女子が思わずOKしたくなるデートのお誘いメールとは…?

デートに誘う時に「断られたらどうしよう…」そんな悩みが多い男性が多いと思います。
今回はそんなあなたの為に女子が思わず「オッケー」を出したくなるようなお誘いメールノウハウをまとめました。
ぜひ試してみてくださいね。

更新日 2016年06月29日

合計 1034pv


大人のADまとめ

  出典 ikemen-renai.com

女性をメールでデートに誘う前に
知っておくべきことが2点あります。



女性の好みやスケジュールを知る

僕は初デートは食事が無難だと思っています。

そこで、食事に誘う場合に、
女性が好きな料理を知っておく必要があります。

例えばイタリア料理が好きで魚が嫌いな
女性がいるとします。

その女性をイタリア料理に誘ったら
OKしてもらいやすいですよね。

逆に魚料理に誘ったら断られやすくなりますよね。

ですから、デートに誘う前に
女性の好みをあらかじめ聞いておきましょう。



初デートで映画に誘うのはおススメできませんが、
もし誘うのであればどういった映画が好きなのか
あらかじめ聞いておくべきです。



そして、女性がいつなら空いているのかも
探っておく必要があります。

仕事は何時まででいつ休みなのか、
休みの日はいつだったら都合がいいのか、
習い事などで都合がつかない時間があるのか、
という事を探っておきます。

そうすればデートに誘っても断られにくいです。



このことを聞くことができないのであれば、
もう少し女性と距離を縮めるところから始める必要があります。

聞き出せない関係であれば、
女性をデートに誘っても断られる可能性が高いです。



デートに誘う場所の詳細

女性を食事に誘う場合、
誘う店の情報を詳細に知っておくべきです。

どういった料理があって雰囲気はどんな感じで、
女性が喜びそうなところはどういったところで
という事を知っておく必要があります。

そういったことを調べておくことで、
女性に断られにくくなりますよ。



映画に誘う時は映画の内容について
細かいところまで知っておいたほうがいいです。

可能であればその映画を一度観ておいたほうがいいです。



以上の2点はデートに誘う前に最低限知っておくべきことです。

  出典 女性にモテる男の会話術~狙った女性を惚れさせる会話術!

いきなり食事に誘う前に、女性を気遣う様子を見せてください。

久しぶりのメールなら「体調崩してない?」「最近寒いけど大丈夫?」など。
よくメールする仲なら「仕事お疲れ!頑張ったな」など。

労われると女性は優しさを感じ、気分が良くなります。
そこからデートの誘いに移りましょう。

  出典 メールを使ったデートの誘い方

お相手の女性と、今まで何らかのかかわりがある場合には、「この前、お世話になったから」という理由で、「今度、お礼に、なにか美味しいものをごちそうさせてもらえませんか」と、相手に対して重くならないように誘ってみましょう。
食事でもスイーツでも構いませんので、お相手との距離感を見極めながら、具体的にレストランやお店を提案することも効果的です。
お相手の食べ物の好みが分かりかねる場合には、「オシャレで雰囲気がいいお店があるから、ぜひ二人で一緒に行ってみませんか」と誘うのもひとつです。

  出典 女性に思わず「OK」と返信させる、デートの誘い方(メール編) | TABI LABO

季節や期間限定のイベントをきっかけに、女性をデートに誘う方法も定番のひとつです。
今だけというレア感があり、一般的に誰もが興味を持っているイベントにお誘いすることで、誘われた女性も、「面白そうだから、ちょっと行ってみてもいいかな」という気持ちになりやすいものです。
お誘いのメールの中で、「二人で行きませんか」とはっきりと書くことが大切です。女性が、あとから「他の友達も一緒かと思っていたのに、なんだか約束と違う」と感じ、気まずい雰囲気になることを避けるためにも、相手を思いやり、配慮すべきことはきちんとしておきましょう。

  出典 女性に思わず「OK」と返信させる、デートの誘い方(メール編) | TABI LABO

映画やコンサート、観劇など、相手の女性が好むものを選び、入手できたチケットを使ってデートにお誘いしてみましょう。
なかなか手に入らないレアチケットが入手できたときには、そのチケットのレア感とともに、「せっかくの機会だから、ぜひ君と行きたいんだけど、お時間もらえませんか」と誠意を持ってお誘いメールをしましょう。
お相手の女性の性格によっては、「チケットが偶然余っているから、一緒に行ってもらえるとうれしいんだけど」と、気楽な雰囲気を全面に出してお誘いするメールも、相手の負担にならないという意味でお勧めです。

  出典 女性に思わず「OK」と返信させる、デートの誘い方(メール編) | TABI LABO

あなたが、姉妹や女友達に向けた、女性用のプレゼント選びをしなければならないときに、メールで「センスがいいから、プレゼントを一緒に選んでもらえないかな」と、お相手の女性をショッピングに誘うのもよいでしょう。
お誘いを受けた女性からすれば、あなたから、センスがあるオシャレな女性として見てもらっていることをうれしいと感じ、「ちょっとだけなら、買い物につきあってあげてもいいかも」と思うものです。
特に、世話好きな女性であれば、喜んであなたの相談にものってくれ、よきアドバイスをくれるはずです。

女性の好みを事前にリサーチし、さりげなく、好みに合ったデートプランを提案することで、メールでのデートのお誘いも成功しやすくなります。
具体的な日時をはっきりとメールに書くことで、誘われた女性も返信しやすいものです。都合が合わず断られたとしても、女性があなたに対して気持ちがあれば、代わりに都合がつく日時を教えてくれるかもしれません。誠意と勇気をもって、このようなメールでのデートの誘う方を参考に、気になる女性にメールでアプローチしてみましょう。

  出典 女性に思わず「OK」と返信させる、デートの誘い方(メール編) | TABI LABO

  出典 lovekatsu.38miya.info

【1】女の子にデートの参加を判断する材料を提供できる。
「今度、デートしよう。」というメッセージのみでは、デート内容が不明確です。内容が不明確なデートは、「どんなデートになるんだろ...?」と女の子に不安を与えることになります。その不明確さが、結果として「断られる」という結果を招くケースもあります。一方、デート内容をできるだけ詳しく書くことで状況は変わってきます。デートの詳細情報によって、女の子がデート参加するための判断材料が増え、デートに対する不安を取り除くことができます。女の子にとって、デート内容が極めて魅力的なものであれば、OKしてもらえる可能性は高まるかも!?

【2】具体的な日付を加えることで、女の子が返事しやすくなる。
デートのお誘いメールは、「女の子が断りやすいこと」が大事です。書き間違いではありません。もう一度、書いちゃいますが、「女の子が断りやすいこと」が大事なポイントです。男性の中には、女の子がデート参加することを前提として、「いつ暇?」「来週の空いている日は?」などとメールする方もいるようです。しかし、このようなメールでは女の子はどのように返事をすれば良いのか分からず、返事の書き方に困ってしまいます。そこで、女の子が断りやすいように、具体的な日程を加えて、デートに誘ってみてはいかがでしょうか。女の子は、「その日は別の予定が入っていてムリなんだ。」と断りやすい状況となります。断りやすいように表現することも男の「優しさ」ではないでしょうか? また、女の子が一度断ることで「この前は、断って悪かったなぁ。」と思わせることも可能です。このような気持ちにさせることで、次回誘ったときは、デートの参加をOKして貰える可能性が高まります。


【3】「二人で会いたい」という照れくさいメッセージを伝えなくて済む。
たくさんのメッセージが入っているメールは読むのも、返信するのも大変です。メールは、一通につきワンメッセージだと伝わりやすくなります。デートのお誘いメールにおいても、具体的なデート内容と場所についての情報を伝えることが重要です。具体的に書くことで、ある程度の文字数となり、「二人で会ってみたいから...」などの気まずいメッセージを無理に加える必要がなくなります。

  出典 デートを誘う際、女の子にOKして貰えそうなメールとは? | ライフハッカー[日本版]

  出典 date-planner.info

気になる相手をデートに誘ってもいつも断られてしまうような人は、ひょっとしたら

「断られ易い誘い方」

をしてしまっているのかもしれません。

いくら作戦を練って自信満々で誘っても、相手の心に響かなかったら全く意味がありません。

ここでは、メールでデートに誘う際に、相手から断られ易いケースをご紹介していきます。

つまり、良くない例です。

「上手な誘い方」を考える前に、まずは良くない例を確認し、自分自身の誘い方を見直していきましょう。

こんなメールの誘い方では断られ易いようです。

タイミングが早すぎる
ストレートすぎる
気持ちや内容が伝わらない
テンションが低くて暗すぎる
メール内容がキザすぎる
ストーカーじみた内容

メールでデートに誘う場合、これら6つの特徴に当てはまっていると、断られてしまう可能性は高まります。

これらは相手にマイナスなイメージを与えてしまう可能性の高いメール内容です。

仮に、相手があなたに好意を持った人であれば問題ないケースもありますが、相手があなたのことを良く知らなかったり、あなたに対して好意を持っていないことが明白な場合、基本的には避けた方が良い内容であると言えます。

では、例文を確認しながら一つずつ詳しくみていきましょう。

※あなたを「自分」、気になる異性を「相手」として表現

タイミングが早すぎる


自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!今夜空いてる?2人でデートしようよ!いい?」
相手「メールありがとう!でもちょっと早いかなー。忙しいしゴメンね!またこっちから連絡するから。もう少し仲良くなったらね!」

断られて当然のメール内容です。

確かに思い切りが必要な時もありますし、攻めなければ他の人に奪われてしまう可能性もあります。

まわりくど過ぎるのも考えものですが、この例を見るとあまりにもデートに誘うタイミングが早過ぎますし、相手もびっくりしています。

最悪の場合、このまま相手から連絡をもらえないケースです。

デートに誘うのは、もう少し仲良くなって、もう少しお互いを知ってからにしましょう。こんなメールでは軽い男(女)だと思われてしまいます。

ストレートすぎる


自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!初めて話した時からあなたのことがずっと気になってて、デートに誘いたいって思ってました!お返事ください!」
相手「メールありがとう!時間がある時こっちからまた今度連絡するね!ありがとう!」

流されて当然のメール内容です。

自分の気持ちばかり押し付けてしまう、恋愛初心者丸出しのメールですね。

確かに、相手に自分の気持ちを伝えるのは大切なことです。

しかし、あまりにストレート過ぎます。それに、アドレスも交換したばかりですし、相手も驚いて流すしかありません。

デートを実現させたいなら、ストレートすぎないメールを送るべきです。

気持ちや内容が伝わらない


自分「こんにちは!昨日アドレス交換ありがとう!とりあえず、1度2人で会ってデートしない?」
相手「とりあえず?うーん。最近忙しいから落ち着いたらまたこっちから連絡するね!」

相手にとって失礼な印象を与えてしまうメール。

「とりあえず」なんて言葉は使ってはいけません。

デートをする理由や気持ちが全く伝わらず、どんなデートになるのか内容も定まっていません。

こんなメールではいい加減なイメージだけが残り、「誰でもいいのか?」と思われてしまいます。

なぜデートをしたいのか、そしてどんなデートをしたいのか、もう少し具体的なものでなければなりません。

テンションが低くて暗すぎる


自分「こんにちは。元気?近々空いてる日ある?食事に行かない…?忙しそうだし難しいか…。お返事ください。」
相手「メールありがとう!空いてる日が見つかったらこっちから連絡するねー!!」

暗すぎです。

メールでデートに誘う場合、ビックリマークや絵文字を使って明るく楽しい雰囲気を演出するのが鉄則。

このような暗いメールでは「一緒にいてもつまらないかも」と、思われてしまう可能性が高いです。

あえて控えめにしているのかもしれませんが、これでは熱意も伝わりませんし、もう少し明るい文章を考えていくべきです。

メール内容がキザすぎる


自分「急ですが、あなたの瞳に惹かれました。わたしのハートに灯った火はもう消す事はできません。近々食事をご一緒しませんか?ご馳走させてください。」
相手「え…?あの…。またこっちから連絡するね!最近忙しいからごめんなさい!でも、ありがとう!」

まるで恋愛アニメのナルシストキャラのようなメール。

逆に真剣な様子が伝わってきません。ここまでキザで臭いメールを送る人はなかなかいないかもしれませんが、初めてデートに誘う場合はできるだけキザなセリフは避けるようにしましょう。

このようなセリフは、仲良くなってお付き合いができるようになったらウケ狙いとして使いましょう。

そうでないとドン引きされます。ウケるかどうかもわかりませんが…。

ストーカーじみた内容


自分「アドレス交換してくれて嬉しかったです!ずっと見てました!あなたの好きなものは何でも知っていますよ!あなたの好きなステーキをご馳走したいので近々ディナーに誘っても良いですか?」
相手「え…?(ちょっと怖い…。)最近ちょっと忙しいからまた余裕がある時こっちから連絡します!ありがとう!」

相手から怖がられてしまうメール。

ちょっとストーカーじみてますよね。相手が男性でも女性でも、こんなメールが届いたらドン引き確定です。

まだ仲良くなっていないなら「ずっと見てた」とか「何でも知っている」などの発言は避けた方が良さそうです。

一度でもストーカーじみていると思われてしまったら、今後その相手とデートをするのは難しくなるでしょう。


ここでご紹介した例文は、少し極端かもしれません。しかし、自分が思っているよりもメールの文章は相手に強い印象を残すものです。

これらの例のようなメールを送っていたことに気付いたなら、今後は見直していきましょう。


モテる男やモテる女は、これらのメールは絶対に送りません。


彼らは「OKをもらい易いメールでのデートの誘い方」を知っています。

それだけの話です。

次の項目では、その「OKをもらい易いメールでのデートの誘い方」をご紹介していきます。

まずは「断られ易いメールでの誘い方」をしっかり理解した上で、この先を読み進めて欲しいと思います。

では、モテる男やモテる女のメールテクニックとは、一体どんなものなのでしょうか?

  出典 メールでのデートの誘い方

メールでデートに誘うまとめはいかがでしたでしょうか?

ぜひ頑張ってトライしてみてください。

もっとメール成功率をアップさせる為のテンプレートをご紹介します。

LINEメールで効果的に女性を誘導させるテンプレートになります。


詳しくはこちらからご覧下さい。
↓↓↓




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.