癌が改善出来るってホント!?最新情報まとめ

乳がん、大腸がん、胃がん、肺がん、肝臓がんなどの癌で苦しむ方々を応援するまとめサイトです^^

更新日 2016年01月31日

合計 1038pv


大人のADまとめ

がんは日本人の死因の1位で、その割合は年々増加しています。
また、発見が遅れるほど治る確率は低くなり、早めに治療をしても再発する可能性もある、というやっかいな病気です。

下のグラフは 日本人の死因をあらわしたものです。
(平成19年人口動態統計確定数より)

がんで死亡する人の割合は毎年増加しており、今後もさらに増えると考えられています。

「がん」はこわい病気…そう認識する人は多いのではないでしょうか。しかし、身近に患った人がいなかったり、いても詳しいことまでは聞けなくて、「がん」の具体的なことが分からないという方も少なくありません。がん検診の必要性を、「がん」の性質と照らし合わせて考えてみましょう。

  出典 がんについて|PET検査とは?基礎知識&治療説明|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

  出典 www.pet-net.jp

わたしたち人間の体は全て細胞で構成されており、細胞は普通に生活しているだけで、常に刺激や毒性のある物質(活性酸素等)などにさらされています。刺激などで傷ついた細胞は、自己回復し、元通りになる力があります。しかし、細胞の持つ回復力をはるかに超えるダメージを受けると、傷ついた部分が回復できず、細胞自身が正常な働きをしなくなったり別の働きをするようになってしまいます(皮膚のシミなど)。
さらにダメージが重なったり大きくなったりすることで、傷ついた細胞が、がん細胞に変わってしまうことがあります。これががんの始まりです。

がんは早期発見が大切ですが、何よりも、がん細胞を作らせないよう、日々の健康管理に気をつけることが大切です。

がんを防ぐため、日常生活の中で、以下のことを意識しましょう。

たばこ、不健康な生活、過度の飲酒などを控える
同じものばかり食べない、塩辛いものは控える、熱いものはさましてから食べる
かびの生えたもの、焦げた部分は食べない
体を清潔に保つ
上手にストレスを発散し、適度な運動をするよう心がける
ご自身の体でダメージを受けやすい部位には、日ごろから気を配る

  出典 がんについて|PET検査とは?基礎知識&治療説明|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

  出典 ord.yahoo.co.jp

がんは、体の細胞の一部が変異して起こります。できてしまったがん細胞は、ゆっくりと時間をかけて増殖し(早期がん)、やがて小さな腫瘍や粘膜の変化となって現れます。

時間がたつほど増殖のスピードが速くなり、その部分に自覚症状を感じるようになります。また、がん細胞は正常な細胞から栄養分を奪って成長するため、身体は衰弱し、体重が激減します。

その後、転移(体のほかの場所に飛び火)し始めますが、一度転移が起こると、ほかの場所にも次々と転移するようになります。がんが起こった最初の器官(原発巣)はもちろんのこと、転移した先の器官や組織も破壊されるようになり、器官としての機能が衰えてしまいます。

身体のあちこちにがん細胞がはびこり、体中の機能が衰えると(末期がん)、やがて生命の維持が困難になります。
※症状や進行は、個人差があり、器官によっても異なります

とはいえ、早期に発見して治療を行えば、より高い確率で改善が可能と言われています。
がん細胞を薬や医療機器で退治したり、その部位の細胞を取り除くことで治療します。
しかし、発見が遅れると、見つかったがんを取り除いても、わずかに散って残ったがん細胞が体内に潜伏し、数年後に再発する危険があります。再発後は、1度目に比べてがんの進行が早くなるので、再発しないよう常に注意をする必要があります。生存率も、発見が遅くなるほど低くなります。

だからこそ、がんは早期発見が大切なのです。
なるべく若いうちから、定期的に検診を受けることで早期発見につながります。
PET検査では、今までのがん検診で発見されるよりも、早い段階のがん細胞を見つけることができるため、定期的にがん検診を受けることで、自覚症状が出る前にがんを発見している人も多くいらっしゃいます。

  出典 がんについて|PET検査とは?基礎知識&治療説明|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

がん細胞が生まれてから活発に成長するようになるまでは、比較的長い期間がかかります。しかし、一度大きくなると成長・増殖のスピードがどんどん速くなります。
従来のがん検診では、腫瘍の大きさが1cm程度にならないと発見できませんでしたが、PET検査では、早期の5mm程度の大きさでの発見が可能です。

  出典 がんについて|PET検査とは?基礎知識&治療説明|PET検査ネット|PET検査のポータルサイト がん検診

  出典 www.pet-net.jp

お医者様から「あなたは癌(がん)ですよ」と診断されたら、きっと多くの方が病院に入院して癌治療(がん治療)を受けることになるでしょう。
しかし、患者さんが自ら癌治療法(がん治療法)を選ぶことはほとんどありません。病院毎に設備も治療方法も異なります。 外科療法・化学療法・放射線療法といった癌治療(がん治療)を行う上で、医師の専門分野によって癌治療法(がん治療法)が固定されてしまう例が少なくないのです。

  出典 癌治療(がん治療)の三大療法 ~ ガン患者の集い

  出典 www.kdd1.com

また、現在の日本には内科、外科、消化器科という診療科はあっても「腫瘍科」という診療科は確立されていません。欧米ではメディカルオンコロジー(腫瘍医学科)、サージカル・オンコロジー(腫瘍外科)、ラジエーション・オンコロジー(腫瘍放射線科)、ジャイネコロジック・オンコロジー(腫瘍婦人科)など、腫瘍専門の診療科が独立していて癌(がん)(悪性腫瘍)のみならず良性腫瘍であっても、すべて腫瘍専門医や腫瘍専門病院で診療が受けられるようになっています。最善の癌治療法(がん治療法)として集学的治療がシステム化され、実施できる体制が出来ているのです。その点では日本の癌治療(がん治療)体制は欧米に比べて若干遅れており、こうした体制の強化が今後の課題ともなっています。

  出典 癌治療(がん治療)の三大療法 ~ ガン患者の集い

皆さんは癌治療(がん治療)の「三大療法」という言葉をご存知ですか?
現在日本で主流の外科療法、化学療法、放射線療法は、「癌治療(がん治療)の三大療法」とも呼ばれ、癌(がん)にかかってしまった場合の一般的な治療法となります。

また、一般的には複数の癌治療法(がん治療法)を組み合わせ、それぞれを補い合い治療を行うという集学的治療が現在の癌治療(がん治療)の方針と言えます。集学的治療は外科療法・化学療法・放射線療法が主軸となりますが、近年第四の癌治療法(がん治療法)と言われる免疫療法なども注目を集めています。

  出典 癌治療(がん治療)の三大療法 ~ ガン患者の集い

  出典 saiwaihp.jp

癌(がん)の原発巣(最初に癌(がん)が発生した部位)と転移巣(原発巣から転位した部位)を含め、ひと塊として切り取る治療が外科療法で、一般的には手術療法ともいいます。血液を除くほとんどの癌(がん)に対して行われ、原則として癌(がん)の主病巣と所属のリンパ節を取り去ります。癌(がん)が原発部位だけにとどまっていて、転移等が確認されない場合(初期の原発部位等)にはもっとも有効な選択肢といえるでしょう。また、癌(がん)を部分的に切除する手術によって症状が改善され、放射線療法や化学療法の効果が上がることもあります。
外科療法は癌(がん)の治癒的療法(根治的療法=根本から治す治療法)として古い時代から行われ発展してきました。現在では術式(手術の技術や方式)が精細をきわめるようになり、麻酔学の進歩とあいまって癌(がん)の外科療法はいまや頂点に達しているといっても過言ではありません。外科療法は癌(がん)の集学的治療(違う治療法を組み合わせて行う治療)の中核を成しています。
しかし、その反面、外科手術を施すことで癌細胞(がん細胞)が急速に増殖したり、転移する例が多く、腫瘍部位を切除することによって生体機能が損なわれたり、術後障害などQOL(生活の質)の面ではどうしてもマイナスになる可能性がつきまといます。
また、この癌治療法(がん治療法)は手術に耐えられる体力も必要となりますので、高齢者や長い治療生活で体力が低下してしまった場合だと、手術を受けること自体が難しくなります。こういった場合には化学療法をメインに治療を行うケースがほとんどとなります。

  出典 【外科療法】 癌治療(がん治療)の三大療法について ~ ガン患者の集い

癌(がん)の化学療法は化学物質(抗がん剤(抗癌剤))を用いて癌細胞(がん細胞)の分裂を抑え、癌細胞(がん細胞)を破壊する治療法です。化学療法とは20世紀初頭に近代治療学の天才といわれるドイツのエールリッヒ博士がはじめて使った言葉といわれています。抗がん剤(抗癌剤)は静脈に注射するか、内服すると血液中に入り、全身の隅々まで運ばれて体内に潜む癌細胞(がん細胞)を攻撃し、破壊します。全身のどこに癌細胞(がん細胞)があってもそれを全滅させる力を持っているので、全身的な治療に効果があります。
癌(がん)は全身病と呼ばれるように、早期にはある部位に限定している局所の病巣が、しだいに全身に広がって(転移)いき、全身的な病気となってしまいます。
三大療法と呼ばれるがん治療(癌治療)のうち、外科療法と放射線療法は局所的な癌(がん)の治療には非常に強力なのですが、全身病を治すということからすると化学療法は最適ながん治療法(癌治療法)です。
化学療法の効果のほどは、現段階では癌(がん)の性質や病期によって異なります。たとえば急性骨髄性白血病・悪性リンパ腫・小児悪性腫瘍などは効果が非常に高く、乳癌・卵巣癌・肺小細胞癌などでは症状の緩和が期待できます。しかし甲状腺癌・大腸癌・腎臓癌・肝臓癌・膵臓癌などは化学療法単独ではあまり効果を期待する事が出来ません。こういった場合には化学療法と外科療法や放射線療法などを組み合わせて治療を行う「集学的治療」が適しています。

  出典 【化学療法】 癌治療(がん治療)の三大療法について ~ ガン患者の集い

X線やγ(ガンマ)線といった放射線を照射すると、癌細胞(がん細胞)は分裂が出来なくなり、増殖が抑えられます。正常な細胞も放射線によって損傷(障害)を受けますが、この損傷(障害)を出来るだけ少なくし、癌細胞(がん細胞)だけに最大の効果を発揮できるように照射法を工夫して治療するのが放射線療法です。
放射線療法は手術(外科療法)と同じように、癌(がん)の主要な局所療法の一つです。手術(外科療法)に比べると体を傷つけたり、治療の際に痛みを感じたりする事もありません。また手術や化学療法と併用する事により、単独で治療するよりも大きな効果をあげることができます。

  出典 【放射線療法】 癌治療(がん治療)の三大療法について ~ ガン患者の集い
癌が改善されなければ全額返金!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)~癌克服への道~
http://www.infotop.jp/click.php?aid=313478&iid=30283
癌(ガン)を克服した食事療法「メディカル・イーティング」のご紹介です。癌に悩まれている方のために、完治100%、再発0%に挑戦し、確かなエビデンスで癌の改善を保証します!

日々新しい技術が開発・研究され、今までできなかったことができるようにもなってきています。その中でも医療の発展は、世界中の人々の関心が集まるとても重要な分野。

ここでは、ガン治療に関する5つの最新技術を紹介します。もしかしたら、不治の病ではなくなる日もすぐそこまでやってきているのかもしれません。

  出典 もう不治の病じゃなくなる!?世界最新の「ガン治療法」が凄い | TABI LABO

  出典 img.tabi-labo.com

01.HIVウイルスを注入!?

2014年11月、デイリー・メール誌によって報じられた事例を紹介します。マーシャル・ジェンセンさん(30歳)は、2012年に急性リンパ性白血病と診断され、効果的な治療を探していましたが、2年の月日を費やした後、ペンシルバニア医療大学による実験的な「新しい遺伝子治療」を受けることになりました。

具体的な治療方法は、人体への影響を無効化し、ガン細胞を殺すようにプログラムされた「HIVウイルス」を注入するというもの。それまでにも30人の患者がおなじ実験的治療法を試しており、うち23人が生存し、19人の患者に症状の改善が見られていたそうです。

実際に治療を受けたマーシャルさんは、その後ガン細胞の無い状態で生活を送ることが可能になっているそう。2012年に最初に治療を受けた7歳の少女エマちゃんも、すでに2年以上ガンと無縁の生活を送っているといいます。

一見恐ろしく聞こえる治療方法でもありますが、ドクターや研究チームによれば、20年間にわたり研究が行われてきた治療法で安全なのだそう。未だに実験段階ではあるようですが、精度の高い治療法として今後に期待が寄せられているようです。

  出典 もう不治の病じゃなくなる!?世界最新の「ガン治療法」が凄い | TABI LABO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.