SIMを買わずに世界中で使えるeSIM内蔵スマホ「NUU X5」を実機チェック

「世界各国で、現地のプリペイドSIMを買わなくても、安価な現地回線でスマートフォンが使える」CES 2017でそんな夢のような端末をNUU Mobileが発表した。

 同社の「NUU X5」はeSIMを搭載。内蔵の専用アプリから各国のデータ利用料金を購入し、安価に利用することが可能だ。しかも、テザリングにも対応し、モバイルルーターとしても使うことができる。

更新日 2017年01月10日

合計 267pv


大人のADまとめ

一見すると普通のスマートフォンに見えるNUU X5。本体スペックはCPUがMediaTek製MT6750(1.5GHz、オクタコア)、メモリー3GB、ストレージ32GB。ディスプレーは5.5型フルHD解像度(1080×1920ドット)IPS液晶、背面カメラは1300万画素、バッテリーは2950mAhを搭載する。OSは最新のAndroid 7.0 Nougat。スペックからわかるように、ミドルレンジ機と言える。

 しかし、このNUU X5は他のスマートフォンにはない大きな機能を備えている。それがeSIMを使ったグローバルローミング機能だ。

 NUU X5はSIMスロットを備えており、自分の好みのSIMを入れて利用することができる。だが、それとは別にバーチャルなソフトウェアSIMであるeSIMを搭載。

 プリインストールされているアプリ「NUU Konnect」を使うと、利用する国の通信キャリアが提供する料金プランを選択して利用することができる。プランは国ごとや、地域ごとなどが用意される予定だ。

  出典 ASCII.jp:SIMを買わずに世界中で使えるeSIM内蔵スマホ「NUU X5」を実機チェック|CES 2017レポート

NUU Mobileは2016年6月に上海で開催されたMobile World Congress 上海 2016に出展し、eSIMを使ったグローバルルーター「NUU i1」を発表。世界約100ヵ国で1日8ドルでデータ通信が定額利用可能だ(500MBで速度規制あり)。

 SIMを入れることなく世界各国で利用できるこの機能を、今回発表したスマートフォン「NUU X5」が搭載しているのである。

 展示されていたNUU X5にはまだ「NUU Konnect」アプリは搭載されていなかったが、ほかのモデルに説明用としてインストールされていた。eSIM機能も内蔵されているが、まだ試作モデルであり、料金プランなども未定だ。

 NUU Konnectを起動すると、「バッテリー残量」「データ残量」「通信ステータス」「接続中のデバイス」の4つが表示される。

 これはNUU X5のテザリングをオンにして、ルーターとして使うことを考えられた画面UIだ。NUU X5のeSIMは通話にも対応予定だが、スマートフォンをルーターとして使われることを第一とした設計にしているわけだ。

 アプリ画面左上をタップするとメニュー画面が表示されるが、この中から「My Package」を選択する。すると各国あるいはグローバル統一の料金などが表示され、選択して購入できるようになる。

 試作モデルではまだ料金プランが決まっていないため、料金ページの表示は空白だ。なお、ここで購入履歴なども確認できるようになるという。

 あくまでも現時点での目安だが、NUU X5は3月ごろに199ドル(約2万3000円)で提供される予定だという。

 ローミング代金よりも安く、現地でプリペイドSIMを買う手間もいらないグローバルローミング機能を搭載したNUU X5は、世界中を飛び回るビジネスユーザーだけではなく、LCCでアジア各国を毎週のように移動するトラベラーにも向いた製品だろう。

  出典 ASCII.jp:SIMを買わずに世界中で使えるeSIM内蔵スマホ「NUU X5」を実機チェック|CES 2017レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.