【驚愕!】大豆イソフラボンのすごすぎる効能

アンチエイジングだけじゃない!あんなこともこんなことも、大豆イソフラボンがこんなに役立つとは。

更新日 2016年10月09日

合計 440pv


大人のADまとめ
美と健康のwiki
http://xn--wiki-9b4cu30qh7ush2d.net/
美と健康のお役立ち方法サイト

イソフラボンは、大豆やもやし、さやまめ、葛(くず)などのマメ科に多く含まれているポリフェノールの一種です。
私たちの周りによくある食材やサプリメントで使われるイソフラボンは主に大豆に含まれる大豆イソフラボンです。

また大豆イソフラボンは「グリコシド型イソフラボン」と「アグリコン型イソフラボン」の二種類に分類され、
大豆の胚芽由来のイソフラボンか丸大豆由来のイソフラボンかでも違います。
イソフラボンは含まれる植物によってもイソフラボンの構成は異なり、その数は1000種類以上にも及ぶそうです。

そこで今回は一番私たちの身近で、一番イソフラボンの含有量の多い「大豆イソフラボン」について詳しくご説明していこうと思います。

  出典 【イソフラボンとは?】女性だけではなく男性にも様々な効果が期待できる!効果やおすすめ食材など詳しくご紹介します!|WELQ [ウェルク]

イソフラボンは女性ホルモンの構造と似ているため、女性ホルモンのエストロゲン受容体に結合するので、
エストロゲンと同じ作用があると言われているのです。

このことを「エストロゲン様作用」と言いますが、こうした働きをすることから「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。
しかし胚芽由来のイソフラボンか丸大豆由来のイソフラボンかによってもエストロゲン様作用が変わってきます。

  出典 【イソフラボンとは?】女性だけではなく男性にも様々な効果が期待できる!効果やおすすめ食材など詳しくご紹介します!|WELQ [ウェルク]

「グリコシド型イソフラボン」とは、イソフラボンの周りに糖の粒がくっついているため、
一つ一つのイソフラボンの大きさが大きいのです。大きいので胃では吸収されず、
腸に届き、腸内細菌により糖の粒が外されてようやく吸収されます。
しかし腸内細菌には個人差があるため、実際に吸収されるイソフラボンの摂取量は2割程度だそうです。

納豆、豆腐、きな粉など、ほとんどの大豆製品に含まれているイソフラボンはこの「グリコシド型イソフラボン」です。

「アグリコン型イソフラボン」とは、グリコン型イソフラボンの糖の粒が剥がれた状態のイソフラボンのことです。
イソフラボンは、この「アグリコン型イソフラボン」になって初めて吸収されます。

しかし腸内細菌で糖の粒が外されなくても、初めから「アグリコン型イソフラボン」の状態で含まれている食品があります。
それは発酵されている「味噌」と「醤油」です。
納豆も発酵食品ですが、納豆はナットウキナーゼが影響して発酵段階でアグリコン型イソフラボンにはならないそうです。

「アグリコン型イソフラボン」は初めから糖の粒が外れているので、腸内細菌で外してもらう必要がなく、
胃で素早く吸収することが出来るため、吸収率はグリコン型イソフラボンの約3倍にもなるそうです。
そして女性ホルモンと同じ作用がある「植物性エストロゲン」と言われるイソフラボンはこの「アグリコン型イソフラボン」です。

イソフラボンは、胚芽由来のものと丸大豆由来のものがあります。
さらにアグリコン型イソフラボンは「ゲニステイン」「グリシテイン」「ダイゼイン」の3種類のイソフラボンで出来ています。
胚芽由来か丸大豆由来かで、3種類の割合が変わりエストロゲン様作用が変わってきます。

エストロゲン様作用が強いのは「ゲニステイン」、肥満改善などの作用が強いのは「ダイゼイン」です。
「胚芽由来のアグリコン型イソフラボン」は、ダイゼイン70%、グリシテイン20%、ゲニステイン10%とダイゼインがほとんどを占めます。

「丸大豆由来のアグリコン型イソフラボン」は、ゲニステイン50%、ダイゼイン40%、グリシテイン10%と、
ゲニステインがダイゼインをわずかに上回った構造になっています。

エストロゲン様作用を期待する場合は、丸大豆由来のイソフラボンを、肥満改善作用を期待する場合は、は胚芽由来のイソフラボンを取るといいでしょう。

  出典 【イソフラボンとは?】女性だけではなく男性にも様々な効果が期待できる!効果やおすすめ食材など詳しくご紹介します!|WELQ [ウェルク]

老化の最大の原因であると言われている「活性酸素」は、日々のストレスや食生活の乱れ、
睡眠不足、紫外線を浴びるなどして体内で増加します。
活性酸素は本来であれば、私たちにはとても必要なものです。
体内に入り込んできた細菌を酸化作用で殺菌してくれるからです。

しかし、活性酸素は増えすぎてしまうと、酸化力が強すぎてしまうため他の細胞も酸化させサビさせてしまうのです。
でも人間には、この活性酸素を除去できる抗酸化力が備わっています。

問題なのは、体内で増加しすぎる活性酸素や、加齢などによる抗酸化力の低下などから、
活性酸素を除去しきれなくなることです。不必要な活性酸素を除去しきれないから、
体の細胞までも酸化させてしまいサビさせ細胞を老化させてしまうため、体のあらゆる場所に不調が現れます。

そこで、この抗酸化力を高めてくれるのが、ポリフェノールなのです。ポリフェノールの中でも、
ポリフェノールの一種であるイソフラボンが抗酸化作用が高いと言われています。
特に胚芽由来のイソフラボンは丸大豆由来のイソフラボンよりも、1000倍もの抗酸化作用があるそうです。

ですから、老化防止をしてくれる抗酸化作用が強いイソフラボンには絶大な老化防止、アンチエイジング効果があり、
また肌のハリや弾力には欠かせないコラーゲンの吸収を助ける働きもあります。さらに新陳代謝を促すので美白効果にも役立ちます。

  出典 【イソフラボンとは?】女性だけではなく男性にも様々な効果が期待できる!効果やおすすめ食材など詳しくご紹介します!|WELQ [ウェルク]

イソフラボンには、血液サラサラ作用も確認されています。
それは、イソフラボンは血小板の凝集を抑制する働きがあり、その結果、
赤血球が重なったコインの ようにつながる連銭形成を改善するためです。
アグリコン型イソフラボンは約2時間で吸収のピークを迎えるため、 血液サラサラ効果も 摂取後約2時間で効果があらわれます。

  出典 血流改善作用│イソフラボン | イソフラボン倶楽部

骨の内部がスカスカになってしまう骨粗しょう症。原因は骨のカルシウム不足だと言われています。ではカルシウムを摂取すればいいのかというとそうでもないのです。カルシウムは摂取しても吸収率が悪く、そののほとんどが吸収されず出ていってしまうそうです。

ビタミンDを一緒に摂るといいとも言われていますが、それでもまだ足らないそうです。なぜなら、たとえカルシウムを摂取できても骨からカルシウムが流出しているというのです。ですから、この骨からの流出を止めなければ、いくらカルシウムを摂取してもカルシウム不足は止められないのです。

そこで注目されるのはイソフラボンです。骨からのカルシウムの流出の原因は、女性ホルモンの減少や乱れだと言われているからです。骨粗しょう症が女性に多いのもこのためなのです。

女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をするイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンを増加させホルモンバランスを整えることにより、骨からのカルシウムの流出を抑制することが出来るので、イソフラボンは骨粗しょう症にも効果が期待できるのです。

  出典 【イソフラボンとは?】女性だけではなく男性にも様々な効果が期待できる!効果やおすすめ食材など詳しくご紹介します!|WELQ [ウェルク]

更年期を迎えると、卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れる影響でさまざまな障害を起こします。

大豆イソフラボンにはこの女性ホルモンのバランスを整える作用があるため、更年期障害で起こりがちなのぼせや発汗、頭痛、肩こり、月経不順、イライラ、不安感などを緩和してくれる効果が期待できます。

実際に、さまざまな研究機関によって以下のような報告がされています。
●更年期障害の症状がある14人の女性が、イソフラボンアグリコン(※)を1日40mg、3か月間摂取したところ、ほてりや耳鳴り、めまい、肩こりなどの更年期障害の症状が緩和された
●58名の更年期の女性が、1日40mgの大豆イソフラボンを4週間摂取したところ、ほてりが減少された

※大豆に含まれるイソフラボンは配糖体という形で存在し、これを摂取すると糖が切り離されたアグリコンに変化し、腸管から吸収されます。みそや醤油などの大豆発酵食品やサプリメントには最初からアグリコンの形で存在するため、吸収が早いとされています。

  出典 更年期に摂取したい大豆イソフラボン | ヘルスケア大学

生理不順で悩む女性は、多いのではないでしょうか。これは、ホルモンバランスの崩れが原因だと考えられています。強いストレスや不規則な食生活、無理なダイエット、疲労、激しいスポーツなどが原因で、ホルモンバランスが崩れるそうです。その結果、生理不順となってしまうといわれています。

生理不順が続くと不妊の原因になることもあるため、早めに改善する必要があります。そこで、サポートしてくれるのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンの摂取で、女性ホルモンの崩れを整えてくれる効果が期待できて、生理不順が改善されたケースが多く寄せられているようです。

  出典 大豆イソフラボンの9つの効果!1日30mgは納豆1パック!サプリやコスメも人気|WELQ [ウェルク]

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをするとして考えられています。
エストロゲンというのは思春期の女性に多く分泌される、女性らしい体型や女性の美しさや健康を司るもので、思春期をピークに減少していきます。
年齢とともに薄毛が気になりだすのもこの為と言われています。
また妊娠後に急激に抜け毛が増えるのもエストロゲンが一時的に減少するためです。
大豆イソフラボンはこのエストロゲンの減少に合わせて働きだし、同じ効果をもたらします。
女性の髪だけでなく、男性にも効果があります。
大豆イソフラボンは男性ホルモンを押さえてくれるため、男性型脱毛症を改善します。

大豆を筆頭に植物にはこうした作用を持つ物質が含まれていることがあり、この物質を植物エストロゲンと呼びます。
通常エストロゲンは経口摂取しにくく、同様の効果を持つイソフラボンに期待が集まっています。

2009年に新しい発毛法として発表されて以来、カプサイシンと大豆イソフラボンの同時摂取が注目されています。
カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛味成分で、これの刺激が頭皮にも良い効果を及ぼすとされています。カプサイシンがIGF-1というインスリン成長因子を増やし、このIGF-1が毛乳頭を活性化して毛母細胞の成長を促すというのです。
カプサイシンがIGF-1を増やすのに必要な成分はCGRPといい、こちらは大豆イソフラボンが増加を促します。
男性型脱毛症にも効果が認められ、この治療薬として有名なプロペシア(フィナステリド)との併用でさらに有効と言われています。
プロペシアは男性ホルモンが毛の発育を妨げる物質に変わりにくくする成分があり、主に脱毛を止める役割をしているのに対し、カプサイシンと大豆イソフラボンの方には主に発毛の効果があるため、併用することで髪が抜けにくく、生えやすい状態を作ることが出来るというわけです。
とはいえ、カプサイシンの摂り過ぎは反対に抜け毛を増やしたり、胃腸障害を起こしたりすることがあります。
あくまで刺激物ということを忘れずに適量を守りましょう。

  出典 大豆イソフラボンで抜け毛を予防し育毛を活性化しよう! | ジェネリック育毛剤を徹底比較!!

生理前に胸が張ったり、いつもより少し大きくなったりすることはありませんか?
あれは排卵前になり女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が増えることによって起こっているんです。
エストロゲンには乳腺の発達を促し、乳腺細胞を増やす働きがあります。
エストロゲンがより多く分泌されることによって乳腺が発達し、バストアップに繋がる、というわけです。

では肝心のエストロゲンを増やす方法は……?

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンによく似た働きがあるんです!
大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンが分泌された時と同じような状態になり、乳腺細胞を増やすことができるんです。

  出典 大豆イソフラボンのバストアップ効果とは?イソフラボンで胸を大きく | marshmallow

増加する肥満と心臓病に悩むアメリカでは、1999年、食品医薬品局(FDA)が、心臓病対策として大豆たんぱくを含む食品に「健康表示」を認可しました。
内容は「低飽和脂肪酸、低コレステロールの食事を条件として、1日あたり25グラム(1食6.25g)の大豆たんぱく質の摂取は心臓病のリスクを低減させる」という予防効果を認めたもので、該当する食品は、健康表示(Health Claim)を表示できるというものです。
同局が特定の食品の効能を認めるのは「きわめて珍しいこと」とされ、それだけ背景の深刻さを想像させますが、アメリカではいま、まさに「大豆ブーム」が到来しています。

  出典 生活習慣病予防とイソフラボン | イソフラボンのチカラ | 健康百科 | 知る・楽しむ | フジッコ株式会社

イソフラボンを摂取することで、総コレステロール(TC)、悪玉コレステロール(LDL)、中性脂肪(TG)の数値が有意に改善することが確認されました。

  出典 動脈硬化 降血圧│イソフラボン | イソフラボン倶楽部

イソフラボンは植物性ホルモンといわれる物質で、化学構造が女性ホルモンに似ています。女性ホルモンは乳がんの発生を促進することが知られていますが、イソフラボンは女性ホルモンを邪魔することによって乳がんを予防する効果があるのではないかと考えられています。実際、動物実験などではその予防効果が示されていました。

  出典 大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

イソフラボンには、エストロゲン活性があり、血中テストステロンレベルを下げたり、発がんに関わるチロシンキナーゼの作用や血管新生を阻害したりすることなどにより、前立腺がんを予防するということが、多くの実験研究で報告されています。

  出典 大豆製品・イソフラボン摂取量と前立腺がんとの関連について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

食品安全委員会では、食品を含むイソフラボンの1日の安全な摂取量の上限を70~75mgとしています。その上で、食品以外から、特定保健用食品(トクホ)で摂るイソフラボンの上限を30mgという案を出しました。しかし、この案は、安全のため、かなりの安全幅をとったものであり、同委員会でも「上限値を超えたからといって直ちに健康被害が発生するものではない」とも併記しています。

  出典 過剰摂取│イソフラボン | イソフラボン倶楽部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.