【ウォーキングデッド】死亡した主要キャラクターまとめ

死亡した主要キャラクターまとめ

更新日 2017年03月14日

合計 268207pv


大人のADまとめ

エド・ペルティエ

俳優名:アダム・ミナロヴィッチ

キャロルの夫
第一号の登場人物の死亡者
S1:ただのクズ。シェーンにボコボコにされ、キャンプメンバーからも疎外されていた。テントで休んでいた所、ウォーカーに襲撃され、死亡。


  出典 livedoor.blogimg.jp

エイミー

俳優名:エマ・ベル
年齢:28歳
代表作:DALLAS/スキャンダラス・シティ

S1:特に目立った行動はなかったが、夜のキャンプの際、トイレ後ウォーカーに襲われ、腕だけならまだしも、首もかまれ結果、死亡。姉に頭部を打ちぬかれる。姉からのプレゼントは受け取れなかった。


  出典 worklife-create.com

ジム

俳優名:アンドリュー・ローゼンバーグ
代表作:プリズン・ブレイク「スクラー」役

S1:元々変わった性格で、おとなしい。ウォーカー襲撃前、一人沢山の穴を掘り、みんなに止められた。結果、それを予期していたかのように、襲われ、彼もまた、致命傷は負わなかったものの、腹部をかまれ、森の木陰に放り投げられ、そのまま死亡。(ウォーカーとなったかまでは放送されず)


  出典 i.ytimg.com

ソフィア

俳優名:マディソン・リンツ
年齢16歳

原作ではいまだに生存。S2ウォーカーの群れの中、車の下に隠れ、凌いでいたが、油断し2体のウォーカーに襲われ、リックにより救出されたのだが、まだ頭が弱いのもあり結果、見つかることなく最後の出演は牧場の納屋でウォーカーとして出演され、助けられたリックにそのまま射殺され死亡。

デール・ホーヴァス

俳優名:ジェフリー・デマン
年齢:68歳
代表作品:グリーンマイル
武器:ライフル。実際はほとんど打っていない(みたことない)

S1:沢山の親父語録をみんなに伝えていたじいさん。アンドレア姉妹を慕っていた。グレンを舎弟として色々教えてあげていた。
S2:ランデル処刑に唯一反対していた人物。誰よりも人の死を尊く思っていたが、結果、処刑はされなかったものの、意見を受け入れられなかった。農場探索中、一体のウォーカーに襲われ(原因はカール)結果腹を引き裂かれ、助からないと判断され、ダリルに頭部を射撃され死亡する

致命傷;ウォーカー 原因因子;カール とどめ:ダリル


  出典 livedoor.blogimg.jp

シェーン・ウォルシュ

俳優名:ジョン・バーンサル 39歳
有名な出演映画:ナイトミュージアム2
殺害人数:2人
S2:オーティス(カール救出のための物資調達で、身代わりとして脚部銃撃。そのままウォーカーの餌食とする)
ランデル(リック殺害計画のため、絞首)

シェーンの死亡経過
S1:主人公リックを思いながらも、ゾンビアポカリプスにより妻であるローリーと恋におちてしまう。リックとは意見が食い違うことがありながらも、尊重しようとする姿勢が伺える。
S2:牧場偏から、次第にキャンプのメンバーから浮いた存在となる。そしてリックへの不信感も募らせ、カールやローリを自分のものと思い込んでしまい、俺しか助けられないと感じ始め、結果リックに殺意が芽生えてしまうが、リックはそれに気づき逆に刺殺されてしまう。
殺害者:リック とどめ:カール


  出典 ia.media-imdb.com

Tドッグ

本名:セオドア・ダグラス
殺害人数:0名?
死亡経過
S1で初登場。見た目と違い、気弱な性格であったが、仲間とともに行動することで、たくましくやさしい男性へと成長。人種差別の話では、リックと対立する場面があったが、ハーシェル・グレンからは厚い信頼を得ていた。しかし、S3で囚人の罠により、キャロルを助けるため、自らの命と引き換えにウォーカーの餌食となってしまう

ローリ・グライムズ(リックの妻)

俳優名;サラ・ウェイン・キャリーズ
年齢:38歳
代表作:プリズンブレイク
殺害人数:0名

S1;シェーンと恋に落ちるも、リックが生きてるとわかれば、裏返ってしまう。まさに性悪女。カールに対して母親として厳しい面を見せるも、やや自己満足な対応が多い。とにかくリックへの忠誠心は高いが、夫はあまり妻に自分の感情を出すことなく、信頼関係はすでになくなっていたのだろう。
S2:妊娠が発覚し、自分の子かどうか疑問に持つ夫と一緒にいるつらさも、なんとか苦難を乗り越えてがんばっていこうとする。シェーンとの最後のシーンでは彼に感謝の言葉をかけるも、結果シェーンに響くことなく、リックに返り討ちにあってしまう。それをリックに聞かされたことでさらに、リックとの関係にも溝が深まってしまう。
S3:刑務所ウォーカー清掃し。これから落ち着くかと思ったが、陣痛がはじまり、間が悪く、ウォーカーの集団に囲まれ、なんとか隠れた機械室で、マギーにお腹のこん子を助けてほしいと懇願し、腹部を切り、結果それが致命傷となり、死亡となる。
死亡方法:腹部切開(マギー) とどめ:カール(頭部銃撃)


  出典 stat.ameba.jp

メルル・ディクソン

俳優名:マイケル・ルーカー
年齢:60歳
悪役として出演することが多い。

殺害人数;数名(ウッドベリー住人)
S1では自由きままで、メンバーにも疎外されていた。リックの登場により、手錠を掛けられそのまま放置プレイにあい、結果右腕を自ら右腕を切断。そのままS3まで登場なし。S3ではウッドベリーの伏兵として登場し、ダリルとの再会など、彼自身を変える展開が待ち受けていたのだが、ガバナーへの復讐などがあり、一人で襲撃を行うが結果返り討ちにあい、結果ガバナーに殺されてしまう。そのままウォーカーとなり、出会ったダリルに頭部数回ナイフで串刺しされ死亡となる。


  出典 livedoor.blogimg.jp

アンドレア

俳優名:ローリー・ホールデン 45歳
有名な映画作品:サイレントヒル(シビル・ベネット巡査)
殺害人数:0名
S1:エイミー(ウォーカーとなり、腕の中で頭部を打ち抜く)

アンドレアの死亡経過
S1:キャンプメンバーの一人。やや自分勝手な人で、チームワークが取れない存在であった。エイミーがキャンプで死亡したことにより、生きる意味がないと感じていたが、デールが無理矢理連れ出し、生還することとなる。
S2:前半はS1同様で身勝手な行動が多く見られたが、銃を訓練することにより、徐々に自分の為からみんなの為にと変化していく。牧場襲撃により、メンバーとはぐれることになるが、女剣士ミショーンと出会い、ともに行動することとなる。
S3:ミショーンとともに行動していたが、ガバナーに捕まってしまう。しかし、ウッドベリーの生活になじんでしまい、徐々にガバナーと恋仲になっていく。しかし、刑務所でメンバーと再会するが、以前のように仲間にはなれず、そしてガバナーの陰謀に気づき、一人で立ち向かうが、返り討ちにあってしまう。だが、危機一髪のところで逃げ出し、あと一歩で刑務所に到着するところで、ガバナーに捕まり、結果、ウォーカーとなったミルトンの餌食となり、ミショーンに見取られながら、自害する。あの時リックが見つけていたら、まだ彼女は生存していたのかもしれない・・・
殺害者:自分 主犯;ガバナー・ミルトン(ウォーカー化)


  出典 stat.ameba.jp

シビル・ベネット

彼女もまた、ひどい死に方をしてます。詳細は映画で見てください


  出典 stat.ameba.jp

ハーシェル・グリーン

本名:スコット・ウィルソン
年齢:74歳
有名な映画作品
ラストサムライ
パール・ハーバー
殺害人数:0名
原作:死亡。
死亡経過
S2:初登場。牧場の長。獣医であるが、人間のオペも可能。頭でっかちで、人を受け入れない人物であった。ウォーカーを人間と思い、治療することでなんとかなるのではないかと思っていたが、シェーンの暴動により、現実を受け入れざるおえなくなってしまった。
S3:牧場からリックたちと逃げ延びたが、見つけた刑務所で早速ウォーカに足を食われてしまい、リックたちの早い処置で切断してしまう。だが、この経過により、リックをチームリーダーとして受け入れ、彼が悩んでいるとき必ず助言をする役として、穏やかなおじいちゃんとなっていく。
S4:インフルエンザの影響でウォーカーの巣となった刑務所で鼓舞奮闘し、死に掛けたグレンを必死で助ける。しかし、ガバナーの襲撃でミショーンと一緒に人質となり、ガバナーに助言するが受け入れられず、無残に首を切断され、死亡する。


  出典 stat.ameba.jp

ガバナー

俳優名:デヴィッド・モリッシー
年齢:51歳
代表作:氷の微笑2

殺害人数:50名以上
S3より登場
S3:ミルトン(裏切り行為により殺害)
S4:マルティネス(キャンプのリーダーとなるため、ウォーカーの群れに投げ込む)
ハーシェル(リックの受け入れ拒否し、そのまま殺害)
その他:アンドレアなど

現在のウォーキングデッドでの最強の敵(のちに凶悪人物出現予定)リックとはとにかく交わることなく、敵対してきた。しかし、明らかに戦力ではリックグループを上回るのだが、戦略で常に劣っており、返り討ちをあってしまう。結果、リックと肉弾戦中、背後からミショーンに胸を一刺しされ、最後はリリーに撃ち殺されてしまう。唯一敵で回想シーンが放送されている。

武器:銃器全般。ナイフ・刀も扱え、戦闘力はメルルを上回る。戦闘のスペシャリスト。


  出典 blog-imgs-63.fc2.com

ギャレス

本名:ティモシー・スコット
殺害人数:100人以上(捕食として)
死亡経過
S4:初登場。終着駅の長。生き残りの人々を終着駅へ導き、身包みを剥がした後、殺害し、人肉を食する鬼畜。リックたちを導き、閉じ込める。
S5:キャロルの襲撃により、リックたちは脱出。逆鱗にふれた彼らは、ボブを捉え、彼の足を切断し、食事とする。その行為をしり、リックたちは彼らが教会を襲撃してきた際、逆に襲撃し、リックにより、細切れにされ、死亡する。


  出典 stone-roses.org

ボブ

本名:ラリー・ギリアード・Jr
年齢:44歳
死亡経過
S4:初登場。一度目の襲撃後に1人彷徨っていたところをダリル達に発見された元陸軍の衛生兵。何度か生存者グループに出会ってきたが、その度に全滅して自分だけが生き残ってしまっていたことを悔やんでいて、それを紛わすために酒に逃げるようになってしまった。物資調達に同行するも目の前の酒に目がくらんで手を出し、結果として仲間を死なせてしまう。更には仲間を危険に晒してまで酒を持って帰ろうとし、ダリル達に愛想を尽かされた。刑務所陥落後、サシャ、マギーと一緒に行動し、不安に心揺れるサシャを諭したりしている。
S5:頭でリックと一緒に精肉工場に連れてこられ、なんとかギャレスを説得しようとしたが相手にされなかった。終着駅襲撃後、サシャとは両想いになり、「不幸中の幸いを見つけるゲーム」に興じている。ゲイブリエル神父の案内で向かったフードバンクでの戦闘時、ウォーカーに噛まれてしまい、それを言い出せずに一人茫然としているところをギャレス達に捕まり、足を切断して食べられてしまう。しかし自身が感染していることも知らず、得意げに自分の足を食べているギャレス達を見て嘲笑した。その後教会前に捨てられ、リック達を誘き出すエサにされる。最期はリックとジュディスに感謝をし「自分を受け入れてくれたリックは善人だ、悪夢はいつか終わるから自分を変える必要はない」とアドバイスをしてから、サシャと最期の不幸中の幸いゲームをしながら息を引き取った。トドメを刺そうとしたサシャからタイリースがナイフを受け取り、頭を刺した。後にタイリースの幻覚として登場する。

ベス・グリーン

本名:エミリー・キニー
年齢:30歳。歌手
死亡経過
S2:初登場。ウォーカーになってしまった母親に襲われたショックから手首を切り自殺を計るものの、回復する。
S3:以前とは違い、戦闘にも積極的に参加するようになる。また、年齢の近いカールとは互いに意識し合うようになる。率先してジュディスの面倒をみている。仲間達からの希望で、よく歌を歌っている
S4:ボーイフレンドがウォーカーに噛まれ死んだと聞かされるが、感情を表にしない。疫病流行時は主にジュディスの面倒をみていた。総督による刑務所襲撃後、ダリルと行動を共にする。キャロルと生き別れ、刑務所を襲撃されて全てを失ったことに項垂れるダリルに対し、生きることへの前向きさを見せて立ち直らせる。立ち寄った葬儀場でウォーカーの襲撃を受け、ダリルの指示で外に逃げ出したところで謎の車に連れ去られてしまう。
S5:アトランタのグレイディ記念病院の病室で点滴を受けた状態で目覚める。病院の生存者メンバーリーダー格のドーンは“腐れ人(ウォーカー)に殺されそうなところを助けてあげた、私達へ借りができた”と言い、それを返すまで病院を出られなくなる。院内で知り合った少年ノアに心許し共に脱出する計画を立てるが、医師スティーブに利用されジョーンを医療ミスで死なせ、更には警官ゴーマンに暴行されそうになったことから殺害。ノアを病院から逃がすことには成功するが、自身は捕えられ、そこへさらに車にはねられたキャロルが運び込まれてくる。重傷を負ったキャロルを治療するのは物資の無駄という立ち話を聞き、それを否定しようと口を挟むが却下される。しかしドーンに秘密裏に渡された薬品庫の鍵を使い、キャロルに必要な薬を手に入れた。だがその件の立ち話しを聞いた警官にドーンと共に脅され、ドーンが襲われたために咄嗟に彼をエレベーターの穴に落として殺す。ベスは、ドーンは自分を利用してドーン自身に都合の悪い人物を始末させている、と理解した。その後、巡回警官達をリックが捕え、ベスとキャロルを捕えた警官達と身柄交換の交渉に出る。ドーンは交渉に応じるも、人質交換が終わった後に突然「ノアも引き渡さないと無事に脱出させない」と言い出し、ノアが諦めてドーンの方へ歩み寄るのを抱き締め、隙を突いて懐に隠しておいたハサミでドーンを刺すも致命傷には至らず、即座に反応したドーンに額を撃ち抜かれて死亡した。タイリースの幻覚の一人として登場し、意味深な歌を歌った。

タイリース・ウィリアムズ

本名:チャド・コールマン
原作:死亡。キャロルの恋人であった。
死亡経過
S3:初登場。妹のサシャ、アレン、ドナ、ベンと共に20人以上のキャンプで暮らしていたが、ウォーカーの群れに襲われ、仲間を次々と失いながらもリックたちの住む刑務所に逃げてくる。リックたちの役に立って仲間に入れてもらおうと努力するが、幻を見る彼の異常さを恐れ、刑務所を立ち去る。その後、逃げ込んだ先のウッドベリーでガバナーから歓迎される。妹と壁の見張りをしていた際に銃の練習をしていたが才能がなく、4発撃って近くに寄ってきた一匹にやっと命中させられる程度。ガバナーたちの刑務所襲撃の際には見取り図作成を手伝ったが、人を殺すのは拒絶してウッドベリーの護衛に回る。のちにガバナーの正体を知り、他の住人達と共に刑務所のグループに戻る。
S4:ガールフレンドのカレンが疫病にかかり、何者かに焼き殺されたことに激怒し、死を望むかのような行動をとるが奇跡的にウォーカーの手から逃れる。ガバナーの襲撃に際しては応戦する。刑務所襲撃後、子供達(リジーとミカとジュディス)と共に森を彷徨い、ウォーカーに襲われていた生存者達に出会う。助けようとするが時すでに遅く、更には森で待機させていた子供達の方から銃声が聞こえ急いで戻ると、子供達を助けたキャロルに再会する。襲われていた生存者達のうち噛まれて転化を待つ身となった男から「森は危険だ、線路を進め」という言葉を受け、「生存者が生きる場所」という看板に従い終着駅を目指す。途中で立ち寄った静かな住居に腰を落ち着かせようとするも、リジーの凶行、そしてキャロルの告白を受け、住居を後にして終着駅を目指す。
S5:キャロルと共に終着駅周辺でマーティンを見つけ、キャロルが終着駅に行っている間マーティンを見張っていた。マーティンの言葉に動揺し、小屋をウォーカーに囲まれた際の一瞬の隙を突かれてジュディスを人質に取られ、小屋の外に追い出されるが、素手でウォーカーを撃退し小屋を突き破ってマーティンを殴り倒した。しかしトドメは刺さず、キャロルにも嘘を吐いたため、生き延びたマーティンによりギャレス達の襲撃を受ける。ボブが死亡した際、サシャのナイフを取って始末をつけた。警官達を捕獲した際も人を無暗に殺さないこと、人を安易に信用してしまうことをサシャに「自分達が崩壊前と変わってない証拠だ」と前向きに語りかけた。ノアに対しても慰め、父から「常にニュースに耳を傾けて現実を見るのが生き延びる代償だ」と語りかけていた。その後、ノアの家で崩壊前の平和で幸せな写真に気を取られ、ノアの双子の弟に噛まれる。死の淵でリジー、ミカ、ボブ、マーティン、ベス、ガバナーの幻に語りかけられ、悲痛なニュースが流れ続けるラジオの幻聴を止めてくれと頼み、現実を見ることをやめて息を引き取った。


  出典 dramanavi.net

ノア

本名:タイラージェームズ・ウィリアムズ
死亡経過
S5:初登場。病院にいた黒人の少年。一年ほど病院に隔離されており、バージニア州リッチモンドにある家に帰りたいと願っている。ベスの手伝いにより何とか脱出するが、ベスは捕まってしまう。その後、キャロルとダリルを脅して武器や物資を奪うも、ウォーカーに襲われて棚の下敷きになってしまう。ダリルは見捨てようとするがキャロルの願いで助けられ、その結果ベスの居所をダリル達が知ることになった。かつて父親と共に大怪我を負っていたところを救助されたものの、強かった父親は病院の脅威になると判断されて見捨てられた。人質交換の際にドーンの計略で病院に戻れと言われ、リック達のためにそれを受け入れて戻ろうとした。ベスの死後、正式にリック達の仲間になる。リック達に連れて行ってもらい自分のいた町に戻ったが、すでに町は崩壊して母と双子の弟達も死んでいた。共同体ではレグに将来のために建築のことを学びたいと申し出ていた。その日の物資調達に参加した際、回転式ドアに閉じ込められ、パニックになったニコラスが自分だけ助かろうとドアを回したせいでウォーカーの群れに捕まり、グレンの目の前で食い殺された。


  出典 images.ciatr.jp

ディアナ・モンロー

本名:Tovah Feldshuh
死亡経過。
S5:初登場。共同体のリーダーで元オハイオ州の下院議員。非常に知的で冷静な女性で、リック達のこれまでやってきたことを聞いた上で受け入れた一方、一見共同体のメンバーに優劣はつけず平等に扱っているように見えるが、実際には外科医などの貴重な人材のためにDVなど他者への犠牲は黙認している。リックがピートを処刑しなければいけないと主張するも「共同体では誰も処刑しない」と一蹴するが、夫レグがピートに殺された際にはリックにピートの射殺命令を出した。
S6:夫を失い、共同体のリーダーをリックへ託すようになる。リック不在の中、ウルフの襲撃やウォーカー集団の襲撃など、災難に見舞われてしまい、逃げている際、ウォーカーに噛まれ、リックたちの手助けとなるため、最後は一人でウォーカーと立ち向かい死亡する。


  出典 ord.yahoo.co.jp

グレン

本名:スティーヴン・ユァン
生年月日:1983年12月21日
殺害人数20人以下(主要キャスト0名)主要キャストは0だがS6で初めてとどめを刺す
※人間は基本的に殺さない。ウォーカー殺害はS3以降UP
※武器:銃器全般。ナイフ刺殺力が高い。鉈(あまり使用しない)ウォーカーの腕でさえ武器にする。
※瞬発力はチームNO1。そのため危険な場面に陥ることが多い。
※仲間思い。争いが嫌い。
※仲が良かったメンバーはなぜか死んでいく。
死亡メンバー:デール・ノア
※人間失格でも絶対に見捨てない。ニコラスなど
※ゴミ箱下に一日隠れ、なんとか生存。現在イーニッドと行動を共にする。
※自分を犠牲にしながらも、無事マギーを救出する。
※死亡フラグが立っている人物
※ダリルの行動により、ルシールの餌食となり死亡・・・
S1:なし
S2:バーで知り合った野党数名
S3:ウッドベリーの住民多数
S4:執着駅の住人数名
S5:ノア(物資回収で見殺しにしてしまう)
S6:ニコラス(目の前で自害)
ネガン一味2名
S7:死亡


  出典 stone-roses.org

スペンサー


  出典 ord.yahoo.co.jp

エイブラハム・フォード

本名:マイケル・カドリッツ
生年月日:、1964年12月29日
殺害人数:1名(ただしメンバーになる前は不明)
※戦闘力の高い戦士。酒が好きで女も好き
※武器:銃器・鈍器(大型・小型)全般。
※大型車も乗りこなせる。
※意外とだまされやすい。
※作業監督に適した一面を持つ。
※笑顔でウォーカーを倒せる。
※ロケットランチャー所持(ダリルが使用:2発)
※S6死亡フラグが立っている人物
※ネガンのルシールの餌食となる

S5:終着駅メンバー1人
S6:救世者1名
S7:死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題まとめHOT

当サイトについて ご利用規約 新規登録 ログイン プライバシーポリシー お問い合わせ


Copyright(c)情報まとめサイトADまとめ All Rights Reserved.