星野源って知ってる?最近話題の星野源は、こんな人だった

星野源を知らない人に知ってもらいたい
星野源って知ってる?最近話題の星野源は、こんな人だった

更新日 2015年11月29日

合計 9003pv


大人のADまとめ



星野 源(ほしの げん、1981年1月28日 - ) は、日本の俳優、ミュージシャン、文筆家、映像ディレクター。埼玉県蕨市出身。インストゥルメンタルバンドSAKEROCKのリーダーとして、主にギターとマリンバを担当。所属はアミューズ(音楽業)、大人計画事務所(俳優業)。ライターとしても多数の連載を抱えているアーティストである。(引用:wikipedia)

埼玉県蕨市出身。本人曰く周辺は「周りに何もない、住宅と赤ちょうちんしかないようなところ」で育ったという。そんな田舎のような所で、テレビでマイケル・ジャクソンを見て凄くカッコいいと思い、憧れていた。

中学1年生から演劇活動と音楽活動を同時並行で開始する。『ニンゲン御破算』の参加をきっかけに大人計画事務所所属となる。自由の森学園中学校・高等学校卒業。

SAKEROCKが、脱退したオリジナルメンバー野村卓史(Key)と田中馨(B)を加えた5人による5枚目のオリジナルアルバム「SAYONARA」を4月8日にリリースし、6月2日の東京・両国国技館公演「LAST LIVE "ARIGATO!"」をもってバンドを解散することを発表した。

野村と田中の脱退後、星野源(G)、伊藤大地(Dr)、浜野謙太(Tb)の3人でバンドを継続しながらも、個々の活動が本格化したことによりなかなかバンドでの活動ができなかったSAKEROCK。リーダー星野はバンドの解散を考える中で「解散するからこそ、『最後にもう一度脱退した二人を呼び戻すこと』もありなのではないか」と、オリジナルメンバー5人でアルバムを作ること、5人で解散ライブを行うことを計画。星野の案に合意した4人は、全10曲のオリジナルアルバムを完成させた。

  出典 SAKEROCK、5人でラストアルバム「SAYONARA」6月に解散 - 音楽ナタリー

テレビ情報誌「TV Bros.」にて連載中の細野晴臣と星野源による対談企画「地平線の相談」が書籍化。3月28日に発刊される。
地平線の相談

「地平線の相談」は2007年から連載されている人気企画。1981年生まれの星野が1947年生まれの細野に、仕事やダイエット、男女関係までさまざまな悩み事を相談している。書籍では大幅に加筆、再編集されており、2人の和やかなやりとりをたっぷりと堪能することができる。また書籍のカバーおよび口絵は星野が提案したデザインで、細野が1976年7月にリリースしたアルバム「泰安洋行」のジャケットをイメージして撮影されたユニークな仕上がりとなっている。

  出典 星野源×細野晴臣「地平線の相談」が書籍化 - 音楽ナタリー

映像制作ユニット「山田一郎」(星野源、山岸聖太、大原大次郎)を主宰し、制作したSAKEROCKのMV『ホニャララ』が、2009年SPACE SHOWER Music Video AwardsのBEST CONCEPTUAL VIDEO賞を受賞した[4]。
2011年10月、ソロ名義での2ndアルバム『エピソード』が、オリコン・ウィークリーチャート(2011年10月10日付)で5位を獲得[5]、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞した[6]。

  出典 星野源 - Wikipedia

  出典 natalie.mu

5月9日に発売された、彼のエッセイ集『蘇える変態』(マガジンハウス)に書かれている生々しい記述が、ファンの間で話題を呼んでいるのだ。

星野が倒れたのは2012年12月、楽曲制作とレコーディングが無事に終わった直後のこと。「スタッフ皆で拍手をしていると、急に目の前がぐにゃっと曲がった」「バットで頭を殴られたような痛みとともに、立っていられなくなり」、救急車で運ばれた病院で聞かされたのは、くも膜下出血という病名。手術前に担当医は本人に「絶対に助かります」と力強く宣言したが、周囲の人には「後遺症の可能性も含め、全快の可能性は低い」と言っていたというから、重篤な状態だったことがうかがえる。

  出典 「窓から飛び降りたい」精神までむしばんだ、星野源の“壮絶”闘病生活 - ライブドアニュース

しかし、彼は生きることは、死ぬよりずっと苦しいことに気づく。「生きるということ自体が、苦痛と苦悩にまみれたけもの道を、強制的に歩く行為なのだ。だから死は、一生懸命に生きた人に与えられるご褒美なんじゃないか」。まだ生に執着のある自分はご褒美をもらえる立場にないと思った星野は、痛みに耐え、病を克服していく。

  出典 星野源を苦しめた壮絶な闘病生活

第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』)[20]
第68回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(『箱入り息子の恋』)[21]
第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』)[22]
第5回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(『箱入り息子の恋』、『地獄でなぜ悪い』、『聖☆おにいさん』)
第23回日本映画批評家大賞 新人賞・南俊子賞(『箱入り息子の恋』)

  出典 星野源 - Wikipedia

映画
69 sixty nine(2004年7月10日、東映) - 中村譲 役
ノン子36歳(家事手伝い)(2008年12月20日、ゼアリズエンタープライズ) - マサル 役
少年メリケンサック(2009年2月14日、東映) - GOA[23]のギターボーカル 役
箱入り息子の恋(2013年6月8日、キノフィルムズ) - 主演・天雫健太郎 役[24]
地獄でなぜ悪い(2013年9月28日、キングレコード / ティ・ジョイ) - 橋本公次 役

  出典 星野源 - Wikipedia

  出典 scontent.cdninstagram.com

コウノドリ  四宮春樹役を演じる星野源の演技が上手い理由は病気の過去?

原作において私生活が描かれていないので「どういう人間でどういう家族で育ってきたんだろう」と彼のバックボーンを自分の中で育ててきました。四宮を演じるにあたって、想像を巡らすことが好きです。
引用元:http://www.tbs.co.jp/kounodori/interview/5.html#lnksp

テレビドラマ
WATER BOYS(2003年7月1日 - 9月9日、フジテレビ) - 星山 役
マンハッタンラブストーリー 第6話(2003年10月9日 - 12月18日、TBSテレビ) - 風丸 役
ドールハウス 第3話(2004年1月15日 - 3月18日、TBSテレビ)
女達の罪と罰(2004年4月6日、フジテレビ)
離婚弁護士 第2話(2004年4月15日 - 6月24日、フジテレビ)
トキオ 父への伝言 第1話(2004年8月30日 - 9月30日、NHK) - 大久保浩二 役
「弟」 第2話(2004年11月18日、テレビ朝日)
優しい時間 第3話(2005年1月13日〜3月24日、フジテレビ) - 天野洋一 役
劇団演技者。「眠れる森の死体」(2005年2月16日〜3月9日、フジテレビ) - ヒロミ 役
タイガー&ドラゴン(2005年4月15日 - 6月24日、TBSテレビ) - 林屋亭どんつく 役
アキハバラ@DEEP(2006年6月19日 - 8月7日、TBSテレビ) - タイコ 役
もうひとつのシュガー&スパイス 第4話「片思いの彼編」(2006年9月20日、フジテレビ) - 小山成司 役
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年1月8日 - 3月19日、フジテレビ) - 澤田玉夫 役
探偵学園Q(2007年7月3日 - 9月11日、日本テレビ) - 猫田刑事 役
去年ルノアールで(2007年7月15日 - 9月30日、テレビ東京) - 主演・私 役
未来講師めぐる(2008年1月11日 - 3月14日、テレビ朝日) - 江口秀夫 役
週刊真木よう子「蝶々のままで」(2008年5月28日、テレビ東京) - 井上ヒロシ 役
ゴーストフレンズ 第5話(2009年4月30日、NHK)- 信二 役
ゲゲゲの女房(2010年3月29日 - 9月25日、NHK) - 飯田(及川)貴司 役
祝女〜shukujo〜 シーズン2(2010年10月28日、NHK)- ゲスト
私が初めて創ったドラマ -怪獣を呼ぶ男-(2010年12月10日、NHKデジタル衛星ハイビジョン) - 副島広太 役
11人もいる!(2011年10月21日 - 12月16日、テレビ朝日) - 真田ヒロユキ 役
昨夜のカレー、明日のパン(2014年10月5日 - 11月16日、NHK BSプレミアム) - 寺山一樹 / 路上コトバ師 役
紅白が生まれた日(2015年3月21日、NHK) - ジョージ馬淵 役
コウノドリ(2015年10月16日 - 、TBS) - 四宮春樹 役

  出典 星野源 - Wikipedia

  出典 img.barks.jp




意気込みを訊かれた星野は、開口一番「有働さん、俺やったよ!」。病気療養中の頃に、総合司会を務める有働由美子アナウンサーから「紅白に出ていただきたい」というお手紙をもらっていたというエピソードを明かす。そしてあらためて、「音楽が好きで音楽番組が好きで。小さいころから見ていた番組に出られる、自分がこの場にいることができてうれしいです。一生懸命、白組頑張りたいと思います。」とコメントした。

また、2012年末のくも膜下出血での病気療養からここまでを振り返って、「2012年末に倒れまして、その後、約1年ほどお休みさせていただきました。

自分にとってそのお休みというのは、中学生の頃の音楽を聴いて、音楽番組を見て、“うわぁー、すごいカッコイイ、すごい面白い、こんな音楽やってみたい”という、そんな気持ちを戻してくれた期間だったと思います。

仕事が全く出来ず、家でただただ音楽を聴いたりテレビを見たりしていました。

その中でいつか、もう一度、あっち(テレビの向こう)側に行きたいな、と。

自分の中のピュアな部分、音楽って本当に面白いなと……たしか、『歌謡コンサート』だったと思うんですけど、坂本冬美さんの歌で号泣しまして。

テレビの画面を通しているのに、なんで人間の感情とか日本の風景とか、今までの生きてきた歴史とかが伝わってくるんだろう、音楽って面白いなと、そんなことを思ったりしていました。

そこから自分の音楽作りが変わってきたように思います。

中学生の頃の気持ちで音楽が作れたと思います。

そして復帰して初めての仕事が『紅白が生まれた日』というドラマの出演でした。

そのドラマは終戦の日に、紅白歌合戦をラジオでやろうという、一番最初は『紅白音楽試合』というタイトルだったと思いますが、昔の番組のスタッフの皆さんが奮闘して音楽を届けるというドラマだったんですけども、そこで紅白の成り立ち、みんなの思いを知って、自分も出たいと思っていました。

小さいころから憧れていた場所にこうして……1回バウンドしましたけど、もう1度戻ってこられて、しかもこういうきらびやかな素晴らしい場所に立つことができて、本当にうれしいです。ありがとうございます。」と、音楽との向き合い方が変わったこと、そしてあらためて復帰でき、さらに紅白に出場できる喜びを語った。

  出典 星野源、『NHK紅白』初出場で開口一番「有働さん、俺やったよ!」 | 星野源 | BARKS音楽ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.