【極み】キャバ嬢を本気で口説く方法を伝授!!

キャバクラに行って、キャバ嬢を好きになってしまった。彼女を本気で口説きたい。どうしたらいいか?

華やかな彼女たちは人間相手の商売のプロフェッショナル。同世代の女子よりもずっと人間のあらゆる面をみてきています。

あなたの「口説きたい」の本気度はどれぐらいでしょうか?中途半端な気合いはそれなりに扱われてしまいますよ!

更新日 2016年07月03日

合計 1465pv


大人のADまとめ

  出典 trendy.nikkeibp.co.jp

日常生活の中で、たまたま偶然知り合った女の子がキャバ嬢だった、という場合をのぞき、あなたと彼女の出会いは、お店の人とそのお客。

だったらまずは「一人の男として」の前に、「客として」どうか、からのスタートですネ。店の女の子に対していばらない、からまない、悪酔いしない、黙りこまない、ケチな態度をとらないなど、お客さんとして「マナーが良くて、楽しく話しやすい人」をこころがけましょう!

  出典 キャバ嬢を本気で口説き落とす極意伝授します! | コイトピ [coitopi]

先ほど、キャバ嬢と恋人関係を目指すのであれば普通とは異なり、お客様から一人の男性としてもらえるようにならなければならないと説明しました。
これは、いくらあなたが相手のことを好きだと思っていても、なかなかできることではありません。
なぜなら、男性が慕ってくれているのであればキャバ嬢は特に何もアプローチせずとも指名が取れるため。
実は、キャバ嬢を落とすためには好きであることを悟られてはならないのです。
これが、落とし方テクニックでも肝心要となります。

キャバ嬢は、男性客に慕われてアプローチをされることに慣れています。
その上、先述のとおり、そうとわかればその心理を利用してうまくお客として自分のポイントを稼ぐのが鉄則となっていますからますます落とせなくなってしまうのです。
ただし、キャバ嬢に悟られなくとも、なにかしらのアクションを起こさなければ自分に興味すら覚えてくれないのがキャバクラです。
そこで、好意はわからないように、印象付ける行動が必要となります。
場内指名秘テクニック
そのテクニックは様々ですが、例えば落としたい相手をすでに何度も指名しているような場合には、指名をしている理由を「会話が楽しいからで、あまり面白くないと感じることがあれば変えるつもり」などと、指名がなくなってしまうようなことをほのめかすのも手段です。
こうすれば、キャバ嬢側は、メールを送ったり、積極的にコミュニケーションを図ったりとあなたにアプローチしてくれるようになるはずです。
これで、ただ追っているだけでなく追わせている状態も同時に作りだすことができます。
その上、ただのお客ではなく、気にかける必要のあるお客になるのです。
この次には、アフターへ誘ったり、同伴をしたりとお店の外で会えるような機会をもつようにしましょう。

ただし、この時も好意があるからではなく、淡白な雰囲気を出すことが大切です。
また、店の外でも、その子のためにお金を使うというのはさりげないアピールにもなります。
とはいえ、プレゼントなどを用意するのはご法度。
それは、もっと距離が近づいてからにするべきです。
こうして、アフターに誘っているうちに、プライベートの連絡先を交換してくれるケースもあります。

こうした機会を利用しながらだんだんと、仕事用の顔をしているキャバ嬢から、普通の女性へとなるように親しくコミュニケーションを図りましょう。
そして、お店が休みの日やその子がお休みの日に、キャバクラと関係なくご飯に行けるようになればころ合い。
一気に口説いてしまって女性から恋人へを目指すのも選択肢でしょう。
この場面であれば、プレゼントも有効かもしれませんね。

もちろん、すべてのキャバ嬢がこの手法で落ちるとは限りません。
しかし、一つのテクニックとして覚えておいて損はないでしょう。

  出典 本気で気になるキャバ嬢を落とす!落とし方テクニック

  出典 mexce.net

キャバ嬢を落とす、と考えた時どの様な作戦をお考えですか?
いわゆる「太客」と呼ばれるポジションになり、この人とは寝ておいた方が自分の為になる。と思わせて落とす。
これが王道かと思われがちですが、実は違います。

1ヶ月に300万を落としてくれるレベルのお客様であれば話は別でしょうが、キャバ嬢と付き合っている男の人は、実はお金をあまり持っていない人の方が多いのです。そしてキャバ嬢は枕営業が儚い夢だということを知っています。

月に2回だけ指名で来店してくるあなた。見栄を張って2回はそこそこの料金を使って帰ります。

しかし、あなたはその数回以外まったく店に来ません。来ない間、もちろんキャバ嬢は営業を掛けます。以前そこそこの料金を使ってくれた為必死でメールやラインをします。
この必死のメールとラインが彼女を落とすチャンスです。

金を落としすぎるお客様の場合、コンスタントにお店に来てくれるほか一回の利用料金が高額のためまず月に何度来店を煽り、予想以上のお金を使わせるか。

また、お金が無くなった際や結婚を迫られた際にどの様にフェードアウトしていくかがメインの交流となってしまいます。

人は与えられた分だけ報酬が必要と考えます。与えられすぎた場合、報酬がちらつき逆に不安を与えてしまいます。
お金ではなく、自然と自分という人間に興味を持つようコントロールする事が必要です。

  出典 元ボーイが教えるキャバ嬢を落とす3つの秘技

お客様相手に駆け引きを行いながら自分を商品として売り、査定されるのがキャバ嬢です。
よほどのプロでない限り愚痴やストレスがいくらでも湧いてくる職業です。

あなたはまず、下心がまるで無いかのように何度目かの来店の際、または初めての同伴で「頑張っているのがとても伝わってくるんだけど笑顔ばかりで心配になる。大丈夫?」と声を掛けてあげてください。

成功すれば嬢はべらべらと愚痴を言ってきます。間違っても「お前の本音が聞きたい」などとストレートに話すのはNGです。あくまで自分は嬢を受け入れており、応援したいと思っている心の中でたまに笑顔ばかりでは辛くないのか?となんとなく心配になった、というスタンスでアプローチしてください。
嬢がお店の中だけでなく、メールやラインで弱音と愚痴を吐いてきたらかなりいい感じです。

優しく受け止めてあげてください。「どんな仕事も大変だ。悩みを聞いて楽になるならいつでも連絡してほしい」と頃合いを見て伝えてみてください。
同伴したい、アフターしたいと言い始めその内容が愚痴から弱音、悩みになればもっといい感じです。

女性は自分の愚痴をうまく受け止めてくれた人に信頼を置く生き物です。お店で話す愚痴は仕事のモード

が抜け切れていない可能性がありますが、お店の外でする愚痴は本音に限りなく近いものが多いです。

  出典 元ボーイが教えるキャバ嬢を落とす3つの秘技

  出典 www.inside-games.jp

オフの私の口説き方(1)――アドレス交換からデートの約束まで

まず「デートに誘う」ことから始めるのが基本のようだ。「(私の場合)たくさんの男性に会うから、すぐ私の頭の中から男性がフェードアウトしちゃう」と話した。忙しい彼女にとっては、とりあえず「デートに誘う」ことが重要なポイントのようだ。


実際、彼氏がいるときの彼女は男性からの“強い押し”で、何度かデートを重ねたという。しかし「重要なのは口では語り切れない信頼。少し極端だけど『俺の都合に合わせろ』みたいなこと言われると、『私のこと好きだって言ってたのにな……』って疑っちゃうんだよねぇ」とも。



「1時間でもいいから会いたい」と言って、こちらで場所や日時を決めてしまうのはどうなのだろうか? 「そこまでして私に会いたいのなら……OK出しちゃうよね。でも、押しが強くなり過ぎると逃げたくなっちゃって……難しいね」。とはいうものの、「1時間でもいいから会いたい」という“ごり押し”はマニュアル的に悪くないようだ。


転がるんです。
最初は営業に引っかかった方がいいです。
これは、なるべく最初にやっとくと効果的です。


『この人は営業したら来てくれる人だと。』
ホステスにリピーターだと思わせるんです。


どんな会社でもどんな人でもリピーターは特別なんです。
常連が融通聞くのもこの原理ですね。


ホステスもこっちのわがままも来てくれなくなったら困る!って心理になるんです。


なので最初に営業に引っかかる事でそれを植え付けるんです。
転がせるんじゃなくわざと転がるんです。笑

  出典 キャバ嬢を口説くテクニック - NAVER まとめ

  出典 www.t-kabuto.biz

キャバ嬢を落とすメールテクニック教材が今とてもお買い得価格になっています。

この教材をゲットしてぜひキャバ嬢を口説き落としてみてくださいね!!
下記をご覧下さい↓↓


キャバ嬢攻略メール <出水聡-サトシ-のキャバ嬢攻略メールテクニック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.