【離婚危機】DV妻急増中!!DV妻に変身しやすい人の特徴まとめ

最近、妻からのDV(ドメスティックバイオレンス)を受けたという夫からの訴えが報道でも目につくようになりましたね。
TVでは僕のヤバい妻が流行してますが…。
夫から離婚をつきつけられる前にあなた自身を見つめ直しDV妻になっていないか確認してみてください。

更新日 2017年11月22日

合計 37374pv


大人のADまとめ

  出典 stone-roses.org

はじめまして 36歳男性です 家族構成は以下の通りです
妻30 娘3歳、息子1歳 戸建て 実家との距離車で5分

結婚生活9年目にして手をあげられるようになってしまいました
妻は口が悪く一度カッとなると止まらなくなってしまうタイプの人間です
義両親にもその事に相談をしたことがありますが、親である私たちでさえも
我慢できなくなることがあるくらいプライドが高く、ひねくれていると言われています

そんな相手を選んだのは私ですし、子供をもうけたのも私たちの意思です

しかし先日自宅で喧嘩になった時に子供の前で数発頭を殴られました
子供の前だしやめて欲しいと伝えましたが結局10発程なぐられました

先日は平手打ちをされ、その勢いで妻の指が目に入り目が内出血しました
知り合いに相談したところ医者に行って診断書を書いてもらえとのアドバイスを貰った
ので病院へ行き無事に診断書がおりました

何故ここまでされて離婚しないのかと言いますと子供と離れたくないからです
3歳と1歳では結局のところ母親有利なのはわかっていますし、私の両親には子供をお願い
できても、その姿を想像すると子にとっては母がいなくてかわいそうなのではないかと思い
涙がでそうになります

妻は離婚に前向きで親権は絶対に私がとると強く言っております

どちらも実家に両親は健在で経済的にも問題ないと思います

この生活を続けていても妻はいずれ仕事をし(現在9年専業)基盤を作ったら離婚をすると
宣言されております

現在は10日間別居中です 私は実家へ、妻は戸建てに子供とおります

子供を連れてこようにも頑なに拒否され渡してもらえません

私はこの先どうすればいいのでしょうか?

殴られ、子供も奪われ、離婚になった後に一人戸建てにもどり生活を続けるのでしょうか


  出典 stone-roses.org

妻のDVは表面化しにくい

では、なぜ女性がDVを受けたときのように問題とならないのでしょうか。

それほどのDV被害を受けているにもかかわらず被害が表面化しないのは、我慢し続ける男性(夫)がほとんどだからです。

DVの被害を受けたとしても、「俺は男だから・・・」と、最終的にプライドが自制させてしまうようですね。その結果、一人で抱え込んでしまい、精神的な疾患に発展するケースが増えているのが現状です。

そうなると、自分自身で妻のDVから身を守るほかありません。では、妻のDVから身を守るためには、どのような対策が考えられるのでしょうか。

妻のDVから身を守る

DVの原因として考えられる要因が「不満の積み重ね」と「すれ違い」です。生活リズムが合わなかったり互いの価値観が大幅に食い違い始めたりすると、相手にマイナスの感情をもってしまいます。

そのため、日頃のコミュニケーションを見直すことが課題となるでしょう。

でも、一度食い違った歯車を元に戻すのは簡単なことではありませんから、DVの予防としては効果が薄い方法です。

次に、妻のDVから身を守る策として、「主張を伝える」ことが求められます。パワハラやモラハラなどが起きてもそのまま受け止めるだけでは相手が調子にのるだけです。そのたびに「ちょっと待って」と会話を止め、冷静に話し合うことが重要です。

ただし、反論は逆効果となります。

相手を逆上させ悪化させる恐れがあるので、あくまでも冷静に話し合うというスタンスを通しましょう。つまり、“お前の言動、変だよ?”という“紳士的、かつ大人の姿勢”で立ち向かうことが大切なのです。

DV妻に対して、「君は常識から外れた恥ずかしい言動をしているんだよ」といった印象を与えることができればチャンスです。気をつけてほしいのは直接表現するのではなく、相手に“それ”を感じとらせることがカギとなります。

ですから、冷静に落ち着いて紳士的、かつ大人の姿勢で話し合うことが求められるわけです。

DV妻の独壇場に流されてしまわないよう、まずは被害を受けている夫自身がそのことに気づかないといけませんね。


  出典 stone-roses.org

男もモラハラ被害者になる?

モラハラ=モラルハラスメントということをご存知の方は多いのではないでしょうか。最近ですと会社の研修などでモラルハラスメントについて教えてくれるところも多いですね。

またモラルハラスメントの夫については、最近ネットなどでもよく槍玉に上がるようになってきました。しかし、悲しいかな女性から男性に対するDVやモラルハラスメントへの意識はまだまだ低いのが現状です。

勇気を出して周囲に相談しても、力が強いはずの男性が女性に好き勝手されるはずがない、それはお前が男として情けないからだ…などの心無い言葉で無用に傷つけられているモラハラ被害者の男性は日本に数多くいます。

平成23年度の司法統計では婚姻関係の調停の内モラハラに関する訴えは、夫からの申し立てが約14%、妻からは約25%と、夫の訴えの内、1割以上がモラルハラスメント関係という記録が残っています。

妻からモラハラを受けていると訴えられない潜在的な被害者の数も含めると、相当な数のモラルハラスメントが行われているのです。

男だろうと女だろうと、DVはDV、モラハラはモラハラです。人を傷つける罪の大きさに、男女差など関係ありません。

男だろうとモラハラの被害者になり得るのだ、モラハラ被害を訴えることは決して恥ずかしいことではないし珍しいことでもないんだということをまずは知っておいてください。





モラハラ妻の特徴
モラルハラスメントとは何かというと、精神的な暴力や嫌がらせのことを指します。態度や言葉で他人を傷つけて追い詰めていくのが彼女たちの手口です。暴力は伴わないことが多いとされており、言葉の暴力が次々と夫を襲います。

「男のくせに情けないと思わないの?」
「私が悪いって言うの?」
「どうして黙っているの?」
「私に口答えしないでよ」
「離婚するわよ?」

などなど…。一言一言はそこまで大したことない悪口が雨のように降り注ぎ、それがやがて大きな攻撃力をもつようになります。暴力などと違い決定的な証拠に欠ける分、事実関係を証拠しにくいという特性もあります。

特に女性の場合は怒鳴るのも怒るのも男性よりも迫力がないと思われがちですから、周囲に相談しても無条件に女性側の味方をしたり、我慢をすすめられたりすることが多いです。男性は毎日続く言葉の暴力に、自分が悪いから妻に逆らってはいけないというように洗脳されていきます。

またモラルハラスメントを行う女性の特徴として非常にしつこいという特徴があげられます。男性のモラハラは被害者女性が涙を流すことで満足して終わることも多いのですが、男性が被害者の場合は涙を流すことがあまりなく、よりエスカレートして長時間の責めに繋がっていきます。

「わかってるの?」
「なにがわかったの?」
「ほらわかっていないじゃない」

このような三段論法で、延々と責められ続けます。モラハラ妻によっては仕事帰りの夫を捕まえて十時間近く食事もとらせずに文句を言い続けることもあるというから驚きです。男性側からの反論などはもちろん聞いてもらえませんし、反論すると更に激昂します。

またプライドが非常に高く、自分以外の幸福が許せず文句ばかりを言いつづけます。あとは、非常に外面が良いというのも共通ポイントです。外に出ると急に貞淑で夫を立てる妻になるので、他の人に助けを求めても夫の話が嘘だと思われてしまうこともあります。

自分の話を全く聞いてもらえない、数時間拘束されて説教される、否定的な言葉ばかりを投げかけられる…これらに思い当たることがあれば、それはモラハラのサインです。一度、ネット上のモラハラチェックなどで現状を確認することをおすすめします。




モラハラ被害者によく見られるケース

途中で物事を投げ出さない真面目さや性善説を信じるような心の優しさをもつ人が、ターゲットになりやすいです。

こうした人々は「妻も悪いかもしれないけど、自分も悪いところがあるんだ」「もっと妻の期待にこらえられるようにがんばらなくては」と思い、我慢しすぎる・頑張りすぎる傾向にあります。

モラルハラスメントの加害者は常に不満や不安を抱えており、その鬱憤を晴らす相手として夫を選んでいます。そこに愛や情なんて言葉はありません。モラハラ妻にそうした情緒を求めるのは無駄なことです。彼女たちに理解できるのは自分の利益や不利益だけなのです。

あなたがもし自分の人生を生きたいと思うなら、死ぬ時に後悔したくないと思うなら、どこかで決断しなくてはなりません。被害者として一生を終えるのか、一人の人間として自分の一生を生きるのかには大きな違いがあります。

まだまだ男性の被害状況は訴えにくいと言っても、以前よりはずっとモラハラ妻に対する周囲の理解は深まってきています。しっかり証拠を集めて戦えば勝つことだって可能です。勇気をもって人生を決断することで、新しい一歩を踏み出すことができますよ。


  出典 papimami.jp

離婚をする原因は色々とありますが、夫の暴力が原因で、離婚を決意する女性もいます。
しかし近年、妻の暴力・DVが原因で、夫がうつ病になったり、離婚を決意したり、最悪の場合、死亡事件まで発生するといった事態が起きています。

世間を震撼させた尼崎市の殺人事件もまさに、女性が主導となって、家族に暴力をふるい、恐怖で支配したというショッキングな事件が発生しています。

その他にも子どもを虐待死させる女性や、夫に暴言を浴びせ、精神的ダメージを与える嫁など、これまでは考えられなかった事件が年々増えています。

公にならないものの、最近、普通の女性による夫へのDVが問題になっています。
か弱い女性が、なぜDVの加害者になってしまうのでしょうか。

  出典 DV妻に苦しむ男が急増中 | 離婚を考える

昨年、40代の女性による夫への暴力が原因で、死亡させるという事件が発生しています。
死亡した男性の体には、これまでにも幾度と無く暴行を受けたであろう痕跡が多数見つかったと言われており、妻による長きに渡る暴力があったと考えられます。

これまでは、DVの加害者と言えば、男性という印象が強かっただけに、女性が加害者になるというのは、信じがたいものですが、実際に急増し、現在社会的な問題となっているのも事実です。

ある調査機関によると、男性によるDV相談の件数は、女性の相談件数とほぼ同数であるというデータが、明らかにされています。
しかし男性であるがゆえに、女性のように簡単に相談できないという事からも、この数字は氷山の一角ではないかと指摘する人もいるようです。

数字にすると、今だ正確なデータはないものの、相談件数がこれまでよりもはるかに多くなっているのは事実で、今尚、一人妻からの暴力に耐えている男性も多いというのが考えられます。

  出典 DV妻に苦しむ男が急増中 | 離婚を考える

DVの加害者になってしまう妻にはどのような特徴があるのでしょうか。この特徴に当てはまるような妻を持つ夫は注意するといいでしょう。

■容姿が良く外面は良いが精神的に不安定

DV加害者になりやすい女性の外見や内面の特徴は以下のような点です。

・美人でスタイルがいい
・同性の友人が少ない
・精神的に不安定である
・自尊心が強い
・表面的な付き合いがうまく外面がいい
・自分の不幸や失敗を夫や他人のせいにする

あなたの妻がこのような特徴に多く当てはまるようなら、DVの発生が起こらないために普段からストレスをためすぎないよう注意しましょう。

■人格否定によって夫を支配する

DV妻は、夫のできないことや他の人と比べて劣っていることを指摘して、夫の人格を否定する暴言を吐きます。具体的には、「給料が安い」「頭が悪い」「容姿が悪い」「クサい」「ハゲ」などの言葉です。

■モラハラから身体的暴力へと発展する

DVの原因はストレスやいらだちです。最初は些細なこと、例えば夫の箸の使い方や、洗濯物の出し方などに対する説教から始まり、夫に謝罪や土下座を強要します。その後、夫が改善しようのないことにまで暴言が及ぶようになり、最終的には殴る蹴るや物を投げるや包丁を持ち出すなどの身体的な暴力へと発展していく傾向があります。

子供も巻き込んで夫を攻撃する

■妻のDVの特徴は、妻からの攻撃ではなく子供からも攻撃される可能性が高いということです。母親が父親に暴力をふるうことを見て育ち、そのような力関係が普通だという価値観が定着してしまえば父親を見下した子供が父親に暴力にふるうことがあります。

また、妻が夫のいない間に、夫の悪口を吹きこんで、よってたかって夫を攻撃するようになるのです。

  出典 DV妻の特徴と妻のDVを防止するために知っておくべき対策|厳選 離婚弁護士ナビ

モラルハラスメントとは何かというと、精神的な暴力や嫌がらせのことを指します。態度や言葉で他人を傷つけて追い詰めていくのが彼女たちの手口です。暴力は伴わないことが多いとされており、言葉の暴力が次々と夫を襲います。

「男のくせに情けないと思わないの?」
「私が悪いって言うの?」
「どうして黙っているの?」
「私に口答えしないでよ」
「離婚するわよ?」

などなど…。一言一言はそこまで大したことない悪口が雨のように降り注ぎ、それがやがて大きな攻撃力をもつようになります。暴力などと違い決定的な証拠に欠ける分、事実関係を証拠しにくいという特性もあります。

特に女性の場合は怒鳴るのも怒るのも男性よりも迫力がないと思われがちですから、周囲に相談しても無条件に女性側の味方をしたり、我慢をすすめられたりすることが多いです。男性は毎日続く言葉の暴力に、自分が悪いから妻に逆らってはいけないというように洗脳されていきます。

またモラルハラスメントを行う女性の特徴として非常にしつこいという特徴があげられます。男性のモラハラは被害者女性が涙を流すことで満足して終わることも多いのですが、男性が被害者の場合は涙を流すことがあまりなく、よりエスカレートして長時間の責めに繋がっていきます。

「わかってるの?」
「なにがわかったの?」
「ほらわかっていないじゃない」

このような三段論法で、延々と責められ続けます。モラハラ妻によっては仕事帰りの夫を捕まえて十時間近く食事もとらせずに文句を言い続けることもあるというから驚きです。男性側からの反論などはもちろん聞いてもらえませんし、反論すると更に激昂します。

またプライドが非常に高く、自分以外の幸福が許せず文句ばかりを言いつづけます。あとは、非常に外面が良いというのも共通ポイントです。外に出ると急に貞淑で夫を立てる妻になるので、他の人に助けを求めても夫の話が嘘だと思われてしまうこともあります。

自分の話を全く聞いてもらえない、数時間拘束されて説教される、否定的な言葉ばかりを投げかけられる…これらに思い当たることがあれば、それはモラハラのサインです。一度、ネット上のモラハラチェックなどで現状を確認することをおすすめします。

  出典 『モラハラ妻』の特徴!あなたの奥さんは当てはまってないですか?

DV妻の特徴としては、美人で高学歴、表面的な付き合いはうまい、女友達が極端に少ない、実親との関係が悪いなど、外では表面的な付き合いしか出来ず、内弁慶で家の中で本音を発散するタイプが多いという。

一方、DV被害夫の特徴は、優しく穏やかな人格、責任感が強くて真面目、逃げるのは卑怯だと思っているなど、妻に暴力をふるわれても絶対にやり返さない草食系の男性が多いそうだ。

  出典 DV妻が急増中!被害に遭いやすい夫、DVに走りやすい妻の特徴とは?

親を侮辱する、「給料が安い」「臭い」「教養がない」など、夫の人格を否定する言葉をぶつけて言葉の暴力で夫を支配し、さらに殴ったり蹴ったりにエスカレートすることも。

  出典 DV女の特徴と被害相談 男性被害が1割?訴えられず辛い男の立場とは? | てげろぐ

常に自分が優位に立っていないと気がすまない妻。夫にはあえて情報を渡さずにおいて「そんなことも知らないの?」「馬鹿じゃないの」などと夫を見下すような言葉を繰り返します。特に妻の方が学歴や社会的地位が高いとそうなる傾向があり、子どもの教育方針をめぐって対立が深まるケースも多いようです。

お受験を目指す妻に対して「公立で伸び伸び育てるのもいいんじゃない」と意見したばっかりに、「あなたのようになったらどうするの?」「教養がないにもほどがある」「バカとは話したくない」などの暴言の数々を吐かれ、何かにつけて見下すような態度を取られるようになったというご主人の体験談もあります。

  出典 モラハラ妻に悩む夫が急増中!こんな妻の言動は要注意!モラハラ妻5つの特徴とレベル別対処法!離婚までのステップも教えます!|welq [ウェルク]

妻のモラハラ度も「ちょっとイライラしてるのかな?」程度の軽度なものから、夫が帰宅恐怖症になるほど重度なものまでレベルは様々です。モラハラ妻への対処法をレベル別に紹介しましょう。
レベル1-自分を責めない


妻からモラハラを受ける夫の多くは、生真面目で優しいい人が多いと言われています。「妻なりに頑張っているのだから、自分も多少のことは我慢しなければいけない」とか「自分のせいで妻を怒らせてしまった」「自分の稼ぎがもっとあれば妻を幸せにできるのに」など、悩んだり、自分を責めたり、頑張りすぎてしまいます。

でも、妻の言動がモラハラだとわかったら、自分を責めるのはやめましょう。何か言われても右から左へ受け流し、すべてシャットアウトしてしまった方が気持ちが楽になるはずです。モラハラは一種の病気です。妻の言葉をいちいち真正直に受け止めてしまうと、いつかあなたの心も病んでしまうでしょう。

また妻への同情も禁物です。「自分がついていないと妻はダメになる」なんていうのは、あなたの思い上がりです。同情心があるうちは、モラハラ対策を行動に移すこができなくなり、妻を益々増長させることになります。

へんにオロオロしたり、ご機嫌を窺うような態度を止めて毅然とした態度をとるようにすれば、妻側も自分の言動が無意味であることをさとり、態度を改めてくれるでしょう。
レベル2-感情的にならない


妻は、夫が感情的になって手をあげてくることを待っていることもあります。暴力を振るわれれば可愛そうな自分をアピールすることができるからです。また言葉で言い返しても、逆にやり込められてしまうことがほとんどでしょう。夫を言い負かすことが出来れば、それが妻の快感に繋がります。

妻をつけ上がらせないためには、妻のペースに乗らないことです。感情的になりそうなときは、その場から離れましょう。後ろから「逃げるの?」「男のクセに!」などの罵声を浴びせられるかもしれませんが、一切無視です。「のれんに腕押し」状態であることが分かれば、妻もそれ以上の攻撃をしなくなる可能性があります。

また、「どうして欲しいの?」と聞いてみるのも一つの方法です。それをきっかけにしてちゃんとした話し合いができれば、しめたものです。「わからないのっ!」などと激高するようなら、次の対応に切り替えたほうが良いでしょう。
レベル3-第三者を交えて話し合いをする


夫婦間のことは出来れば二人で解決したいものですよね。でも、モラハラを受けている被害者は、洗脳状態に陥り精神を病んでしまうことがあります。また、お子さんがいるケースでは、こじれた両親と一緒に暮らすことでお子さんまでダメージを受けてしまうこともあります。自分の健康や家族のためにも、解決策の一つとして第三者に協力してもらうのも一つの方法です。

相手の両親、信頼できる友人などに間に入ってもらい、話し合いの場を設けるようにしましょう。但し、モラハラをする人は、親に問題があるケースがほとんどなので、相手の両親に相談する際は、その点をよく見極める必要があります。友人関係にも仲介役が見当たらないときは、専門のカウンセリング機関を利用する方法もあります。
ページTOPへ
離婚という選択肢
別居する


モラハラ妻の態度に我慢が出来ない、対処しても一向に状況が変わらないというときは、離婚するという選択肢もあります。「離婚なんて、妻が納得するわけがない」というのなら、まずは別居して自分の精神の安定を図りましょう。物理的な距離をおけば、妻の言葉を聞くこともないし、顔を見ることもありません。

お互いに冷静になることもできるでしょう。生活費の問題がないのであれば、離婚に向けた別居は良い選択だと言えるでしょう。

  出典 モラハラ妻に悩む夫が急増中!こんな妻の言動は要注意!モラハラ妻5つの特徴とレベル別対処法!離婚までのステップも教えます!|welq [ウェルク]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.