吃音(どもり)は治癒できる病気

吃音(どもり)と言う症状で苦しんでいる人たちの改善に役立てる事ができる情報をまとめました。

更新日 2016年07月25日

合計 599pv


大人のADまとめ

  出典 msp.c.yimg.jp

言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。WHO(世界保健機関)の疾病分類「ICD-10」では、「会話の流暢性とリズムの障害」、「吃音症」に分類され、米国精神医学会の2013年発表DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)では「Childhood‒Onset Fluency Disorder(Stuttering) 小児期発症流暢症/小児期発症流暢障害(吃音)」と表現されている。日本国内においては「どもり」、「吃音」とも言われているが、特に近年「どもり」は差別用語や放送禁止用語とみなされており、公の場で使われなくなってきている。

  出典 吃音症 - Wikipedia

吃音症(きつおんしょう)というのは発達障害の一つで、話し言葉がスムーズに出てこない、なめらかに話すことが難しい、などの症状を示します。一般的に「どもる」と言われている話し方をイメージすると分かりやすいでしょう。

吃音症は流暢性障害とも呼ばれ、人口の1%くらいに表れる症状だと言われています。一口に吃音症と言っても、症状の重さやタイプは人によって違い、軽症の人から重症な人まで様々です。

  出典 これって吃音症?どもりとの違いと3つの症状・原因や受診すべき科から、症状のチェックや自分でできる改善法まで徹底解説!|welq [ウェルク]

  出典 msp.c.yimg.jp

吃音の原因には、児童の発達性のものと、後天的なもの(たとえば頭部外傷)が挙げられる。発達性の吃音は、2歳で発生することが多く、成人では0.8〜1.2%、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者であるといわれ、その4分の3のケースは治療の有無にかかわらず時間と共に解決する[1][3]。子供の頃は本人が気づいていない場合も多い。吃音の程度やどもりやすい言葉や場面には個人差がある。緊張していたり朗読や電話の応対をしたりする、「あいさつ」などの日常よく使う言葉など、どもりやすい傾向があるとされる。

  出典 吃音症 - Wikipedia

発症率は5%程度で、男性と女性の比率は4:1です。2語文以上の複雑な会話を始める時期に起きやすく、2~5歳の幼児期に発症する場合がほとんどですが、まれに小学校以降に発症する場合もあります。

子どもの頃の吃音(発達性吃音)は自然に治ることが多く、成人になっても吃音症である割合は1%程度とされています。

  出典 これって吃音症?どもりとの違いと3つの症状・原因や受診すべき科から、症状のチェックや自分でできる改善法まで徹底解説!|welq [ウェルク]

  出典 ord.yahoo.co.jp

日本音声言語医学会では、吃音検査法を確立するための検査項目の検討が続けられている。吃音症状をかなり詳しく分類している。しかし、詳しすぎる検査は、かえって問題把握を難しくしたり、症状にとらわれすぎる可能性がある。あまり詳細なチェックは必要ないが、吃音症状にどのようなものがあるか、次に示すような項目程度は知っておいてよい。専門用語では少し違った表現になっているが、一般的に分かる表現にした。


  出典 ord.yahoo.co.jp

語を繰り返したり、つまったりする音声言語面に現れる症状で、おおざっぱには三つに分類できる。
1.連発(語音・音節の繰り返し)
「タタタタマゴ」のように音を繰り返す症状で、吃り始めた初期にみられるものである。これは誰でも吃っていることが分かる。
2.伸発(引き伸ばし)
「タ-マゴ」のように音を引き伸ばす言い方で、これも初期にみられるが、成人になるにしたがって緊張が加わる。
3.難発(ブロック)
「・・・・・・タマゴ」のようにつまって音が出てこない。ブロックといわれる成人吃音の多くにこの難発がみられる。最初の一音が出れば後は割と話せるので、周りの人は吃音だと分からないことが多い。本人も言いやすいことばに言い換えたり、黙ったりするので、よけいに分からなくなる。「タタタタ」と連発するものだけが吃音だと思っている人は案外多い。吃音が理解されにくいわけである。


  出典 ord.yahoo.co.jp

吃っている状態から抜け出すためにしようとした動作が身についてしまったものである。瞬き、目をこする、体をのけぞらす、手足を振る、足をばたつかせるなどがある。当初はそれらが効を奏しても、次第に効き目が薄れ始め、他の動作を模索する。やがて動作だけが残り、吃るたびにその動作を起こしてしまい、吃ること以上に本人を苦しめることになりかねない。吃ると舌が出る人がいて、その人は吃ってもいいが、舌が出ないようにしたいと、舌が出ることに悩まされた。


  出典 ord.yahoo.co.jp

吃るかもしれないという予期や不安により、また、吃ったことによって、表情や態度に変化が起こる。自分の吃音にどの程度敏感になっているかによって、この反応は変わる。
表情  赤面、こわばる、当惑
視線  そらす、チラッと見る
態度  虚勢、攻撃的態度、おどけ、恥ずかしそうな態度、落ち着かない
行動  恥ずかしそうに笑う、いらつく、せきばらいする
話し方 先を急ぐ、小声になる、単調になる


  出典 msp.c.yimg.jp

吃らずに話そうとするために行う工夫
延期  間をあける、回りくどい表現をする、「アノ-」「エ-」などを入れる
助走  話すスピードを速める、語音に弾みをつける
解除  一度話すのをやめて、再び試みる


  出典 msp.c.yimg.jp

吃音症状が悪化し、吃音に対する意識が強まるにつれて、回避が始まる。この回避が強まれば強まるほど吃音は悪化していく。
話す場所や相手を避ける
中途で話をやめる(考えるふり、分からないと言う、黙る)
相手が言ってくれるのを待つ
ジェスチャーを多く使う
ことばや語順を言い換える

大人の場合は「上手く話せない」経験をたくさん積んできているせいで、なかなか治りにくいと言われています。吃音の治療にあたっては、楽に話すためのテクニックを身に着けるとともに、吃音が生じている時のクセを取り除くこと、話せないことへの恐怖や不安を取り除くこと、が必要なようです。

吃音症を治すために、自分でできる方法をいくつか挙げてみたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.