鳥羽水族館の水槽の中に謎の「クマ」出現!?

「ダイオウグソクムシ」や水中入社式等で有名な鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)の水槽に突如、謎の「クマ」が現れたそうです。

更新日 2017年02月03日

合計 111pv


大人のADまとめ

クマは、同館のアメリカカブトガニの水槽の底に現れ、微笑んでいるような優しい目と鼻と口、耳の形もなんとなく認識することできる。

クマの正体は、カブトガニが砂の中に潜った時にできる模様。同館の広報担当の榊原麻友さんは「当館のカブトガニは、あまり砂には潜らないがまれに潜った場合は、全身砂を被ってどこにいるか全く見えなくなってしまう。クマの顔はカブトガニが前進して砂の中に姿を消した時に現れる」と説明する。


  出典 images.keizai.biz

この写真はクマの顔も崩れ、どういった状態かわかりやすいですね!


  出典 images.keizai.biz

詳しい説明画像がこちら。
こちらについてはもうクマ要素ゼロですね。

森滝さんは「僕もこれまで3回しか見たことがない。偶然できる砂のアート。遭遇するとうれしくなる。クマの顔を見つけるとハッピーになれるかどうかはわからないが、少なくとも見るとハッピーな気持ちにはなる。ぜひ探していただければ」とも。

  出典 鳥羽水族館の水槽の中に謎の「クマ」出現 飼育員も首を傾げる /三重 (みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース
鳥羽水族館「ダイオウグソクムシが脱皮」国内初、世界初の可能性も - 伊勢志摩経済新聞
http://iseshima.keizai.biz/headline/2519/
鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で飼育展示する謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」が2月12日、展示水槽の中で脱皮した。
鳥羽水族館で恒例の「水中入社式」、新入社員は最初の業務命令に命懸け - 伊勢志摩経済新聞
http://iseshima.keizai.biz/headline/2283/
今年開館60周年を迎える鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽、TEL 0599-25-2555)で恒例の水中入社式が3月31日、エントランス正面にある「コーラルリーフダイビング水槽」の中で行われた。

【けーすけ】ご飯を食べるアヒルの後ろで自分のご飯はまだかまだかとそわそわするカピバラ #鳥羽水族館 #カピバラ #アヒル https://t.co/17shJHf98j

Tue, 24 Jan 2017 11:17:14 +0900

しっぽをまくらにして寝てるビーバーさん #鳥羽水族館 #アメリカビーバー https://t.co/pwV0nkcmWP

Sun, 29 Jan 2017 13:29:13 +0900

【ぺんぺん】もしかして上空に未確認飛行物体がいるんじゃ....!? #鳥羽水族館 #スナメリ #光のカーテン https://t.co/NuoBetgHGY

Sun, 29 Jan 2017 15:20:24 +0900
鳥羽水族館公式ホームページ
http://www.aquarium.co.jp/
飼育種類数 日本一!鳥羽水族館の公式ページです。ジュゴンに会える、日本で唯一の水族館。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.