お酒なのに美肌や健康にもなる!知っておきたい「赤ワイン」の健康効果

お酒ながら身体にもたらす健康効果が大きいとされる赤ワイン。もちろん飲みすぎは逆効果ですが、続々と明らかになる赤ワインの効用は、ワイン好きに取っては朗報とさえなりますが、もしかしたら他の健康飲料よりも、体にもたらす効能が大きいかも!?

更新日 2017年02月26日

合計 86pv


大人のADまとめ

赤ワインが美容や健康にいいという話は聞いたことがあるのではないかと思います。

フランス人が動物性脂肪の摂取量が多いにもかかわらず心臓病の死亡率が低いということに着目して行われた調査でわかったことですが ワインの消費量が多いほど心臓病の死亡率が減少していたということなんですね。

赤ワインには抗酸化力の高いポリフェノールが豊富に含まれており、ガンや動脈硬化の原因となる活性酸素を除去してくれます。 そんな赤ワインに含まれているポリフェノールのなかでも今注目されているのがレスベラトロールです。

  出典 赤ワインが健康や美容に良い理由は?|活性酸素対策の手引き

レスベラトロールは現在世界中で最も研究されている成分の1つで、抗酸化作用があるだけでなく、肥満による代謝の悪化を改善してくれたり、 ガン発生リスクを低下したり、脳神経を保護する作用があるといわれています。

赤ワインには他にもカテキンやケルセチンといった成分が含まれており、これらは糖化によるAGEを抑えるという効果も確認されています。

とはいっても赤ワインも飲み過ぎれば体にとって毒です。糖質やアルコール度数を考えると辛口の赤ワインを1日150ml、 グラスで1~2杯ぐらいをおつまみと一緒に飲むというのが身体にとって負担のない飲み方といえます。

  出典 赤ワインが健康や美容に良い理由は?|活性酸素対策の手引き

ポリフェノールは、ぶどうの皮に含まれている成分で、美肌効果や様々な効能があることで注目されています。
ワインの中でも、ぶどうの皮ごと使用してつくられる赤ワインに多く含まれています。ポリフェノールにはいくつか種類がありありますが、ここでは赤ワインに多く含まれているポリフェノールをご紹介します。

  出典 アンチエイジングに!赤ワインのすごい美肌効果まとめ | 美肌マニアの美容情報

赤ワインに多く含まれているポリフェノールには以下のものがあります。
•カテキン
•フラボノイド
•アントシアニン
•タンニン
•シンプルフェノール
•レスベラトロール

  出典 アンチエイジングに!赤ワインのすごい美肌効果まとめ | 美肌マニアの美容情報

ポリフェノールの効果

これらのポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれます。
活性酸素はニキビやシミ、お肌の老化の原因と言われています。呼吸によってとりこまれた酸素の一部が酸化して、カラダに悪影響を与えるのです。ストレスや紫外線、喫煙によって活性酸素が増えすぎると、肌への悪影響のみならず、がん細胞を発生させることもあるといわれています。

ポリフェノールは他にも、抗酸化作用で悪玉であるLDLコレステロールの酸化を抑えて血液をサラサラにし、コレステロール値を下げて血栓や動脈硬化を防いでくれます。目の疲れにもポリフェノールは効果を発揮します。

最近の実験では、赤ワインの主成分でポリフェノールの一つレスベラトロールには加齢にともなう健康状態の低下を防ぐ事がわかってきています。

  出典 アンチエイジングに!赤ワインのすごい美肌効果まとめ | 美肌マニアの美容情報

アルコールですので、飲みすぎはよくありませんが適量は、1日にワイングラス1〜2杯(150〜250ml)程度と言われています。
赤ワインに限らず、アルコールを1日に1〜2杯程度飲む人は、全く飲まない人に比べて動脈硬化になりにくいという報告もあります。

ワインにはアルコール度数が12〜14度あります。いくらからだに良いからと言っても、飲み過ぎると酔いが回りやすいのもワインの特徴のひとつです。
最悪の場合は急性アルコール中毒やアルコール依存症などにもなってしまう可能性もあるので、ほどほどにしましょう。

  出典 アンチエイジングに!赤ワインのすごい美肌効果まとめ | 美肌マニアの美容情報

赤ワインには、ミネラルの一種であるクロムが含まれています。

クロムは豆類や種実類など、さまざまな食品に含まれる栄養素です。

クロムは血糖値を下げる作用を持つインスリンの働きをよくし、高血糖を改善したり糖尿病を予防したりする効能があります。

また、脂質の代謝を促してコレステロールや中性脂肪の減少につなげる効果もあるため、動脈硬化の予防にも役立ちます。

  出典 意外と知らない!? 赤ワインの効能と効果5選|良好倶楽部

赤ワインは、ミネラルの一種のモリブデンも含みます。

あまり聞いたことのない名前かもしれませんが、モリブデンは豆類に非常に多く含まれる栄養素です。

モリブデンには尿酸の生成を助ける効能があります。その他、鉄分が不足したときに造血を促し、貧血を予防する効果もあります。

赤ワインには電解質の一種、カリウムも含まれます。

カリウムはとくに野菜や果物、豆類などに豊富に含まれる栄養素です。

カリウムは細胞の浸透圧を調節したり、筋肉の収縮や神経の伝達をよくしたりたりする効果があります。

  出典 意外と知らない!? 赤ワインの効能と効果5選|良好倶楽部

赤ワインは、水溶性ビタミンの一種であるビオチンも含まれています。

ビオチンは幅広い食品に含まれる栄養素で、とくにレバーに多く含まれます。

また、ビオチンは3大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を促進する効能があります。

さらに、皮膚トラブルの原因となるヒスタミンの生成を抑える効能があり、アトピー性皮膚炎を改善するなど肌の健康維持に効果を発揮します。

  出典 意外と知らない!? 赤ワインの効能と効果5選|良好倶楽部

黒ブドウを果皮や種ごと発酵させてつくる赤ワインは、ポリフェノールが豊富です。

「赤ワイン=ポリフェノール」といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

ポリフェノールによるその健康効果が期待され、90年代後半には赤ワインブームも巻き起こりましたね。

ポリフェノールとは、ほぼすべての植物に含まれる色素や苦みの成分を指し、有害な活性酸素から身体を守る抗酸化作用があります。

赤ワインに含まれるポリフェノールの効能については、諸説ありますが、とくに動脈硬化を予防する効果が期待されています。

  出典 意外と知らない!? 赤ワインの効能と効果5選|良好倶楽部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.