【男子必見】圧倒的に女子を胸キュンさせるLINEメッセージ!これであなたもモテ男子間違いなし!

片想い相手との関係を深めるために極めて重要なツールであるLINEメッセージ。
内容次第では、女の子を喜ばせることも可能。好印象を持たれるためにも、女性に喜ばれるLINEメッセージを知っておきたいところですね。
ということで圧倒的に女子を胸キュンさせるLINEメッセージをまとめました。

更新日 2016年06月12日

合計 2336pv


大人のADまとめ

【1】特別な時間だったことが伝わる「今日はとても楽しかったよ」

「『すごく』とかポジティブな言葉があると好きなんだなと思う」(20代女性)というように、心から楽しかったことを伝えると、女性は「私に本気なんだ」と思うようです。うれしさを表す絵文字やスタンプで、ハッピーな気持ちを強調するといいでしょう。

【2】時間を忘れるほど楽しかったと分かる「時間があっという間に過ぎてしまいました」

「相手のことが好きだからこそ早く感じる」(30代女性)と、デートが短く感じたというメッセージは、女性に名残惜しさが伝わるようです。もし相手から「私も」と返信があれば、脈ありを期待できそうです。

【3】デートの余韻に浸っているのかと思える「今日はいい夢が見れそう」

「楽しかったからこそ、いい夢が見れると思うので」(20代女性)と、男性が幸せそうに眠りにつく様子が思い浮かぶようです。「夢の中でも会いたい」と添えれば、さらに女心をつかめるかもしれません。


【4】もっと興味を持ってもらえたと感じる「今日は君の知らない一面を知れてうれしかったよ」

「いい意味で相手の想像を裏切れたのかなと思う」(20代女性)というように、イメージと違う自分を知ってもらうことで、さらに好意を持ってもらえたと女性は解釈するようです。お互いに少しずつ違う面を見せあうことで、距離が縮まるのではないでしょうか。


【5】さっそく次のデートへ誘ってくれる「次は、どこに行きたい?」

「早く会いたい気持ちが伝わる」(30代女性)と、すぐに次の約束をしたがる男性に、真剣さを感じるようです。デート中に女性が興味のあるものを聞き出せば、次のデートも自然に誘えるかもしれません。


【6】好意をストレートにぶつけてくれる「もっと一緒にいたかったな」

「好きじゃない人とは、もっと一緒にいたいとは思いません」(20代女性)と、男性が寂しがっているのがよくわかるセリフのようです。普段は口数が少なく不器用なタイプの男性が言うと、女性をキュンとさせられるでしょう。

【7】離れているときも気遣ってくれるのが嬉しい「暖かくして寝ろよ」

「『おやすみ』なら誰にでも言うけど、大事に思ってくれてるんだなと思う」(20代女性)と体調を気遣う優しさに、女性は大切にされていると感じるようです。ほかにも「遅くまで付き合わせたから、明日、電話で起こそうか?」など翌日のことまで気を配ると、さらに喜ばれるかもしれません。

【8】別れた後も自分のことが頭から離れないのが分かる「今何してる?」

「さっき別れたばかりなのに、私のことが気になってるんだと思う」(20代女性)と、自分を気にかけてくれる言葉に、本気度を感じるようです。ただし二人の距離が縮まる前の段階だと、「付き合うと面倒くさいタイプかも!?」と敬遠されるので注意しましょう。

【9】真剣さが感じられてグッとくる「今日は緊張した」

「好きじゃない相手には緊張しないし、わざわざそんな恥ずかしいことを書かないから」(30代女性)と、意外な本音にキュンとくる女性が多いようです。普段冷静なタイプの人が言うほど、女性のことを強く想う気持ちが伝わりそうです。

  出典 デート後にもらうと女性が「私のことが本気で好きなんだ」とキュンとするLINE9パターン | スゴレン

■労いの言葉

「お疲れさま」や「大丈夫? 」など、気遣いの見られるメッセージは、
好きな人からならもちろんのこと、そうでなくてもとても嬉しいもの。
誰かがどこかで自分のことを思ってくれている、心配してくれていると思うだけで、
頑張ってる女子の心はグラっとしてしまうものなのです。



■「おはよう」などの挨拶

「おはよう」や「おやすみ」などのシンプルな挨拶メッセージは、
意外にも女子人気が高く「シンプルなものでも、そこに気持ちがあればいい」
という女子は結構多いんです。

ただし、文字のみでのシンプルなメッセージだと顔が見えない分、
冷たく感じられることもありますので、小まめに送ったり、
スタンプや絵文字などと一緒に送るなど工夫をした方がいいでしょう。



■「おめでとう」などのお祝い

お誕生日や、仕事や学校で何かしらいいことがあった時に、
「お誕生日おめでとう」「○○の頑張りが認められて本当によかったね。おめでとう」など、
祝福してくれるメッセージが届くと嬉しいものです。
しかも、この手のメッセージを送ると、
そのあとに「今度お祝いに食事でも……」と誘いやすくなりますよね。



■好き度が伝わるメッセージ

「あんまり頑張りすぎるなよ」「無理しないでなんかあったら相談しろよ」など、
元気づけてくれるメッセージは女子にとって、弱った心と体を元気にしてくれる魔法の言葉なんです。
俺に頼っていいんだよ、と言ったニュアンスのものはダイレクトに好意を感じることができるので、
弱っている女子をキュンとさせるには効果抜群です。

また、デートの後などに「今日は楽しかったね、また一緒に行こうね」や、
「○○のあの時の笑顔、可愛かったよ」など、一緒に過ごして別れた後のメッセージは、
女子にとって嬉しいものです。
離れてからも想ってくれていると感じられるだけで幸せな気持ちになれるんです。
どちらの場合も可愛いスタンプや笑えるスタンプなどと一緒に送るとさらに好感度はアップします。

明るく楽しくが基本!

簡単に送れるLINEメッセージだからこそ、相手の気持ちに立ち、
喜んでもらえるようなメッセージを送れば、2人の距離もグッと近くなります。
たとえ彼女の気持ちがわからなくて不安になっていたとしても、
ネガティブなメッセージや執拗に返信を求めるようなことはNGです。
顔が見えないからこそ、相手の喜ぶ顔を想像しながら送ることが大切なんです。
彼女を笑顔にするようなメッセージを心掛けましょう!

  出典 女子がホントに喜ぶLINEメッセージ4選 | 愛カツ

(1)読みやすい文章を書く

ラインやメールは相手に読んでもらうための文章ですから、句読点を入れるとか、長文になったら改行を入れるといった基本的なことは当然できていなければいけません。
読みにくいメッセージは、読む気が失せるだけでなく、それを書いた人の教養も疑われてしまいます。
細かいことですが、顔文字が改行されてバラバラになるなんてことも、読む人のことを考えていない証拠です。

(2)言葉遣いを合わせる

同じ言葉を使うのは、仲間である証拠です。
そこで、相手が使う言葉に注目し、自分の文章の中にも同じ表現を使うと、相手に親近感を持たせることができます。
特に顔文字には注目するべきでしょう。
顔文字は、そこに込められたニュアンスが人によって微妙に異なる場合があります。
だから、同じような文脈に相手と同じ顔文字を使うと、この人とはなんとなく波長が合うなと思わせることができます。

(3)言葉遣いを変える

人と親しくなる過程では、相手をファーストネームで呼んだり、敬語ではなくタメ口で話したりことが不可欠です。
そのためには、いきなり変えるのではなく、グラデーションで徐々に変えていくのが有効です。
私の会話マニュアル「無限トーク」では、そうやって徐々に言葉遣いを変えていくことを「ブレンド」と呼んでいます。
メールは落ち着いて文章を書くことができるので、少しだけタメ口を混ぜたり、名前の呼び方を変えたりするのが、普段の会話よりも簡単です。
*「無限トーク」は私のメルマガ購読者様だけに公開しています。

(4)相手の話に反応する

会話では相手の話をよく聞くことが大切ですが、これはメールでも同じです。
相手が先週観た映画の話をしているのに、それについて一切触れずに、自分の旅行の話を一方的に送ってしまってはコミュニケーションが成り立ちません。
相手の文章をよく読み、相手が期待しているリアクションをしてあげることで、メールのやりとりも盛り上がるし、相手も楽しいと感じてくれます。

(5)内容があるメッセージを送る

内容がないメッセージとは、「今何しているの?」とか、「最近何かあった?」といった、特に用件がないメールやラインを指します。
よほどあなたのことが好きな人ならば、こんなメッセージでも受け取っても嬉しいと感じるかもしれませんが、そうではないのなら、単にうざいだけです。
メッセージを送るなら、どんなにくだらないことでも、何か一つでも用件があるべきです。
例えば、「あの漫画の新巻でたよね。もう読んだ?」といった内容でも構いません。

(6)同情を誘わない

ラインを送る理由を作るためとはいえ、不満や苦痛などネガティブな内容のメッセージを送るべきではありません。
「昨日飲みすぎちゃって、頭痛いんだよね」
「実家で飼っていた犬が死んじゃったんだ」
こうした言葉には、「大丈夫?」とか「それは辛いね」といった慰めの言葉しか返せません。
そして、大抵の人は、そんな言葉をかけるのは気分が良くないし、もっとぶっちゃけて言うと、あなたの体調が悪かろうが犬が死のうが、どうでもいいと思っています。
普通の会話でも同じですが、自分のネガティブな話題は、あまり他人に伝えるべきではありません。

(7)追撃をしない

好きな女性にラインをして返事がないと、返事を催促するために追撃のメッセージを送りたくなってしまいます。
特にデートに誘って返事がないと、なおさらでしょう。
しかし、これは控えるべきです。
「返事ないけどどうしたの?忙しい?」なんてメッセージを送ったところで、どうせ返ってくるのは「あ、ごめん、忙しくて忘れてた」なんて、つれない返事です。
まともな神経をしている大人の女性なら、デートの誘いに返事を忘れるなんてことはありません。
つまり返事がないのは、それが返事なのです。
ただし、返事がないからって、その女性を諦める必要はありません。
返事がなかったら、しばらく時間をおき、また普通のメールをしれっと送って関係を続けるのが良い方法です。

(8)間違いメールを装わない

モテる女性に話を聞くと、みんな共通して「男の人から間違いメールがやけに多く届く」という面白い体験をしています。
これは、なかなか返事をもらえないから、わざと間違いメールを装って「送る人間違っているよ」というメールを受け取りたい男性が世の中に沢山いるからです。
言うまでもなく、全く無意味です。
モテる女性からするとその手口は透けて見えていて、気持ち悪いだけですので絶対にやめましょう。

(9)下ネタやブラックジョークは送らない

下ネタやブラックジョークは、普通の会話の中でなら表情や語り口で意味が伝わりますが、メールで伝えるのは至難の業です。
特に下ネタは、飲み会で酔っぱらっているときなら問題なくても、昼間に文章で読むと恐ろしく気持ち悪いことがあります。
それなりの関係に進んでいるなら効果があることもありますが、まだ関係が浅く、どう受け止められるか分からない場合は、送らない方が無難です。

(10)返事は直ぐに返す

好きな女性からメールが届いたとき、直ぐに返事をすると好意があることがバレてしまうから、駆け引きのためにわざと送らせて返事をする人がいます。
これ、全く意味ありません。
意味がないどころか、「なんだ、私のメールは返事する価値がないのか」と思われてしまいます。
メールやラインが届いたら、即座に返事をしましょう。
「あなたの問い合わせには真っ先に返事をします」という姿勢を見せる方が好感をもたれます。
そもそも好意は伝わっていいんです。
大人の恋愛は、ある程度好意が伝わってから、食事に誘ったり口説いたりするのが基本です。好意がそれとなく伝わることによって、好意の返報性も期待できます。

(11)送る前に読みなおす

手紙は夜に書いたら、朝読み返して送るのが良いとされています。
これは、感情が高ぶったまま書いた手紙は、落ち着いてから読み返すと、とても他人に読ませることができない内容だったりするからです。
メールやラインも同じです。
ちょっとした言葉遣いで、意味が通じなかったり、悪くすると、相手を傷つけてしまう場合もありますので、必ず送信ボタンを押す前に、落ち着いて読み返す癖をつけるべきです。

  出典 好きな女性に送るLINEやメール11のコツ | ラブポーション

■好きな人とのメール・LINE(ライン)頻度は1日から3日おきがちょうどいい

好きな人にメールを送るときは週1日〜3日くらいの頻度にしましょう。

なぜかというと、メールはたくさん送り続けても好感度が上がるわけではないからです。

好きな人にメールを送るからこそ、無難な感じにしておく必要があります。

メールは基本的に文章のやりとりしかできませんよね。

画像を送ったり、ラインではスタンプを送ったりできますが、それでも文字でのコミュニケーションが基本です。

文字だけではお互いの顔や表情が分からないし、電話のときのように互いの声を聞くこともできませんよね。

つまり、メールやラインのやりとりだけで好きな人の気をひくのは非常に難しいと言えるでしょう。



あまりに送りすぎても、話題がなくなってしまいますし、返信するのもおっくうになってしまいます。

その恋を成功させたいのなら、焦らず気持ちをおさえてほどほどに連絡するようにしましょう。



■好きな人が社会人だったときのメール頻度は相手の反応をみて決める

頻度は相手の反応次第ではないでしょうか?

返信がすぐ帰ってきて自然に続くようなら一日何度してもOK。

なかなか返事がこない、そもそも返事がこない状況で頻繁に送りつけたら逆効果かと。

時間は相手が寝てる時間は避けた方がよいかと。

それで目を覚ましてしまうってこともなくはないので。



好きな人が社会人だったら、相手の生活スタイルにあわせてメール・LINE(ライン)するようにしましょう。


■男性が好きな人にメール・LINE(ライン)する頻度は人による

脈ありだから毎日メールを送るという男性ももちろんいますが、それだとあからさますぎて嫌だと思っている男性も少なくないのが現状です。

女性側としては毎日メールをくれたほうが、分かりやすいほうが嬉しかったり、判断しやすかったりするのが楽だったりするので、メリットが多いものですが、そう簡単にはいかないようです。

しかし、気になる人はやはりつながっていたいと思うのは当然なので、定期的にメールがちょこちょこ送られてくるのは脈ありだと判断していいでしょう。

ただしその頻度が月に1回程度であれば、その限りではないので、頻度にも注目してみましょう。

当たり前の話ですが、男性が好きな人にメールやLINEする頻度はまちまちです。

毎日だったり、定期的に連絡がくるのであれば脈ありですが、返信がない、返信が異常に遅い場合は脈なしの可能性がとても高いです。


■好きな人からのメール・LINE(ライン)の頻度が減った理由は安心感

男性は、相手の女性が好きだからメールを送っているワケではありません。

「好きな女性を振り向かせる」ために、メールというツールを利用しているのです。 なので告白=つき合うというゴールを迎えてしまうと、途端にメールの回数が減るようになります。

「こいつ、俺のこと好きだな」と、相手の態度で気持ちが読めてしまった場合も、 ”振り向かせる”というゴールを迎えた事になるので、安心感からメールの回数は減ってきます。



男性の場合は非常に分かりやすいですよね。

しかし女性の場合は、興味がなくなったというような理由になりがちなので、注意が必要です。


■好きな人に送るメール・LINE(ライン)の内容はお互いの興味のあるものを選ぶ

「返事が面倒だわ」、「よくわからない内容で返事に困る」と感じるのはどんなメールですか?うざいと感じる時とは、ご自身が興味の無い内容のメールではないでしょうか。

好きな人が好奇心旺盛な場合やあなたに夢中の彼氏の場合は別ですが、

一般的には自分の興味が無い話に対して返事をすることは苦痛になるかもしれません。

両想いの前の段階で、一方的に想いを寄せているのであれば、好きな人の趣味や興味があることなどを探ってみましょう。

何度もメールをするのではなく、

一度で用件を済ませるつもりで質問して返事をもらったら、

その内容を広げてみましょう。




■女性が好きな人に送るメールやLINE(ライン)の内容は心配系



心配している系の内容の連絡が女性から来た場合は、

好意を抱いている可能性があります。

その心理として、連絡するきっかけをつかむことができるのと同時に、

優しさをアピールすることができるからだといっていいでしょう。



■好きな人にメール・ラインする内容がない時は画像を送ってみる

メールの文章作りに不安がある時には、画像を添付したメールを送ることをお勧めします。

日常の写真やいつでも見ることができる景色ではなく、珍しい写真に絞って送ることがポイントです。

例えば、空を撮影する場合には普通に撮るのではなく、動物やドーナツに見えるような珍しい形の雲を探しましょう。

「何気なく空を見上げたらウサギが居たよ」というコメントと一緒に写真を送ることで、相手の男性もただの空写真ではなく珍しい雲写真ということで、「本当に珍しいね。今もまだ見えるの?」とメールを返してくれるかもしれません。





■いつも文章だけの人は画像を送ってみましょう。

新鮮な気持ちになりますし、話題も広がりやすくなります。


■男性が好きな人メールする内容は趣味関係が多い

たとえば、趣味が似ていて、ゲームが好きとかなら、「◯◯というゲーム、もう試した?」とか、聞いてみる等です。何か目的を持ってメールしてきていることに、安心しますし(特に女性にまだ恋愛感情がない時)、話していても、普通に女友達と話しているような感覚で話せるものです。


どんな内容で送ればいいのかわからない男性が多いものです。

そんな時によく使われる話題が、趣味関係です。

このような内容のメールやLINEがきたら、好意を持っていると考えてもいいかもしれませんね。



■始めて好きな人にメール・ラインするときの内容は嬉しいアピール

・「○○です、連絡先教えてもらえて嬉しいです☆」

気になる彼と連絡先を交換できたなら、最初にこれを送りましょう。合コンや飲み会の途中で、「アドレス交換をしたけどちゃんと届くかな?」という確認のときも、これを送ってください。

物足りないくらいに見えるかもしれませんが、彼には「あなたに会えたことにテンションあがってます!」という気持ちは十分伝わりますし、何よりこのメールには必ず返事きます。


この内容を送る時は、なるべく交換した当日に送信しましょう。

そうでないと、タイミングを逃してしまいます。



■好きな人がメールしない理由は忙しい、またはめんどくさい

「メールに時間を割くことがもったいない」と感じている男性は多いよう。

さらに、手に入れたいと思う女性には頻繁に連絡を入れても、いざ手に入ってしまうとその安堵感から連絡不精になってしまうことも……。

必ずしも「メール返信がない=あなたに興味がない」とはならないようなのでご安心を。


メールを返信しない男性はたくさんいますが、仮に返信がなくても好意を持っていないというわけではありませんので、

勘違いして落ち込まないようにしましょう。



■好きな人にメールしない方がいい理由として興味をもたせる

意外にも、彼の返信率を上げるコツは“即答しない”こと。

彼から連絡がないと「今何しているのかな?」と考えちゃいますよね。

それを相手側にも思わせることが返信率アップに繋がるようです。“好き”アピールをするばかりではなく、相手を焦らす余裕を持つことも大切なようですね。「すぐ返信してしまう」という女性は、ぜひお試しを!





「彼の連絡がマメでないので苦労しています。連絡を増やす方法を教えてください」

というご相談を受けることがありますが
「追いかけ恋愛しているのですから、彼が嫌にならない範囲でコツコツメールをしましょう」
という対策しかないのです。
そうして付き合いが長くなって、男性が女性に興味を持つようになってくると、「追いかけ恋愛」が解消され、女性から逆襲することが可能になります。



■好きな人にメールしない女性は駆け引きの可能性がある

まだ付き合ってない好きな男性に、
自分からメールを送らない心理についてですが、
それは、いわゆる駆け引きだと思う。

その女性は友人と思っている男子には
バンバン自分からメールしているとのことですから、
メールが苦手というわけでもないでしょう。
なんとも思ってない人には、今後の関係がどうなろうと構わないから、
自分から(まるで女の子にメールする感覚で)連絡する。

本命には、自分からせずに、
むしろ相手からの連絡に返す立場である方が、
今後の付き合いで、優位になるというか…うまく展開しやすいのでしょうね。

  出典 好きな人とのメール・LINE(ライン)で意識すること


1.返事を催促しまくる

「ちょっと返事ができなかっただけで、『ねぇ?聞いてるの?』みたいなことを連呼されると、本当にウンザリします。少しくらい返事がなくても待ってほしいですね」(27歳/営業)
女性とLINEやメールをしていて、男性が最も鬱陶しいと感じるのが、返事の催促です。既読になっているのに返事が来ないと、催促してしまう女性もいることでしょう。
ただ、男性はLINEなどでのコミュニケーションが得意ではないため、ついつい後回しにしてしまったり、仕事中ですぐに返信できない時もあります。そういったことも理解してあげないと、男性は息苦しさを感じてあなたの元から逃げ出してしまいますよ。

2.質問攻めにしてくる

「俺に興味を持ってくれていることは嬉しいんですけど、質問ばっかりされまくると、返事をするのが面倒になってきますね。なんかしつこくて、ちょっと怖さも感じます」(26歳/マスコミ)
好きな人とLINEをするときは、疑問文で終わるように会話をすると、話が途切れなくていい。そんなテクニックがあったりもしますが、やりすぎてしまうと裏目に出てしまいます。
プライベートのことなどをしつこく質問しまくると、ストーカーのような粘着質な怖さも感じてしまうため、男性があなたを避けるようになってしまうかもしれませんよ。

3.怒りを長文で送る

「彼女とケンカをしていたときに、怒りの文章がかなりの長文で送られてきたときは、本当にドン引きしました。ものすごい怖さを感じて、その後すぐに別れちゃいました」(32歳/金融)
LINEは短い文章を会話風に交わすのが主流であるため、そこにいきなり長文が送られてくると、それだけでかなりの衝撃が走ります。しかもそれが怒りの文面であった場合は、男性はもう読んでいるだけで嫌な気分になってしまうでしょう。
怒ったときに、毎回のように長文で説教などを送ってしまうと、男性の気分が滅入ってしまうだけです。見た目にもインパクトがありすぎるので、どうしても言っておきたい怒りならば、面と向かって言った方がまだいいですよ。

4.終わりそうな気配がない

「LINEは終わりが見えないときがあるから、どうしても苦手です。深夜とかに、もう寝たいのに、彼女とのLINEがなかなか終わらないと、イライラしてしまいますね」(23歳/学生)
男性がLINEを苦手とする一番の理由は、終わりが見えないことです。短文をさくさく送れるので延々と会話が続いてしまい、終わりたくても終われずイラッとしてしまいます。
男性からそれとなく終わりを匂わすサインを送ってはいるのですが、女性がなかなかそれを感じ取ってはくれないことも多いのです。
ある程度、会話時間が長くなってきたら、男性の気持ちも察してあげないと、あなたの存在が重荷になってしまいますよ。

  出典 「鬱陶しいわ~!」と男性が本気で嫌がる女子からのLINE・4パターン - モデルプレス

  出典 mote-line.com

会話下手な方や、LINEで全然距離が縮めれないと悩む方は
今すぐ激モテLINE術に切り替えるべきです。


目当ての女性がいるのに、女性がつまらない思いをしていると
すぐに気持ちがすぐにどっかに行ってしまいます。



LINEは確かにいつでも送ったメッセージを読む事ができます。

しかし、同じメッセージであっても、
読むタイミングで女性が抱く感情が変わります。

激モテLINE術とは、送るメッセージの質だけでなく、
(確実に女性との距離を縮めるために)タイミングまでも考慮することで……、

恋愛への発展確率をさらに高める
高嶺の花の女性とも距離を縮める
目当ての女性と急接近する


LINEの使い方一つで、成功を手にする事ができます。

もう一つ、激モテLINE術には、挽回ができる!という
大きな特徴があります。


一度、心の距離の離れた女性には「小細工をしなければ、その女性の
心の矢印は自分に向く事はない」というのが一般的な考え方です。




激モテLINE術を利用すると、相手を段階的に
楽しませることができます。

話していて楽しいからもっと一緒にいたい!と
実感させるのが激モテLINE術です。

詳しい詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.