犬にもある病気【白内障】。愛犬が【白内障】になったwwwどうしよう~???

若くて元気な犬(4歳程度まで)は手術による治療が可能なようです。全身麻酔で行うこともあり体の負担が大きく、リスクは残ります。なんと費用は50万円程度と高く、そのうえ手術後も1日4~5回の点眼が必要だそうです。人間にも愛犬のも効果が見込める白内障治療点眼薬【クララスティル(Clarastill)】www

更新日 2016年01月21日

合計 11292pv


大人のADまとめ

  出典 osuwari.net

白内障の進行

人間同様、犬も長寿の時代です。目の老化が始まると犬の生活の質(QOL)が低下することが考えられます。異常を感じたらすぐに獣医に相談し、早期発見、治療を心がけるようにし、適切な治療を受けられるように配慮しましょう。

人と同じように、主に老化により体内にある天然酸化防止剤・カルノシンが不足して目のレンズ(水晶体)が酸化で傷つき、磨りガラスのようになっている状態です。

犬の目は何色を認識できるのでしょうか? 今までは白黒しか判別できない、というのが通説でしたが、最近の研究により、紫・青・黄色の三色は見分けられるということが分かってきました。また、人間の視野は180度程度ですが、犬の視野ははるかに広く、250度程度までは見えることが分かっています。もともと猟犬として育てられた種類の犬(各種のハウンド類)は特に優れた視力をもっているようです。

犬も人間と同じように目の病気にかかります。角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障など人間もかかる病気がほとんどです。
その中でも最も羅病率が高く、やっかいな病気が白内障です。白内障の最大の原因は人間同様老化であり、6歳以上の犬の白内障はその殆どすべてが老化によるものといっても過言ではありません。

白内障はゆっくりと進行する病気であり、なおかつ犬は言葉が話せないので、飼い主さんがいち早く気がついてあげることが大切なポイントとなります。白内障にかかると通常透明である目の水晶体(レンズに相当するもの)が徐々に白く濁っていきます。白濁が進むとともに視力がどんどん低下し、柱や壁によくぶつかるようになったり、ちょっとした物音にも異常に敏感に反応するようになり、日常の生活に支障を来たすようになります。白濁の度合いは人間の肉眼でもはっきりと見分けられますが、ほっておくと失明にまで至ります。

わたしのトイ・プードルが両目の白内障になり白内障治療点眼薬(ドッグクララスティル)を使用していましたが、長く使用する事を考え同一効果のクララスティルに変えました。
現在は左目の白濁が当初の1/3になり、右目はまだそのままです。
手術が出来ない犬に対しては、画期的なお薬と言われています。他の方々の口コミも紹介したいと思います。

クララスティル | 育毛剤・ED治療薬 海外医薬品個人輸入代行 オオサカ堂
http://bitlye.net/20160113130154
クララスティルを格安でお取扱い!クララスティルのご購入なら、育毛剤・ED治療薬・ダイエット薬など信頼の格安個人輸入代行のオオサカ堂まで!【送料無料】【100%正規品保証】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.