【ドリフトスピリッツ】ストーリーを進めていくうえで、エリア毎に紹介とまとめ【画像あり】

ドリフトスピリッツのストーリーを進めていくうえで、エリア1~6をまとめてみました。
宜しくお願い致します(^▽^)

更新日 2017年01月13日

合計 6574pv


大人のADまとめ

  出典 cdn.wiki.famitsu.com

アフロのヒロシ

最初のボス。奈美子に絡んでいたところに現れた主人公と最初に勝負することになった。神風連合の一員。その後のストーリーにもよく登場するキャラクター。お調子者で他のキャラクター達からも粗雑な扱いを受けることが多い。


峠に来たばかりの主人公に煮え湯を飲まされたアフロのヒロシ。彼は自らの仲間を連れ、再度勝負を挑んできた。神風連合の傘下チーム、『アフロディーテ』。総数20人との勝負が幕を開けた。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

DJサイゴー

アフロのヒロシに勝った後に現れるラッパー。ラップ口調で会話をするが、敗北したり意気消沈しているときには元気を失って言葉も沈んだものに変わっている。主人公達に対しては関わることは少なかったが、最後には不器用ながらに協力をしてくれた。

愛車は『RX-8 SE3P』



アフロのヒロシに勝利した主人公と奈美子。そんな二人の元に新たな敵が現れる。アフロのヒロシが連れてきた新たな敵、DJサイゴー。ラップ調で話すDJサイゴーと、チーム『ラップトップ』との勝負が始まる。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

ドラゴンのマスジ

威圧感のあるガラの悪い金髪の男。主人公に敗北したアフロのヒロシやDJサイゴーに激昂し、自ら挑んでくる。常に強気な態度で居るが、ターバンのケンに対してはあまり強く出れない様子。

愛車は『CIVIC TYPE-R EK9』



DJサイゴーに勝利した主人公と奈美子。二人の前に、アフロのヒロシとDJサイゴーが現れる。二人は意気消沈した様子で、普段の元気が感じられなかった。忠告に来たというヒロシ。神風連合には「葦柄の双剣」と呼ばれる2人の実力者がいるらしい。その中の一人、「ドラゴンのマスジ」に主人公達は目をつけられたらしい。二人は「ドラゴンのマスジ」と、チーム「毒含竜(どくがんりゅう)」との勝負をすることになった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

ターバンのケン

白いフード付きのパーカーを着ている、ターバンを付けた男性。常に冷静な面持ちで、どのような時でも落ち着きを失わない。

愛車は『LANCER Evolutionlll CE9A』



ドラゴンのマスジに勝利した二人の前に現れたのは、ターバンのケンだった。神風連合の一人として、敗北を続けているケジメをつけに来たという。彼も今までの敵同様に、二人へと勝負を挑んでくる。勝負を始める前、現れた男をケンは「神風」と呼んだ。彼は見物人と自らを言い、勝負の行方を見守るようだった。ターバンのケンと、チーム『デスパレード』のメンバーとの戦いが始まる。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

神風のトオル

テンガロンハットをかぶっている茶髪。主人公に敗北した後は仲間となり、情報提供などをしてくれるようになる。他の四天王との面識もあるようで、皇帝を追いかける主人公達に協力してくれることが多い。

愛車は『SUBARU BRZ ZC6』最後に主人公と戦う際はとっておきの愛車『NSX TYPE-R NA2』で挑んでくる。



神風連合の幹部達全員に勝った主人公の前に、一人の男が立ちはだかる。神風連合のボス、「神風のトオル」。彼は他のメンバーと違い、メンツや名誉へのこだわりは示さなかった。ただ単純に、強い奴が正義だと彼は言う。神風のトオルとの勝負が始まろうとするその前に神風連合のメンバー達が現れる。今まで倒してきたアフロのヒロシやDJサイゴー、その他のメンバー達がリベンジを申し込んでくる。神風連合、その全員との勝負が幕を開けた。

ボス戦のポイント

コースに特に難しい場所はないので、落ち着いてやれば負けないだろう。ボスだからと慌てずに、ロケットスタートをしっかり決めること、ドリフトのタイミングを成功させることが大切だ。3つ目のドリフトコーナーが長いため、ここでニトロを使うと効果的である。もし勝てない場合はパーツの強化をしているか、パーツはしっかり取り付けできているかを見直してみよう。

  出典 AREA1/神風のトオル - ドリフトスピリッツ(ドリスピ)攻略Wiki

  出典 stone-roses.org

ドリフトスピリッツ FC3S


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

グルーヴィ・マサヤ

ジャマイカ風の格好をした男。神風を倒した主人公に最初に挑んでくる。

愛車は『SAVANNA RX-7 FC3S』



神風連合に勝利し、来る四天王とのバトルに備えていた主人公と奈美子。二人の元にヒロシとトオルが訪れてきた。やはり、四天王との戦いは避けられないと告げる神風のトオル。好意的な反応を示して帰って行く二人と入れ違いに、別の男が入ってきた。新たな敵『ハートビーツ』のメンバーだと名乗るのは「グルーヴィ・マサヤ」。皇帝の情報を得る為にも、闘いは避けられない。彼のチーム、『レゲエ・パンチ』との戦いが始まった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

スローハンドのシゲル

白髪混じりの長髪の男。スローハンドの所以は、ハンドル捌きが速すぎて遅く見えることから付けられた。

愛車は『IMPREZA WRX STi VersionVI GC8』



グルーヴィ・マサヤに勝利した主人公達の前に現れたのは『スローハンドのシゲル』だった。走り屋でありながら情報通でもあるという彼に、奈美子は皇帝の情報を聞こうとする。何かを知っている様子のシゲルだが、当然簡単に教えるつもりはないようだった。皇帝の情報を聞き出すために、チーム『ブラインドフェイス』とシゲルに実力を示すことになった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

リズムマシーンのゲン

白いタンクトップに鉢巻をした男。ほとんど喋ることがない寡黙な人間。リズムマシーンの異名の由縁は、正確無比なドラテクへの賞賛らしい。実は若い頃に失踪したトーコの父親で、主人公に敗北後トーコに事情を説明して和解した。

愛車は『LANCER EvolutionV CP9A』



神風連合に続きハートビーツとの戦いが始まったことをトーコに話していた主人公達。そんな二人の前に一人の男が果たし状を持って現れた。
裏に書かれていた名前は「リズムマシーンのゲン」。ハートビーツからの新たな刺客は、チーム「元気組」とゲンだった。果たし状だけ渡してすぐに消えてしまったゲンを見て、トーコは男を追うように頼む。何か事情があることを察し、二人は果たし状に書かれた場所へ行くことになった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

アーティスト・サトウ

ウェーブのかかった金髪の男性で、サングラスをかけている。見栄っ張りで嘘をつくことがあり、姑息な手も使う。初登場時にはアフロのヒロシを人質に取っていた。「アヴァンギャルド走法」という走り方をするらしい。

愛車は『S2000 AP1』



トーコとリズムマシーンのゲンの確執も無事解消され、皆で集まって談笑していた時だった。神風のトオルの携帯電話に一本の電話がかかり、彼は血相を変えてピットから飛び出していく。

ピットに現れないヒロシの身に何かあったのではと、主人公達もそれを追うように飛び出した。トオルを追いかけた先に、ロープで拘束されたヒロシと胡散臭い外国人風の男がいた。

ハートビーツの新たな刺客「アーティスト・サトウ」は、ヒロシを拘束してこちらの精神に揺さぶりをかけるつもりでいたらしい。ヒロシは仲間ではないと奈美子に一蹴され、サトウは激昂しバトルを挑んでくる。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

”天使の咆哮”ジュン

金髪で、左目の辺りを赤くペイントしている。自らを一流と称し、他者を二流と嘲笑う男。

愛車は『SUPRA RZ JZA80』



ハートビーツのメンバーを倒した主人公達のもとへ、一人の男がやってくる。『一流』という言葉にこだわり、自らを一流、他の三流と貶す男。

彼こそがハートビーツのボスにして四天王の一人、『天使の咆哮ジュン』だった。彼がバトルを挑むよりも先に、ハートビーツのメンバーが再戦を申し込んでくる。

ボス戦のポイント

長いドリフトコーナーが前半に集中している。ニトロはロケットスタートの直後、第2ドリフトコーナー、第3ドリフトコーナーで使い、前半で一気に相手との距離を引き離そう。後半には短いドリフトコーナーが2回連続で出てくる難所が待ち構えている。ここでミスをすると相手に追いつかれてしまうので、勝っていても油断はせずに集中してドリフトしよう。事前に予測することでタップの離し遅れを阻止できる。戦闘力は500程度あれば勝てるだろう。もし勝てない場合はパーツの強化をしよう。

  出典 ドリスピ AREA2/”天使の咆哮”ジュン

ヤバイ。。。
中古の腕時計が¥11,000,000 って。。。
一般人は誰も買えんやろ(;゚Д゚)
FRANCK MULLER フランクミュラー トゥールビヨンパーペチュアルカレンダー メンズ腕時計 SS クロコ革ベルト 手巻き 7880TQP 【中古】


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

夢の国のアリス

メルヘンチックな服装をしている女性。皇帝について聞かれた際に動揺していたが、リーダーのイズミから箝口令を敷かれていたためその内容については決して口にしなかった。

過去、皇帝(ジョーカー)と会った際に執拗に絡まれ、それ以来皇帝との間に軋轢が生まれた。

愛車は『SILVIA spec.R S15』



二人目の四天王を倒したという噂は瞬く間に箱根中に広がった。それを受け、新たな挑戦状が送られてくる。「お茶会への招待状」という名の挑戦状に従い、第三の峠へと向かう。

そこでは女だけの走り屋チーム『ガールドラッシュ』が待ち受けていた。最初の敵は「夢の国のアリス」と彼女のチーム『ワンダーランド』。皇帝の情報を掴むための新たな戦いが幕を開けた。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

諜報員のミサオ

夢の国のアリスに勝利した後に現れるクールな黒髪の女性。

愛車は『CELICA XX 2800GT MA61』



アリスを倒し、皇帝の情報を聞き出そうとする主人公達の前に新たな刺客が現れる。「諜報員のミサオ」は主人公達の事を調べ上げた上で、何も教える気はないと告げる。彼女らのリーダーであるイズミから、皇帝の情報について箝口令を敷かれているらしい。

だが、奈美子も皇帝の情報をどうしても手に入れたいと諦めない意志を見せた。互いに引き下がらない以上、バトルは避けられない。「諜報員のミサオ」とチーム『シャドウズ』との戦いが始まった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

マネージャーのトモミ

眼鏡をかけたスーツ姿の女性。自分達のリーダーでアイドルのイズミの補佐役。

愛車は『FAIRLADY Z Z34』



諜報員のミサオに勝利すると、イズミとコンタクトを取れる人物と引き合わせてくれた。「マネージャーのトモミ」はイズミとの接触や皇帝についての情報を教える気がないようだった。

苛立つトモミは、イズミ宛てに届いたという脅迫状の存在を口にする。それでもこれ以上口を割る気がないトモミと、引き下がる気がない奈美子。

奈美子は半ば強引に、バトルで勝ったらイズミに合わせるように約束させる。トモミとチーム『モンキービジネス』と戦い、勝利を掴もう。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

付き人のアマネ

性別不詳の自称「未来のアイドル」。主人公の勝利後に一人称が『俺』に変わっている。

愛車は『ALCYONE SVX CXD』



トモミに勝利し、イズミと話をする機会を得た二人。だが、電話をしてくれたトモミの様子がおかしい。ふと後ろを振り返ると、そこにはトモミを睨みつける性別不明の人物がいた。「付き人のアマネ」は激昂し、トモミへと問いかける。

どうやらイズミ宛てに送られていた脅迫状がマスコミにリークされたらしい。アマネはトモミがマスコミへ売ったと考えているようだった。イズミの過去が暴露され、アイドルまで解雇されることになっていた。

怒り狂い、冷静を失っているアマネを前に奈美子は果敢に皇帝の情報を求めていく。アマネはすぐにバトルを申し込んできた。彼女?と、そのチーム『カマンベールズ』とバトルをし、イズミと話す機会を得る。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

アイドルのイズミ

有名な女性タレントで、フルネームは「マキノイズミ」。元レディースであり、そのことをネタに脅迫状を送られていた。レディース時代の通り名は「魔神玩(マシンガン)のイズミ」。主人公に敗北した後は仲間として認めてくれ、奈美子にも「大生糸(ダイナマイト)奈美子」と勝手に名付けていた。

愛車は『RX-7 FD3S』



幹部達を倒し、ついに「アイドルのイズミ」と出会う主人公達。目的であった皇帝についてイズミに聞くと、彼女の雰囲気は一変して険悪なものに。奈美子が問い詰めるも、皇帝の話題はタブーだとはぐらかされるばかり。

だが、引き下がらない奈美子に対してイズミはバトルで決着をつけようと申し出る。互いに乗り気になったところで、ガールドラッシュのメンバー達が再戦を希望する。

ガールドラッシュの幹部全員と、アイドルのイズミ。皇帝の情報を聞き出す為の勝負が始まった。

ボス戦のポイント

アイドルのイズミの戦闘力は580。パーツの強化は当然ながら、それだけでなく効果的なニトロの使用やspiritsを狙っていく必要がある。自機の戦闘力が530以上なければニトロを使ったとしても勝つのは厳しい。戦闘力が520ではすべてのドリフトコーナーでexellentやgoodを出し、ニトロを3回うまく使っても勝てない。パーツや愛車の強化による戦闘力の底上げは必須になる。ただし、spiritsをうまく出せれば520でも勝ち目がある。spiritsはそれだけ強力なので、もし発動したら途切れさせないように意識を集中させよう。

AREA3のドリフトコーナーは急カーブや短いものが多いので、ニトロの使用箇所には気を付けよう。詳しくはAREA3攻略のポイントのコース攻略を参考に、長いドリフトコーナーがある場所でニトロを使用する。最終ドリフトコーナーはインコースを回るため、多少相手が前に出ていても挽回は可能。諦めずに最後まで戦おう。

  出典 ドリスピ AREA3/アイドルのイズミ

  出典 cdn.wiki.famitsu.com

穴熊のカンザブロウ

和服を着た将棋棋士。皇帝の情報を持っているらしく、主人公に勝負を挑んでくる。

愛車は『MAZDASPEED ATENZA GG3P』



四天王の一人、イズミに勝利して皇帝の情報を聞き出した主人公達。だが、話しを聞いた奈美子は放心状態になり皆に心配される程になっていた。仲間達の前で奈美子は皇帝が自分の兄であることを告げる。数年前に家を飛び出した兄が皇帝と呼ばれる走り屋になっていたことを知った奈美子は、兄を探して箱根まで来たらしい。

憶測が飛び交う中、一人の男が現れる。残る四天王のチーム、『マシンヘッズ』のメンバーと名乗る「穴熊のカンザブロウ」。彼は皇帝の居所を知っていると言い、情報と引き換えにバトルを挑んでくる。真実を知るため、主人公達はバトルを引き受ける事となった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

道楽のタダヒコ

カンザブロウの敗北後に現れ、同様に皇帝についての情報を持っている素振りを見せる。

愛車は『SKYLINE GT-R BNR34』



「穴熊のカンザブロウ」に勝利すると、皇帝の詳細を知っているらしい男が現れた。「道楽のタダヒコ」。皇帝についての関係者であるという彼は、居場所の「当事者」と呼ばれていた。その意味を知りたければ勝負に勝ってからだと告げるタダヒコ。皇帝の居場所を知るための勝負が始まった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

車酔いのカズヒト

道楽のタダヒコの部下で、病院の研修医。走り屋なのに何故か乗り物酔いの体質をわずらっており、見ているだけで吐き気を催す。

愛車は『LEGACY B4 BM9』



「道楽のタダヒコ」に勝利した主人公達は、皇帝が入院していた事を知る。皇帝の容体について詳しく知る当事者を呼ぶと言われ、一人の男が現れた。皇帝が入院していた病院の研修医だと名乗る男は、歯切れの悪い言葉を繰り返す。

このままでは埒が明かないと、バトルで決着をつける事になった。「車酔いのカズヒト」と名乗る男は、走り屋でありながら車酔いが酷いらしい。心の準備ができていない彼の前に、チーム「フレッシャーズ」と戦うことになった。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

赤髪のアラタ

マシンヘッズのリーダーの息子。独特な喋り方をする人物だが、敗北後には普通に喋り出す。彼こそが、皇帝が以前助けた人物で、重傷を負うことになった原因をつくったうちの一人。未熟だった頃に『ジョーカー団』に挑み、敗北したところを皇帝に助けてもらっていた。その後皇帝は復讐にあい、重傷を負っていたことに負い目を感じている。

愛車は『INTEGRA TYPE-R DC5』



皇帝に関する詳しい情報は、四天王の一人であるソウイチに聞くしかない。だが、主人公達の前に現れたのはソウイチではなく、その息子の「赤髪のアラタ」だった。彼も皇帝について、何か知っている様子。主人公達が信頼に足る人間であれば、話しておきたいことがあると彼は言う。

「赤髪のアラタ」に腕前を証明し、本当に皇帝の身内であるということを示す。


  出典 cdn.wiki.famitsu.com

Dr.ソウイチ

マシンヘッズのリーダーであり、皇帝の主治医でもある。奈美子達に皇帝の状況を詳しく説明し、協力も申し出てくれる。皇帝が失踪した事を気にかけていて、主人公達には協力的な人物。

愛車は『LANCER EvolutionX CZ4A』




皇帝、ショウの主治医である「Dr.ソウイチ」からようやく真実を聞き出す。美奈子の兄であるショウは命に別条はないものの、記憶喪失になってしまったらしい。怪我も治らない重体で、記憶も戻らないまま失踪した皇帝。

ソウイチはそれを、自分を襲ったジョーカー団への復讐かもしれないと推測する。復讐に心を奪われ、いつしか皇帝は変わり果ててしまったとソウイチは考えていた。最悪の場合、バトルも避けられないと。そこでソウイチは、『マシンヘッズ』との特訓を申し出た。

最後の四天王、そしてマシンヘッズのメンバーとの再戦。皇帝に立ち向かう為に必要な力を身につける為の特訓が始まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.