【芸能界の闇】半グレ集団関東連合と親密な関係にあった芸能人一覧

市川海老蔵暴行事件(2010年11月)で一躍有名になった半グレ集団である関東連合!芸能界で親密な関係にあった有名人をまとめました。

更新日 2017年11月21日

合計 147193pv


大人のADまとめ

川名毅、「朝青龍暴行事件」に関与

朝青龍暴行事件
出典:https://auctions.c.yimg.jp/
横綱・朝青龍が現役引退するきっかけになった事件
当時朝青龍は現役横綱として絶好調だったにも関わらず、川名毅が絡んだ「朝青龍暴行事件」が起きたことで横綱引退に追い込まれてしまいました。

2010年1月16日に六本木にあるクラブ「フェリア」で当時現役横綱だった朝青龍がクラブのオーナーを殴り、鼻骨骨折の重傷を負わせるという事件「朝青龍暴行事件」が発生しました。

これにより朝青龍は横綱引退に追い込まれてしまい、当時二大横綱として角界を賑わせた白鵬も涙する朝青龍の引退会見となりました。

このクラブ「フェリア」のオーナーで朝青龍に殴られたと主張したのが川名毅で、約3ヶ月後の番組で朝青龍は実際には殴っていないことを明かしています。

朝青龍は番組で「こっちは現役バリバリの横綱ですよ。場所中ですよ。集中力ためて力もいっぱいで。それで本気で殴るということがあったら大変なことになりますよ。危ないですよ」と、現役横綱が殴打した場合は鼻骨骨折ではすまないと改めて強調。

引用:ORICON NEWS – 朝青龍、暴行騒動の真相明かす! さらに今後の去就も明言

過去に番組で力士のパンチ力を測定したところ300kg(一般成人男性は100kg程度)だったことを考えると、横綱・朝青龍のパンチ力は400kgくらいあるかもしれません。

本当に朝青龍が殴っていたら川名毅は顔面陥没骨折などで死んでいたか意識不明の重体でしょう。

この「朝青龍暴行事件」は川名毅が仕組んだものでした。


朝青龍暴行事件
出典:https://twitter.com/
川名毅はわざと朝青龍を逆上させた?
示談で終わり立件はされなかったため真相は闇の中ですが、川名毅はお金稼ぎのためにわざと朝青龍を逆上させて怒らせた可能性もあります。

川名毅という男はお金に異常な執着心があるようで、「朝青龍暴行事件」を利用して表向きは示談金1,000万円で解決させたかのように見えました。

しかし、実は示談になった理由として言われているのが、川名毅が事件管轄の麻布署と裏で密接につながっていることが分かった朝青龍側が仮に逮捕されると非常にまずいと感じ、川名毅に億単位のお金を渡したということです。

朝青龍が表立って「俺は殴っていない」と主張できなかった理由は、そうした大人の事情があったからのようで、朝青龍のタニマチ(無償のスポンサー)などが守ったと言われています。

「殴ってないのに殴ったことになっていて『違うんだ聞いてくれ』とは思わなかったのか?」という番組スタッフの質問には「もちろん世界中の言葉で国々の言葉で伝えたかった。でも、こっち(マスコミや相撲協会など)から来る力と立ち向かう力に差がある。それに対して自分が1人では勝てないですよ」と外圧と自身の力に差があり、真相を語れなかったという。

引用:ORICON NEWS – 朝青龍、暴行騒動の真相明かす! さらに今後の去就も明言

ネットでは当時「朝青龍と川名毅、どっちが被害者か分からない」と言われていました。


  出典 stone-roses.org

「あんな大事件を経験したのに、よく彼女にもう一度いきましたよ」

 そう語るのは、週刊誌デスクだ。
ジャニーズの人気アイドルグループV6・岡田准一と女優・宮崎あおいの真剣交際が、
6日発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)で報じられた。

 同誌は寄り添って歩くツーショット写真を掲載し、「今年の春ごろから付き合い始めた」とする共通の知人の証言を紹介。
2008年公開の映画『陰日向に咲く』で夫婦役を演じて以来、7年の友人関係を経て、交際に発展したと報じた。

 だが、これはあくまで表向き。
宮崎は07年に俳優・高岡奏輔と結婚したが、
4年後の11年7月に起きた高岡の韓流批判Twitter騒動をきっかけに別居し、同年12月に離婚した。

 この別居中、岡田と宮崎の“温泉混浴不倫疑惑”が一部週刊誌で報じられた。
当時、高岡は妻と岡田の“ただならぬ関係”を察知し、11年12月に岡田を都内にある業界人御用達のレストランに呼び出した。

 岡田は最初こそ「自分は関係ない」としらばっくれていたが、動かぬ証拠を突きつけられ、観念。
「ごめんなさい」と謝罪し、芸能界引退も口にしたという。冒頭の週刊誌デスクの話。

「このあたりのことは週刊誌や一部夕刊紙でも書かれていたが、実際はこんなものではない。


  出典 stone-roses.org

2001年にのおつきあいが発覚した俳優の金子賢さんと、最初の旦那様である岡沢さんも関東連合とつながりがあると言われており、関係があることはほぼ確実とみられている。
広末涼子といえば「灰皿プレイ」と言っても過言ではないくらい有名な話。

広末涼子さんは金子賢さんと交際している間に手を染めてはいけないメディシンに手を出してしまったとのこと。

とある日、メディシンが無くなったため追加分を貰いにそのクラブへ行った際、金子賢さんや関東連合のメンバーから

「メディシンが欲しければ灰皿にう◯こしろ!」
と命じられ、広末涼子さんは言われるがままテーブルの上に置かれた灰皿にう◯をして
メディシンを懇願したという話です。

清純派で売っていた広末涼子さんのイメージがいっきにワイルド系になってしまう衝撃的な話ですね。


麻薬

当時付き合っていた、金子賢が覚せい剤の使用疑惑のある人。

広末が番組の収録にフラフラになって現れたと言う噂があります。
タクシー無賃乗車疑惑

東京都内のクラブで朝まで飲んでいた広末は150キロ先の千葉にある撮影現場までタクシーで向かったのだが、

財布をもち合わせていないのに、タクシーに乗り支払い4万が払えなかったとのこと。

しかしこれはガセで、スタッフが支払ったとも、財布をすられて支払えなかったとも

いろいろな噂がある。
枕営業疑惑

中尾彬にご飯に誘われた広末は「今日、生理でできないですけどそれでもいいですか?」と第一声。

ただご飯に誘っただけの中尾彬は驚き、枕営業を普通にしていた現実を知り怒ったと言う。

しかし、これもガセでは?という声が多い。
映画の制作発表で泣く

この映画の制作発表で号泣してましたね。一時期おかしかったがきっかけはリュックベッソンのせいだという人もいます。

リュックベッソンに上記のように言われ、簡単に電話番号を教えた広末。当初よくデートしていたが、映画のオファーがないことに焦りを覚え、事務所に言わずフランスにGO!

半同棲したのち、「WASAB」出演に結びつけた。

ヒットはしたものの、リュックは広末に飽きたこともあり、メガホンを捨て他が監督したと言われている。
広末涼子の男性遍歴

早稲田時代に振られた伊瀬谷始め、最近では佐藤健に至るまで結婚後もお盛ん。

金子賢や真剣交際だった、永井大など恋多き人生だったようだ。最近では不倫疑惑の、佐藤健などが耳に新しい。
S〇X依存症

広末涼子は合体依存症で有名だって有吉ジャポンで暴露されていました。

店内で「私と合体したい人~」って挙手させて、別室へ行ってパコパコ、
また店内に戻ってきて、「したい人~」別室行ってパコパコ、を繰り返してたとか。

原美優がニコ生の番組で同じ話してたから間違いないって。
関東連合がらみだろうってと言われています。

本当は仕事を辞めたかった?

早稲田大学中退し、その後2ヶ月で結婚した。当時売れっ子だったので、でき婚しかなかったと広末が当時を回想している。

しかし、金銭面で困窮していたのか1年後には仕事復帰。実際、当時旦那様だった岡田さんはデザイナーで、セレクトショップなども展開したが上手くいっておらず、常に金欠状態だった模様。
辛かった20代

運動も得意だった聡明な子が奇行をする・・若い時に成功してしまった不運なのでしょうか。実際、奇行が行われたかどうかは別として、相当20代は苦しんだようです。

彼女自身がこんなコメントをしています。

「もうしんどすぎて、これ以上頑張れないなって――。いつも気づいたら高い所にいって、誰か背中を押してくれないかな――っていう感じだった」

広末の20代といえば、育休から女優業へ復帰、離婚の発表と大きな出来事が重なった時期です。
20代前半の頃は「『いい子だ』って言われるのがイヤでイヤで」と“優等生イメージ”に苦悩し「仕事を辞めたくて仕方なかった」と明かす。その後、結婚をしますが・・「あの時点でフェードアウトしないと壊れていたと思うし、女優業は続けていられなかったと思う」「私の人生において、すごく大切」なものだったと振り返る。
いろいろあったかもしれませんが、
時代を駆け抜けてきた彼女をもう少し見届けてあげたくなりますね。

確かに火がないところに煙は立たないと言いますが奇行話が多すぎるのは確かです。

が、実は全て真相は定かではありません。

この厳しい芸能界に第一線でまだ生き残っている点や実は賞も数多くとっており(演技が下手という話もありますが)、
スタッフの中では定評があるようです。

これからも、旦那様であるキャンドル・ジュンさんと共に子供3人育てながら、
噂に負けず、これからも我が道を邁進して欲しいと思います。

  出典 広末涼子の素顔。関東連合の灰皿プレイ、薬、枕営業。エグすぎる…


  出典 stone-roses.org

このところ、「暴力団と芸能人」の関係が注目されていますが、もう一つ、ブラックなものとして「関東連合と芸能人」という関係もあります。

関東連合も警察が撲滅を目指していると伝えられており、先日は海老蔵事件にも関係した川名毅容疑者が逮捕されましたが、関東連合と関係が深いと言われるあの有名芸人Tが、警察に狙われているとか




<以下引用>

関東連合の元幹部の相次ぐ逮捕や、六本木の【有名人】たちの摘発や逮捕を受けて芸能界は大揺れとなっている。

「暴力団排除条例の影響をうけるのは、演歌歌手やVシネ俳優なんかじゃない。こういった連中は世間にも暴力団との関係が知れ渡っているので、警視庁としても【インパクト】が全くない。覚醒剤の摘発と同じく、見せしめには有名人が一番いい。

そんな中で注目されているのが人気お笑いのT。六本木ヒルズを根城にする自称投資家の人間との繋がりで、この人物のパーティー写真にTが出ていたり、なぜか親類とも繋がりがあるなど。

この自称投資家は、資金の出所が怪しく、暴力団の資金源になっていると警視庁もマークする人物。また、Tはアイドルや一般人を食い散らかして、アイドル事務所も快く思っていないが、グレーゾーンの連中との繋がりで苦情が来ない仕組みになっている。(芸能プロダクション関係者談)」

Tは【うまくやっている】と考えているという話も。

「Tは政治家との関係なども周囲に言いふらし、雑誌でも対談するなどしている。だからか、【自分は捕まらない】と豪語しているとか。そんな声も警視庁には入っている。また、暴力団排除条例の絡みで丸の内署内に、芸能に特化した捜査団もできたという。ここは、麻布署、赤坂署などと違い芸能界との関係もないことから、本気度が伺える。特に予算を組んで芸能界と暴力団の関係を洗うようなので、年内か来年早々にも何かしらの成果が欲しいと既に動き始めているようだ。(週刊誌記者談)」

調子にのって六本木界隈で遊び回っていた芸能人に、審判がくだされるようだ。



関東連合は暴力団ではないので、暴力団排除条例は関係無いようですね。

ただ、朝青龍が引退するきっかけになった暴行事件や、昨年末の海老蔵事件など、何かと暴力的な問題に関わっているため、警察が撲滅したいのは間違いないようです。

さて。

有名芸人T。どなたでしょう。

と言いつつ、田村淳さんの名前が浮かんで消えません^^;

「ロンブー淳」「田村淳」でグーグル検索すると、複合キーワードで「関東連合」が出てきます。

ちなみに「関東連合」でYahoo検索すると、やっぱり「ロンブー淳」が出てきます。

パーティーといえば、ちょっと前に画像が流出していました。

あまりにおぞましいのであえてリンクはしませんが。

モテるといえば女性の噂は絶えませんし、政治家とも交流があるようです。

この記事通り、年内または来年早々、また芸能界が震撼するような出来事が起きるのでしょうか。

気になります。


  出典 stone-roses.org

昨年7月に福岡で起きた金塊盗難事件の犯人として、23日、新たに1人が逮捕された。既に逮捕されている窃盗の実行犯が4人、金塊の換金に関わったとして2人。

さらに2人の実行犯がいるとみられ、警察はその2人を含む数人を指名手配して行方を追っている。

10名前後にも上る逮捕者が出る見通しであるこの事件。その人数には驚かされるが、その中に意外な交友関係を持つ人物がいた。


事件は昨年7月に、福岡市博多区の博多駅前の路上で発生した。貴金属取引会社の男性らが約7億5000万円相当の金塊を、売却のためにアタッスケースに入れて運んでいたところ、警察官を装った複数の男に声をかけられ、アタッシュケースごと奪われてしまったのだ。

その鮮やかな手口や、警察官に変装して犯行に及んでいることから、この事件は「平成の3億円事件」とも呼ばれ、その行方に注目が集まっていた。

警察は、現場付近の防犯カメラや貴金属店への捜査、さらに山口県内で見つかった警察官の制服に付着していたDNAの鑑定結果から、22日、窃盗容疑で名古屋市の男4人を逮捕。また、盗品と知りながら4億円分の金塊を取引したとして、盗品等処分あっせん容疑で東京の自称会社役員らを逮捕した。

そして、翌23日には、実行犯がさらに1人逮捕され、逃亡中の犯人を合わせると、この事件には10人前後の人物が関与していたとみられている。



小松崎太郎とジャニーズアイドルの関係

金塊を盗品と知りながら取引したとして、盗品等処分あっせん容疑で逮捕された2人のうちの一人、自称会社役員の小松崎太郎容疑者(40)。今、彼のフェイスブックが話題になっている。

会社役員に「自称」がついている通り、彼の職業などははっきりしていない。しかし、その交友関係は広かったようで、それを誇示するようにフェイスブックの友達欄には、本当か嘘か分からないが、有名人の名前が並びたくさんの写真が載せられている。

その中の1枚、2011年に公開された写真にVサインで写っている男性が、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「NEWS」の一員、手越祐也に非常によく似ているのだ。

この写真に対し「手越くん(≧∇≦)」というコメントが書き込まれたが、小松崎は否定せず「内緒です(笑)」とだけ返答している。

これだけで本人と断定することはできないし、例え手越が小松崎容疑者と交流していたとしても、小松崎容疑者の裏の顔に手越が関係していたとは考えられない。

しかし、小松崎容疑者が逮捕された今、そのような人物と関係があったとなれば、アイドルとしてのイメージダウンは免れないだろう。

関東連合と関係が?

さらに、小松崎太郎には黒い噂がある。関東連合と関係があるのではないかという噂である。

関東連合とは、かつて存在した東京の暴走族の連合体である。既に解散しているが、OB同士の結束は続いており、現在はこの結びつきが関東連合と呼ばれている。

歌舞伎役者の市川海老蔵が巻き込まれた事件や、六本木のクラブで飲食店の経営者を襲って殺害した事件で、その名前は全国的に知られることになったが、事件に関与したとして18人が逮捕されて以来、現在は事実上の「壊滅状態」になっている。

関東連合は、「暴力団ではないが、暴力的な犯罪を行う集団」いわゆる「半グレ」のはしりであり、象徴的な存在である。

この関東連合と小松崎容疑者との間に、直接的な関係があったかどうかは明らかにされていないが、今回の金塊盗難事件で実行犯の主犯格だった野口和樹容疑者は、名古屋を拠点に活動する半グレ集団のリーダー各だと言われており、関東連合ではなくても、この半グレ集団とは関りがあった可能性もある

福岡では、今年4月にも、金の取引に使われるための現金3億8000万円が奪われる事件があった。

金の売買が行われる日程や場所などの情報を事前につかみ、綿密に計画を立てて犯行に及んでいること、金塊の運搬や処分などを分担していることから、大きな組織が企てた犯行であるとみられている。具体的に、名古屋を拠点とする暴力団が関与しているという話もある。

気軽に撮った写真が、思わぬところで危険な疑惑を招いてしまった手越祐也。これからは一緒に映る相手に裏の顔がないか、よく確かめる必要がありそうだ。


  出典 stone-roses.org

関東連合とジャニーズの関係は昔から噂になっていますが、どうやら一部本当の事も含まれているらしく、そのことを知ると言われる元KAT-TUN田中聖が口止め料として2000万をもらっているという噂もあるそうです。

関東連合との関係が本当なら、ジャニーズ事務所が裏で権力を振るっていたことも納得できてしまいます。

越権行為

芸能界の世界は非常に厳しい世界というのは元SMAP森且行の話が有名です。

元SMAP森且行は無断でオートレーサーと掛け持ちしようとし、テレビの世界からは干されてしまいました。

森且行が無断でしていたことですので、自業自得としても、その後の関係性を全て絶たされるのは、やり過ぎという印象がありました。

たかだか芸能事務所の一社長が、そこまで権力をふるうのはどう考えても越権行為としか考えられませんでしたが、関東連合が裏で繋がっているのであれば、その話も十分納得できる話です。

あれだけ仲が良かったというSMAPの元メンバーたちだけでなく芸能界での友人たちとの交流をも断ち切らされ、20年以上ものあいだ一切関わることが出来なかったというのは非常に辛い話ですが、ジャニーズが裏で力を持っていたとしたら、アイドルの一人がどうすることも出来ないのも頷けますし、仕方のなかった話なのでしょうね。

ますますジャニーズとは関わりたくないと思わされた話ですが、どこまでが本当の事なのか…

まさに都市伝説のような話ですね。

2000万円の口止め料

関東連合とジャニーズは色濃く関係していると巷で噂が広がっていますが、どうやら一部は本当らしく、越権行為を行っていたのも闇の世界と大きくつながっていたダークな一面があったからかもしれません。

赤西仁を始め多くのジャニタレが関東連合とつながっているという噂もあり、どこまでが本当の事なのかと疑惑を持たれているわけですが、そんなダークな世界を一番知っていたのが元KAT-TUNの田中聖さんだったようです。

そして、ジャニーズは田中聖さんに退職金として2000万円を渡していたらしく、そのお金が口止め料ではないかと噂されているのです。

田中聖さんは若手ジャニーズタレントの相談役でもあったそうですし、口止め料として払われていたというのも納得できる話ですね。

確かに、この話は憶測の部分が強いことは否めませんが、ジャニーズと言っても一芸能事務所にしかすぎず、スキャンダルを脅してもみ消すなど、そこまでの権力があるのか?という疑惑がこれまで数多くあったことも事実です。

どこまで信じるか信じないかは、あなた次第としておきますが、ジャニーズが関東連合と大きく繋がっていたとすれば、全ての辻褄が合いますしジャニーズが力を持っていたことも十分納得が行きます。

ただただ怖い世界と強く印象づけられた闇の世界が多くの女性達を虜にするアイドルグループの芸能事務所だと思うと、本当に怖い話ですね

どこまで信じるかは、貴方次第ですが…



  出典 stone-roses.org


  

出典 Youtube

六本木の集団襲撃事件 男らの画像を公開 5人は目出し帽かぶらず

六本木クラブ襲撃事件(ろっぽんぎクラブしゅうげきじけん)は、2012年9月2日に日本の東京都港区六本木で発生した殺人事件[1]。「六本木五丁目雑居ビル飲食店内における殺人事件」(警視庁)[2]。“六本木クラブ集団暴行死事件”[3]とも。
2012年9月2日、午前3時40分ごろ、東京・六本木「ロアビル」2階に位置するクラブ「フラワー」において、来店客であった当時31歳の男性が、金属バットを持って店内に乱入してきた10人ほどの目出し帽姿の男性グループによって袋叩きにされ殺害された[4]。死因は頭蓋骨損傷による失血死または脳幹部損傷とみられた[5]。ほか同席していた友人2名も殴られ軽傷を負うに至った[6]。
事件当時、店内では音楽イベントが開催されており、大音量のなかで200人から300人の客が居合わせたものの、VIPルームでの出来事であったことからほとんどの客が事件に気付かなかった[7]。男性3人・女性2人の計5名とともに酒席にあった被害者を男らは無言で急襲、およそ1分間にわたって集団で一方的に暴行を加えていた[8]。事件後、男らはワゴン車2台に分乗し東京・東大和市方面へ逃走[9]。さらに同市を経由し埼玉県内へ逃走した[10]。
暴走族グループ「関東連合」と他グループとの対立抗争に絡んだ「人違い」により起こった事件とされている[11]。「朝青龍事件」(2010年)や「海老蔵事件」(同)などと並んで、「関東連合」が関与した著名な事件のうちの1つとなっている[12]。警察庁による新規定「準暴力団」新設(2013年)のきっかけとなった事件でもあった[13]。この事件の一影響として、六本木の街の「勢力図」に異変が生じたとも言われる[14]。


  出典 stone-roses.org

 2月16日、東京・両国国技館にて「2014 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION in TOKYO」と題された桂由美のウエディングショーが開催された。この日、道端アンジェリカや華原朋美らと並び、モデルとして出演した藤井リナが、出席予定だったショーの合間の会見をドタキャンしていた。会見直前に急きょ主催側から、「藤井リナさんは体調不良のため会見欠席です」とアナウンスがあったという。ところが、会見後の第二部のショーには何事もなく出演している上、ブログも更新している。
 明らかに仮病だと分かるこの“体調不良”騒動だが、マスコミは総スルー。相手にするだけ無駄、ということのようだ。
 昨年9月に大手芸能事務所スターダスト・プロモーションとの契約が終了し、現在はステラエンタテインメントという個人事務所を設立して活動している藤井だが、元所属事務所の契約終了に際しては素行の悪さが一因となっているのではないかと常々囁かれていた。決して円満とはいえない独立劇を経ているのであれば、その後の芸能活動において風当たりは強くなるのは目に見えている。まさに踏ん張りどころの時期でありながら、こうした不真面目さが際立つ行動を取ること自体、藤井のやる気のなさ、尊大さが見てとれるといってもよいだろう。
 ところでこの藤井が元所属事務所との決別の時期、噂された素行面での問題についてであるが、関ジャニ∞の錦戸亮やKAT-TUNの田中聖などといったジャニーズタレントやDA PUMPのISSAとの交際など派手な男関係に加え、半グレ集団ともいわれる関東連合との関係についても取り沙汰されている。歌舞伎役者の海老蔵が六本木の飲食店で暴行を受けた“灰皿テキーラ事件”では、その場に藤井が居合わせていたというのは有名な話だ。藤井と同じく関東連合との関係が囁かれる芸能人は他にも数名いる。元関東連合幹部・工藤明男氏(仮名)による手記『いびつな絆』(宝島社)や、この手記出版のタイミングで寄せられた「週刊文春」(文藝春秋)における氏のインタビュー記事には、これまで関東連合と関係のあった芸能人の名が公にされている。
 2011年に自殺を遂げた貧乏タレントの上原美優(24=享年)は、かつて関東連合元リーダーのひとりで現在、六本木のクラブ襲撃事件(通称フラワー事件)で昨年12月、東京地裁において懲役11年の判決が下された石元太一被告と交際していたという。また先日、俳優・佐藤健との不倫関係が報じられた女優の広末涼子の元夫である岡沢高宏については、かねてより関東連合と親しかったことなども触れられており、この岡沢とその後交際していたのが女優・長澤まさみであることももはや有名な話だ。工藤氏によれば岡沢は関東連合の関係者との間に金銭トラブルを抱えており、それが原因で広末とも破局、長澤にも借金を申し出たことがあるが断られているという。
 書籍には、元関東連合を名乗り、過去の武勇伝を雑誌に掲載した松嶋クロスについても触れられている。当時の雑誌取材では、当時対立していた暴走族メンバーを拉致した際に男同士でシックスナインをさせた証拠写真を掲載したが、これと似た“制裁”に近い形で写真を撮られたのがロンドンブーツ1号2号の田村淳だ。「文春」によれば当時売り出し中の田村が手を出した女性が元関東連合幹部のKのもとに駆け込んだことから、田村は詫びを入れる様子をビデオに撮影され、現金を要求されたという。また同じく松嶋は小向美奈子のAV出演に際しても、逮捕当時から説得を重ね、見事出演の承諾を得ており、やり手ぶりを発揮している。
 一方、ネット等でたびたび関係が取り沙汰されながらも工藤氏によれば全くの無関係だというのが、六本木ヒルズのマンション一室でドラッグセックスに興じた結果、相手の女性を死なせてしまい懲役刑となった元俳優・押尾学だ。無関係でありながら押尾はかねてより自身が関東連合だと吹聴していたというから、恥ずかしい話である。また覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた女優の酒井法子についても、当時通い詰めていたクラブの実質的オーナーが関東連合関係者だったことからたびたび関係が噂されるが、こちらも無関係。
 それにしても「関東連合」とは一体何なのか? もともと世田谷区や杉並区の暴走族の連合体だったというが、それとメディアで芸能界との関係や凶悪な事件の首謀者として取り沙汰される関東連合とは意味合いが異なるようだ。工藤氏の著作によれば昭和53年生まれから昭和58年生まれまでの6世代以外は、いま世間でいわれる「関東連合」とは認められていないという(唯一の例外は世田谷「用賀喧嘩会」の昭和52年生まれ1名だけ)。かといって、暴走族が暴力団化したわけではなく、組織として統率されてもいないし秩序もない。フラワー事件に代表されるような単細胞丸出しかつ凶悪な犯罪を起こすような集団としての実態はあるが、ヤクザの看板がないし事務所もない。個々人でヤクザとつながりがあるだけなので、警察も指定暴力団として取り締まれないというのが強みだった。
 正式に暴力団員にならなくても、暴力団員と親しくしている者もいる。また、AVプロダクションを立ち上げた者、闇金融の道に進んだ者、オレオレ詐欺をはたらく者など暴力団の看板は背負わず裏街道を走る者もいれば、飲食や不動産など正業に就いている者、社会でそれなりに成功していたり芸能界やIT業界で活躍している者など、その“進路”はさまざまだ。近年、「関東連合」として事件を起こしているのは、暴力団にも正式に所属せず正業にも就かず自由気ままに生活をしてきた連中で、正式な暴力団組員として活動している者や正業に就いてトラブルに巻き込まれることを恐れている者は無関係、と著作では主張している。ちなみにメンバーの自覚がある当人たちは「元関東連合」とは名乗らず、自分たちを「関東連」と呼ぶそうだ。
 関東連合がフラワー事件を起こしたのは、過去の傷害致死事件の報復だったという話は有名だ。08年に山口組系暴力団員によって金村剛弘が撲殺された事件である。これを境に、関東連合は急激に暴力団化し、住吉会や山口組といった暴力団の傘下に入る者も現れた。そしてフラワー事件を機に、警察は「関東連合」を「準暴力団」という反社会的勢力に指定している。この金村君撲殺事件の首謀者は「キム兄弟」とされており、フラワー事件で被害者はキム弟と間違えられて殴り殺されてしまった。完全な人違い殺人であるが、逃走中の見立容疑者は「あ、違うかもと思ったけど、とりあえずぶん殴っておいた」という軽さで殺している。他の共犯者も、たとえばクラブでターゲットがキム弟かどうか確認した金城は「暗くてよく分からなかった」などと述べており、一番肝心な本人確認における杜撰さがよくわかる。事件発生当時、テレビで何度も放映された犯行直前・直後の犯人グループの様子を捉えた防犯カメラ映像では、笑っているメンバーもおり、カジュアルに暴力を振るう集団であることを世間に知らしめた。
 しかもこうした人違いによる犯行は、これが初めてではない。1998年の芦花公園事件、2000年のトーヨーボール事件でも敵対していたグループの人間と間違えて暴力を振るったり刃物で刺す等の行為に及んでいる。
 著作で工藤氏は「関東連合のメンバーとて日常的に争いを好むわけじゃない」と書きながら、一方で「毎週のようにクラブで喧嘩騒ぎを起こしていた」「関東連合は喧嘩とシノギだったら明らかに喧嘩を優先させる」とも書いており、喧嘩における記述には矛盾が見られる。エクスキューズしながらも、結局は喧嘩優先の集団なのだろう。
 「稚拙で無秩序な暴力」とも記しているが、これは本当にその通りで、勘違いやノリで人を殺してしまうなんて、はっきり言って超~バカとしか言いようがない。中高時代のヤンチャを封印もせず、成人しても関東連合を名乗り、仲間たちとつるんで暴力を振るう。しかも人違いのメッタ打ち殺人という大失態をおかしている。恥ずかしすぎる集団にしか見えないが、特に理由もなく人を殺してしまう、とんでもない人間が実在しているから世界は本当に恐ろしい。見立容疑者も、膨大な資金を集めて海外逃亡を続けているが、人違いで人を殺して逃げ回っているなんて、恥ずかしいにも程がある。“資金を集めて海外逃亡”なんて、ドラマだったらちょっとかっこ良い響きではあるが、しょせん、人違い殺人をしてしまったけれど、とばっちりを受けた被害者とその遺族に謝ることもできず逃げ回っている、ただの子供だ。石元太一被告も一審判決言い渡し後に「納得できない。あきらめないからな、俺は」と叫びながら法廷をあとにしたそうだが、あきらめない理由が分からない。集団で責任の重さはそれぞれ異なり、内部の人間が思うそれと外から判断されたそれとのギャップは必ず存在する。しかし、人の命を奪ったことに関しては皆同じである。むしろ懲役22年という求刑でありながら懲役11年という大割引の判決が出たことを有り難く思った方が良い(控訴審ではどうなるか分からないが)。
 暴力団とは違い、「グループのための抗争」をしているわけではなく、暴力的な狂気を解放できる場面をただ求めている人たち……それが「関東連合」なのかもしれない。
ネット上では、関東連合との関係が囁かれる芸能人は本稿で上げた数倍にのぼり、『関東連合と芸能人の相関図』なる図表も出回っている。ここに掲載されている芸能人はキャリアの長い女優から若いモデルまで相当数にのぼり、真偽のほどは不明だが、このフラワー事件に動きがあればまたそれも噂レベルでなく、工藤氏のような内部事情をよく知る人物に白日の下に晒される可能性を秘めているのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.