驚くべきコーヒーの健康効果とは?

コーヒーは、実は多くの健康効果が医学的にも認められていることが報告されています。1日4、5杯は飲むコーヒー好きの私などにとっては飲み過ぎで微妙ですが…このコーヒーの知られざる効果とは?

更新日 2017年04月03日

合計 109pv


大人のADまとめ

眠気覚ましの心強い友、コーヒー。カフェインの力で目を覚ましてくれるが、世界で最もカフェインの濃いコーヒーが注目を浴びている。

南アフリカで登場したのは、その名も「ブラック・インソムニア・コーヒー」。インソムニア、つまり不眠症になるほど目が冴えてしまうコーヒーという名前をつけられた通り、このコーヒーのカフェイン含有量は約354ml中に702mg。レギュラーコーヒー100mlには約60mgのカフェインが含まれている(※全日本コーヒー協会より)というから3倍以上の濃さになる。

先日、米Amazonでの流通することが決まったようで、アメリカでも待ち望む声が多く寄せられているらしく、「よかった。早く販売して欲しい。味は問わない」「最近飲んでも飲んでも効かないから、強いのはいいね」「健康にはよくないとは思うけれど…必要としてるんだ」「もう、豆ごと食べるよ」などなど冗談なのか本気なのかわかりかねるコメントが寄せられている。

  出典 南アフリカで登場 「インソムニア」の名を冠するコーヒー - ライブドアニュース

『ホットヨガスタジオ LAVA』と『ネスレ日本株式会社』が共同企画したイベントで、“睡眠ドクター”と呼ばれる杏林大学の精神神経科教授、古賀良彦医学博士の研究では、コーヒーの香りを嗅ぐと脳がリラックスした状態を示す“α波(アルファハ)”が増えることが証明されました。

  出典 快眠とコーヒーの意外な関係!「ストレスを溜めない3つのR」医学博士が解説 - エキサイトニュース

蒸留水と市販ソリュブルコーヒー(コーヒー抽出液に微粉砕したコーヒー豆の粉を混ぜてから乾燥させたものに、お湯を入れて溶かした飲みもの)を飲んだ被験者はソリュブルコーヒーを飲んだ方が、α波が増えていることが判明しました。

とはいえ、カフェインには覚醒効果があるので、夕方以降はカフェインレスコーヒーをチョイスするのが得策。

「自宅ではカフェインレスコーヒーを沸かした香りのなかでヨガなどをして入眠するといいでしょう」

  出典 快眠とコーヒーの意外な関係!「ストレスを溜めない3つのR」医学博士が解説 - エキサイトニュース

○B型肝炎の発症を抑える働き
○カフェインが副交感神経に作用して早く風邪を治す働き
○アレルギー鼻炎に効果がある
○飲酒による肝臓の負担を軽減する
○肝臓ガン、大腸ガン、口腔ガンを防ぐ

○老化の予防

○コレステロール値を下げ心臓病を防ぐ

○脂肪を分解しダイエット促進効果

○善玉コレステロールを増やし動脈硬化を予防

○頭痛特に二日酔いの頭痛に効果を発揮

○コーヒーの香りで血流が増え脳の働きが活性化

○カフェインで精神安定効果 など

  出典 コーヒーの薬効:手作りキットのアウベルクラフト

国立がん研究センター内で研究に従事したのは、多目的コホート研究(JPHC研究)というチームでした。このチームでは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防や健康寿命の延伸に役立てることを目的としています。

1990~2011年まで、岩手県から沖縄県に至る男女9万人(当時40歳~69歳)を追跡調査しました。この人たちは、調査開始段階で、がんや循環器疾患(心臓病など)になっていなかった、いわゆる健康な人です。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは

研究開始時に、コーヒーを飲む頻度から、ほとんど飲まない、1日1杯未満、毎日1~2杯、毎日3~4杯、毎日5杯以上飲むという5つの群に分け、その後の全死亡および、がん、心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、外因による死亡との関連を分析しました。追跡調査中には、12,874人が死亡しています。

コーヒーをほとんど飲まない群を基準として比較すると、1日1杯未満、毎日1~2杯、毎日3~4杯、毎日5杯以上飲むの群の危険度(95%信頼区間)は、それぞれ全死亡で0.91、0.85、0.76、0.85でした。

つまり、コーヒーを毎日3~4杯飲む人の死亡リスクは、ほとんど飲まない人に比べ24%低いことがわかりました。さらに、飲む量が増えるほど危険度が下がる傾向が、統計学的有意に認められています。研究開始から5年以内の死亡例を除いた場合や、男女別の場合も検討し、コーヒーと死亡リスクとの間には、同様の関連がみられました。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは ヘルスケア大学

国立がん研究センターの研究で、コーヒーとがんの罹患率について、以下のような評価がわかってきています。
●肝臓がんのリスクを下げる効果=ほぼ確実
●子宮体がんのリスクを下げる効果=可能性あり
●大腸がん、子宮頸(けい)がん、卵巣がんのリスクを下げる効果=データ不十分

なお、ほぼ確実、可能性ありといった言葉は、科学的根拠としての信頼性の強さを示す指標です。もっとも信頼性が高い評価は、順に確実、ほぼ確実、可能性あり、データ不十分となります。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは | ヘルスケア大学

これは、コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、ほぼ毎日飲む人は肝臓がんの発生リスクが約半分に減少するという研究結果に基づいています。1日の摂取量が増えるほどリスクが低下し、1日5杯以上飲む人では、肝臓がんの発生率は4分の1にまで低下していました。コーヒーをたくさん飲む人では、肝臓がんの発生リスクが低くなるのは、おそらく事実と考えられます。

世界のがん研究をとりまとめとめている米国がん研究機構による最新の要約を見ても、肝臓がんのリスクを下げる飲み物としてコーヒーが浮上しています。肝臓がんの最大のリスク要因である肝炎ウイルス感染の有無で分けても、同じように肝臓がん発生リスクが低くなることがわかっています。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは | ヘルスケア大学

子宮体がんについては、2008年の多目的コホート研究の結果から1日1~2杯、3杯以上飲むグループでは、罹患リスクが低下しているという結果があり、他の研究結果からも、可能性ありと分類されています。

大腸がんについてはデータ不十分となっていますが、がん予防に効果的な部位も示されており、コーヒーを適度に飲むことは予防的な手段のひとつと判断してもよいでしょう。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは | ヘルスケア大学

コーヒーにはポリフェノールの一種である抗酸化物質のクロロゲン酸が豊富に含まれています。クロロゲン酸には、血糖値の抑制をするほか、活性酸素を消去することでコレステロールを抑制し、胃液の分泌を促す効果などがあります。

一方、肝臓がんや子宮体がんは糖尿病を発症するとかかりやすくなるがんであることが判明しています。コーヒーに含まれているクロロゲン酸を継続的に摂取することで、糖尿病のリスクが下がり、がんにも予防的に働いているのではないかと考えられます。

コーヒーは糖尿病予防効果と抗酸化作用の両面から、がんを抑制する働きをしていると、現段階では推測されます。

  出典 コーヒーに秘められた健康効果とは | ヘルスケア大学

コーヒーの原料はコーヒー豆ですよね。大豆やなた豆をはじめとする豆類は全般に体にいいことがたくさんあります。
コーヒー豆からできているコーヒーも例外ではありません。

その中でも最もメジャーで、今回注目したい成分が「カフェイン」。コーヒーに含まれるカフェインは、医薬としてダイエット補助剤に使われたり、他にもたくさんの効果があると言われています。

カフェインには、脂肪分解酵素であるリバーゼを活性化させる働きがあります。リパーゼが、体の中に貯蔵されている脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解し、脂肪酸を血液中に放出して、それをさらに筋肉に送り込みます。そしてそれがエネルギーとして消費されます。これが脂肪燃焼ですね。

つまり、カフェインによって体内の脂肪が分解されやすい状態になるのです。より効率よく脂肪を燃焼するためには、運動する前後に飲むといいでしょう。他にも、研究段階ではありますが、食事の前にコーヒーを飲むと、食欲が抑制されるという説もあるようです。

  出典 脂肪燃焼効果に期待! 1日3杯のコーヒー ~健康の診断サイト カラダカラ

コーヒーにはナイアシンを含むビタミンB群が含まれている。 その他にトリ ゴネリン、有機酸、遊離脂肪酸、たんぱく質(カフェイン、タンニンなど) もある。コーヒーは心臓の働きを促し、血行をよくする為、全身に酸素が 行き渡り、脳の働きが活発になり(覚醒作用)、皮膚もきれいになる美肌 効果もある。

  出典 コーヒー 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical

しかし、海外サイト「daily mail」で紹介された研究によると、コーヒーは体に良い場合もあるのだそうです。例えば、うつの予防。これは一体どういうことなのでしょうか?

ハーバード大学では、うつとコーヒーの関係を知るために、10年間に5万1000人の女性を調査しました。コーヒーのほかに、お茶、チョコレート、アルコールの摂取量、そして運動の頻度も調べ、それぞれの場合のうつ病になるリスクを比較したところ、意外なことがわかりました。

なんと、コーヒーによる効果が一番高く、1日に4杯以上のコーヒーを飲む女性は、うつになる確率が20パーセント少ないのだそうです。

一方で、ディカフェ(カフェインが入っていないコーヒー)は全く効果がなかったため、カフェインが抗うつ剤のような役割をするのではないかと専門家は考えています

  出典 コーヒーには良い効果がたくさん! 1日4杯でうつ予防にも | Pouch[ポーチ]



酸化(サビの発生と同じ現象)は人間のカラダの中でも起こります。こう聞くと意外に思われるかも知れませんが、ヒトの細胞には脂質(脂肪)が多く含まれ、この脂質が酸素と結びつき酸化してしまうのです。つまり、ヒトのカラダもサビてしまうわけです。そして、脂質が酸化してできる「過酸化脂質」については、老化やガンとの関係が研究されています。
ワインやココアで知られるようになったポリフェノールは、脂質の酸化を抑える健康成分として注目されていますが、コーヒーにもコーヒーポリフェノールが多く含まれています。

  出典 なぜなに?コーヒーと健康

コーヒーに含まれるカフェインは、運動能力を向上させることが知られています。また、疲労までの運動持続時間が延びることがさまざまな実験で確かめられています。また、ダイエットには有酸素運動が効果的ともいわれていますが、コーヒーを飲んだ場合と飲まない場合について、運動中の酸素摂取量を調べたところ、コーヒーを飲んでから運動したときのほうが酸素摂取量がより高くなるという結果が得られています。

  出典 なぜなに?コーヒーと健康

ダイエットを空腹感・満腹感といった感覚の面から研究した実験によると、コーヒーを飲むと空腹感が抑えられるとの結果が得られたそうです。また、コーヒーをダイエットに活かすポイントとして、食後にコーヒーを飲んだらそれ以降は間食しないというサインにするアイデアも。ダイエットをこころがける場合は、コーヒーを飲むタイミングを工夫してみるのも良いかもしれませんね。


  出典 なぜなに?コーヒーと健康

コーヒーの香りは、普段、コーヒーを飲まない人や、苦手な人も、 好きだったりするように、非常に良い香りがあります。
この香りは、右脳にある情緒部分に作用してくれるので、 気持ちをリラックスさせます。

  出典 意外にあるコーヒーの健康効果 » コーヒーのカフェインは体に毒?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.