【男子必見】圧倒的に女子を胸キュンさせるLINEメッセージ!これであなたもモテ男子間違いなし!

片想い相手との関係を深めるために極めて重要なツールであるLINEメッセージ。
内容次第では、女の子を喜ばせることも可能。好印象を持たれるためにも、女性に喜ばれるLINEメッセージを知っておきたいところですね。
ということで圧倒的に女子を胸キュンさせるLINEメッセージをまとめました。

更新日 2017年11月20日

合計 22189pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

・メールの間隔は開けた方が吉
コミュニケーションは個人差と相性があり、相手に合わせるものでどの方法が正解と言うこともないですが、 万人ウケするのはお互いにとって「疲れない関係」です。 全然遠慮しない私からすると不思議な話ですが、 付き合っている恋人同士であっても、彼氏と彼女が気を使いすぎて本音を言えず、 一緒にいて気が休まらないことが理由で自然消滅や別れに繋がったりするケースがあります。 それぐらい緊張せずにリラックスできることが重要だと言えます。

基本的に連絡を取る目的はデートに誘うことで、 それ以外の会話は付き合う前では全ておまけです。 しかし、デートに誘っても中々OKしない仲良くなるのに時間が掛かるタイプの女の子は、 攻略難易度が若干高く、じっくりマメに交流する必要があります。



メールの回数や頻度はよほど構ってちゃんで束縛が激しい女性以外は、 1日に1~3回程度で十分です。 メッセージのやり取りは量よりも質を重視しましょう。 下手に文章で話しすぎると、会った時にメールの性格とのギャップで嫌われたり、 デートでの会話ネタに困ったりします。

モテない男性がやりがちな行為は 好きな女の子からメールが来たら嬉しくて即返信してしまい何十通もラリーをしたがることです。 女性は基本的に相手のペースに合わせるので、一見コミュニケーションが上手くいっているようでも 連続で送られてくるとうざい、面倒くさい男だと思われている可能性があります。 それこそ、デートの約束を取り付ける時や相談事がある時だけ連絡を取り合うのが理想的です。

女性は電話で話すのは好きでも、メールのやり取りは意外と面倒くさいと思っていたりします。 お互いにとって都合のいい関係、会いたい時に会えるような利用しやすい間柄を求めているのは男も女も同じです。

・爽やかにがっつく
女性が一番好きな男のタイプは「ロールキャベツ系男子」です。 表向きは草食系のように大人しそうで紳士なのに、 二人きりのサシ飲みや家デートでは中身の肉食系の本性を現すと言った具合です。

女性は理性と本能が分離されており、言動も支離滅裂で嘘が多いです(ほぼ無自覚)。 「優しい男が好き」と言っても実際は誠実で真面目系より、 ヤンキーやDQNタイプのチャラい粗暴な男と仲良くなる女の子が多いし、 下ネタが嫌いと言ってても実は大好物だったりするし、 嫌そうな表情をして「イヤ」と言うのに強引に迫られると本当は嬉しかったりもします。

女性には表向きは清楚な淑女でいたいという願望があますが、 逆に性欲や下心も男と同じようにあります。 ただ、そのスイッチの入り方が男のような視覚情報重視ではなく、 愛されている実感や嗅覚、その場のムードやノリなど曖昧な要素によるものが多いのです。

そして体の関係になった時、失敗した責任は全て男性のせいであると言い訳したがります。 このような女心の本音と建前を見極めて、口実を作ってあげるような口説き落とし方をすればOKサインをもらえる確率が高まります。 強気でありながら紳士的にエスコートする必要がある。 女性は男の口車に乗せられて押されて付き合い、うっかり結婚までしてしまったと言いたい願望があります。 女性は強制しない強引さ、駆け落ちなど男にグイグイ腕を引っ張られることにロマンスを感じ興奮ます。



デートに誘ったり、 断られたり愛の告白をして振られ傷つくのは男の役目です。 雑談や適当な絡みでお茶を濁すのではなく、 直球で好意を伝えて、お茶や映画、遊びに誘うなりしなければいけません。

ツイッター、フェイスブック、ミクシィなどのコメントで絡んでいるのに 中々関係が進展しないなんて悩んでいるのは、 明らかに恋愛経験不足で、行動のスピードが遅過ぎます。 女性は時間にゆとりがあったらあっという間に男性に口説かれて彼氏を作ってしまうので、 すぐにアタックしなければ他の異性のライバルにすぐ取られてしまいます。

積極的にガツガツ迫ることは何も恥ずかしいことはなく、 独身でフリーな寂しい女性にとっては、声をかけてくれた人が白馬の王子様に見えて嬉しいこともあるでしょう。 どんなに表面的な会話を繰り広げて盛り上がるよりも、 一度のデートでボディタッチやキスをした方がはるかに勝ります。

挨拶のように誘い、OKされるか断られるか、これは男女の自然な会話の流れです。 メールなら恥ずかしくないしボタンひとつ押す勇気だけで誘えます。 片思い中で気になる好きな人がいるなら、すぐに誘いましょう。 ただし、露骨に迫る軽すぎる男、ストーカーのようにしつこい男、 あるいは丁寧すぎる敬語口調などの特徴、共通点があると反射的に気持ち悪いと思われることもあるので注意しましょう。

・既読スルー宣言をしておく
これはライン専用のアプローチのやり方です。 男女の恋愛はお互いに不安と安心感の二つの心理が絡み合い、愛情が育まれていきます。 例えばこのどちらかの気持ちが過剰だと、 ノリが軽くて遊び人っぽいし他の女の子にも同じように手を出してそうと疑ったり、 あいつは私にベタ惚れしてるっぽいけど私はあんまり興味がないのよねと冷たい態度になる、 といった感じでどちらもイマイチ距離が縮まない結果になる。

恋愛は微妙な感情が絡み合うことで、ドキドキして好意が生まれたりします。 不安過ぎても、安心させすぎても人は不満を感じてしまいます。

これをLINEで当てはめると、既読スルー=読んでるのにシカトかよ、 と信頼を損ねるし、既読がつかないと私は無視されてるのね、と悲しくなる。 本来どちらも大して問題ないのですが、少しでもマイナス思考に陥ったり信頼できない 文章が送られたりすると、普通にメッセージを交換しているだけで評価が悪くなる。

これをあらかじめ防ぐのが「既読でも返事が遅くなるかもしれない」 と伝えることです。 初めにマイペースな性格で返事がゆっくりなのに悪気がないことを教えて共通認識にしておけば、、 それだけで信頼感が増します。 そして女性としても返信の時間や間隔にプレッシャーを感じることなく 適度なペースでラインのラリーが続き、居心地の良い関係が築けます。

男女関係は喜怒哀楽の感情が絡み合うほど繋がりが強まります。 一目惚れされるのが理想的ですが、普通は徐々に好きにさせるものなので、 押したり引いたり、相手の感情をうまくコントロールしましょう。

この場合は既読という疑いが強まる不安要素を取り除き、 「いつ返事が来るんだろう」という期待の不安を抱かせ、 さらに「待ってれば来るんだよね」という安心感も同時に与えることで 自我関与(対象を考えてる時間)や好意を増加させる効果があります。


  出典 stone-roses.org


女性に魅力を与えるLINEの文章を作るポイント
LINEでのやり取りを行う際には、いかに自分の魅力を相手に伝えられるかが肝心です。日頃の趣味や仕事への誠実な取り組みかた、異性に対する思いやりや優しさなど、さまざまな側面をできるだけさりげなく相手に伝えることで好意を抱いてもらえるのです。

しかしLINEの文章を作ることが下手くそだと、魅力を見せようとしても逆に自意識過剰のナルシストと思われることもあるので気を付けましょう。

女性に魅力を与える文章を作るポイント

女性に魅力を与えるLINEの文章を作るポイントとしては、あまり長い文章をだらだらと書いて送るのではなく、短く簡潔な言葉で送る方がより相手の心に残りやすいのです。また、内容は、仕事や人間関係の愚痴などはなるべく避けて、前向きで明るくなるような話題を意識して選ぶことが大切です。

さらに、女性を笑顔にできるような笑える失敗談や面白い話などを短く書いて送ることによって、二人の距離はどんどん縮まっていくのです。この人とLINEすることが楽しいなと女性が感じるようになるには、こうしたさまざまなポイントをおさえていくことが何より重要な点です。

このように、女性に魅力を与えるためには、愚痴や文句などは極力控えて、前向きで明るい内容の話題を上手に織り混ぜて送ることが挙げられます。その点を心がけることで、徐々に仲良くなれます。

近ごろでは、非常に便利で役立つコミュニケーションの手段として多くの男女から絶大な支持を得ているLINEの評価が高まっています。LINEは、チャットのようにリアルタイムで同じ時間を共有しながら複数で会話を楽しむことができる点が大きな魅力といえます。

好きな女性とLINEのメッセージのやり取りをしているときに、女性から好印象を持たれるような話題を提供したり、絶好のタイミングでメッセージを送りたいと望んでいる男性は多く見られます。

例えば、女性が仕事や家族のトラブルを抱えて悩んでいるときに、相談を持ちかけられた場合には、どのように返信することが女性の気持ちを和らげることができるのか、最も魅力を感じるLINEの返信タイミングを知りたいという人も増えています。

できるだけ早いタイミングで返信する

そのような場合には、相手の気持ちを深く思いやることが何より重要です。できるだけ早いタイミングで、適切なアドバイスなどを添えて返信することによって、心から感謝して喜ばれます。

好きな異性からは頼りにされたい男性にとって、自分の送ったメッセージを絶好の瞬間に効果的に送ることは、今後の彼女の気持ちを得るためには非常に大切なことなのです。最も魅力を感じるときに心のこもった提案やアドバイス、元気付けるための言葉などを届けることで、彼女の心を自分に傾けることが可能なのです。
LINEを上手に利用することで、多くの人々が人間関係をさらに深めることができます。


  出典 stone-roses.org

40代男性には、メールの返信は焦らしてほしい
Aさん「オトナの男性には、メールやLINEでベッタリと連絡を取り合うような行動はしてほしくないです。中でも最悪なのが、ひたすらどうでも良い事が書き連ねてある日記のようなメッセージを送り続けること。会っていない間『あの人、今頃何しているのかな?』って空想するのも恋愛の楽しみのうちだと思うので、会っていないときに何をしているのか事細かく連絡してくるのは無粋だし、返事にも困ってしまいます。

40代の男性には、『私のこと好きなはずなのに、どうして連絡くれないんだろう?』ってちょっと焦らされるくらい、余裕をもってドーンと構えていてほしいですね。時々送られてくるメッセージがますます待ち遠しくなります。それに、文面では素っ気ないのに、会うと『帰したくない』なんて気持ちが抑えられない態度だったりすると、ものすごくキュンとしちゃいます!」
甘すぎる文面のメールからは、オトナの余裕が感じられない
Aさん「同年代の若い男の子との付き合いだと、LINEや電話でいつでも気軽にやりとりするのが楽しいこともあるんですけど…。40代の男性が相手の場合は、逆に連絡無精だったり口べただったりするほうがときめくことが多いんですよね。年上の男性から『早く会いたい!好き好き!』みたいな文面が送られてくると、なんだかガッツいてるように見えて、『普段モテないから焦ってるのかな…』的な印象を持つかも。

LINEもあんまり頻繁にチェックしていない方がいい。あんまり早く返信がきたり既読がついたりすると、仕事盛りなのにサボってる風に見えちゃいます(笑)」
男性のほうが寂しがりやだと、女子が頼れなくなる
Aさん「ベタベタした文面のメールやメッセージ、頻繁にくる電話って、包容力や余裕のあるオトナ像からかけ離れた所にありますよね。20代の女子が年上男性と付き合うときって、少なからず『頼りたい』って気持ちがあると思うんですけど、あんまり男性の方から寂しがりやな面をアピールされると、こっちが寄りかかれなくなっちゃう。

男性からの連絡は、『ちょっと素っ気なさ過ぎかな?』くらいのアッサリ感があるほうが、女子からの好感度は上がると思いますよ。どんなに好意があっても、甘い内容は年上男性のイメージじゃないです」


  出典 stone-roses.org

好きな女の子を射止める為に努力は不可欠!カップル成立までにはたくさんの段階が待っていますが、まずは女性にあなたの存在をアピールし、興味も持ってもらわなくてはなりません。

興味を持ってもらうには、まずはあなたを知ってもらう事が第一ステップです。そして、女性があなたを知る為のツールの一つとして、LINEでの会話が大きな一つになります。

出来る事なら毎日会話をして女性の中のあなたの存在を定着させたいですよね。

しかし、どんな会話で楽しませられるのか分からないという方に、女性と盛り上がる事が出来る話題や会話が途切れない話題4選をご紹介します。



1ライフスタイルから

まずはあなたが相手に興味がある事をアピールする一つとして、女性のライフスタイルを聞き出しましょう。

趣味・好きな物・好きな食べ物をリサーチし、話題に出してみましょう。一度会話に出た事を覚えておく事も大切です。

前に出た話題の新しい情報を仕入れたらそれも一つの話題になります。知っておけば、デートに誘うのも自然な流れで誘う事が出来るでしょう。



2共通の交友関係から

お互いが知っている友達の話をしてみましょう。

「〜が妊娠したんだって」「〜と〜が付き合ったんだって」など、恋愛や結婚に関する事を話すと相手の恋愛や結婚観を聞き出す良いキッカケになります。

もし共通の友達の誕生日が近かったら一緒にサプライズを提案したりすると、2人の距離も縮まりますよ。


3女性はお得な情報やイベント事が好きなもの。

イベントを一緒に楽しんだり、共有する事が出来る男性に魅力を感じます。

付き合ったり結婚したりした時に、こういった事を共有出来る男性の方が楽しい時間を過ごせそうと想像が出来るのです。

また、あなたの得意とする分野で女性が行った事のなさそうなところや、体験が出来るところの情報を教えてあげる事で、あなた自身を知ってもらうチャンスにもなります。

4家族の話から

普段話せないような家族の相談を打ち明けてみましょう。

家族の話なら親身になって相談に乗ってくれる上、相手の家族に対しての想いも聞く事が出来ます。

お互いの知らない一面を見る事で他の男友達とは違う距離感が生まれるでしょう。

また、家族を大事にする男性に女性は信頼を置くので、相談する時は家族の悪口は厳禁です。


誘う前に理由を作る

LINEでデートに誘うときは、デートの日を提案する前に、「行く理由」を作りましょう。
たとえば、好きな食べ物を聞いて→じゃあ、そこ行こう!という風に提案する。

カフェ好き?→カフェで!みたいなのもいいでしょう。

「○○子の好きな食べ物って何?
○○子はなんか、見た目的に焼き肉好きそうだよねw」

「焼肉好きー(・∀・)」

「おけ!じゃあパスタ食いに行こっか!
今週末晴れるらしいし!」
LINEにはちょくちょくとフックを混ぜます。この例では、「見た目的に」というところがフックです。
相手がツッコミやすい言葉を混ぜて、返信したくなるようにします。

「好きな食べ物」を答えてくれた後の返信は、相手のキャラによって変えます。
好きな食べ物と全然関係ないものを提案するのは定番バターン。

下のような感じで返信することもあります。
わざとらしくへりくだるイメージですね。

「承知しました!実はここだけの話、日本で3番目にうまいという焼肉屋を見つけたんですが、○○ちゃんとなら行けるかもしれない・・・!
というわけで、今週の水曜どうでしょう?」

長文打たない。できる限り3行以内

気持ちが入ると長文になるのはわかるんですが、基本NGです。
なぜかというと、返信が面倒くさくなるからです。
その面倒な気持ちを、「冷めた」と錯覚します。

もしどうしても長文にするというなら、面白い長文にしてください。
ツッコミどころ満載で、読んでて飽きないものに。

時間帯

LINEを送る時間帯は「なるべく相手が暇な時間帯」がいいと思います。
具体的には朝の8時くらいと、20時くらい。

前者は通勤前に目を通して、昼休みに返信できる時間帯で、
後者は帰りの電車で返信できる時間帯です。

適当に投げやりに、夜中の2時にまとめて返したときは、返信率が悪い結果となりました。

出勤中と帰宅前くらいの時間対に、しれっと返すのがいいように思います。

会社名とかちゃんと伝えてもいい

人が知ってるような会社で働いている場合は、LINE交換後の数回以内のメールで、自分がどんな仕事をしているかを自己開示してもいい。

こんばんは!改めまして、XXではどもでした!

○○という会社で、XXの仕事をしている△△です。
せっかく知り合いになれたので、よかったら友達になりましょ!
みたいに。
仕事を伝える目的は、「信頼」のためです。
普通に考えて、ナンパしてくる男は怪しいし、警戒している。

ちゃんと真面目に自己紹介することで、警戒感を和らげることができます。

「忍者とかホームレスをしている」という答え方は、対面で即レスで答えると面白いけれど、LINEの文字のコミュニケーションで答えると「変な人」という印象を与えてしまう可能性が高いと思います。

ここでのポイントは、さりげなく伝えることです。
決して自慢気にならないように、さりげなく、誠実に。

誠実さは時として武器になります。

高層オフィスで夜中まで残業しているときは、さりげなく窓から見える夜景を送ってもいいかと思います。

アポを取ったらそこで区切る

「○月×日にご飯行こう」と決まったら、ダラダラメールしないようにしています。

「じゃあ、近くなったらまたメールする~!
○月×日に焼き肉デートって手帳に忘れず書いといて(・∀・)」
みたいに、日付を強調して、前日までメールしません。
その代わり、前日には必ず予定の確認をして、当日の昼休みの時間帯に、「また夜にね~」みたいなメールを送ります。

ダラダラメールすると、お互いに面倒くさくなってくるし、女の子ってトリガーを引く前は基本的には減点評価なので、余計なメールはしない方がいいです。
そんな聞くこともないでしょ。

いちいち質問で終わらない

LINEでいちいち「?」をつけて、質問で終わろうとする人がいますが、これは非モテの発想です。
俺も恋愛のやり方がわかっていない高校生の頃は、必ず文章の中に質問文を入れて、メールが続くようにしたものです。

「Re:」が増えていくことで安心したりね。

そんな頑張って質問しなくていいです。
要件を伝えましょう。聞くのは会った時でいいです。

いちいち毎回質問されて、答えるのは基本的に面倒です。

もちろん、質問が全部NGというわけではありません。
ただ、毎回毎回、強迫観念に駆られているかのように質問を入れるのは、余裕がないように見えるのでやめておきましょう。

聞くなら自然に、文脈の中で「?」を入れるように。

頑張ってLINEを続けるために質問を考えるのはダメだということです。


  出典 stone-roses.org

メールとの違いを理解する

LINEとメールを同じように使っている人がいますが、LINEとメールは違うものだと考えたほうがいいです。

LINEはメールよりかはチャットのほうが近いです。

短い文章でテンポ良く会話のようにやり取りしていくようにしたほうが、女性からの受けはよくなります。


「マメ」さの本当の意味を理解する

「マメにLINEする男はモテる!」なんて言われていますが、だからといって1日に何回もLINEを送ると、女性に嫌われます。

あなたから新たにLINEを送る場合は1日に1回を限度とし、一連のやり取りが終わったら、もうその日はLINEを送らないようにしたほうがいいでしょう。

ちなみに「マメ」というのは元々「面倒がらずにあれこれよく動くこと」という意味です。

女性がLINEをしてほしいタイミングで面倒がらずにLINEを送ることのできる男性が、マメな男の意味です。

「回数が多い」とか「頻繁に」とかいう意味ではありませんので、注意が必要ですよ。


女性に受ける話題を選ぶ

LINEで送る内容にも注意が必要です。

女性が全く興味のないことをLINEしても、女性は「ウザい!」と思うだけです。

「今日は仕事が大変だったから疲れた!」というような、日記のようなLINEを送っても、女性は「だから!?」と思うだけです。

女性に興味のありそうな話題を選ぶ必要があります。

どうしても話題が思い浮かばない時は、Yahoo!ニュースなどでエンタメニュースを見て、それをネタにするのも一つの手ですよ。


後ろ向きな言葉や内容は避ける!

「疲れた!」「イヤになった!」など、後ろ向きな言葉や内容は避けるべきです。

女性は基本的に強い男性に惹かれます。

それなのに後ろ向きなことを言ったら好かれることはなく、嫌われる可能性が高いです。


送るタイミングを考慮する

LINEを送るタイミングにも考慮する必要があります。

理想は、女性が家についてご飯を食べ終わった後、ゆっくりしている時です。

そんな時にLINEが届くとすぐに返信してしまいますよね。

しかし、女性に夕食の時間と、ゆっくりしている時間はいつなのかを聞き出そうとすると、女性に嫌われることがあります。

プライベートのことを詮索されている、と感じたら誰でも嫌がりますよね。

LINEのIDを交換したら、いつ送ったら都合が良いのか(返信しやすい時間etc)聞けたら聞いて、その時間に送るといいでしょう。

仕事が終わる時間や通勤時間が全く見当つかない場合は、夜10時以降にLINEを送るのはやめておいたほうがいいです。

女性が寝ているときにLINEを送ると、未読無視される可能性がやや高くなります。


スタンプの使い方に注意

LINEの大きな特徴の1つが“スタンプ”ですよね。

スタンプは適切に使えば女性に喜ばれます。

しかし、使い方を間違えると女性に嫌われてしまいます。

最低でも付き合う前の女性にはハートマークの入ったスタンプは使わないほうがいいです。

そして、スタンプの使い過ぎは良くないです。

多くても1回のトークにつき、1つのスタンプにしておいたほうがいいですよ。

女性からLINEが送られてきたら、時々スタンプで反応して、そしてメッセージを送る、といった程度で十分です。

絵文字も同様に使いすぎないように注意したほうがいいですよ。

もちろん、絵文字のハートマークも付き合う前の女性には使わないほうがいいです。


返事が来ないからといって催促しない

女性から返事が来ない時に催促するのはやめたほうがいいです。

仕事のことなど重要な用事であればともかく、それほど重要でもないことに対して返事を催促するのは、なんだか心に余裕がない印象を持たれ、女性からの評価は下がります。

余裕のあることは、モテる男の条件の一つになりますよ。

また、返事を催促すると逆に返事をしたくなくなります。

返事が遅かったとしても、気長に待ちましょう。


  出典 stone-roses.org

最近はFacebookやTwitterよりも注目を集めているLINE。知らない人とも簡単に繋がれて、たわいのない会話を楽しめる手軽さも人気の理由の1つですよね。とは言え、男性としては、LINEの相手が女性なら、なんとか「エッチな会話」に持って行きたいところ。と言う訳で、今回はLINEで「エッチな会話」を自然に始める超簡単な方法をご紹介しちゃいます!簡単な方法やすぐ使える裏技ばかり4つ集めてみました。参考にしてもらえると嬉しいです。


LINEでエッチな会話を始める方法 その1 :「SかMか」から発展させて


LINEでエッチな会話を始める方法 その1 :「SかMか」から発展させて

最近では、プロフィール欄に堂々と「Mです」なんて書いちゃう女性もいるほど、日常に浸透したSM嗜好。元々は一部のアブノーマルな趣味を指す言葉だったのですが、今では「攻撃的(S)か」「受け身(M)か」と言った人間の性格を現す言葉として使われているので、女性でも抵抗なく使えるようになりました。

とは言え、根本的な意味合いは残っていますし、使う人も多少の含意をもって使っているのは確かです。つまり「Sですか?それともMですか?」と聞く事は、一般的な性質について質問をしているようで、エッチな質問をしていると同じ事なのです。うーん、とっても便利ですね!

この質問に、女性が「どちらかと言うとMかな」なんて答えたら、もうこっちのものです。「エッチの時もMなの?」とスムーズにエッチな会話に入る事ができますよね!もちろん、この答えで相手がMだと言う事も分かりますから、会話の内容も多少Sっぽさを出して行くと良いでしょう。


LINEでエッチな会話を始める方法 その2 :性の悩みを打ち明けてみる


性の悩みを打ち明けてみる

性に関する悩みを打ち明けてみるのも、女性とエッチな会話を始めるきっかけの一つ。例えば、「最近悩んでいる事があるんだよね」なんて持ちかけて、女性が「どうしたの?相談にのるよ」と言って来たら、すかさず「最近、性欲が沸かなくなっちゃって…」などと語ります。女性が「そうなの?どうして?」と乗って来たら、どんどんエロワードを会話に混ぜて行って下さい。女性は相談に乗っていると言う手前、エロトークが嫌でも断り切れずに、色々話してくれるはずです。

ただ、最初からあまり露骨にエロさを出して行くのはNGです。女性に「ただエッチな会話がしたいだけじゃん」と気づかれたらおしまいですので、出来るだけナチュラルにエロトークを使うようにしましょう。最初に打ち明ける悩みも「性欲がない」とか「勃たない」などのネガティブなものが良いでしょう。悩みが「勃起が収まらなくて困ってる」などですと、女性からドン引きされてしまいますし、ただの変態LINEになってしまいますので、何卒ご注意あれ。


LINEでエッチな会話を始める方法 その3 :スタンプを上手く使って


LINEには「スタンプ」と言う機能があります。スタンプは見た目が可愛らしく、女性ウケも上々です。エッチな会話に持って行く時に、これを上手く使わない手はないでしょう。

ただしLINEのスタンプは規制が厳しく、性的な表現のものは一切ありません。「それじゃあ、エッチな会話に持って行けそうなスタンプなんかないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。スタンプの中には「お尻」を扱ったものが結構あります。クリエイターズスタンプの方も見て行けば、ネタ系・面白系のスタンプの中に多く見つける事が出来るでしょう。

これらを女性との会話に使ってみると良いでしょう。スタンプと一緒に「このお尻、君のと似てるね」なんて冗談を言うと、女性が「似てないよ〜」などと返してくるはずです。それをきっかけに「じゃあ、どんなお尻なの、今度見せてよ」なんて言ってみると、一気に会話がエッチな方向に進んで行きます。なるべく面白いスタンプを見つけて、最初に笑わせるのがコツですよ!


LINEでエッチな会話を始める方法 その4:「セクシーさ」について語ってみる


女性に「セクシーな男ってどんな男だと思う?」なんて真面目な質問をしてみるのも、 LINEで「エッチな会話」を自然に始める方法の1つです。女性が真面目に質問に答えて来たら、それに対応しつつも、「じゃあペニスが大きい男性はセクシーかな?」などとつっこんだ質問をして、エッチな会話に突入すると良いでしょう。ちょっと荒技っぽいですが、女性が「どうしてそんなコト聞くの?」なんて言って来た時には、「だって、君にセクシーな男だって思われたいし…」なんて切り返しもできますし、もしそれで女性が「今でも充分セクシーだよ」なんて言って来たら、「じゃあどの辺が?」なんてツッこむ事もできます。まさに女殺しの、とても便利な質問と言って良いでしょう。

コツはあくまで「真面目に考えてます感」を出す事です。「真剣に聞きたい事があるんだけど…」などと、女性をドキッとさせるくらい改まった雰囲気で、聞いてみて下さい。女性は真剣に答えてるつもりですから、エロトークをしている自覚もなしに、いつの間にかペニスについて熱く語っているはずです。


LINEでエッチな会話を始める方法 その5:「寂しいな…」と甘えてみる


もしアナタと相手がつきあっているなら、エッチな会話を始めるのは簡単です。まずはアナタから素直になって、「寂しいな」と甘えてみると良いでしょう。相手はそんなアナタのことを可愛いなと思って、優しい言葉をかけてくれるはずです。「どうしたの?」とか、「私も寂しいよ」なんて返信をもらったら、しめたものです。続けて「○○ちゃんに触れられなくて寂しいよ」などと伝えてみましょう。普段は恥ずかしくて口に出せないような言葉でも、LINEなら簡単に送れるので便利です。お尻がむず痒くなるかもしれませんが、恋人をエッチな気分にさせないたなら、多少おおげさに甘えてみるのが効果的です。

あなたが寂しがっているのを見かねて、恋人が「大丈夫?ごめんね、そばにいられなくて」なんてLINEをしてきたら、「じゃあ、今からエッチなLINEしようよ」ともちかけてみてください。相手はアナタのため…と思って、そんな要望にも応えてくれるはずです。


LINEでエッチな会話を始める方法 その6:「昨日は楽しかったね」と伝えて


恋人とセックスした翌日なら、エッチな会話に持ち込むのは超簡単。「昨日は楽しかったね」と書き込むだけで良いのです。相手はそれだけで昨日のことを思い出して赤面しちゃうはずですよ。とぼけて「デート楽しかったね」などと返信してきたら、「そのことじゃないよ、その後のことだよ」なんて虐めてあげてください。相手の反応を想像しながら、エッチなことを匂わせるというのは、なかなか高度ではありますが、最高にエロティックですよね。恋人も、そんなLINEをもらったら、思わずドキッとしちゃうはずです!


LINEでエッチな会話を始める方法 その7:「愛してる」で気分を高めて


男性にとっての恋愛はセックスと直結していますが、女性にとってセックスと恋愛はまた別なものです。とはいえ、女性だって、恋愛が進行していけば、最終的に「セックスしたい」という気持ちになるのも確かです。つまり、LINE上でも、恋愛の過程をしっかりと踏めば、セックスに持ち込めるということです。

どういうことかと言うと、女性が大好きな恋愛をLINE上で行う訳です。「好きだよ」とか「愛してる」とか、女性が大好きな愛の言葉を囁いて、気分を恋愛モードもしてあげるのです。こうすることで女性は段々と、アナタと「セックスしたい」という気持ちになっていきます。愛の言葉に女性が酔いしれているな…と感じたら、「早く君を抱きたいな」なんてLINEをタイミングよく送ってあげてください。彼女もノリノリで返事をしてくれるはずですよ。


LINEでエッチな会話を始める方法 その8:「エッチしたいな」と素直に


アナタがノリの良いキャラであるなら、突拍子もなく「エッチしたいな」というメールを相手に送ってみるのも手です。相手もノリが良い性格なら、面白がってくれる可能性もありますよ。ただ、タイミングを間違えると大参事にもなりかねませんので、LINEを送るタイミングだけは間違えないようにしてください。早朝とか、仕事中とか、相手に余裕がない時間帯に送ると、迷惑がられますのでご注意を。寝る前やお昼休みなら、相手をしてもらえるかもしれません。特に寝る前のひと時なら、相手も余裕がありますから、素直に「私もエッチしたいよ」と素直に返してくるかもしれませんよ!

ただし、「エッチしたい」というLINEをしつこく繰り返すのもNGです。1~2回くらいなら笑えますが、連発すると気持ち悪がられてしまう可能性が高いのでやめましょう。もちろん、このようなLINEを連日送りつけるのもいけません。変人か性欲の塊だと思われて、別れを切り出されちゃうかもしれませんので気をつけましょう。


LINEでエッチな会話を始める方法 その9:声を送る機能を使う


相手が恋人なら、声を送る機能で「おやすみ」などの声を送ってもらうのも一つの方法です。相手から声が送られて来たら、「声を聞いたら会いたくなっちゃった」などと言って、甘えてみましょう。「ちょっと喘いでみて」なんて冗談も良いかもしれません。上手く行けば、セクシーボイスを送ってもらえる可能性もありますよ!


LINEでエッチな会話を始める方法 その10:画像を送ってもらう


LINEで「今何している?」なんて聞いて、画像を送ってもらうのも一つの手です。相手がパジャマ姿とか、お風呂上りならラッキーですよね。そうでなくても、「可愛い」などとおだてながら、「もっと欲しい」とか「もうちょっと胸が見えるアングルで」なんて甘えてみましょう。「ダメ」と断られたら、譲歩するフリをしつつ、「じゃあ、エッチなLINEして」とさらにおねだりしちゃいましょう。画像を断った手前、断り切れなくてエッチなLINEに応じてくれる可能性が上がりますよ。


LINEでエッチな会話を始める方法 その11:LINEがダメなら電話で


LINEでエッチな会話をすると、会話の履歴が残って恥ずかしいという女性もいるので、彼女がLINEの会話を拒む場合には電話を提案してみるのも良いでしょう。「声が聞きたいから、電話していい?」と聞いて、通話モードに切り替えましょう。LINE上でのエロトークも楽しいものですが、昔ながらのテレホンセックスも風情があってよいですよ。電話なら文字を打つ手間もありませんし、お互いにオナニーをしながら話せるのが嬉しいですね。好奇心旺盛な彼女なら「電話でのエッチに興味ある?」と聞いてみると、案外ノッてくるかもしれませんよ!


LINEでエッチな会話を始める方法 その12:会話を楽しめる相手を選んで


LINEでエッチな会話をしてくれるかどうかは、そもそもの相手選びから始まっています。特にLINEでチャットする場合、基本的に必要になるのは文章力。文章がかけなきゃ、エッチな会話を楽しむ…なんてこともできないわけです。ですから、相手選びの段階から、相手がエッチな会話を楽しんでくれそうかどうか、しっかり判断しておきましょう。真面目すぎる相手やウブすぎる女子は避けて、ある程度賢く、エッチな会話ができそうな女子をゲットするのがポイントです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.