ユーザビリティを改善させるのに参考になる記事集

ホームページやWebサービスを使うにあたってストレスを感じるのは、ユーザビリティが関係しています。
ユーザビリティを改善することでストレスフリーなホームページやWebサービスにつながる記事をご紹介。
この記事を読んでユーザビリティの重要性を再確認しましょう。

更新日 2015年12月16日

合計 486pv


大人のADまとめ
実例で納得!シニアが使えないサイトの例
http://mamion.net/2013/10/%E5%AE%9F%E4%BE%8B%E3%81%A7%E7%B4%8D%E5%BE%97%EF%BC%81%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AE%E4%BE%8B/

パソコン教室でシニア層にインターネットの使い方を教えているときほど
「ああ、ここがもう少し改善されれば!」と吠えたくなる時がある。

「知りたい事」「申し込みたいもの」「買いたいもの」があって
ワクワクしているのに、多くの人が、若い人に取っては「些細な」ミスで
サイト上で目的を達成できずに諦めたり、
諦めきれないからとサポートセンターに電話して
「その情報はホームページに載ってます」と言われ落ち込んだりしている。

今日は大学の公開講座に申し込もうとしている70歳代後半女性の話。


  出典 mamion.net
リンク色の変更で年間売上高8,000万ドル増も! Webデザインで変わるユーザビリティ向上4つのポイント
http://markezine.jp/article/detail/16696

ホームページのデザインで最低限抑えておきたい、ユーザビリティ向上のための4つのポイントをまとめた記事です。
画像を使って比較してあったり、テキストリンクの色について詳細な情報があったりと、かなり具体的で充実した内容となっています。

ユーザビリティテスト|サイト改善に最適なメリットと成功事例3選
http://liskul.com/wm_uts3-4289

サイト制作やサイトリニューアルを行ったものの、思ったように集客や購買が伸びない、なんてことはありませんか?ユーザビリティテストを利用することで、ユーザーがサイト上のどこで、どんな理由でアクションをとるのかが明らかになります。この記事では、そんなユーザビリティテストのメリットと成功事例3選を紹介します。


  出典 liskul.com
こんなにあった!シニア対応を本気で進める『皇潤』の入力フォームが使いやすい理由
http://mamion.net/2014/12/%E7%9A%87%E6%BD%A4%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%8A%9B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%8C%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1/

一般的にシニアの方ほど入力に時間がかかり、また不適切な入力によるエラー発生頻度も高くなることは、ユーザビリティ業界の権威であるニールセンノーマングループのレポートも統計データを用いて指摘しています。


  出典 mamion.net
Webデザインの間違い・トップ10
http://u-site.jp/alertbox/9605

ここで挙げるのは、ユーザーに対する残虐行為の、もっとも酷いものトップ10だ。極悪なユーザビリティは、かつてより少なくなったものの、Webデザインの悲劇やHTMLホラーはいまだに多い。


  出典 u-site.jp
ウェブサイトのユーザビリティを改善する 7つの方法
http://thebridge.jp/2011/10/website-usability-tips

Web ユーザー向けのコンテンツを書くことには独特の難しさがある。最も重要なのは、読み手にとって、コンテンツが読みやすく理解しやすいようにすること、すなわちリーダビリティである。

コンテンツのリーダビリティが高ければ、読者は書き手の伝える情報をすばやく要約することができる。個人のウェブサイトやあるいはブログにとっても、ネットショップにとっても、企業サイトにとってもこれは価値ある目標といえる。


  出典 thebridge.jp
サイトやアプリのユーザビリティを向上させる35のポイント
http://baigie.me/sogitani/2014/04/usability/

デバイスがどのように進化しようが、アプリの時代になろうが、ユーザビリティは変わらず求められるものです。Web/IT業界では「使いやすさ」という意味で気軽に使われる言葉ですが、奥は深く、原論を解説した書籍もいくつか出ています。

学術的な解説はそういった書籍に任せるとして、ここでは、経験の浅いデザイナー、あるいは非デザイナー(ディレクター、Web担当者、エンジニアなど)向けに、ユーザビリティの向上に繋がる基本的な要点をまとめてみました。

優れたユーザビリティを実現する25の基本概念
http://blog.btrax.com/jp/2012/09/03/usability-2/

最近ビジネスに於けるユーザーインターフェース(UI)や、ユーザーエクスペリエンス(UX)の重要性が頻繁に語られる事が多い。WebサイトやMobileアプリから始まり、自動販売機、券売機、車のダッシュボート、テレビ、トイレ、エレベーターのボタン配置に至るまで、”ユーザビリティー”と表現される、”使い易さ”の大切さが注目を浴びている。そして、その使い易さを生み出す最初の入り口がインターフェイスである。


  出典 blog.btrax.com
Webユーザビリティを改善するための8つの方法
http://ja.wix.com/blog/2014/07/web%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%92%E6%94%B9%E5%96%84%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE8%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95/

デザインがホームページの良し悪しに大きく影響するのは確かですが、サイトのユーザビリティも同様に重要です。より良いホームページを完成させるための、賢いユーザビリティのポイントをいくつかご紹介します。


  出典 ja.wix.com
ウェブサイトのユーザビリティに関する最高の秘訣20か条
http://www.seojapan.com/blog/usability-20-tips

ユーザビリティは、ウェブサイトにとってものすごく大切なことだ。訪問者が素早く簡単に楽しくウェブサイトにアクセスしてそれを使うことができなければ、ウェブサイトの外観がどんなに格好良くても、コンテンツがどんなに素晴らしくても関係ないのだ。訪問者の多くは、ただ諦めて他のどこかに行ってしまうだろう。

5分でわかるWebサイトユーザビリティ
http://www.userside.jp/wakaru/index.html

Webサイトで考えるべきユーザビリティ、アクセシビリティの項目をわかりやすく解説します。初心者の方でもユーザービリティに配慮したホームページが作成できるよう、ユーザーサイドがサポートします。

ユーザビリティを高める7つの基本テクニック
http://blog.btrax.com/jp/2015/03/03/usability-3/

デバイスがパソコンからモバイルへ、そしてウェブからアプリの時代へ移り変わっていくとしても、ユーザビリティとは常に変わらず求められるものである。そしてユーザービリティはそのサービスが提供する価値に大きな影響を持っている。


  出典 blog.btrax.com
危険!Webユーザビリティ3つの間違い・落とし穴
http://liskul.com/web-usability-1629

ユーザビリティは、「単なる使いやすさ」のことではありません。特にWebにおいては売上や成果を左右する重要な概念です。しかし、多くの人がユーザビリティについて間違った認識を持っているのが現状です。本日は、よくある「間違い・落とし穴」を例に、売上改善に直結する「正しい」ユーザビリティの考え方をご紹介します。


  出典 liskul.com
Webユーザビリティを改善するための5つのポイントと方法
http://creators-manual.com/usability/

今回はWebユーザビリティを改善するための5つのポイントと方法を紹介したいと思います。 まずユーザビリティとは何なのかについて軽く触れておきます。先日の記事でも紹介しましたが、それは【使い勝手】のことです。


  出典 creators-manual.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.