株価の動きや気になる指標、経済情報など!マーケット情報

気になる株価の動きや情報、経済指標、経済展望などを更新します。時系列で見ていくことでマーケットの動きがつかみやすくなるでしょうし、投資に大いに役立てると思われます。

更新日 2017年11月17日

合計 3888pv


大人のADまとめ


 下落に転じるタイミングはそう遠くないかもしれない。日銀が金融緩和の一環として続けているETF(上場投資信託)の買い入れが止まる時、それは始まる。

 現在の株高は好調な企業業績が根底にあるとはいえ、日銀による年6兆円規模のETF買い入れの影響力も非常に大きい。今年に入って、日銀のETF買い入れだけで、日経平均を4000~5000円押し上げる効果があったといわれており、まさに「官製相場」と化している。

 そうした異常事態はいずれ解消に向かうため、その時期について市場関係者は気を揉み、様々な見方がされているが、私は早ければ2018年の年明けにあってもおかしくないと見ている。

  出典 日本株に潜むリスク 日銀のETF買いストップなら日経平均1万6000円まで急落も (マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース

 根拠としては、ここにきて日銀のETF買い入れのペースがダウンしていることが挙げられる。日経平均をはじめ日本株の指数が上昇していることから、買い入れを行なう必要がなくなっているからだ。

 加えて、2018年の年明けには、同年4月に任期切れとなる日銀の黒田東彦総裁の後継問題がスポットライトを浴びてくる。そうなれば日銀によるETF買い入れの出口論も話題に上ってくる。

 日銀がETF買い入れを止める可能性が浮上すれば、投資家たちは黙っていない。たちまち「売り」が先行し、日経平均が2000円程度急落する可能性は十分あり得る。

 そして、実際に日銀金融政策決定会合でテーパリング(量的金融緩和の縮小)を示唆するようなコメントが出てくれば、さらに2000円程度下落してもおかしくない。そのうえでETF買い入れストップなどが正式決定されれば、さらなる下落に見舞われ、日経平均は1万6000円程度まで値下がりする可能性まで考えている。

  出典 日本株に潜むリスク 日銀のETF買いストップなら日経平均1万6000円まで急落も (マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース

東京株式市場で日経平均は3日続落した。税制改革の先行き不透明感を背景に米主要株価指数が下落。外部環境を引き継ぐ形で日本株は朝方から売りが優勢となった。短期筋の先物売りが出て一時350円を超す下げとなったが、日銀のETF(上場投資信託)買いの思惑が台頭。後場に下げ幅を縮小した。
TOPIXは続落。1800ポイント台を回復して取引を終えた。東証1部売買代金は3兆5894億円と活況。石油関連株の上昇が目立ったほか、海運もしっかり。下落率上位にはゴム製品、非鉄金属、水産・農林が入った。

  出典 日経平均は3日続落、米株安嫌気し一時350円超安 後場下げ幅縮小 (ロイター) - Yahoo!ニュース

日経平均の3日続落は9月4─6日以来、2カ月ぶり。前日に指数が乱高下したことで投資家心理が委縮し、日中値幅は212円と、やや不安定な値動きを見せた。

「前日にボラティリティ―が高まったことで先物の注文を手控える投資家が増えた」(外資系証券)という。結果として短期筋による仕掛け的な先物売りで軟化しやすい地合いとなったが、日銀のETF買いによる需給インパクトが意識され、日経平均は2万2500円を手前に下げ止まった。

後場に入ると一時2万2700円台前半まで下げ幅を縮小。東証1部の値上がり銘柄数は前引け時点と比べ増加した。好決算が評価されているソニー<6758.T>が底堅く推移したことも、投資家心理の改善につながったようだ。

市場では「下がったところでは押し目買い意欲が強い。この水準まで上昇したことを考えれば大きな下げとは言えず、良好な地合いも変わってはいない」(岡三証券・日本株式戦略グループ長の小川佳紀氏)との見方が出ていた。

  出典 日経平均は3日続落、米株安嫌気し一時350円超安 後場下げ幅縮小 (ロイター) - Yahoo!ニュース

SUBARU(スバル)は6日、2018年3月期の連結業績予想を下方修正した。営業利益は前期比7.5%減の3800億円の見通し。従来の4100億円から300億円下振れる。新車出荷前の完成検査を無資格者が行っていた問題で対策費用100億円を計上するほか、米国や中国での自動車販売計画を引き下げた。

トムソン・ロイターが算出したアナリスト22人の今期営業利益の予測平均値は4460億円で、会社側の修正値は市場予想を下回る。

今期の売上高予想は前期比1.6%増の3兆3800億円(従来は3兆4200億円)、純利益予想は同26.7%減の2070億円(同2285億円)に下方修正した。

  出典 スバル、米中不振で今期業績下方修正 無資格検査で費用100億円 (ロイター) - Yahoo!ニュース

吉永泰之社長は同日の決算会見で、無資格者による検査問題の対策費用を当初の2倍の100億円とした理由について「リコール対象台数、やり方を変えたわけではない」とし、「100億円すべて使うと決めたわけではないが、『50億円が上限だ』というような現場の動きにならないよう、信頼回復を最優先して必要な手を打つ」と説明した。10月27日の会見では、約25万5000台を対象にリコール(回収・無償修理)を行い、リコール費用を50億円強としていた。

販売への影響は現時点で「見通せない」(吉永社長)ため、業績予想に織り込んでいない。今週を予定していたリコール実施は来週になる予定。原因究明と再発防止策に向けて、外部の弁護士約20人による再調査を行い、1カ月後をめどに国交省に調査結果を報告するという。

  出典 スバル、米中不振で今期業績下方修正 無資格検査で費用100億円 (ロイター) - Yahoo!ニュース

安倍晋三首相は1日の記者会見で、来年4月に任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁について「手腕を信頼しており、金融政策は任せている」と評価した。首相が信頼感を改めて明言したことで、黒田氏再任を有力視する声が一段と高まった。

  出典 <日銀総裁人事>黒田氏の再任有力視 安倍首相「手腕信頼」 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

安倍首相は後任人事について「全くの白紙」と言及を避ける一方、黒田氏の成果については「政府・日銀で連携を強化してきた結果、デフレではないという状況を作り出すことができた。政治の最も大切な責任である雇用において、大きな成果を上げてきたと思う」と高く評価した。さらに「引き続き日銀が(物価2%上昇の)目標達成に向けて取り組むことを期待している」と、現行政策の継続を求めた。

 政府・与党内では、日銀の大規模金融緩和が景気の回復や円安・株高を後押しし、安倍政権の支持拡大に貢献したと評価する見方が多く、衆院選の圧勝を受けて「交代させる必要はない」との声が強まっている。

 ただ、現在73歳の高齢がネックとなるほか、任期中に2%目標が達成できなかったことを理由に「新たな人材が必要」との声もあり、他の候補が浮上する可能性もある。

  出典 <日銀総裁人事>黒田氏の再任有力視 安倍首相「手腕信頼」 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

任天堂は30日、2018年3月期連結決算の業績予想を上方修正した。

 本業のもうけを示す営業利益は、今年4月時点の予想より550億円多い1200億円(前期は293億円)と、11年3月期以来、7年ぶりに1000億円台を回復する見通しだ。3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が国内外で好調なためだ。

 最終利益は、450億円の予想を850億円(同1025億円)に上方修正した。スイッチの累計販売数は763万台で、品薄が続いていることから生産体制を強化する。17年度の販売目標は1000万台から1400万台に引き上げた。

  出典 任天堂「スイッチ」好調…業績予想を上方修正 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

週明け30日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、前週末比85・45ドル安の2万3348・74ドルだった。 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、2・30ポイント安の6698・96だった。

  出典 NYダウ終値、85ドル安の2万3348ドル : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 25日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は、前日比97円55銭安の2万1707円62銭で、9月29日以来、17営業日ぶりに値を下げた。

 日経平均は前日まで過去最長となる16営業日連続で続伸していたが、連続上昇記録はストップした。

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は5・49ポイント低い1751・43。

  出典 日経平均終値、17営業日ぶり反落…97円安 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

20日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)は14営業日連続の上昇となり、高度経済成長期の1960年12月~61年1月に記録した歴代1位の長さに並んだ。

 終値は、前日比9円12銭高の2万1457円64銭だった。

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は0・60ポイント高い1730・64。

  出典 日経平均、14営業日連続上昇…歴代1位タイ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

19日の東京株式市場は、円安と前日の米株高を背景に企業業績の改善を期待する買いが優勢となり、日経平均株価(225種)は13営業日続伸した。13営業日続伸は、バブル景気の1988年2月以来、29年8カ月ぶり。

  出典 東証、バブル期以来の13営業日続伸 29年8カ月ぶり - 産経ニュース

終値は前日比85円47銭高の2万1448円52銭で、96年10月以来、21年ぶりの高値をつけた。

 東京証券取引所第1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も5・40ポイント高の1730・04で、10年3カ月ぶりの高値を更新した。

 市場規模を示す東証第1部の時価総額は637兆円を超え、過去最大記録を塗り替えた。出来高は約15億2000万株。

 外国為替市場の円相場が一時1ドル=113円台に下落したことから、国内の輸出企業の業績が改善することへの期待から買いが優勢となった。

  出典 東証、バブル期以来の13営業日続伸 29年8カ月ぶり - 産経ニュース

東京株式市場で日経平均は12日続伸。取引時間中の年初来高値を連日で更新した。前日の米ダウ<.DJI>が一時2万3000ドル台を付けるなど、米国株の上昇基調が止まらず、リスク選好ムードが優勢となった。高値警戒感がくすぶる中、一時下げに転じる場面があったが後場に持ち直した。12連騰はいわゆる「アベノミクス相場」の連騰記録で最長タイとなる。

  出典 日経平均は12連騰、安倍相場の最長記録タイ リスク選好ムード継続 (ロイター) - Yahoo!ニュース

TOPIXは小幅ながら8日続伸。東証1部売買代金は前日比10.5%減の2兆2840億円だった。セクター別では医薬品、陸運が上昇率上位にランクイン。下落率トップは海運で、鉄鋼がこれに続いた。

TOPIXコア30は前日比0.44%高。TOPIX(0.07%高)を上昇率で上回り、大型株が選好される地合いがきょうも続いた。対照的にJPX日経中小型株指数<.JPXNKMSC>は0.56%安。東証1部全体では値下がり銘柄数が約6割に上った。

2012年11月以降のアベノミクス相場において、日経平均は15年5月15日─6月1日の12営業日続伸が連騰記録として最長だったが、今回これに並ぶ格好となった。短期的な過熱感が意識され買い一巡後は軟化したものの、下値は限定的だった。

  出典 日経平均は12連騰、安倍相場の最長記録タイ リスク選好ムード継続 (ロイター) - Yahoo!ニュース

17日午前のニューヨーク株式相場は、堅調な米企業業績を好感して続伸し、優良株で構成するダウ工業株30種平均は一時、2万3000ドルの大台を初めて突破した。

 午前11時15分現在は前日終値比39.22ドル高の2万2996.18ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は3.32ポイント高の6627.32。 

  出典 NYダウ、一時2万3000ドル突破=7日連続高値更新 (時事通信) - Yahoo!ニュース

週明け16日のニューヨーク外国為替市場では、前週末の米インフレ指標を受けた円買い・ドル売りの流れが一服し、円相場は米長期金利の上昇などを手掛かり材料に1ドル=112円台前半に下落した。午後5時現在は112円14~24銭と、前週末同時刻(111円81~91銭)比33銭の円安・ドル高。
 9月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことを受けて前週末に活発化した持ち高調整の円買い・ドル売りの流れがニューヨーク市場に入ってからも継続。ただ、この流れは午後の早い段階までに一服。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が15日の講演で、年内の利上げを維持する考えを示唆したことが改めて意識されたほか、米長期金利が上昇する場面ではドル買いに弾みが付き、円は一時112円29銭まで下落した。

  出典 外為情報:時事ドットコム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.