい部位です。

椎間板ヘルニアは、20?40代という比較的若い世代に多く、人口の約1%が発症するともいわれています。
椎間板から飛び出した髄核は自然消退の可能性もありますが、その確率や時期などは明確になっていないようです。

椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたときなどに急激に発症するほか、徐々に発症する場合があります。
痛みやしびれなどが出るのは、片側の足の場合が多いことも特徴のひとつです。
また、咳やくしゃみなど、ちょっとした刺激で症状が悪化することもあるため注意が必要になります。

椎間板ヘルニアの診断にはMRI画像のほか、脊髄造影、椎間板造影などの検査を行うこともあります。
痛みを緩和するためには、保存療法をはじめ、薬物療法、手術療法も知られています。
また、痛みを緩和する民間療法の選択肢もありますが、まず、医療機関で診断を受けることが大切です。

腰に痛みを感じる原因はいろいろです。
また、急激な痛みを感じるときと、日常的に痛みを感じる場合もあり、前者は「急性腰痛症」後者は「慢性腰痛症」といわれます。
そのひとつに「ぎっくり腰」があり、こちらは急性腰痛症です。

ぎっくり腰は、ちょっとした動作のはずみで起きることも多く、誰にでも起こりうる病気です。
重いものを持ち上げたり、腰をねじったりすることは代表的なシーンですが、椎間板や筋肉、靭帯のいずれかを損傷することが痛みの原因になります。

ぎっくり腰は、安静にしていると数日で回復する場合が多いですが、回復間際に再び悪化するなど、いろいろな体験談を見聞きすることも少なくありません。
痛みがひどいと、腕を動かすなど、ほかの動作にも影響が出る場合もあるようです。
身近に体験した人がいると、折に触れて話を聞いておくと役立つかもしれませんね。

腰痛症を防ぐには、体に引き寄せてから荷物を持ち上げるなど、日ごろからの心掛けも大切です。
腰椎が前弯することもよくありませんので、それを防ぐためには、イスに座るときは膝を臀部よりも高くすることもポイントになります。
 
ぎっくり腰を緩和させるためには、安静や投薬が功を奏します。
また、慢性腰痛症のある人は、腰痛体操を取り入れることで症状の改善にもつながります。
ちなみに、腰痛体操をする目的として、姿勢の改善や腹筋・背筋の強化のほか、軟部組織に柔軟性を持たせるなどがあります。
また、腰の痛みを緩和するためには原因を知ることが大切ですので、医療機関を受診して医師の指導を受けることをおすすめします。

加齢にともない、身体のいろいろな部位に衰えを感じることも少なくありません。
また、一度に衰えるのではなく、日々の生活習慣などの影響を受けながら、少しずつ変わっていくことも知っておきましょう。

加齢による変化が顕著な部位として「腰」が挙げられます。
特に、女性の場合は、閉経にともなう女性ホルモンの減少が大きいといわれています。
骨を丈夫に保つためにはカルシウムの摂取が重要ですが、食べ物だけでは十分な量が取れないことも懸念されています。

また、加齢によって腰が曲がってくる人もでてきますが、その原因のひとつ「筋力低下」が見逃せません。
腰を支えるためには「背筋」と「腹筋」の存在が大きく、それらがバランスを保つことが良い姿勢を保つことにもつながるのです。
たとえば、背筋が強すぎると腰椎が反り返った状態になり、腰の痛みの原因にもなります。
また、背筋と腹筋のどちらも弱くなると背中が曲がってくるため要注意です。

腰が曲がると姿勢が悪くなるだけでなく、内臓が圧迫されるなどいろいろな弊害も起きてきます。
これまで手が届いていた場所に手が届きにくくため、日用品を押し入れに収納するときに注意する必要がでてきますね。
イスの上での電球交換も危なくなるため、避ける必要性があります。

腰の痛みを緩和するためには、まず、腰痛の原因を突き止めることが大切です。
その結果、内臓の病気などがみつからない場合も無理な運動は避けましょう。
やはり、医師の指導を受けたうえで正しい運動をすることが腰痛緩和につながるのではないでしょうか。

腰痛の原因を考えるとき、骨盤の存在を抜きにすることはできないでしょう。
それほど、大切な存在なのです。
整体の施術などでも注目される骨盤の歪みですが、骨盤には体を支える重要な役割があるだけに、常に正しい状態に保つことが必要です。

また、立ち仕事よりも座り仕事のほうが腰や骨盤への負担が大きいともいわれています。
立つときは両足で体を支えますが、座ったときは腰と骨盤で上半身を支えることが大きな理由ですが、目から鱗が落ちる想いをした人もいるかもしれませんね。

腰の痛みを緩和するためには、座り方を工夫しましょう。
イスに腰掛けるときは、前かがみにならないように気をつけることが大切です。
背中が丸くならない、両肩が前に出すぎないなども、重要なチェックポイントです。
背もたれに頼らないことや、骨盤をサポートするクッションを利用するなど、いろいろな方法があります。
また、ソファーに座る機会もでてきますが、柔らかいソファーには可能な限り座らないほうがよいでしょう。

また、腰の痛みを緩和するためには適度に体を動かすことも大切です。
休憩時間を利用して体をほぐすとよいですね。
「ラジオ体操」にはいろいろな運動が含まれているため理想的な体操だといわれています。
もちろん、腰痛の原因をきちんと確かめてから体を動かすことが重要なのはいうまでもありません。

なお、イスに座ったときに足を組む人も少なくありませんが、骨盤の歪みをひどくする原因にもつながります。
無意識に足を組んでしまう人は、体に歪みが生じているともいわれます。
もし、足を組むのなら、交互に組むなど工夫することをおすすめします。


私たちが生きていくためには、直面するいろいろな課題を乗り越えることが大切です。
また、自分になんらかの難題を与えることで、モチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。
ただし、自分に抱えきれないほどの大きい課題はストレスになり、自分を追い込むことにもつながります。

精神的なストレスが生じると、身体のいろいろな部位に変化が起きることも少なくありません。
人前で話をするときに心臓がドキドキしたり、手が汗ばんだりすることは代表的な症状ですよね。
このようなことは誰にも起こりますが、症状が重い場合は医療機関の受診をおすすめします。

また、精神的ストレスにより腰痛が起きることも知っておきたいですね。
腰に痛みを感じる原因には、筋肉疲労をはじめ、いろいろな原因がありますので、それを知るためにも医療機関を受診することをおすすめします。
腰の痛みを緩和する方法としてウォーキングやストレッチなどの運動がありますが、実施するときは医師の指導に従うことが大切です。

なお、ストレスによって腰痛が起きる原因として、ドーパミンやオピオイドなどの分泌低下が考えられます。
そのため、少しの痛みを激しく感じたり、痛みが長引いたりすることも少なくないのです。

また、過去につらい想いをすると、同じような場面に直面すると必要以上に不安な気持ちになる可能性もでてきます。
これは、腰痛に限ったことではありません。
身体の痛みやストレスを緩和するためには、自分自身を客観視することや生活環境を見直すことも考えましょう。

腰に痛みを感じたときは、きちんと原因を調べたうえで、緩和するための適切な処置をすることが大切です。
もし、間違えた対処をすると、症状が緩和するどころか悪化するリスクがでてきます。
また、重大な病気を見落としてしまう可能性があることについても、常に念頭に入れておくことをおすすめします。

腰が痛む原因には、筋肉疲労や腰痛症などのほか、内臓の病気が隠れている場合もあります。
内臓の病気が原因となる腰痛については、腰痛全体の約1%とのデータも存在しますが、適切な治療を怠ると取り返しがつかなくなる恐れもあります。
そのため、腰に痛みを感じたときは、速やかに医療機関の受診をおすすめします。
特に、姿勢を変えても痛みが引かない、痛みがどんどん強くなるときなどは要注意です。
また、空腹時や排尿時に痛むなど、なんらかの状況が腰の痛みに関係する場合もあります。

内臓に病気があると腰が痛む理由のひとつとして、臓器が肥大してお腹や腰が圧迫されることが考えられます。
特に、背中に近い臓器に病気があるときは、腰にも痛みが出やすいことを知っておきましょう。
また、背中や脇腹などが痛むことや、高熱を発したり、体にだるさを覚えたりすることもあります。
そのため、どこが痛むのか、どんな症状があるのかも病気を知る目安になります。

なかには、胃腸の調子が悪くて腰に痛みを感じることもでてきます。
便秘は代表的存在ですが、便秘が続くといろいろと不快な症状に悩まされます。
それらを緩和するためにも、生活全般を見直してきちんと治すようにしましょう。


私たちは、日常生活のなかで知らず知らずのうちにストレスを感じることも少なくありません。
特に、人間関係によるストレスは大きな課題です。
夫婦ふたりだけの生活でもストレスを生じますが、家族の人数が増えるにつれてそれぞれの関係も生まれるため、息苦しさを感じる人もいるのではないでしょうか。

精神的なストレスが身体の不調につながることもあります。
身体のどこかに痛みや不快な症状を感じたり長引いたりする場合は、医療機関を受診して原因を突き止めることが大切です。
また、診断にもとづいた適度な治療も必要になります。
しかし、原因がわからないのに痛みなどの症状が続く場合もあるのです。

精神的ストレスによる腰痛も、そういった原因が考えられます。
そのため、痛みを緩和するためには精神的なケアが不可欠になります。
実際、軽い腰痛を感じている人のなかには、仕事や日常生活において大きなストレスを感じる人が多いとのデータも存在します。

仕事による腰痛の原因として、仕事中の姿勢も見逃せません。
前かがみの姿勢や腰を反らした姿勢などが日常的に続くと、腰への負担も大きくなります。
また、椎間板の中央には「髄核」がありますが、それが前後左右にずれることで痛みを感じる可能性についても知っておきましょう。

このように、腰が痛む原因はひとつではなく、複数の要因が絡むことが考えられます。
そのため、痛みを緩和する方法は慎重に選ぶ必要がでてきます。
もちろん、医師の指導を忠実に守ることが腰痛の緩和につながることはいうまでもありませんね。

私たちが無意識のうちに行っている姿勢によって、体に負担を掛けることも少なくありません。
その結果、体が歪むことにもつながるため、日ごろから注意するようにしたいですね。
無理な姿勢による腰痛も見逃せない存在です。
もちろん、腰痛緩和のためには、しかるべき検査をして原因究明することが大切なことはいうまでもありません。

姿勢と腰痛の関係で注目されるものとして、前かがみになると痛みが悪化する「前屈障害型腰痛」と、後ろに反らすと痛みが悪化する「後屈障害型腰痛」があります。
それら2つのうち、特に多いのは前屈障害型腰痛だといわれています。

前屈障害型腰痛が起きる原因のひとつとして、前かがみの姿勢を続けることが挙げられます。
長時間のデスクワークは運動不足を招くほか、老化による背筋の衰えなども拍車を掛けます。
前かがみになると腰に痛みを生じるのには、脊椎を正常に保つ「S字カーブ」に歪みが生じることが関係しています。
つまり、椎間板や筋肉、靭帯などに大きな負担が掛かることが腰痛につながるのです。

前屈障害型腰痛は、背中を丸めてする仕事や、中腰での作業が多い仕事をしている人に起きやすいといわれます。
そのため、デスクワークや農作業などをするときは注意しましょう。

前かがみに慣れると、背骨を伸ばしにくくなります。
そうならないためには、適度な休憩を入れるほか、ストレッチを取り入れることをおすすめします。
また、前かがみや中腰にならなくても済む道具を使う方法もあります。
たとえば、掃き掃除をするときは、長い柄のついた箒を使うと腰痛緩和に役立つのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.