世界の超人、天才たち

世界には科学で解明できないような能力を持つ超人、信じられない神技を持つ天才、達人がいます。

更新日 2016年11月10日

合計 6090pv


大人のADまとめ
  

出典 Youtube

世界で話題の神業ヒューマンビートボックスがスゴすぎる!!

作家としても知られるインゴ・スワンは、地球にありながら遠く離れた惑星の様子を観察したことで、巷の話題をさらった男だ。
スワンの遠隔透視の対象とされたのは、水星、そして木星である。後日に探査衛星が送ってきた惑星の風景は、スワンの証言とピタリと一致しており、彼の遠隔透視の正確さを物語っていた。2つの惑星の観測はその時点まで行われておらず、スワンは過去に知りようもない事実を証言していたのだ。

  出典 いまだ科学で解明できない、6人の超能力者たち!
  

出典 Youtube

Ingo Swann The Man Who Started Remote Viewing part 1 of 7

  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

マグニートー

X-MENに出てくる悪役マグニートーのようにマレーシア人のリュー・ソウ・リンは磁力を有している。
80歳になる彼は身体に金属をくっつけると実際に36kgまでならくっつけていることができるのである。また彼の磁力を使って車を引っ張ることもできるようである。彼の肌にマグネットがあるわけではないのである。ただどういうわけだか彼は鉄を身体にくっつけられるのである。
彼の3人の孫の内の1人も同じ能力を伝承しているという。
出典:http://sekawara.hatenablog.com/entry/2014/11/23/170845

1970年代に超能力ブームの火付け役となり、日本でも馴染みのあるユリ・ゲラーは、手を触れずに物体に干渉する念動力の持ち主である。

  出典 いまだ科学で解明できない、6人の超能力者たち!
  

出典 Youtube

URI GELLER - Seeing is Believing - Documentary Reports

  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

究極辛抱マン

ギリシャ系アメリカ人のディーン・カーナーシスは2006年に50回のマラソンを50州に分けて50回連続で走ったのである。つまり彼は350kmをノンストップで走り続けたのである。小さい頃は家と学校の間を「楽しいから。」という理由で走っていたそうである。彼の驚くべき能力の秘密は彼の身体にあるようで彼の身体は乳酸を減らすことができるという体質をもっているようである。
出典:http://sekawara.hatenablog.com/entry/2014/11/23/170845

著名なアーティストであるスティーブン・ウィルトシャーは、すぐれた映像記憶の持ち主としても有名だ。
言葉の覚えが遅く、3歳で自閉症と診断を受けたウィルトシャーだったが、彼はたった数秒のあいだ観察するだけで、目にした景色を写真のように描き出すことができるのだ。掲載する動画は、シンガポールの町並みをフリーハンドで再現するウィルトシャーの姿を映している。

  出典 (2ページ目)いまだ科学で解明できない、6人の超能力者たち!
  

出典 Youtube

Stephen Wiltshire draws Singapore skyline from memory

私達のほとんどが腹筋を割るためには何時間もジムに通いつめる必要がある。だが1999年に生まれたドイツ人のリアム・ホークストラ君はボディビルダーのような身体で生まれてきたのである。4歳になるころには自分と同じ重さの赤ちゃんを6人持ち上げることができた。それが起こった理由は遺伝子の突然変異である。

  

出典 Youtube

World strongest cute kid-GIULIANO STROE

ヴィム・ホフは“アイスマン”の別名で知られるオランダの冒険家だ。彼は体内温度の低下を招くことなしに、2時間に迫る氷漬けの瞑想をやりとげ、科学者たちの眉を吊り上げさせた。
 それからというもの、ホフは下着1枚でエベレストに登頂し、水分を断ってナミブ砂漠におけるマラソンを完走するなど、不可能とも考えられる挑戦に打ち勝ってきた。
 研究の結果、彼には自律神経や免疫を意のままに操作する能力が宿っていることが証明されている。掲載する動画は、海外メディアが製作したホフについてのドキュメンタリーである。

  出典 (2ページ目)いまだ科学で解明できない、6人の超能力者たち!
  

出典 Youtube

Inside the Superhuman World of the Iceman

  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

レントゲンガール

もしロシア人のナターシャ・ジェーンキナのような子供が生まれ続けたらもはや私達にX線照射装置は必要なくなるだろう。彼女は人の身体の中にある臓器の動きが見えるのである。10歳のときから周りの人に本当かどうか疑われていたため、彼女は実際に地元の病院で検査をしたのである。そこで彼女が本当に病気の原因が見えてるということが判明したのである。そしてドキュメンタリー番組では一人の男の子の肺に巣くう塊を見つけた。後に男の子が他の医者に検査してもらうと悪性の肉腫が発見されたのである。
出典:http://sekawara.hatenablog.com/entry/2014/11/23/170845


  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

雑食男

口に入るものだったらなんでも食べれると想像してみて欲しい。あの”セスナ”(軽飛行機)もフランス人のミシェル・ロティトの前では例外ではないのだ。彼は異常なほど厚い膜でできてる胃を持っており、ガラス・ゴム・鉄など彼が食べようと思ったのなら食べてしまえるのである。彼は異食症であり、汚いもの、岩、金属などに対して食欲を持っているのである。もしあなたが彼をホームパーティーに招待したら彼はあなたの家をすべて食べてしまうことだろう。これは彼に関しては決して冗談ではないのである。実際に彼はセスナを2年かけてすべて食べ尽くしている。1959年~1997年の間に彼はおよそ9トンもの鉄を食べたことが見積もられている。
出典:http://sekawara.hatenablog.com/entry/2014/11/23/170845

動画もあります。Mr Eats All-Even Metal - France
         https://youtu.be/Pa0VvD7L7fs

若干11歳のデュサン・クルトリカ君が使うのはペンと鉛筆のみ。たったそれだけの道具で、ゴリラや鳥といった現生動物から恐竜といった絶滅動物、時には中世のようなファンタジー世界まで素晴らしい技術で描いてしまう。

 クルトリカ君はわずか2歳の時に絵を描き始め、これまで既に3度の個展を開いている。さらに、クルトリカ君の天性は絵だけに留まらない。野生動物の複雑な分類を暗唱し、あらゆる地質時代とその時代に生存した動物に関しても知り尽くしているという。

  出典 (0ページ目)11歳の天才少年・動物画家が話題! 動物百科事典、3週間で丸暗記!!
  

出典 Youtube

Dusan Krtolica 11 years - Crtanje Zivotinja Olovkom - Drawing Animals With Pen


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.